Credictionary(クレディクショナリー) あなたのマネーライフを”ちょっと”豊かにする、クレジットカードの情報を辞書のように、いつもあなたのそばに。

2016.08.12

【ついに夢だった社長に!】
起業する前に知っておきたい「法人カード」

2016.08.12

最近は自身の趣味や特技を活かし、若い年齢から起業する方も増えてきました。そんな起業ブームの今だからこそ、大前提として他とは一線を画したスピード感のある仕事が求められます。そこでおすすめしたいのが法人カードの存在です。

法人カードと聞くと敷居が高そうな気がしますが、法人カードを活用することで業務の効率化や人件費削減に一役買います。

起業する前にぜひ知っておいてほしい、法人カードの基礎知識とメリットを、セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス(R)・カードを例にしてご紹介します。

▼法人カードって何?

まずは法人カードとはどのようなものかご存知ですか?

法人カードとは、会社や個人事業主に対して発行されるクレジットカードのことで、俗に「コーポレートカード」や「ビジネスカード」と呼ばれることもあります。呼び方の違いは企業の規模によるもので、「コーポレートカード」は大企業向け、「ビジネスカード」は中小企業向けのものと分けられるのが一般的です。セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス(R)・カードは「ビジネスカード」にあたるため、申請時に業績の申告は不要ですので、起業したばかりで実績が浅い方でも安心して申し込むことができます。

カードの名義は、法人に所属する個人になりますが、引き落としの銀行口座は法人名義の口座にすることもできます。利用は一般のクレジットカードと同様に店頭、ネット決済、公共料金の支払いなどで使用できます。

追加で社員用の追加カードを発行することもでき、持っている社員それぞれが仕事をする中で、急な支払いが必要な場合でも、現金を立て替えることなくスマートにカードで支払いができます。また、ETCカードも作ることができるので社用車で高速道路を使用しても請求は一括になり便利です。利用可能額も大きく設定されていることで、起業初期の設備投資や仕入れの際など、ビジネスを行う上で幅広いジャンルで利用できます。
リスティングをはじめとしたWebプロモーション、PRサービスなどカードでなければ支払えないケースもありますし、都度口座への振込む手間がなくなるなど、ビジネスカードのメリットはとても大きいです。

▼一般カードと比較した際の、法人カードの3つのメリット

一般のクレジットカードは年会費を無料としているものが多いのですが、法人カードには利用金額に応じた割引はあっても永年無料はありません。

起業当初はこれを負担と思ってしまうこともあるかもしれませんが、年会費は経費に計上でき、それを支払うだけの価値のある充実したサービスを受けることができるのです。では続いて法人カードを使用するメリットをご紹介します。

1.経理事務が簡略化できる!

起業したての場合はとにかく人手が足りず経理事務は各自の作業になりますよね。取引先との対応や移動など、業務をこなしていると一日はあっという間に過ぎていきます。

帰社したらたくさんの領収書とにらめっこ・・・なんて、煩雑になりがちな経理作業も法人カードの利用により決済が一本化され、業務の負担を減らすことができます。所属する社員が利用した社員用カードの利用分も区別して記載されるので、さらなる作業の効率化が期待でき、法人カードが優秀な経理の役目を果たしてくれます。

2.専用コールセンターがあるから、万能な秘書がいるよう!

ビジネスの幅が広がると、出張や会食の機会が増えていきます。そのたびに自分で下調べをして各種手配をするのも、時間と手間が必要ですよね。

そんな煩わしさは専用コールセンターへ電話するだけで専任のスタッフが解決してくれます。JR乗車券・航空券の手配を始め、ビジネスシーンに対応したレストラン、ホテル、フラワーギフトに至るまで、要望にあわせて案内・予約をしてくれます。24時間365日対応しているのも頼もしいですね。まさに法人カードは万能な秘書とも呼べるのです。

3.貯まりやすく、使いやすい「永久不滅ポイント」

カード利用でポイントの貯まるカード会社も多くありますが、中でもセゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス(R)・カードの永久不滅ポイントは貯めやすく、使いやすいのが特徴です。

その名の通り有効期限がないので、こまめにチェックしたり、更新したりすることなく、ずっとポイントを貯めていくことができます。貯まったポイントは買い物の支払いの他、様々なアイテムと交換することができます。

≫永久不滅ポイントについて、詳しくはこちら

▼まとめ

法人カードと聞くと、大企業に所属していなければ発行できないと感じている方も多かったかもしれません。しかし実際は、少人数の企業にはピッタリな、とても経済的で優秀なスタッフになり得るカードなのです。

特にセゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス(R)・カードは、日々のビジネスの現場で欠かせないサービスを法人レートのご優待価格でご利用いただける「ビジネス・アドバンテージ」があり、経費削減の強い味方にもなります。これから起業をお考えの方にもおすすめです!
ビジネスをサポートする機能やサービスを数多くご用意しておりますので、末永くお使いいただける1枚だと思います。

≫セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス(R)・カードはこちらから

関連記事
*
~ビジネスカードの活用事例①~ 「わかば歯科医院」杉山穣 先生 なんといっても永久不滅ポイントが魅力ですね。材料の購入をカードで行っています。消耗品であるとかぬり薬などですね。毎月それなりの金額の支払いをするわけですから、ポイントはけっこう貯まるみたいですよ。
*
~ビジネスカードの活用事例⑥~ 株式会社Technical Rockstars Web事業に携わる我々のような企業は海外のサービスを利用することが多く以前は銀行のサービスを利用して海外送金など行っていたのですが、そういった時間やコストが省かれ、自分たちの本業に専念できる時間を作ることができるのが、うれしいですね。
*
~ビジネスカードの活用事例⑧~株式会社ジェミニウム 『プラチナカードってどんな感じなんだろう?』と思ってカードを作りました。結果、ビジネスにもプライベートでも非常に役立っています」
「一番助かっているのは、自社製品の広告です。支払いはまとめてカード決済にしているのですが、今までは限度額に制限があって思うように広告が打てなかったんです。