UCカード|UC MasterCard & UC VISA

クレディセゾンはカード会員様の「資産づくり」を応援します

つみたてをはじめよう ~ はじめるきっかけはセゾンから ~
将来の収入を使って今モノを手に入れる「カードショッピング」と、今の収入を将来の支出に備えておく「資産作り」を自分の意思でコントロールし、より豊かな生活を実現していただくためにクレディセゾンはカード会員のみなさまに「投資」を通じた「資産づくり」を応援します。
コツコツ積立 〜はじめよう マネックス証券〜
詳しくはこちら
マネックス証券の口座開設のお申し込みはこちら

投資信託の積立

投資信託の積立とは?

投資信託の積立とは、一度ご契約をいただくと、毎月1回、あらかじめ指定した投資信託に決まった金額を投資する積立サービスです。
つみたてNISA、NISA口座でもはじめられます。

積立イメージ
投資信託の積立のポイント

投信積立をはじめるには?

積立の手順はかんたん2STEP! STEP1:ファンドを選ぶ STEP2:引き落とし口座を選択する

※お申し込みにはマネックス証券の証券総合取引口座開設が必要です。

投資信託の積立で永久不滅ポイントが貯まる「セゾン証券仲介ポイントサービス」

クレディセゾンを通じて、野村證券、または東海東京証券の証券総合口座を開設し、セゾン証券仲介ポイントサービスにご登録いただくと、投資信託のご購入や月末保有残高に応じて、永久不滅ポイントをプレゼントいたします。
資産形成をしながら永久不滅ポイントも貯まるお得なサービスです。
投資信託の積立でも永久不滅ポイントが貯まります!

詳しくはこちら
NISA 証券会社で始めよう 3つのNISA どんな制度? NISA・つみたてNISA・ジュニアNISA 詳しくはこちら

口座開設に関する重要事項

マネックス証券の口座開設・維持費は無料です。口座開設にあたっては、「契約締結前交付書面」で内容をご確認ください。

■MRFについて

証券総合取引口座にご入金された資金は日興MRFを買い付けます。当ファンドは、公社債など値動きのある有価証券を投資対象としています。当ファンドの基準価額は、組み入れた有価証券の値動きや為替相場の変動等の影響により上下するため、これにより元本損失が生じることがあります。投資信託は、投資元本及び分配金の保証された商品ではありません。ご購入にあたっては、純資産総額に対して年率1.0%以内の信託報酬のほか、その他費用として有価証券の取引に要する費用などの信託事務の諸費用等かかります。その他費用については、運用状況等により変動するものであり、事前に料率、上限額等を示すことができません。手数料(費用)の合計額については、申込金額、保有期間等の条件により異なりますので、事前に料率、上限額等を表示することができません。お取引の際は、マネックス証券ウェブサイトに掲載の「目論見書補完書面」「目論見書」を必ずお読みください。

■投資信託取引に関する重要事項

<リスク>
投資信託は、主に値動きのある有価証券、商品、不動産等を投資対象としています。投資信託の基準価額は、組み入れた有価証券、商品、不動産等の値動き等(組入商品が外貨建てである場合には為替相場の変動を含む)の影響により上下するため、これにより元本損失が生じることがあります。投資信託は、投資元本及び分配金の保証された商品ではありません。

<手数料・費用等>
投資信託ご購入の際には、申込金額に対して最大3.5%(税込3.78%)を乗じた額の申込手数料がかかります。また、購入時又は換金時に直接ご負担いただく費用として、申込受付日又はその翌営業日の基準価額に最大1.2%を乗じた額の信託財産留保額がかかります。さらに、投資信託の保有期間中に間接的にご負担いただく費用として、純資産総額に対して最大年率2.60%(税込2.6824%)(概算)を乗じた額の信託報酬のほか、その他の費用がかかります。また、運用成績に応じた成功報酬等がかかる場合があります。その他費用については、運用状況等により変動するものであり、事前に料率、上限額等を示すことができません。手数料(費用)の合計額については、申込金額、保有期間等の各条件により異なりますので、事前に料率、上限額等を表示することができません。

<その他>
お取引の際は、マネックス証券ウェブサイトに掲載の「目論見書補完書面」「投資信託説明書(交付目論見書)」「リスク・手数料などの重要事項に関する説明」を必ずお読みください。