UCカード|UC MasterCard & UC VISA

マネックス証券のご紹介

"MONEY"のYの一歩先を行く"MONEX"

マネックス証券

先進のサービス・商品と安心のサポート体制でお客様の資産運用を応援するネット証券です。

充実の投資情報、高機能アプリ・ツール、安心のサポート体制

マネックス証券の口座開設のお申し込みはこちら

コツコツ積立 〜はじめよう マネックス証券〜
詳しくはこちら
マネックス証券の口座開設のお申し込みはこちら

ゼロ投信つみたて

投信つみたてが実質ノーロード NISAも対象!ゼロ投信つみたてはじまりました 2017年9月1日約定分より適用
マネックス証券では、積立でご購入いただいた投資信託のお申込手数料(税込)を全額キャッシュバックするプログラム「ゼロ投信つみたて」をはじめました。
「ゼロ投信つみたて」とは
マネックス証券の投信つみたて対象銘柄は970本超。このうち、570本超はノーロードの投資信託ですが、残りの約400本のファンドは、購入時および積立買付時に申込手数料をご負担いただく必要がありました(2017年8月現在)。このたびはじまった「ゼロ投信つみたて」は、申込手数料がかかるファンドであっても積立による買付であれば、全ファンド実質ノーロードでご購入いただけるプログラムです。
家族みんなで口座開設キャンペーン 新規口座開設&ご入金(MRF買付け)でもれなくAmazonギフト券プレゼント  対象期間:2018年4月17日(火)~2018年9月14日(金)
・本キャンペーンは株式会社クレディセゾンによる提供です。
・本キャンペーンについてのお問い合わせはAmazonではお受付しておりません。お問い合わせは、セゾン金融サービスデスク【03-5992-5251 土・日・祝日年末年始休】までお願いいたします。
・Amazon、Amazon.co.jpおよびそのロゴはAmazon.com,Inc.またはその関連会社の商標です。
マネックス証券ではじめる IPO(新規公開株)
個人向け国債 なるほど納得!コクサイ先生に学ぶ個人向け国債 詳しくはこちら
無理なくコツコツ続けよう 積み立てをはじめよう 詳しくはこちら

取扱い商品

口座開設の流れ

インターネットでの口座開設申込

  • ※免許証の画像をウェブサイト経由でアップロードしていただくことにより、上記②をスキップすることが可能となりました。
    必要事項等を入力いただいた後の画面より、本人確認書類アップロードをご利用ください。

マネックス証券の口座開設のお申し込みはこちら

よくあるご質問

Q. マネックス証券ではどのような商品がお取引できますか?

A. 株式や投資信託、債券のお取引ができます。特に投資信託は品揃えが豊富にあります。

Q. どこで口座開設の申し込みができますか?

A. 当ホームページ、「マネックス証券の口座開設のお申し込みはこちら」より、お申し込みください。

Q. 口座開設に手数料はかかりますか?

A. 口座開設費・口座管理料など、口座開設時に費用はいっさいかかりません。

Q. 口座開設に必要なものは何ですか?

A. ご本人確認書類(運転免許証・パスポート・各種健康保険証など)およびマイナンバーを確認できる書類をご用意ください。
※2016年1月1日以降に証券総合口座を開設される場合、マイナンバーのご提出が必要となりました。なお、ご提出いただいたマイナンバーの記載がある書類につきましては、各種お手続きに不備があった場合、情報漏洩防止の面から返却はせず、マネックス証券にて速やかに破棄させていただきますのでご了承ください。

Q. 口座開設にはどのくらい時間がかかりますか?

A. ご郵送の場合は、口座開設キットを返送いただくタイミングにもよりますが、通常7~10営業日かかります。
免許証の画像をアップロードいただいた場合は、最短3営業日でお取引を開始いただけます。
お申込書類に不備があった場合など、さらに時間が必要となりますので、ご了承ください。

Q. 口座開設後の取引方法はどのような方法がありますか?

A. コールセンター、インターネットでお取引していただけます。

口座開設に関する重要事項

マネックス証券の口座開設・維持費は無料です。口座開設にあたっては、「契約締結前交付書面」で内容をご確認ください。

■MRFについて

証券総合取引口座にご入金された資金は日興MRFを買い付けます。当ファンドは、公社債など値動きのある有価証券を投資対象としています。当ファンドの基準価額は、組み入れた有価証券の値動きや為替相場の変動等の影響により上下するため、これにより元本損失が生じることがあります。投資信託は、投資元本及び分配金の保証された商品ではありません。ご購入にあたっては、純資産総額に対して年率1.0%以内の信託報酬のほか、その他費用として有価証券の取引に要する費用などの信託事務の諸費用等かかります。その他費用については、運用状況等により変動するものであり、事前に料率、上限額等を示すことができません。手数料(費用)の合計額については、申込金額、保有期間等の条件により異なりますので、事前に料率、上限額等を表示することができません。お取引の際は、マネックス証券ウェブサイトに掲載の「目論見書補完書面」「目論見書」を必ずお読みください。

■投資信託取引に関する重要事項

<リスク>
投資信託は、主に値動きのある有価証券、商品、不動産等を投資対象としています。投資信託の基準価額は、組み入れた有価証券、商品、不動産等の値動き等(組入商品が外貨建てである場合には為替相場の変動を含む)の影響により上下するため、これにより元本損失が生じることがあります。投資信託は、投資元本及び分配金の保証された商品ではありません。

<手数料・費用等>
投資信託ご購入の際には、申込金額に対して最大3.5%(税込3.78%)を乗じた額の申込手数料がかかります。また、購入時又は換金時に直接ご負担いただく費用として、申込受付日又はその翌営業日の基準価額に最大1.2%を乗じた額の信託財産留保額がかかります。さらに、投資信託の保有期間中に間接的にご負担いただく費用として、純資産総額に対して最大年率2.60%(税込2.6824%)(概算)を乗じた額の信託報酬のほか、その他の費用がかかります。また、運用成績に応じた成功報酬等がかかる場合があります。その他費用については、運用状況等により変動するものであり、事前に料率、上限額等を示すことができません。手数料(費用)の合計額については、申込金額、保有期間等の各条件により異なりますので、事前に料率、上限額等を表示することができません。

<その他>
お取引の際は、マネックス証券ウェブサイトに掲載の「目論見書補完書面」「投資信託説明書(交付目論見書)」「リスク・手数料などの重要事項に関する説明」を必ずお読みください。

■国内上場有価証券取引に関する重要事項

<リスク>
国内株式及び国内ETF、REIT、預託証券、受益証券発行信託の受益証券等(以下「国内株式等」)の売買では、株価等の価格の変動や発行者等の信用状況の悪化等により元本損失が生じることがあります。また、国内ETF等の売買では、裏付けとなっている資産の株式相場、債券相場、金利水準、為替相場、不動産相場、商品相場等(これらの指数を含む。)や評価額の変動により、元本損失が生じることがあります。

<手数料等(税抜)>
国内株式等のインターネット売買手数料は、「取引毎手数料」の場合、約定金額100万円以下のときは、成行で最大1,000円、指値で最大1,500円が、約定金額100万円超のときは、成行で約定金額の0.1%、指値で約定金額の0.15%を乗じた額がかかります。また、「一日定額手数料」の場合、一日の約定金額300万円ごとに最大2,500円かかります(NISA口座ではご選択いただけません)。
単元未満株のインターネット売買手数料は、約定金額に対し0.5%(最低手数料48円)を乗じた額がかかります。国内ETF等の売買では、保有期間に応じて信託報酬その他手数料がかかることがあります。国内株式等の新規公開、公募・売出し、立会外分売では、購入対価をお支払いただきますが、取引手数料はかかりません。

<その他>
お取引の際は、当社ウェブサイトに掲載の「上場有価証券等書面」「リスク・手数料などの重要事項に関する説明」を必ずお読みください。