外貨投資

外貨投資とは

外貨投資とは、円を米ドルやユーロといった外貨に替えて運用する投資のことです。 外貨建ての商品に資産を分散させることで、為替変動のリスクに備えることができます。

円高・円安のしくみ

1ドル80円になったら…少ない円でドルが買える、つまり、円の価値が高くなった、つまり、円高。1ドル120円になったら…ドルを買うには、多くの円が必要、つまり、円の価値が下がった、つまり、円安。

外貨投資のメリット

為替差益を狙える

円ベースで考えた場合、「円安」になったら円換算の資産がふえます。
反対に「円高」になると円換算の資産は減少することになります。
たとえば、1ドル=110円で1万ドルの外貨建てMMFをもっていると・・・

1ドル130円になると、1万ドルは円計算すると130円×1万ドル=130万円。つまり+20万円。円換算資産が20万円増えることになります。

国内に比べ、海外の高金利を狙える。

日本は超低金利で預金や短期運用商品の金利は0に近い状態。
米ドルなどの海外金利は低下しているものの、まだ日本よりは高い水準です。
円ベースで考えた場合、預金金利に加えて、為替の変動による為替差益を享受できる可能性があります。

資産の分散によるリスクヘッジ

外貨建て資産を保有することにより、為替レートの大幅な変動による国内物価の急激な上昇などに備えることができます。

外貨投資のポイント

Point1

「為替リスク」があることをお忘れなく

円の預貯金とは異なり、為替変動による元本割れのリスクがあります。
取引時よりも、円高になると為替差損による損失が発生することがあります。

たとえば、1ドル=120円のときに外貨預金1万ドル(=120万円)の取引を行った場合、120万円を投資することになります。その後円高に為替相場が変動し、1ドル=100円になった場合は、円換算ベースでは100万円分となり、20万円の損失(*手数料を考慮せず)が発生することになります。

Point2

為替手数料に注意

外貨預金などでは、円と外貨の交換の際に為替手数料がかかります。商品や通貨の種類・取り扱い金融機関によって異なるので、事前に比較しましょう。

Point3

為替変動のタイミングを逃さず取引できる?

外貨定期預金のように満期まで取引できなかったり、1日の取引時間に制限があったりすると、為替差益を確定するチャンスを逃してしまうこともあります。

外貨投資の種類

外貨投資の代表的な商品である、「外貨預金」「外貨建てMMF」「外国為替証拠金取引(FX)」を比較してみましょう。

外貨預金

内容
米ドルやユーロなど、外貨での預金です。
基本的な仕組みは円預金と同じで、預けたお金にはあらかじめ決められた金利がつきます。
外貨ベースでは元本保証があります。ただし預金といっても、預金保険の対象とはなりません。
メリット
  • 多くの銀行で取り扱っているので、購入しやすい。
  • 多くの場合、外貨をそのまま海外送金できる。
デメリット
  • 外貨建てMMFやFXに比べ、為替手数料が高い。
  • 定期預金の場合は、1・3・6ヵ月などの満期まで原則として引出せません。
  • 円安にならないと、為替差益が得られない。

外貨建てMMF

内容
高格付けの債券などを中心に運用されている、外貨建ての投資信託。安定した収益を目指して運用されその実績によって収益の分配があります。主に証券会社で取り扱っています。
メリット
  • 満期はなく、いつでも出し入れ可能。
  • 外貨預金に比べると為替手数料が安い。
デメリット
  • 円安にならないと、為替差益が得られない。
  • 投資先がデフォルトになった場合は、元本割れのおそれがあります。

外国為替証拠金取引(FX)

内容
一定の証拠金を担保とすることで、少額の自己資金でその何倍もの大きな通貨売買ができる取引方法です。為替相場の変動により大きな利益を得られる一方で、相場の動きが予想に反したときは、損失も大きくなるハイリスク・ハイリターンな投資です。
メリット
  • 外貨預金・外貨建てMMFより為替手数料が安い。
  • 24時間取引可能。(満期などはないのでいつでも決済できる。24時間為替相場をリアルタイムに確認できる。)
  • 「外貨売り・円買い」からの取引もできるので、円高の局面でも利益を狙うことが可能。 取引できる外貨の種類が多い。
デメリット
  • 為替相場が予想と反対に動いたときにレバレッジを大きくかけていると、損失も大きくなる。

それぞれのメリット・デメリットを理解して、自分にあった商品・金融機関を選びましょう。

(以下の例は、各商品の一般的な特徴の比較です。 個別の商品によっては、あてはまらないケースもありますのでご了承ください。)

外貨預金
(定期預金の場合)
外貨建てMMF外国為替証拠金取引
(FX)
主な取り扱い金融機関銀行銀行・証券会社証券会社・専門会社・銀行など
為替手数料
(1通貨単位あたり)
片道1円片道50銭片道5~10銭
決済時期原則として満期時のみ購入日翌日以降いつでも可能特に制限なし
為替レート1日1回更新1日複数回更新24時間リアルタイムでレートを確認できる
利益への課税(※)利息部分源泉分離課税源泉徴収のうえ確定申告不要※申告も可能(申告分離課税)先物取引等の雑所得申告分離課税
為替差益雑所得
総合課税
上場株式等の譲渡所得等申告分離課税
※特定口座(源泉徴収あり口座)の場合は申告不要
  • 年収2,000万円以下の給与所得者で、給与所得以外の所得(雑所得等)の合計金額が20万円以下の場合は、確定申告は不要です。課税について詳しくは、国税庁タックスアンサー をご覧ください。

誤認防止のお知らせ

金融商品仲介業について

有価証券の勧誘
株式会社クレディセゾンは、金融商品仲介業者として、有価証券の勧誘について、マネックス証券株式会社、東海東京証券株式会社、野村證券株式会社、株式会社スマートプラス、大和証券株式会社および株式会社CONNECTから受託し、株式、債券、および投資信託を取扱っております。
口座開設後のお取引は、お客様がマネックス証券株式会社、東海東京証券株式会社、野村證券株式会社、株式会社スマートプラス、大和証券株式会社および株式会社CONNECTと直接行っていただくことになります。株式会社クレディセゾンは、マネックス証券株式会社、東海東京証券株式会社、野村證券株式会社、株式会社スマートプラス、大和証券株式会社および株式会社CONNECTの代理権は有しておらず、また、金融商品仲介業に関して、お客様から金銭もしくは有価証券の預託を受けることはできません。
  • 取扱商品が同じでも所属金融商品取引業者によって手数料が異なる場合がございます。手数料をお確かめの上、お取引ください。
投資一任契約締結の媒介
株式会社クレディセゾンは、金融商品仲介業者として、投資一任契約締結の媒介業務についてマネックス・アセットマネジメント株式会社および大和証券株式会社から受託し、その取扱を行っております。
投資一任契約の締結は、お客様がマネックス・アセットマネジメント株式会社または大和証券株式会社と直接行っていただくことになります。株式会社クレディセゾンは、マネックス・アセットマネジメント株式会社および大和証券株式会社の代理権は有しておらず、また、金融商品仲介業に関して、お客様から金銭もしくは有価証券の預託を受けることはできません。
  • 取扱商品が同じでも所属金融商品取引業者によって手数料が異なる場合がございます。手数料をお確かめの上、お取引ください。

金融商品仲介業者

株式会社クレディセゾン 関東財務局長(金仲)第62号

所属金融商品取引業者

マネックス証券株式会社
金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第165号
加入協会:日本証券業協会、一般社団法人 第二種金融商品取引業協会、一般社団法人 金融先物取引業協会、一般社団法人 日本暗号資産取引業協会、一般社団法人 日本投資顧問業協会
東海東京証券株式会社
金融商品取引業者 東海財務局長(金商)第140号
加入協会:日本証券業協会、一般社団法人 金融先物取引業協会、一般社団法人 第二種金融商品取引業協会、一般社団法人日本STO協会
野村證券株式会社
金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第142号
加入協会:日本証券業協会、一般社団法人 日本投資顧問業協会、一般社団法人 金融先物取引業協会、一般社団法人 第二種金融商品取引業協会
株式会社スマートプラス
金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第3031号
加入協会:日本証券業協会、一般社団法人 日本投資顧問業協会
大和証券株式会社
金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第108号
加入協会:日本証券業協会、一般社団法人 日本投資顧問業協会、一般社団法人 金融先物取引業協会、一般社団法人 第二種金融商品取引業協会
株式会社CONNECT
金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第3186号
加入協会:日本証券業協会
マネックス・アセットマネジメント株式会社
金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第2882号
加入協会:一般社団法人 日本投資顧問業協会、一般社団法人 投資信託協会

広告受託業務について

株式会社クレディセゾンは、セゾン投信株式会社、田中貴金属工業株式会社、フィデリティ証券株式会社、株式会社SBI証券、ひまわり証券株式会社、GMOクリック証券株式会社の広告業務を受託しております。

あくまで口座開設およびお取引はお客様とセゾン投信株式会社、田中貴金属工業株式会社、フィデリティ証券株式会社、株式会社SBI証券、ひまわり証券株式会社、GMOクリック証券株式会社と直接行っていただくものです。株式会社クレディセゾンはセゾン投信株式会社、田中貴金属工業株式会社、フィデリティ証券株式会社、株式会社SBI証券、ひまわり証券株式会社、GMOクリック証券株式会社の提供商品の勧誘、取引の推奨はいっさい行っておりません。

セゾン投信株式会社
金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第349号
加入協会:一般社団法人投資信託協会
田中貴金属工業株式会社
加入協会:社団法人 日本金地金流通協会 正会員
フィデリティ証券株式会社
金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第152号
加入協会:日本証券業協会
株式会社SBI証券
金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第44号
加入協会:日本証券業協会、一般社団法人 金融先物取引業協会、一般社団法人 第二種金融商品取引業協会
ひまわり証券株式会社
金融商品取引業 関東財務局長(金商)第150号
商品先物取引業 経済産業省 平成21・12・09商第7号、農林水産省指令21総合第1516号
加入協会:一般社団法人 金融先物取引業協会、日本証券業協会、一般社団法人 日本投資顧問業協会
GMOクリック証券株式会社
金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第77号
商品先物取引業者 農林水産省指令22総合第1337号、経済産業省平成22・12・13商第19号
加入協会:日本証券業協会、一般社団法人 金融先物取引業協会、日本商品先物取引協会