UCカード|UC MasterCard & UC VISA

お金の安全運転

2章・投資のポイント ③積立投資

値動きのある商品はムリなく、一定金額で定期的に購入しましょう。

投資をはじめようと思っても、投資のタイミングを判断するのは非常にむずかしいものです。

このような時におすすめしたいのが、定期的に定額ずつ投資していく方法です(「ドル・コスト平均法」と呼ばれます)。この方法ですと、値上りしているときには少なく買い付け、値下りした時には多く買い付けることになりますので、買い付け時の平均単価を低く抑えることができます。
「いつ買ってよいのかわからない」「余裕資金が少ない」という方でも、価格変動やタイミングを気にせず、負担のかからない金額から手軽に始められます。

ムリをしないで目的地へ――資産づくりのポイントもドライブのココロ構えと同じなのです。

一定金額でタイミングを分散させれば、割安に買い付ける効果が期待できます
積立投資の効果をガソリン代に例えてみると…

定期的に一定金額を投資することにより、
●一定数量ずつ購入するよりも、割安で購入できる
●値動きに左右されず、平均の購入価格を安定させる
という効果が期待できます。

ページトップ

目次

序章  出発のとき
1章  投資ってナニ?
2章  投資のポイント ①長期投資
   投資のポイント ②分散投資
   投資のポイント ③積立投資
3章  なぜ投資信託?
4章  投資信託の活用法