Credictionary(クレディクショナリー) あなたのマネーライフを”ちょっと”豊かにする、クレジットカードの情報を辞書のように、いつもあなたのそばに。

2016.01.25

【保存版】海外旅行前に絶対揃えておくべき必需品

2016.01.25

仕事や旅行などで訪れることも多い海外。言葉はもちろん、貨幣や食べ物、文化など、何もかもが日本と異なるため、何かと気を使ってしまうことも多いのではないでしょうか。

文化の違いから「日本では当たり前のこと」がそうではありません。そのことを如実に表してくれるのが、「持ち物」です。今回は、海外旅行前に絶対揃えておくべき便利グッズを集めてみました。旅行前にチェックして活用してみてください。

■クレジットカード

海外旅行においてカードは必須になります。現金が足りなくなってしまったとき、ホテルのチェックイン時に提示を求められたときなどの場面で必要になります。

さらに、海外保険付帯のカードを持つことによって、盗難にあったときや病気にかかってしまったときに保険が適応されます。セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス®・カードなら最高3,000万円の旅行傷害保険が自動的に付帯されます。

≫セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス®・カードについて詳しくはこちら

■バッグ

衣服や日用品を入れておくスーツケースはもちろん、手荷物を入れておく小さなバッグも必要です。特にリュックサックやショルダーバッグは、手提げ系のバッグと比べてスリの被害に遭いにくいです。しかし、油断せずに開け口はロックしておきましょう。

■上着

季節にもよりますが、上に羽織るものを持って行ったほうが無難です。フリースやパーカー、薄手のダウンなどを持っていくと機内も快適に過ごせるのでおすすめです。さらにスカーフやマフラー、ネックウォーマーなど首を温めるものがあると抜群の寒さ対策になります。

また、パッキングする際のクッション材としてや、宗教施設での肌の露出調整も効果的に使うことができるので、最低でも1枚は持っていくとよいでしょう。

■サングラス・帽子

暑い国に行くなら必須になります。また、国と地域によっては、日本と比べ物にならないレベルで紫外線が強いことがあります。特に、高緯度の国に行くときは持って行ったほうがいいでしょう。

■折りたたみ傘

旅先の突然の雨に対応できるのが、折りたたみ傘。海外は日本のようにどこでもコンビニがあるわけではありません。軽くて丈夫なつくりの折りたたみ傘を用意していきましょう。

■歯ブラシ

日本ではホテルにも当たり前のようにアメニティーとして用意されている歯ブラシですが、海外では、用意されていないこともあります。また、機内で長時間過ごす場合も持っていくと食後も気持ちよく過ごせます。

■ティッシュ

こちらも日本ではどこにでもありますが、海外では意外となかったりします。使用用途も多いので、多めに持っておいて損はありません。また、ウェットティッシュも持っておくと食事の前など重宝するかもしれません。

■タオル

海外のお風呂やシャワーでは備え付けられていないケースも考えられるので、用意しておいたほうがいいでしょう。汗をかいたときや怪我の治療などにも使えるので、おすすめです。

■スリッパ

海外は日本と違い、玄関で靴を脱ぐという習慣がない国がほとんどです。そんなときに役に立つのがスリッパです。床は土足なので、ちょっとした移動の際にとても便利です。
長時間の飛行の場合は機内での履き替えにも使えます。

■整腸剤、下痢止め

日本人観光客の天敵になりうるのが、腹痛です。日本と衛生状態が異なるため、食中毒とは言わないまでもお腹を壊すことが頻繁にあります。整腸剤や下痢止めを持っていくだけで救われるので、必須です。その他普段から使用している常備薬は必ず持っていくようにしましょう。

■スマホ・タブレット・PC

今や海外にスマホを持っていくことは当たり前になりつつあります。連絡手段としてはもちろん情報収集から翻訳、カメラに至るまでこれ一台あればなんだってできてしまいます。必ず持っていくべきアイテムですが、宿泊しているホテルの部屋の中でさえも盗難には十分気をつけてください!

■Wi-Fi

スマホやタブレット・PCを持っていく際に欠かせないのがWi-Fiです。Wi-Fiルーターと携帯電話のレンタルをセゾンカード・UCカード会員限定料金で利用できます。《2016年3月31日(木)まで20%OFFキャンペーン》

仕事でも旅行でも、通信手段は必須になります。ぜひ一度、利用してみてはいかがでしょうか。

≫セゾンカード・UCカード会員様限定キャンペーンついて詳しくはこちら

■エコバッグ

海外のスーパーではレジ袋がもらえないことがあります。そんなときにあらかじめ持っておくと便利です。サブバッグとしても活用できるものがおすすめです。

■チャック付きポリ袋

そして意外な形で役に立つのがチャック付きポリ袋です。食品の保存のために使うことが多いですが、海外旅行では主に飛行機に乗る際に使用します。液体物はセキュリティーの関係上、100ml以下の容器に移し替え、ふたができる透明な袋に入れる必要があります。もちろん、食品などを保存することにも使えます。

■電源変換プラグ

行き先に合わせたプラグを用意しましょう。スマホやカメラ、PCの充電にも必要になります。

■ダイヤル式ロック・南京錠

海外では、荷物が盗まれることが頻繁に起こります。バッグやロッカー、部屋の扉などをロックしておくために必須になります。ただし、100円ショップの鍵ですとすぐに開いてしまうので、あまりオススメしません。

■本

現地のガイドブックや会話のフレーズ集はあったほうがいいでしょう。また、文庫本も持っていると移動時間や待ち時間も退屈せずに済みます。


■まとめ

最初にお伝えした通り、日本の当たり前は、海外では通用しません。海外に行ってから困らないよう、きちんと入念に準備をして楽しい旅行にしましょう!
関連記事
*
空港ラウンジで過ごす上質な時間 空港についてから出発までの時間、長時間立っているのも大変ですよね。混んでいる時期は、空港内の座席は、もちろんすぐに埋まってしまいます。
そうした時に注目したいのが空港ラウンジ。クレジットカードの主にゴールド以上の会員なら無料で居心地のよい快適空間を利用できるサービスです。
*
海外旅行に行く前に絶対知っておくべき”現金”と”クレジットカード”の使い分け方 海外旅行に行くと、現地でショッピングや食べ歩きをするのが楽しみだったりしますよね。
海外でモノを買う主な手段は、現金とクレジットカードの2種類になります。実は現金決済とクレジットカードでの決済には、それぞれメリット・デメリットがあるのですが、あなたはどれだけ使い分けができているでしょうか?
*
円安に負けてたまるか!プリカを使って最大約39%もトクをする、外貨両替術! みなさんが海外に行く時、最初に気にすることとして出てくるのは「為替レート」だと思います。為替レートの変動により、海外旅行の予算や、会社の経費が大きく変わります。
お得に海外で過ごしたいという方におすすめしたいのがNEO MONEY(ネオ・マネー)です。これさえあれば、お得なレートで外貨両替ができるんです。