Credictionary

学生が海外でクレジットカードを利用するメリットや注意点まとめ

学生が海外でクレジットカードを利用するメリットや注意点まとめ

海外留学や卒業旅行など、学生が海外に行く機会が増えてきました。そんなときに、利用を検討したいのがクレジットカードです。海外では現金とクレジットカードのどちらを利用すべきか分からない、という方もいるのではないでしょうか。

そこでこの記事では、学生が海外でクレジットカードを利用することのメリットや、注意点を解説していきます。注意点をきちんと守れば、安心して海外に行けるようになります。この機会に、自分に合ったクレジットカードを選んでみましょう。

学生が海外でクレジットカードを利用するメリット

学生が海外でクレジットカードを利用するメリット

クレジットカード決済は、日本国内だけでなく海外でも利便性の高い支払い方法のひとつです。日本よりもキャッシュレス化が進んでいる諸外国も多く、国によってはいたるところで利用できます。

 
留学の場合は長期間滞在するケースもあるので、クレジットカードを利用することでスムーズに生活ができるようになります。それでは、利用することのメリットを詳しく解説していきます。
 
便利に支払いができる
クレジットカードを利用することの大きなメリットとして挙げられるのが、便利で簡単に支払いができることです。海外で現金支払いをする場合、その国の慣れない通貨で会計を済ませる必要があります。クレジットカードであれば、提示すれば計算なしにすぐに支払いが完了するので簡単です。
 
日本で買物をする場合、数百円ほどであれば現金で支払うという方も多いのではないでしょうか。「数百円のためにクレジットカードを使うのは気が引ける」と感じる方もいることでしょう。
 
しかし、海外ではほんの数百円でもクレジットカードを使うのは一般的です。むしろ、会計の簡単なクレジットカード決済が喜ばれる傾向にあります。
 
海外キャッシングを利用できる
海外旅行の際に特に便利なのが、海外キャッシングを利用できることです。海外キャッシングとは、海外のATMでクレジットカードを入れて暗証番号を入力することで、現地の通貨を借りられるサービスを指します。
 
海外旅行中に困ることのひとつに、「現地の通貨がなくなること」が挙げられます。現地の通貨がなくなった場合、銀行や空港内にある両替所で両替する必要があり、手数料もかかります。海外キャッシング可能なクレジットカードであれば、ATMで簡単に通貨を借りられるのがメリットです。
 
また、両替のみで現地通貨を得ている場合、手持ちの日本円がなくなると現地通貨を手に入れることができなくなります。海外キャッシングを利用できれば、両替以外にも現地通貨を手に入れる方法が得られて安心です。
 
支払い能力を証明できる
海外において、自分の支払い能力を証明できるのもメリットのひとつです。クレジットカードを持っていることで、「支払いがきちんとできます」というアピールにもつながります。特に海外のホテルにおいては、宿泊客が支払いをせずに帰ってしまうこともあるため、クレジットカードの提示を求められるケースがあります。
 
また、提示を要求された際にクレジットカードがない場合、現金で保証金を支払う必要があります。保証金を支払う手間も省けるため、クレジットカードを所持していたほうが、利便性は高いのです。
 
盗難対策になる
クレジットカードを盗まれた場合、現金よりも多額の金額を使われてしまうイメージがあるかもしれません。しかし、クレジットカードには盗難された場合に備え、保険が掛けられているので安心です。
 
盗難に気が付いた場合、クレジットカード会社に連絡することで悪用されるのを防げます。さらに、盗難されたあとに不正利用された分の金額を補償してくれます。現金の場合、盗難されたお金が戻ってくることは稀なため、保証で戻ってくる点はクレジットカードを持つ大きなメリットです。
 
海外では、盗難は高い頻度で起こっています。日本で過ごす感覚で渡航するのは危険かもしれません。より安心感を求める方は、現金ではなくクレジットカードをおすすめします。
 
海外旅行保険付帯の安心感がある
「海外旅行保険」の付帯があるクレジットカードには、もしものときに補償を受けられる安心感があります。海外旅行保険が補償する項目は、以下のとおりです。
 
・傷害死亡
・後遺障害
旅行中のけがによって死亡、あるいは後遺障害が残った場合に適用される補償です。
 
・傷害治療費用
旅行中に交通事故などが発生して傷害を負った場合、その治療費を補償します。
 
・疾病治療費用
旅行中に病気や体調不良になった際、医師の治療を受けて発生した費用の補償です。
 
・賠償責任
偶然起こった事故によって、他人にけがをさせたり、他人の所有物を破壊したりした場合、賠償責任を負わされた分の費用を補償します。
 
・携行品損害
カメラやパソコン、スーツケースなどが壊れたり盗まれたりした場合の補償です。
 
・救援者費用
登山などで行方不明になった際の捜索費用や、関係者が現地へ行くための費用を補償します。
 
なお、クレジットカード会社によっては、補償項目が異なる場合もあります。申し込みをする前に、補償内容も確認するようにしましょう。

セゾンブルーアメックス新規入会キャンペーンセゾンブルーアメックス新規入会キャンペーン

学生が海外でクレジットカードを利用する際の注意点

学生が海外でクレジットカードを利用する際の注意点

前項までで解説をしたように、海外でクレジットカードを利用するメリットは多くあります。しかし、メリットと同時に、注意しなければならない点があるのも事実です。注意点を把握していなかった場合、スムーズに買物ができなかったり、損をしたりする場合があります。では、どのような注意点があるのか解説していきます。

 
決済は現地通貨で行う
クレジットカードで決済すると、「現地通貨での決済」「日本円で決済」のどちらかを選択する場合があります。その際は、迷わず現地通貨を選ぶことをおすすめします。
 
日本円を選択して決済すると、購入時の為替レートよりも、店舗側で大きく手数料を上乗せされた金額が決済されることがあります。なぜ円建ての場合は請求金額に上乗せされるかというと、店舗側の利益のためです。
 
現地通貨で決済を行う場合、各クレジットカード会社は、国際ブランドや自社のレートをもとにして手数料を算出します。各クレジットカード会社が算出した額であるため、透明性があって安心できます。選択できるようであれば、損をしないためにも現地通貨で決済を行いましょう。
 
サインはなるべくアルファベットにする
クレジットカード裏面のサイン欄は、なるべくアルファベットでサインしたほうがトラブルなく決済ができます。
 
基本的に、クレジットカードを使用した際にサインをする場合は、裏面のサインと同じように記入します。裏面に記載のサインと筆跡が同じであれば、信用度が増します。「不正利用をしていない」という証明になるのがポイントです。
 
もし裏面のサインが漢字でありながら、書類へアルファベットでサインした場合、外国の店員では筆跡が分かりづらくなります。本人確認の判断が難しいため、決済を断られるなどのトラブルが発生するかもしれません。
 
裏面も書類へのサインもアルファベットであれば、筆跡が分かりやすく決済もスムーズです。裏面にすでに漢字でサインがしてあれば、書類へも漢字でサインしましょう。しかし、裏面も書類へのサインも両方アルファベットのケースが、外国の店員には最も分かりやすくなるのでおすすめです。
 
利用の控えやレシートはしばらく保管しておく
海外で決済した場合、自分では覚えがない請求があったときに備えて、利用控えやレシートは帰国後もしばらく保管しておくことが重要です。
 
海外では、クレジットカードに関わる犯罪が数多く発生しています。その中でも代表的なものは、「スキミング」です。スキミングとは、クレジットカードの情報を盗み出し、全く同じ情報をもつクレジットカードを複製する犯罪を指します。
 
「スキマー」と呼ばれる機械を使用し、クレジットカードの磁気ストライプの情報を読み取って複製するという手口です。ユーザーは、複製されたことに気づきにくいという特徴があります。
 
悪質な場合は、店舗と共謀してスキミングを行うケースもあります。一見普通の読み取り装置に見えても、実際はスキマーであることもあり、知らぬ間に情報が抜き取られてしまいます。
 
気を付けていても、いつどこで犯罪に巻き込まれているか分かりません。そのためにも、利用控えやレシートは捨てずに保管しておきましょう。
 
限度額を考えて利用する
クレジットカードを利用する際は、利用限度額に注意することが重要です。特に、海外キャッシング枠は限度額に達した場合、現地通貨の新たな借り入れができません。
 
現地通貨の借り入れができない場合は、銀行窓口や空港の両替所などに行って両替をする必要があります。また、日本円の手持ちがすでにない場合、新たに現地通貨を得られなくなる恐れもあるので注意しましょう。
 
学生の場合、海外キャッシングの利用限度額が少額のケースもあります。しかし、渡航前にクレジットカード会社へ申請することで、一時的に海外キャッシングの枠を拡大してもらえることもあります。多くの金額を使うことが予想できる場合は、あらかじめ申請をして枠を拡大してもらうのがおすすめです。

学生が海外で利用するクレジットカードを選ぶ際のポイント

学生が海外で利用するクレジットカードを選ぶ際のポイント

学生が利用可能なクレジットカードは数多くあります。それぞれ異なる特徴があるので、海外で利用する際にメリットがあり、学生に優しいクレジットカードを選ぶのが良いでしょう。選ぶ際のポイントは「学生向け」「自動付帯の海外旅行保険」「年会費無料」の3つとなります。では、それぞれを詳しく解説していきます。

 
学生向けのクレジットカードにする
おすすめは、学生専用や学生でも作れるクレジットカードです。学生に焦点を絞ったクレジットカードなら、学生ならではの特典を受けられることもありお得です。
 
また、「学生向け」としてラインアップされているクレジットカードは、運転免許証や健康保険証などがあれば、収入がなくても作成できるものがあります。中にはオンライン上で、10分程度で申し込めるクレジットカードもあり、簡単に申請できるのがメリットです。
 
若者限定でポイントが通常よりも高く設定されていたり、年に1度でも利用すれば年会費が無料になったりするなど、特典が満載です。審査が優遇されることもあり、学生にとってはメリットが豊富なので、学生向けのクレジットカードを選択しましょう。
 
自動付帯の海外旅行保険があるクレジットカードにする
海外旅行保険が自動付帯されるクレジットカードを選ぶと、より利便性と安全性が上がるのでおすすめです。
 
海外旅行保険は、「自動付帯」と「利用付帯」の2種類があります。自動付帯は、その名のとおり海外旅行保険が自動で付帯されるサービスです。特に手続きをしなくても、クレジットカード会員になってカードを保有しているだけで、海外旅行保険が付帯します。
 
利用付帯は、海外旅行保険を付帯させるために、クレジットカード会社が定めた要件を満たす必要があります。要件の多くは、旅行のツアー代金や、公共交通機関を利用する際の費用をクレジットカードで決済することとしています。
 
自動付帯のほうが、手間なく自動で補償されるので安心です。クレジットカードの申し込み前には、自動付帯であることをしっかりと確認しましょう。
 
年会費が無料のクレジットカードにする
年会費無料のクレジットカードを選ぶと、金銭的な負担を減らせます。学生の場合、収入はアルバイトということが多く、社会人と比較すると収入の少なさは否めません。そのため、少しでも費用を節約することが重要です。
 
1年間で一度でもクレジットカード決済をすると、年会費が無料になるというケースがあります。便利なのが、携帯電話の支払いをクレジットカード決済にすることです。年会費が無料になるだけでなく、ポイントも貯まっていきます。
 
学生用のクレジットカードは、ポイントの付与が優遇されていることがあります。その特典を活かすことで、年会費も節約できてポイントもお得に貯められるのでおすすめです。少しでも費用を節約して、その分を海外旅行の資金にしましょう。

学生が海外キャッシングを申し込む際のポイント

学生が海外キャッシングを申し込む際のポイント

海外キャッシングは、銀行の窓口や空港の両替所へ行って両替しなくても、ATMで現地通貨を借りられるので便利です。そんな便利な海外キャッシングですが、申し込む際には条件があります。その条件を満たさないと、海外キャッシング枠を利用できません。では、利用するためにはどのような条件があるのでしょうか。詳しく見ていきましょう。

 
キャッシング枠は年収の3分の1以下にする
キャッシング枠は、年収の3分の1以下に設定する必要があります。これは「貸金業法」によって、法律で「年収の3分の1以下」という決まりがあるため、確実に守らなくてはいけません。
 
学生がアルバイトで得る年間収入の平均は、40万円~50万円となっています。ですから、その3分の1ほどである10万円を、最大のキャッシング枠としているクレジットカード会社が多数を占めます。
 
10万円もあれば、海外旅行で必要なキャッシング枠としては十分であるといえます。ショッピングの支払いをクレジットカードにしたり、ある程度の額の日本円を持参したりすれば、日本円を現地通貨に両替する分と、ATMで現地通貨を借りる分で十分な旅行資金を得られます。日本円だけを持参している場合、資金が底をついたときに不安です。クレジットカードを持参して、金銭面で安心して旅行を楽しみましょう。
 
自分の源泉徴収・給料明細を用意する
海外キャッシング枠を申請する際、学生本人の源泉徴収や給料明細が必要となります。申請する際にあわてて探すことのないように、普段から管理しておきましょう。通常のクレジットカードであると、学生が作る場合は親権者の年収がわかる書類を提出します。しかし、海外キャッシング枠の申請の場合は、本人の収入がわかる書類が必要不可欠です。
 
学生本人の収入がわかる書類を求められるので、ご自身で収入を得ている必要があります。例えば、海外キャッシングを申請する間際になってアルバイトをした場合、申請時に源泉徴収や給料明細を得られないかもしれません。そのため、海外キャッシングの申請を行う前から、アルバイトをしていることが望ましいといえます。
 
学生の海外旅行や留学におすすめのクレジットカード
学生の海外旅行や留学におすすめのクレジットカードは、「セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス(R)・カード」です。このクレジットカードは、初年度年会費は無料、2年目以降は3,000円(税抜)です。ただし、25歳以下であれば、26歳になるまで通常年会費の3,000円が無料になります。さらに、24歳以下の方がセゾンクラッセに登録すると、海外利用で永久不滅ポイントが通常の6倍貯まります。
 
海外旅行保険が自動付帯されるのも魅力です。傷害治療費と疾病治療費は300万円、携行品損害は30万円まで補償されるので安心できます。
 
「海外アシスタンスデスク」サービスは、現地情報の案内やレストラン、ホテルなどの予約代行までしてくれます。「パスポートをなくした」といったことも相談でき、すべて日本語で話せるので高い安心感を得られるのもポイントです。学生の海外旅行や留学を力強くサポートしてくれます。 

 参考:『セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス(R)・カード』

セゾンブルーアメックス新規入会キャンペーンセゾンブルーアメックス新規入会キャンペーン

まとめ

まとめ

学生の海外留学や海外旅行の場合、盗難対策や海外旅行保険の付帯による安心感など、クレジットカードを利用することでさまざまなメリットを得られます。海外旅行は、何が起こるか分かりません。学生向けのクレジットカードを作っておくことで、安心して渡航できます。

 
学生向けのクレジットカードを作るのであれば、セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス(R)・カードがおすすめです。26歳になるまでは年会費が無料なので費用を抑えられます。さらに、24歳以下の方がセゾンクラッセに登録すると、海外利用で永久不滅ポイントが6倍にもなるのでお得です。
 
また、海外旅行保険が自動付帯されているので安心できます。困ったことがあれば日本語で質問できる「海外アシスタンスデスク」も心強い存在です。
 
海外留学や海外旅行を最大限楽しむためにも、ぜひセゾンブルー・アメリカン・エキスプレス(R)・カードをぜひご利用ください。

おすすめのクレジットカード

人気記事