SAISON CARD INTERNATIONAL
  • Q & A
  • サイトマップ
アイコン 「相続安心度チェック」をしてみましょう
「相続安心度チェック」の答えページ
A1 相続をめぐるトラブルは、財産の多い少ないとは関係なく発生します。
A2 同居している子どもは「普段から世話をしているのだから財産をもらって当然」と思っていることがあります。
A3 一軒の家を分割するのに、売却が必要になる場合もあります。
A4 ご家族の仲が良いのが一番です。でも、それだけでは相続をめぐるトラブルは防げません。
A5 両親とも死亡した後の相続をめぐるトラブルは、収拾がつかなくなるケースがあります。
A6 相続税を少なくする配分方法が、ご家族にとって最も好ましい配分方法であるとは限りません。
A7 保険金をもらう人ともらわない人で不公平感が生じ、トラブルを生むこともあります。
A8 遺言書の内容や作成方法によっては、遺言書がトラブルを生むこともあります。
A9 生前に財産をあげた人とあげない人がいる場合は、相続の際に注意が必要です。
A10 法廷相続人以外の人に財産を差し上げるためには、遺言書を作成する必要があります。
A11 子供のいないあなたは遺言書の作成が必要な方だと思われます。
A12 具体的な相続の方法を決めておられるなら、遺言書にしておくことをお勧めします。
A13 後継者の方に円滑に事業を継続させるには遺言書の作成をお勧めします。
A14 時間の経過に伴い、不動産登記などの相続手続きが難しくなるケースがあり、早めの対応が必要です。
戻る
誤認防止のお知らせ
<信託業務(併営業務)契約の締結媒介のご案内>
・ 所属信託兼営金融機関:株式会社りそな銀行
・ 株式会社クレディセゾンは、信託業務【併営業務】の契約の締結の媒介(お取次ぎ)を行います。
・ 株式会社クレディセゾンは、お客様から当該併営業務の契約に係る財産の預託を受けることはありません。
・ お客様が信託銀行と契約の締結を行う場合、信託銀行が定める手数料の支払いが必要となります。
株式会社りそな銀行    信託代理店 株式会社クレディセゾン