スマートフォン専用サイトはこちら

脳活性度定期検査リリース記念キャンペーン

NetアンサーTOPへ戻る

期間中、脳活性度定期検査にセゾンカードまたはUCカードでお申し込みいただくと、
もれなく永久不滅ポイント10倍!
さらに、通常価格(6,980円/税抜)より1,000円OFFでご利用いただけるクーポンコードも配信中!

s01101

厚生労働省の発表(2014年)では、認知症患者数は約460万人、認知症の前段階とされる軽度認知障害の有病者数は、推定400万人と言われています。これは、65歳以上の約4人に1人が認知症または、軽度認知障害ということになります。また、2020年には認知症患者数は600万人に、2025年には、その1.2倍の700万人にもなると言われています。認知症は一度なってしまったら、非常に治りにくい病気です。未だ有効な治療法も見つかっていません。脳機能が健全なうちからの対策が、きわめて重要です。

年齢を重ねれば、脳の認知機能も低下していくことが考えられます。しかし、日々よくある「物忘れ」が、年齢として妥当なものなのか、それとも問題があるレベルの「物忘れ」なのか。右図の青色の点から認知機能が著しく落ちていく線がありますが、このように低下しているならは大変です。このまま放置して置くと、軽度認知症や認知症のリスクが高まります。つまり認知機能の低下を未病時(青色の点)に、対策を打つことをおすすめします。

脳検を受検して認知機能=脳年齢を知ることで、現在のあなたの脳の状態を知ることができます。結果が良くなければ、脳検の結果画面に出てくるおススメの対策(リズム体操など)に取り組みましょう。そして、その後も定期的に脳検を受検し、脳年齢をチェックしていきましょう。結果が良い場合でも、半年後、1年後も良いとは限りません。3ヵ月から半年に一度のペースで自分の脳の状態を把握することをおすすめします。

多くの受検データと比べて、
あなたの脳年齢を算出します。
また偏差値を知ることもできます。

認知機能が低下し始めていないかを知る
ことが重要です。定期的に受検し、
過去の結果と比べてチェックできます。

結果画面認には、脳年齢を維持向上させる対策が表示されます。
おススメの対策に取り組んでみましょう。

※スマートフォンからは受検できません。

三重大学医学部付属病院 認知症センター長

佐藤 正之先生

1963年大阪生まれ。86年相愛大学音楽学部器楽科卒業。音楽教諭を経て、
1994年 三重大学医学部を卒業、神経内科に入局。
2002年 三重大学大学院医学系研究科 博士課程修了。博士(医学)。
神経内科専門医、認知症専門医。
研究テーマは、音楽認知の脳内機構、認知症の非薬物療法。

期間中、脳活性度定期検査にセゾンカードまたはUCカードでお申し込みいただくと、
もれなく永久不滅ポイント10倍!
さらに、通常価格(6,980円/税抜)より1,000円OFFでご利用いただけるクーポンコードも配信中!

s01101

  • ※エントリーは不要です。
  • ※本キャンペーンは、(株)クレディセゾン発行のセゾンカード・UCカードが対象です。
  • ※永久不滅ポイント10倍プレゼントは、(株)クレディセゾン発行の永久不滅ポイントが貯まるセゾンカード・UCカードが対象です。
  • ※プレゼントのポイントは、ご利用月の翌々月の明細にてご確認いただけます。
  • ※脳活性度定期検査は半年間(180日間)受け放題となり、解約手続きがない場合は自動更新となります。
お申し込みはこちらお申し込みはこちら

※リンク先は株式会社 脳活性総合研究所のサービスになります。サービスのお問い合わせにつきましては、脳活性度定期検査のページ内より直接お問い合わせをお願いいたします。