スマホで明細確認!

アプリ「セゾンPortal」
ダウンロードはこちらから

QRコード
今すぐ無料ダウンロード

「セゾンカードLINE公式アカウント」友だち追加はこちらから

LINE ID
@saisoncard
QRコード

LINEで友だちになる

「北陸応援割」は4/26まで!宿泊の割引率50%を活用して旅行支援に出掛けよう。

令和6年元旦に石川県能登地方を震源とするマグニチュード7.6の地震が発生しました。
地震により、犠牲になられた方々に心よりお悔やみ申しあげるとともに、被災された皆さまにお見舞い申しあげます。
被災地の復旧と地域経済の活性化を目指した「北陸応援割」という観光支援策も4/26まででまもまく終了します。
私たちができる復興支援として「北陸に旅行に出かける」ことも北陸の地の活性化へつながるため、この記事では「北陸応援割」について、解説していきます。
ぜひ最後までご覧ください。

「北陸応援割」はいつから?

能登半島地震により打撃を受けている北陸地方の観光業の支援のために、「北陸応援割」の実施されます。
令和6年3月16日(土曜日)から令和6年4月26日(金曜日)宿泊分まで(予算額に達し次第終了)が対象です。
詳しい概要は以下のとおりです。

「北陸応援割」概要
対象地域

石川、富山、福井、新潟の4県

予約開始日

富山県・福井県・新潟県:令和6年3月8日(金曜日)
石川県:令和6年3月12日(火曜日)
(予約開始日以降に申込を行った旅行・宿泊が対象)

対象期間

令和6年3月16日(土曜日)から令和6年4月26日(金曜日)宿泊分まで
(予算額に達し次第終了)

支援内容(補助率)

■宿泊サービス単体商品
・割引率50%
・1予約あたり1人最大2万円が上限
■新幹線、バス、飛行機などの交通機関と宿泊のセット商品の場合
・2泊以上の場合は最大3万円が上限
・2つ以上の県にまたがる旅行の場合は最大3.5万円が上限

北陸応援割の4都道府県のキャンペーンページ

・北陸応援割 「にいがた応援旅割キャンペーン」
 詳細HP:https://niigata-kankou.or.jp/ngt/tukatoku/
・北陸応援割「とやま応援キャンペーン」
 詳細HP:https://www.info-toyama.com/stories/toyama-ouen
・北陸応援割「ふくいdeお得キャンペーン」
 詳細HP:https://hokurikuouenwari-fukui.jp/
・北陸応援割 「いしかわ応援旅行割」(第一弾)
 詳細HP:https://www.pref.ishikawa.lg.jp/yukyaku/hokurikuouenwari.html
 第二弾については、予算の範囲内でゴールデンウィーク以降に実施予定

能登地域は復興中のため、受け入れ体制が整い次第、「北陸応援割」の割引率70%で検討が進められています。
なお、全国旅行支援では現地で使える商品券(クーポン)がありましたが、「北陸応援割」ではありません。
「北陸応援割」では、特定の自治体が独自に発行するクーポンがあることが発表されました(追記:2024/3/11)

例えば、新潟県では以下のとおりです。
・新潟市北陸応援割にいがたクーポン
 対象:北陸応援割を利用して新潟市内に宿泊された方(先着24,000人泊分
 特典:飲食店や土産店で使えるクーポン2,000円分
 期間:令和6年3月16日~4月26日
 詳細:https://www.city.niigata.lg.jp/kanko/kanko/oshirase/coupon.html
・北陸・いといがわ観光応援キャンペーン
 対象:糸魚川市内の旅館・ホテルに宿泊された方(キャンペーン専用プランの予約申込が必要
 特典:糸魚川市地域通貨「翠ペイ」ポイント3,000円分
 期間:令和6年3月16日~4月26日
 詳細:https://www.itoigawa-kanko.net/hokuriku-yellcp/
・弥彦村北陸応援割やひこクーポン
 対象:にいがた応援旅割キャンペーンを利用して宿泊された方で、期間中に弥彦村に宿泊する方
 特典:弥彦村で使えるクーポン2,000円分
 期間:令和6年3月16日~4月26日
 詳細:https://www.e-yahiko.com/

今までの旅行支援(Go to トラベル・県民割・全国旅行支援)での割引率よりも「北陸応援割」の割引率は大きいため、宿泊代の金額が抑えられた分や配布されたクーポンをおみやげなどの購入代にあてるのもよいでしょう。

「北陸応援割」を使う注意点ってある?

北陸応援割を使う場合、以下の点に注意が必要です。
・ビジネス利用では使用できない。
・北陸応援割の4都道府県が実施するキャンペーンに参加する宿泊事業者及び旅行業者が販売する商品
・すでに予約済みの旅行は対象になりません。
・準備が整った宿泊施設、旅行会社から順次取扱いを開始予定。
・本人証明書類を持っていく(追記:2024/3/11)

【本人確認書類とは?】
チェックイン時に本人確認を求められることが想定されるため、以下の証明書(もしくはコピー)を持参して旅行に行きましょう。
特に代表者は忘れず、持っていきましょう。
《例》運転免許証、運転経歴証明証、マイナンバーカード、健康保険証、学生証、在留カード、母子手帳、障がい者手帳、国または地方公共団体の機関が発行した身分証明書 など

輪島の朝市

被災地に行ってもいいの?

皆さんのなかには「北陸応援割」のような旅行支援を使って被災地に行くことが、迷惑にならないのか心配だ、という方もおられるでしょう。
しかし、この旅行支援を使って旅先に選ぶのは、被害を受けた被災地だけを対象にしなくてもいいのです。

旅行支援によって旅行者が増えると、各都道府県には以下のようなメリットが生まれます。
そのメリットは1)~3)のような直接的な被災地への応援と、4)~6)のような間接的な応援に分けられます。
ここでは、旅行支援によって得られるメリットを紹介していきます。

旅行支援のメリット
1)経済効果の増大

旅行者が増えることで、宿泊施設、飲食店、土産物店、観光施設などの直接的な売上が増加します。また、それらの施設で働く人々の収入も増え、地域経済全体が活性化します。

2)雇用機会の創出

観光需要の増加に伴い、サービス業を中心に新たな雇用機会が生まれる可能性があります。これにより、地域の雇用率の向上に寄与することができます。

3)地域ブランドの向上

観光客の増加は、その地域の魅力や文化、歴史を全国に広める機会になります。良い旅行体験が口コミやSNSを通じて共有されることで、地域ブランドの向上に繋がります。

4)税収の増加

観光産業からの直接的な収益だけでなく、消費税や宿泊税などの税収が増えることも期待されます。これにより、地方自治体の財政状況が改善される可能性があります。

5)インフラ整備の促進

長期的には、観光客の増加が交通機関や公共施設などのインフラ整備を促進することにも繋がります。

6)復興資金としての配分

観光支援策によって得られた税収や収益の一部を、地震や災害などで被害を受けた地域の復興資金として配分することがあります。

「北陸応援割」などの旅行支援は、単に観光客の増加を目的とするだけでなく、地域の持続可能な発展と復興支援にも大きく貢献する重要な役割を果たします。
そのため、被害を受けた被災地だけを旅行先として選ぶだけでなく、「北陸応援割」を実施している県全域のどこかを旅行先に選ぶことでも、被災地支援としての役割を果たすことができるのです。

旅館で日本酒を楽しむ女性

被災地支援と防災意識の向上への一歩を踏み出そう

今年は年初から地震や津波の災害があり、ますます防災意識が高まっていることと思います。
これまでご紹介してきたように、旅行支援を利用することは、被災地支援において私たちができる具体的な行動のひとつです。「北陸応援割」を通じて経済的な支援を行うことは、被災地の復興への大きな一歩となります。また、それは私たち自身の防災意識を高める絶好の機会でもあります。

まとめ

この旅行支援を通じて、私たちは被災地の人々と心を通わせ、支援の輪を広げることができます。同時に、自分たち自身のために、防災意識を高める行動を起こすことが大切です。
ぜひ、旅行支援を利用して、被災地への温かい手を差し伸べ、防災への意識を一層深める一歩を踏み出しましょう。