Credictionary(クレディクショナリー) あなたのマネーライフを”ちょっと”豊かにする、クレジットカードの情報を辞書のように、いつもあなたのそばに。

2016.05.12

【ガス欠、バッテリー上がり……】せっかくのドライブを台無しにしないための、車のトラブル対処法

2016.05.12

気温もだいぶ高くなり、行楽日和が続くこの季節はドライブにぴったり!家族、友人と車でお出かけする計画を立てているという方も、多いのではないでしょうか。

しかし、長い距離、車を走らせているとトラブルに見舞われてしまうことも…… せっかくの楽しいドライブも、ガス欠やバッテリー上がりが起こってしまっては台無しになってしまいます。

そこで今回は、いざ車にトラブルが発生した際にできる対処法や、トラブルを起こさないための予防法をご紹介します。

【ケースその1】ライトの消し忘れでバッテリーが上がってしまった

車のライトの消し忘れや、ループランプの消し忘れが原因となって起こるバッテリー上がり。他にも、バッテリー自体の劣化や、低い気温にさらされることによる機能低下が原因となって、引き起こされることもあります。

もしバッテリーが上がってしまった場合は、応急処置として、電圧が同じ他の車から電気を分けてもらい、エンジンを始動させましょう。これを「ジャンピングスタート」と呼びます。ブースターケーブルと呼ばれる赤と黒のコード2本が必要なので、1セット購入して車に積んでおくのがベストです。

●もしもの時の対処法

電気を他の車からもらう手順は以下の通りです。

①電気を分けてもらうための救援車を準備する
②バッテリーが上がった車のプラス→救援車のプラス→救援車のマイナス→上がった車のマイナスの順にケーブルをつなぐ
③救援車のエンジンをかけ、アクセルを踏んで回転を高くたもつ
④バッテリーの上がった車のスターターを回してエンジン始動
⑤つないだ時とは逆の順番でケーブルを取り外して完了

こうすることで、一時的ではありますが、走行が可能になります。しかし、バッテリーの性能自体が低下してしまっている場合には、電気を分けてもらっても復活することありませんので、ロードサービスにお世話になりましょう。

【ケースその2】うっかりガソリン残量を見逃してガス欠してしまった

燃料計をうっかり見落としていたために、ガス欠して車が動かなくなってしまうことは良くあるトラブルの一つ。高速道路で渋滞に巻き込まれ、起きてしまうケースなどが多いです。

車で遠出する場合は、出発する前にガソリンの残りを確認することが大切。これを習慣にすることで、よほどひどい渋滞につかまらない限りは、運転中のガス欠を防ぐことができます。

●もしもの時の対処法

もし路上でガス欠してしまった場合は、まずは安全な路肩に車を停めましょう。その後は、近くのガソリンスタンドに電話してガソリンを持ってきてもらうか、または、ガソリンスタンドでガソリン缶を貸し出してもらい、自分で給油する方法があります。

ガス欠になると、燃料タンクからエンジン内でガソリンを噴射するインジェクターまで、すべて空になっています。給油してもすぐにはエンジンが動かないので、注意が必要です。各装置にガソリンが満たされるまで、スターターを回していると、じきに動き出します。

しかし、これはガソリンスタンドまでの距離が近くないと出来ません。もしガソリンスタンドが近くにない山道などで止まってしまった場合は、ロードサービスに電話してヘルプを求めましょう。

【ケースその3】エンジンがオーバーヒートして動かなくなった

エンジンが熱くなりすぎた結果、動かなくなってしまうオーバーヒート。車の性能がいくら進化しても、ドライバーを悩ませるトラブルのトップにランクされています。

原因は、冷却するための水が不足しているか、冷却システムの故障が考えられます。また、エンジンオイルの不足など、潤滑システムに異常が起こった場合にも起こります。古めの車や輸入車など、冷却するための機能が弱い車は、特に注意が必要です。

●もしもの時の対処法

オーバーヒートの症状が見られたら、安全な場所ですぐに停車し、エンジンを停止しましょう。その後、まず一番にやることは、ラジエター(冷却装置)のチェック。水の量が減っていた場合は、漏れ出した可能性があります。漏れによって冷却水が不足している場合は、水道水を代わりに使うのもひとつの手。ただ、ミネラルの多い水は冷却水向きではないので、あくまで緊急の対応として考えてください。

反対に、冷却水タンクのHマークを超えて量が増えていたり、吹き出したあとがあった場合は、ラジエターが壊れているかもしれません。故障の可能性が高いため、ロードサービスを呼んで対処してもらいましょう。

■まとめ

今回は、よくある車のトラブルとその対処法をご紹介しました。普段から気をつけて点検していても、トラブルは起きてしまうもの。焦ることなく対応したいですね。

しかし、自分でできる限り対処しても、トラブルを改善できなかった...という場合ももちろんあります。

そんな時に強い味方になるのが、JAFのロードサービス。入会しておけば、24時間365日、全国どこにでも駆けつけてくれます。しかも会員なら一部の作業を除いて料金はほとんど無料。また、JAFセゾンカード、JAF・UCカードなら年会費無料(アメリカン・エキスプレス・カードは年会費3,000円(税抜)/別途JAF年会費4,000円)で、1,000円のお買物ごとに永久不滅ポイントが1ポイント貯まるのでおトクです。貯まった永久不滅ポイントは、おトクなレートでJAF年会費の支払いに使うこともできます。

この機会に、JAFへの入会、JAFセゾンカード、JAF・UCカードのお申し込みを検討してみてはいかがでしょうか?
関連記事
*
食いしん坊必見!この春食べたいサービスエリア名物グルメ7選 すっかり暖かくなり、外に出るのが楽しくなる季節になりました。旅行やアウトドアに行く際、長いドライブのオアシスになってくれるのが、高速道路のサービスエリア(SA)です。そこで今回は、この春にオススメしたい7つの名物グルメをご紹介します。
*
人気のサービスエリアグルメベスト10! 近年設備がとても充実していることから、もはや旅の楽しみのひとつになっている高速道路のサービスエリア。
さまざまな施設環境が整っているサービスエリアですが、やはりその中心はグルメ!今回は、東名・中央道・東北道・関越道・上信越道の主要路線のおすすめグルメをご紹介します。
*
出費がかさむアクティブデートをお得にできる「トク買」を使ってみた 女性とのデートでは、ついつい彼女の分もおごってしまったり、多めに出してしまうのが、オトコゴコロというものです。はそんな世の男性必見のお得な有料クーポンについてご紹介します。その名も「トク買」。有料である分、世の中に数多あるクーポンよりも安くお得な「トク買」の使い方をシミュレーションしてみました。