債券投資とは?

債券って何?

債券とは、資金調達をする国や地方自治体、金融機関、民間企業などがお金を借りた証拠として、利息の支払いや元本の返済を約束して発行する証書です。

債券投資のメリット

  • 債券には、安全性が高いが利率の低いものや、信用度が劣る分だけ利率が高いもの、満期までの期間が短いものから長期のものまで、さまざまな種類があり、投資目的に応じた運用ができます。
  • 固定金利である一般的な債券は、満期までの間に一定の利息を支払うことが約束されているため、満期まで持てば、確定利回りが得られます。

債券選びのポイント

A社とB社ともに、信用の高い順に、AAA、AA、A、BBB、BB、B、CCC、CC、C、Dとある中で、AAA、AA、A、BBBが投資資格を持つ。
  • 中途売却すると元本割れの可能性もあります。2~3年は使う予定のない余裕資金で購入しましょう。
  • 債券の元利金の支払いの確実性をチェックする際には、格付けが目安となります。なるべく「A」以上の高い格付けのものを購入しましょう。
  • 発行元が破綻すると、投資額が戻ってこない可能性もあります。購入する際は、発行元の財務状況などをしっかり確認しましょう。

種類

個人向け国債は、2003年3月に登場した「個人」の方のみが購入できる国債です。

  • 満期日の元本や半年毎の利子の支払いは日本国政府が責任をもって行うため、安全性の高い金融商品です。
  • 1万円から1万円単位で購入できます。
  • 経済環境等により実勢金利が下がった場合でも、0.05%(年率)の最低金利保証が設定されています。

商品概要

固定金利型3年満期 固定3

発行時に設定された利率が満期まで変わらない「固定金利」を採用した、3年満期の個人向け国債です。発行から1年経過すればいつでも中途換金ができます。

固定金利型5年満期 固定5

発行時に設定された利率が満期まで変わらない「固定金利」を採用した、5年満期の個人向け国債です。発行から1年経過すればいつでも中途換金ができます。

変動金利型10年満期 変動10

半年毎に適用する利率が変わる「変動金利」を採用した、10年満期の個人向け国債です。
発行から1年経過すればいつでも中途換金ができます。

利率の算出方法

「個人向け国債 変動10年」
基準金利-0.80%(平成23年6月以前発行分)
基準金利×0.66(平成23年7月以降発行分)
  • 基準金利:募集期間直前もしくは利払い時の10年固定利付国債の実勢金利
「個人向け国債 固定5年」 基準金利-0.05%
  • 基準金利:募集期間直前の5年固定利付国債の実勢金利
「個人向け国債 固定3年」 基準金利-0.03%
  • 基準金利:募集期間直前の3年固定利付国債の実勢金利

ご留意いただきたい事項

  • お申込の際には、事前に契約締結前交付書面等をお渡ししますので、必ず内容をご確認の上、ご自身でご判断ください。
  • 変動10年は市場の実勢金利に応じて、半年ごとに適用料率が変わります。そのため、毎回受け取る利子の金額に増減が生じます。また、固定5年は満期までの5年間、固定3年は満期までの3年間は発行時に設定された利率が変わりません。
  • 発行後1年を経過すれば額面で中途換金ができます。※1
  • 中途換金する場合は、額面金額に経過利子相当額を加えた金額から、直前2回分の各利子(税引前)相当額×0.79685の中途換金調整額が差し引かれます。※2
  • 本債券のご購入に際しては、購入対価のみご負担いただきます。詳細については、財務省発行のパンフレット等で内容を十分にご確認ください。
  • 個人向け国債の利子については、復興特別所得税を付加した20.315%(所得税15.315%、住民税5%)の源泉分離課税となります。※3
  1. 中途換金の特例:災害救助法の対象となった大規模な自然災害により被害を受けられた場合、または保有者本人が亡くなられた場合、上記の期間にかかわらず中途換金が可能です。
  2. 購入時に初回の利子の調整額を払い込まれた場合は、中途換金調整額から初回の利子の調整額が差し引かれますが、その計算を適用する期間は、中途換金禁止期間及び中途換金禁止明けの1回目の利払日の前日までの間となります。
  3. 障害者の方や寡婦年金等を受給されている方などについては、いわゆる「障害者等のマル優制度」や「障害者等の特別マル優制度」の非課税貯蓄制度の適用が受けられます。
  • 平成28年1月1日より金融所得課税の一体化の拡充により、公社債(一部を除く)の利子、譲渡損益および償還損益について、上場株式等の配当等および譲渡損益と損益通算が可能となる等の実施が予定されています。
  • 将来、税制が変更された場合は取り扱いが異なる可能性がありますのでご留意ください。

誤認防止のお知らせ

金融商品仲介業について

有価証券の勧誘
株式会社クレディセゾンは、金融商品仲介業者として、有価証券の勧誘について、マネックス証券株式会社、東海東京証券株式会社、野村證券株式会社、株式会社スマートプラス、大和証券株式会社および株式会社CONNECTから受託し、株式、債券、および投資信託を取扱っております。
口座開設後のお取引は、お客様がマネックス証券株式会社、東海東京証券株式会社、野村證券株式会社、株式会社スマートプラス、大和証券株式会社および株式会社CONNECTと直接行っていただくことになります。株式会社クレディセゾンは、マネックス証券株式会社、東海東京証券株式会社、野村證券株式会社、株式会社スマートプラス、大和証券株式会社および株式会社CONNECTの代理権は有しておらず、また、金融商品仲介業に関して、お客様から金銭もしくは有価証券の預託を受けることはできません。
  • 取扱商品が同じでも所属金融商品取引業者によって手数料が異なる場合がございます。手数料をお確かめの上、お取引ください。
投資一任契約締結の媒介
株式会社クレディセゾンは、金融商品仲介業者として、投資一任契約締結の媒介業務についてマネックス・アセットマネジメント株式会社および大和証券株式会社から受託し、その取扱を行っております。
投資一任契約の締結は、お客様がマネックス・アセットマネジメント株式会社または大和証券株式会社と直接行っていただくことになります。株式会社クレディセゾンは、マネックス・アセットマネジメント株式会社および大和証券株式会社の代理権は有しておらず、また、金融商品仲介業に関して、お客様から金銭もしくは有価証券の預託を受けることはできません。
  • 取扱商品が同じでも所属金融商品取引業者によって手数料が異なる場合がございます。手数料をお確かめの上、お取引ください。

金融商品仲介業者

株式会社クレディセゾン 関東財務局長(金仲)第62号

所属金融商品取引業者

マネックス証券株式会社
金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第165号
加入協会:日本証券業協会、一般社団法人 第二種金融商品取引業協会、一般社団法人 金融先物取引業協会、一般社団法人 日本暗号資産取引業協会、一般社団法人 日本投資顧問業協会
東海東京証券株式会社
金融商品取引業者 東海財務局長(金商)第140号
加入協会:日本証券業協会、一般社団法人 金融先物取引業協会、一般社団法人 第二種金融商品取引業協会、一般社団法人日本STO協会
野村證券株式会社
金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第142号
加入協会:日本証券業協会、一般社団法人 日本投資顧問業協会、一般社団法人 金融先物取引業協会、一般社団法人 第二種金融商品取引業協会
株式会社スマートプラス
金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第3031号
加入協会:日本証券業協会、一般社団法人 日本投資顧問業協会
大和証券株式会社
金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第108号
加入協会:日本証券業協会、一般社団法人 日本投資顧問業協会、一般社団法人 金融先物取引業協会、一般社団法人 第二種金融商品取引業協会
株式会社CONNECT
金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第3186号
加入協会:日本証券業協会
マネックス・アセットマネジメント株式会社
金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第2882号
加入協会:一般社団法人 日本投資顧問業協会、一般社団法人 投資信託協会

広告受託業務について

株式会社クレディセゾンは、セゾン投信株式会社、田中貴金属工業株式会社、フィデリティ証券株式会社、株式会社SBI証券、ひまわり証券株式会社、GMOクリック証券株式会社の広告業務を受託しております。

あくまで口座開設およびお取引はお客様とセゾン投信株式会社、田中貴金属工業株式会社、フィデリティ証券株式会社、株式会社SBI証券、ひまわり証券株式会社、GMOクリック証券株式会社と直接行っていただくものです。株式会社クレディセゾンはセゾン投信株式会社、田中貴金属工業株式会社、フィデリティ証券株式会社、株式会社SBI証券、ひまわり証券株式会社、GMOクリック証券株式会社の提供商品の勧誘、取引の推奨はいっさい行っておりません。

セゾン投信株式会社
金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第349号
加入協会:一般社団法人投資信託協会
田中貴金属工業株式会社
加入協会:社団法人 日本金地金流通協会 正会員
フィデリティ証券株式会社
金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第152号
加入協会:日本証券業協会
株式会社SBI証券
金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第44号
加入協会:日本証券業協会、一般社団法人 金融先物取引業協会、一般社団法人 第二種金融商品取引業協会
ひまわり証券株式会社
金融商品取引業 関東財務局長(金商)第150号
商品先物取引業 経済産業省 平成21・12・09商第7号、農林水産省指令21総合第1516号
加入協会:一般社団法人 金融先物取引業協会、日本証券業協会、一般社団法人 日本投資顧問業協会
GMOクリック証券株式会社
金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第77号
商品先物取引業者 農林水産省指令22総合第1337号、経済産業省平成22・12・13商第19号
加入協会:日本証券業協会、一般社団法人 金融先物取引業協会、日本商品先物取引協会