Credictionary(クレディクショナリー) あなたのマネーライフを”ちょっと”豊かにする、クレジットカードの情報を辞書のように、いつもあなたのそばに。

2016.09.21

【旅行好き必見!】プリペイドカードNEO MONEYを使って、賢くおトクに海外旅行を楽しもう

2016.09.21

パスポートの取得に、航空券の手配、ホテルの予約など、海外旅行の準備は、とにかくやることが盛りだくさん。その中でも特に重要なのが、お金の準備。「1にお金2にお金、3・4がなくて、5にお金!」と言っても過言ではないのに、両替するのを忘れて出国してしまうこともしばしば……。

そこで紹介したいのが、海外プリペイドカード「NEO MONEY」。
特に交換レートがお得な香港とタイの2カ国の旅行で、NEO MONEYを使った海外旅行をシミュレーションしてみましょう。NEO MONEY派のAさんと、現金派であるBくん。旅先で何が起こったでしょうか?

<出発>空港到着がぎりぎりに!でもNEO MONEYがあれば慌てる心配なし

空港へむかう電車が遅れ、到着が遅れてしまったAさんとBくん。それでもAさんは焦ることなく手続きを進めていますが、Bくんはあたふたしています。同じ状況なのにどうしてAさんは余裕なのでしょうか?

実は、空港で両替をするつもりだったBくんに対し、Aさんは事前に日本円でNEO MONEYにチャージをしていたのです。NEO MONEYはチャージをしてあれば、現地のATMですぐ現地通貨を引き出せ、なおかつキャッシュレスで買物もできます。

チャージは、指定口座への振り込みのほか、インターネットバンキング、セブン銀行ATMなどから行えます。少し時間が空いたときに、手軽にできるのも大きな魅力です。

<入国前>国ごとに通貨を用意する必要もなし

今回は、香港とタイの2カ国を巡る旅。香港とタイは通貨が違うため、現金派のBくんは2種類の通貨を用意する必要があります。ふたたび時間のない中、両替所を探して奔走。一方、NEO MONEYを持っているAさんはその必要がありません。

例)
Bくんが5万円分ずつ香港とタイの通貨に国内大手両替ショップで両替した場合
    ・3,248香港ドル(1香港ドル=15.39円)
    ・14,880バーツ(1バーツ=3.36円)

Aさんが香港とタイで5万円分ずつ現地のATMでNEO MONEYを使って現金を引き出した場合
    ・3,681香港ドル(1香港ドル=13.58円)
    ・16,393バーツ(1バーツ=3.05円)

国内の大手両替ショップで交換した場合と、NEO MONEYを使って現金を引き出した場合の差額の金額を日本円に換算して比較してみると、
433香港ドル×15.39円=6,663円  1,513バーツ×3.36円=5,084円 となり
合計 6,663円 + 5,084円 = 11,747円 もNEO MONEYの方がお得になるのです!
このようにNEO MONEYは、現地通貨引出し時の手数料200円を差し引いても、事前にチャージしておき旅行先の現地で引き出すだけで、今回の香港ドルとバーツの場合は、11,000円以上お得になる好レートなのです。

現金を両替すると手数料がかかったり、場所によってレートが微妙に違ったり、ちょっと損。でも、NEO MONEYなら国ごとに通貨を用意する必要がないうえに、現金を両替するよりもお得なレートで現地通貨が引き出せます。

※為替レートは2016年8月17日のものとなります。
※NEO MONEYを海外ATM・海外ショッピングでご利用いただいた際に、Visaまたは銀聯が取引実施日に決定した為替レートに4%を乗じたレートを適用し、残高よりお引き落としいたします。
※NEO MONEYを海外ATMでの現地通貨引出し、または残高照会をご利用された際に、1回当たり200円を残高よりお引き落としいたします。


<旅行中>あれっ財布がない!万が一のときも補償があって安心。

買物をしようとカバンをみると、NEO MONEYの入った財布がないことに気づいたAさん!

こんな緊急事態でも大丈夫! Aさんは焦ることなく、すぐさま「セゾンプリペイドカード紛失・盗難デスク」に紛失の連絡をしました。紛失・盗難にあった場合、カード会社に連絡した時点でのカード残金を保証してくれるからです。これなら、万が一の場合も安心ですね。Aさんの残金3万円は、カード会社の迅速な対応のおかげで無事でした。

その後、キャリーケースの中からなくしたと思った財布とNEO MONEYが出てきたときも、Aさんはカードを再発行せず、利用を一時停止していただけだったので、無事に利用を再開することができました。

※カードを再発行すると旧カードの利用再開は不可。

<お土産シーン>チャージ残高を手元で確認することができるので、ついついいらないものを買って後悔することもない

旅行の醍醐味でもある、お土産選び。ついついあれもこれも欲しくなってしまいます。
Bくんは残っていた3万円を、現地通貨を残しても日本円への両替は手数料もかかるし、めんどうだからとほとんど使ってしまいました。
Aさんはというと、NEO MONEYの会員専用サイトでチャージ残高や、利用状況を確認してお店に。タクシー代や不測の事態も考え、慎重に本当に欲しいものだけを購入したようです。

さて、日本に帰るために空港に向かおうとすると、タクシーに乗るお金もなくなってしまったBくん。AさんがNEO MONEYで払ってくれなければ、飛行機の時間に間に合わず帰れなくなるところでした。
NEO MONEYはこんなときも頼りになります。
海外のVisa加盟店でつかえるので、タクシー以外でも空港でのちょっとしたお買物にも便利でした。
手軽に残高が確認できるNEO MONEYならば、使いすぎて「しまった!」なんて旅先で後悔することもなさそうですね!

<帰国後>ご飯作るの面倒…。旅の最後は日本国内Visa加盟店で優雅に食事を!

海外旅行って本当に楽しいけれど、帰国するとどっと疲れますよね。お腹は減ったけど、作るのはおっくう。「ご飯、どうする?」なんてこと、ありませんか?
こんなときもNEO MONEYの出番!NEO MONEYの残金を使えば、帰国したその足で日本国内のレストランで食事ができちゃうのです。

海外のVisa加盟店でも利用することができましたが、そのまま日本国内のVisa加盟店でのお買物にも使えます。つまり現金のように、帰国後余ったお金を両替する必要も手間もいらないのです。

ちなみに、2人はどうしたのかというと、Aさんは残ったチャージ残金10,000円の中から5,000円をつかい、久しぶりの和食に舌鼓。かたやお金を使い切ってしまったBくんは、ご飯を作る元気もなく、空腹のまま寝たようです。
さらにお金が余ったAさんは、食事のあとにNEO MONEYにチャージした残額を払い戻しする手続きをしていました。
手数料として500円(税抜)が必要ですが、残ったプリペイド残高を無理につかう必要がないため、安心です。

※NEO MONEY海外専用カードVisa・銀聯は日本国内でのショッピング・オンラインショッピングではご利用いただけません。

■□まとめ

結局、Aさんは、予算内で帰国日の夕食まで優雅に。後日タクシー代を返したBくんは予算オーバーした上に、ちょっとドタバタしてましたね。

「こういうことあるある!」「私もBくんタイプかも」と思った方は、NEO MONEYを使ってAさんのようにスマートな旅行をしてみませんか?今までにないほど、お金の管理が楽に感じられるはず。そこから生まれる余裕が、きっとあなたの旅行をより良いものにしてくれますよ。

また、「こんな使い方もあるのか!」なんて、すでにNEO MONEY派の方にも再発見があったら嬉しいです。NEO MONEYを使ってお得に、楽しくスムーズな海外旅行に出かけちゃいましょう!

≫NEO MONEYについて詳しくはこちらから

関連記事
*
円安に負けてたまるか!プリカを使って最大約39%もトクをする、外貨両替術! みなさんが海外に行く時、最初に気にすることとして出てくるのは「為替レート」だと思います。為替レートの変動により、海外旅行の予算や、会社の経費が大きく変わります。
お得に海外で過ごしたいという方におすすめしたいのがNEO MONEY(ネオ・マネー)です。これさえあれば、お得なレートで外貨両替ができるんです。
*
海外旅行での外貨両替に待った!手数料に注意してお得な旅を 日常の喧騒から離れての充実した海外旅行は最大限、満喫したいですよね。
そんなときに例えばショッピングで、いざ商品を買おうとする時に、ちょっとした準備不足で「あれ、お金が足りない!」という悲しい状況はなるべく避けたいところ。
そうした悲しい思いを避けるために、現地で即時対応できるようにしておく必要があります。
*
非日常体験!夜景のキレイなホテル<海外編> 海外旅行に行く際、まず滞在するホテルから決めるという方もいらっしゃるのではないでしょうか。
今回は、大切な人と人生で一度は訪れてみたい「世界の有名ホテルから見える夜景」を厳選してご紹介します。
Maxim of Credictionary

NEO MONEYを賢く使って、浮いたお金でご飯やホテルをグレードアップ!