個人がつながり豊かに生きる新しい経済——シェアリングエコノミーの可能性

個人がつながり豊かに生きる新しい経済——シェアリングエコノミーの可能性

民泊や駐車場シェア、フリマアプリに家事サービスなど、さまざまなシェアサービスが日本でも提供されるようになってきました。ネット上のプラットフォームを通じて、個人が持っている資源を活用して経済活動に参加できるシェアリングエコノミー。一億総活躍社会や地域創生の実現に役立つと、政府も推進しています。石山アンジュさんは、シェアリングエコノミー伝道師として国から任命され、活躍しています。その石山さんに、シェアリングの今、そしてこれからについて伺いました。

即日発行可能なクレジットカード

お話を伺った人:石山アンジュ さん Anju Ishiyama
内閣官房シェアリングエコノミー伝道師
一般社団法人シェアリングエコノミー協会 事務局長

主役は個人。テクノロジーが後押しするニューエコノミー

モノ、空間、移動、スキル、そしてお金をシェアするシェアリングエコノミーが耳目を集めています。注目されるようになった理由には、どのような背景があるのでしょうか。

——シェアリングエコノミーの「シェア」とは、そもそもどんな意味ですか?
「シェア」には、確たる定義はなく、非常に曖昧な概念です。フリーマーケットや従来のレンタルサービスも、広い意味ではシェアリングに入ります。
近年注目されているのは、プラットフォーム上で個人と個人が、モノ、場所、スキルなど、あらゆるものを売買したり、貸し借りしたり、共同所有したりといった経済行動で、ニューエコノミーとしてのシェアリングです。
たとえば「Airbnb(エアビーアンドビー)」のように、サービスを提供するのはホストとなる個人であって、企業はサービスの主体ではありません。個人間でのやり取りが基本となり、サービスの価格やクオリティを決めるのは、企業ではなくて個人です。

——なぜ、そのような経済行動が広がってきたのでしょうか?
昔、お隣さんとのお醤油の貸し借りは三軒隣りぐらいまでしかできませんでした。それがインターネットやテクノロジーによって100人、1,000人、さらに海外の人と瞬時にやり取りができるようになっています。しかも、キャッシュレス決済や位置情報などあらゆる機能がアップデートされていきます。スマートフォンひとつで、個人間の取引が瞬時に、よりスムーズになっていったことが、シェアリングが広がっている背景にあるのではないかと思います。

気になるシェアリング。何から始めよう?

興味はあっても、会ったことのない個人との取引にためらう人も少なくありません。利用してみたいと思ったら、何から始めたらいいのでしょうか。

——シェアリングの入り口として、おすすめのサービスを教えてください。
例えば、自家用車を貸し借りする、「Anyca(エニカ)」というシェアサービスがあります。一般的に、レンタカーはほとんど同じ車種だと思いますが、このサービスでは自分の好みに合った車を、所有している個人から借りることができます。

その他には、食事のシェアリング。レストランではなく、一緒にカレーをつくって食べたり、海外で現地のホストの家に行って一緒にご飯を食べたりする、ミールシェアという食事のシェアサービスもおすすめ。

——石山さんご自身は、利用するときに、まったく見知らぬ個人とやり取りすることに抵抗感はありませんか?
安心安全のサービスかを把握するために、たとえば、民泊を利用する場合は、レビューをきちんと確認してからどこにするか決めています。
企業が価格を決めなくても売買行動を成り立たせている理由は、レビュー評価システムがあるからです。
すでに購入したり利用している人の評価を参考にして、次の人が購入を検討することができます。ニューエコノミーとしてのシェアリングエコノミーの大きな軸になっているのが、このレビューシステムと言われています。

オンラインで完結する決済システムが遠方の人との取引を可能に

個人同士の取引で心配になってしまうのが、やはりお金をめぐるトラブル。プラットフォームでの決済はほとんどがクレジットカードで行われているとのこと。でも、金額などでもめるようなことはないのでしょうか。

——たとえばミールシェアの場合、当日の材料費が予定と違ったとき、追加で払うようなことは生じないのですか?
プラットフォームによって異なります。たとえば仮払いという形で購入者はクレジットカードで払い、いったんプラットフォームがそのお金をプールして、実際に民泊などが終わった後に、ちゃんと取引が完了したかどうかの検証を終えてから支払われる、というパターンがあります。

また、名刺やウェブサイトをつくると、しばしばオプションが発生します。元の値段に対して数千円追加する場合も、そのプラットフォーム上からお互いの合意でできるシステムになっていることが多いですね。

——やはりお金のやり取りをキャッシュレスで行うことがシェアリングエコノミーの基本なのでしょうか。
クレジットカードを使い、オンラインプラットフォームの決済を通じた売買がシステムの上で可能になったことにより、シェアリングが急成長しているのだと思います。
個人が多くの人と瞬時に取引ができるという意味では、キャッシュレスがプラットフォーム全体に与えている影響は非常に大きいと思います。

誰もがシェアリングエコノミーに参加するために必要な「信用」

先進諸外国と比べ、キャッシュレス化が遅れているともいわれる日本。クレジットカードの決済がメインなら、シェアサービスの普及はなかなか進みにくいのでは…? そんな疑問も出てきます。

——石山さんご自身は、シェアリング生活をされていると、現金の出番というのはあまりないのでしょうか?
たしかに私は今、現金はほとんど使っていません。タクシーに乗ったり何かの支払いをするときはスマートフォン決済が多いですし、オンラインの取引はクレジットカードを使います。

——政府がキャッシュレス化を進めようとしていますが、皆がクレジットカードを使うようになると、シェアサービスの広がりもより身近になるのでしょうか?
そう思います。今シェアサービスの利用者が非常に増えてきています。もともと20代30代のビジネスパーソンが多かったのですが、高齢者や子育て中のママさんなどがシェアリングエコノミーの市場に参入するようになっています。

ただ、クレジットカードを高齢者や今働いていない方には新たに発行しにくいことは、シェアリングエコノミーを広げる上での障壁になっていると感じています。与信(※)のあり方が変わっていかない限りは、日本中にシェアリングを社会実装するというのは非常に難しいでしょう。
※与信|代金を後払いにして、商品や金銭、サービスなどを受け取る際に必要な、利用者の信用のこと

——それについては、どのような解決策が考えられますか?
たとえば一度も企業で働いたこともなく、年収ゼロの人が、この1カ月で民泊を提供して100のレビューが貯まったとします。そして、100人の他者から一番高いクオリティだと評価され、かつプラットフォームはその人にどれくらい入金があったかをタイムリーにデータとして持っている。

これをカード会社とプラットフォームがデータ連携をして、これまでの与信の基準にはなかった、プラットフォームで蓄積したその人の信用を審査項目として追加するというようなことです。これなら既存の与信では評価が低い人でも、クレジットカードが発行できるようになり、クレジットカードはもっと利用されるようになるのではないでしょうか。そういう社会になっていったらと思います。

個人が安心して利用できるシェアリングエコノミー認証制度

新しいシステムが社会に受け入れられていくためには、安心して利用できる仕組みも必要です。シェアリングエコノミーではどのようになっているのでしょうか。

——シェアサービスを利用するに当たっては、個人の責任が重くなるようにも感じます。
個人であっても、提供するホスト側の責任はあります。また、仲介となるプラットフォームを運営する会社には責任が負えない場合もあるので、使う側の個人も、トラブルを回避したり何かあったときに問題に対処できる能力を高めていく必要があると思います。

ただ、安心と安全を担保するのがプラットフォーマーの役割です。プラットフォームを通すことで、個人がリスクを取り過ぎなくても取引ができるのが、このシェアリングエコノミーの仕組みです。

プラットフォームでは、仮払い方式などで未払いを防げるようになっており、トラブルをちゃんと回避できるような仕組みがあったり、保険がついていたりするので、比較的多くの人が使いやすいインフラとして機能するのではないでしょうか。

——シェアサービスがたくさん出てくると、やはりトラブルは増えるのでは? 安全で安心して使えるプラットフォームを見極めるのはどうしたらいいでしょうか。
現在、「シェアリングエコノミー認証制度(※)」というものがあります。国の安心安全のガイドラインに基づいて、その審査に合格しているプラットフォーマーのサイトには、「シェアリングエコノミートラストマーク」がついています。これから利用したい人は、そういうものを見て利用するのがいいと思います。
シェアリングエコノミー認証制度

より多くの人が社会に参画できるシェアリングエコノミー

子育て中でも、すきま時間を使って助け合ったり、ちょっとしたお手伝いをするような取引もできます。モノの売買ばかりでなく、さまざまなサービスの提供が可能。それもシェアリングエコノミーの特徴のひとつといえます。

——今までは企業が提供してこなかったものでも、サービスとして提供されていますね。
世の中にはいろいろな人がいて、たとえばニッチなところでいうと、“とにかくマンホールが大好き”という人がいます(笑)。個人ガイドの「TABICA(タビカ)」というサービスでは、観光客向けにそのような人が歩いてマンホールを一緒にめぐるというツアーがあります。その個人が持っている特技や知識と、それを欲しいという人をつなぐことによって、新しい付加価値がどんどん生まれています。

——企業で働いたことがなかった人たちも、シェアリングに参加しつつあるようですね。
今までは、企業に勤めて対価を得ることが「働く」ということでした。しかし、たとえばメルカリで月40万円稼ぐことができたり、自分の部屋をAirbnbに登録するだけで月30万稼ぐことができて。それは労働に対しての価値ではなくて、生活の中で稼ぐという働き方の新しい概念として出てきています。

ある白金に住んでいる80歳のおばあちゃんは、自分の持ち家を民泊で貸し出して、そこにいろんな外国人が泊まりに来ることが生きがいとなっているそうです。
またリタイヤ後、料理が好きでCtoC(*) の家事代行のサービスを通じてご近所さんのご飯をつくってあげたりして活躍されているシニアの方などもいらっしゃいます。
自分の持っているアセットを通じて、それを販売することで報酬を得ることができたり、また社会参画をするきっかけになったり、そういった機会を提供することで、新しい価値が生まれるのだろうと思います。

企業が提供する家事代行は、基本的にマニュアルにしたがって、誰がやっても同じで、時間に対して給料が払われています。しかし CtoC の家事代行では、“自分は和食の惣菜をつくるのが上手だ”というのを個人の評価としてレビューしてもらい、それを活かした働き方ができる。レビューが貯まると、自分のサービスの良い点や、どういうところが価値なのかがすべて可視化され、プラットフォーム上に自分の信用として貯まる。これまでの、企業で働こととは異なる、新しい価値が生まれるのではないでしょうか。
(*)CtoC:消費者同士で行われる取引のこと

より多くの選択肢がある社会の方が幸せ

シェアリングエコノミーサービスは、プラットフォームを介してやり取りをし、取引後もレビューし合います。それを機にその後も、人と人がつながることが出来ます。

——シェアリングエコノミーが広がっていく社会が理想ということでしょうか?
私としては選択肢が多い社会ほど人は幸せになれると信じています。「シェア」がインフラとして広がり、個人間の取引を新たな手段として個人が持つことができれば、より豊かな社会になっていくでしょう。

3.11の震災のときのように、企業が当たり前に提供していたモノやサービスが止まってしまったときに、もうひとつの選択肢として個人間で泊まることができるとか、タクシーが動いていなくても、ライドシェアのような個人と直接つながることによってドライブができる CtoCのプラットフォームがあれば、より不確かな社会の中でもオルタナティブな選択肢を持つことができるのではないかと思います。

——シェアリングエコノミーを広げていくにあたり、こんな決済の方法があったらいいとか、改善してほしい点はありますか?
これだけ人が地域を越え国境を越えている中で、どれだけグローバルで使える決済システムになっているかどうかはとても重要です。

たとえばUber(ウーバー)がひとつのアプリで「どの国で起動しても簡単に使える」といった状況が、どんどん生まれてくるのではないか思います。ローカルでしか使えないような決済方式では、やはり広がるのは難しいのではないでしょうか。もっと垣根をなくした仕組みになっていく必要があると思います。

——石山さんご自身も不便を感じられていることがありますか?
現状では、増えているシェアサービスのプラットフォームと、Amazon をはじめインターネットのショッピングサイトすべてで、クレジットカードを登録しなければなりません。これをひとつの ID で各サイトのクレジットカード登録が省けるようになると、より決済にかける時間を削減できます。
また、決済だけでなくアカウントそのものも、現時点では本人確認のため運転免許証を各サイトに登録して審査してもらわなくてはなりません。そこはちゃんとした信用機関が本人確認をして審査を経て、ひとつのアカウントで複数サイトが使えるようになるといいですね。

まとめ

テクノロジーの進歩とともに、国際的にも存在感が増しているシェアリングエコノミー。日本での普及はまだまだこれからですが、これまでなかったサービスが提供され、個人や社会の課題解決の役に立ったり、社会参画の機会を生み出したり、さまざまな可能性を持っています。まだ利用したことがない人も、シェアサービスのプラットフォームを訪問してみると、「あったらいいな」と思っていたものが見つかるかもしれませんね。

キャッシュレス化が広まっていくに連れて欠かせないのがクレジットカード。交通系電子マネーやQRコード決済と連携をすることによって、様々な支払い方法を利用することができるようになります。
例えばクレジットカードをApple Payに登録するとiPhoneをかざすだけで店頭での支払いやiPhone上でSuicaへのチャージをすることができます。
簡単でシンプルなApple Payはこれからキャッシュレスを始める方にもぴったりです。
新しい経済が生み出されていくこの時代に、ご自身にあったマネーライフを過ごしてみてはいかがでしょうか?

石山アンジュ Anju Ishiyama

内閣官房シェアリングエコノミー伝道師
一般社団法人シェアリングエコノミー協会 事務局長
https://sharing-economy.jp/ja/
著書『シェアライフ 新しい社会の新しい生き方』(発行クロスメディア・パブリッシング/発売インプレス→Amazon.ne.jp


インタビュアー:内田ふみ子
撮影:眞嶋和隆

人気記事