【クレジットカードのことならCredictionary】

ハイステータスな法人カードとは?特徴やおすすめのカードを解説

ハイステータスな法人カードとは?特徴やおすすめのカードを解説

法人や個人事業主が事業用の決済に利用するクレジットカードが法人カードです。企業にとって法人カードは単なる決済ツールではなく、特典が充実していたり経費管理がスマートになったりと、保持することでビジネスにさまざまなメリットをもたらします。

メリットが多い法人カードですが、内容や特長を理解していない方も少なくありません。この記事では法人カードの内容や特徴、さらにステータスの高い法人カードの選び方などを解説します。

ステータスが高い法人カードの種類

個人向けクレジットカードは4段階のランクがあり、法人カードも同様に3段階のランクが設けられています。中でもプラチナカードは法人カードとしての機能が充実していることから最もおすすめです。

法人カードはプラチナが最高ランク

法人カードのランクは3段階で一般的に一般、ゴールド、プラチナの順で高くなっていきます。

つまり最高ランクであるプラチナカードを保有することは、最高のステータスを持つ証明であり、それにふさわしいサービスが提供されます。

ステータスが高い法人カードの特徴

近年、個人カードの中には、年会費がいらない無料カードが多くなっています。しかし法人カードは年会費が必要な有料カードが多く中には10万円を超えるカードもあります。

カード会社の審査基準に違いもありますが、一般的にランクが上がるにつれて審査基準が厳しくなる傾向があります。ここからはステータスの高い法人カードの特徴について説明していきます。

1. 限度額が高い

利用限度額はカードごとに設定されており、利用が上限に達すると返済しない限り決済できません。ビジネスでの利用は金額が高くなる傾向があることから、法人カードは一般カードと比較して利用限度額が高く設定されています。ただしあくまで審査で定められるので、一律に設定されることはありません。

2. 豊富な特典がある

ステータスが高い法人カードには年会費に見合った特典が用意されています。

■法人カードの特典例
・ポイント優待特典
・コンシェルジュサービス
・ホテル優待特典
・ゴルフ場優待特典
・レストラン優待特典
・空港ラウンジ優待特典
・そのほか

法人カードの特典はクレジットカード会社によりさまざまですが、「ポイントアップ」や「コンシェルジュサービス」、「ホテル/レストラン優待」さらに「空港ラウンジ優待」などがあります。

「セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス(R)・カード」の空港ラウンジ特典のように、独立系の空港ラウンジサービスの会員パス(プライオリティ・パス)を無料で提供する法人カードも少なくありません。

ステータスの高い法人カードは特典も充実しているので、自分に合ったサービスを見つけるのもよいでしょう。

3. 付帯保険が充実している

法人カードにはステータスに見合った保険が付帯されています。

■法人カードの主な付帯保険
・紛失・盗難補償
・海外旅行傷害保険
・国内旅行傷害保険
・ショッピング保険

利用限度額が大きい法人カードが不正利用された場合には、高額の損害が出る可能性があります。しかし「紛失・盗難補償」が設定されていることから、不正使用があっても損害額が補償されます。「セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス(R)・カード」の場合、紛失・盗難の連絡日を含む61日前までの損害が補償されるので安心です。

またビジネスで国内外の出張に行くことがありますが、法人カードには充実した海外旅行傷害保険、国内旅行傷害保険が付帯されており、出張先でのトラブルにも対応できます。「セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス(R)・カード」の海外旅行傷害保険では「死亡・後遺障害」が最高1億円です。

さらに疾病治療費用や寄託手荷物遅延費用、さらに出張先で器物を破損したり、他人に怪我を負わせたりした場合に補償される賠償責任保険も付帯されます。

ショッピング保険は法人カードを利用して購入した商品が、偶発的な事故で損害を受けた場合に支払われる保険です。国内・海外を問わずに補償限度額の金額が適用されるので、もしものときも安心です。

ステータスの高い法人カードに付帯される保険は、それに見合った内容なので海外でも国内でも安心して利用できます。

ステータスが高い法人カードの入手方法

ここまで紹介したとおりステータスの高い法人カードには、さまざまな魅力とサービスがあります。そこで「ぜひ入手したい」と感じた方も少なくないでしょう。

基本的に法人カード自体の入手方法は、個人カードと変わりはありません。しかし、ステータスの高い一部の法人カードになると若干の考慮が必要です。

ゴールドからプラチナへステップアップする

ステータスの高い法人カードを入手するには、クレジットヒストリー(履歴)による信用性を高めることが大切です。そこで実行したいのが一般カードやゴールドカードからのステップアップ。特にゴールドカードを先に入手して一定期間利用したあとに、プラチナへの切替えを申込みます。

ゴールドカードの利用は最低でも1年程度は必要ですが、着実にプラチナカードを入手する方法です。

はじめからプラチナカードに申込む

法人カードステータスに関係なくインビテーションが不要なので、法人カードの利用実績がなくても、申込み条件を満たしていれば持つことができる場合があります。

しかし一般的にランクが上がるにつれて審査が厳しくなる傾向のため、利用実績がなかったり、設立間もない法人の場合は審査に落ちてしまう可能性があります。そのような場合は一般カードで利用実績を作り、信用性を高めてからステータスの高いカードへステップアップすることをおすすめします。

ステータスが高い法人カードの選び方

日本にはステータスの高い法人カードがいくつかあります。自分に合った法人カードを選ぶには、「特典・サービス」や「年会費」などの機能を把握することが大切です。

例えば海外出張が多い方は、海外旅行傷害保険や空港ラウンジサービスが充実している法人カード。またビジネス接待などの付き合いが多い方、レストラン優待やゴルフ特典がある法人カードがおすすめです。

またいくら特典が充実していても年会費が高額すぎては、支払いに納得できないかもしれません。まずは付帯されている特典やサービスが、年会費と見合っているかを判断することが大切です。そこで今回はステータスの高いカードの中でも、個人事業主・小規模事業者向けの法人カードである、ビジネスカードを紹介します。

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス(R)・カード

「セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス(R)・カード」は、法人カードとして最高ランクのプラチナでありながら年会費が22,000円(税込)。また年間の利用額が200万円以上になると、翌年の年会費が11,000円(税込)に優遇されるサービスも人気です。登記簿謄本や決算書も不要で申込みも簡単におこなえます。

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス(R)・カードはプラチナカードとしてはリーズナブルかつ、質のよさで人気。法人カードの比較サイトでは、ランキング上位に位置しています。

またさまざまな特典・サービスも利用できます。

■セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス(R)・カードの特典・サービス
・ポイント優遇(海外での利用でポイント2倍)
・ビジネス・アドバンテージ
・ホテル・レストラン優待
・プレミアム・ゴルフサービス
・付帯保険
・空港ラウンジ優待(プライオリティ・パス/プレステージ会員に無料で登録可能)
・SAISON MILE CLUB(セゾンマイルクラブ)

お得な年会費で注目されるセゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス(R)・カードですが、特典・サービスが充実しており質が高いのが特長です。インビテーションも必要もなく、ステータスの高い法人カードの中でも、注目したいプラチナカードです。

セゾンプラチナビジネスアメックス新規入会キャンペーンセゾンプラチナビジネスアメックス新規入会キャンペーン

ステータスの高い法人カードまとめ

ステータスの高い法人カードについて紹介しました。法人カードを保有することで業務を有利にすすめ、企業の評価を高める効果が期待できます。またさまざまな特典やサービスも付帯されており、出張や接待においても便利に利用できます。

単にステータスの高い法人カードを選ぶのではなく、年会費や機能そして利用法を考えて、ご自身のビジネスに合った法人カードを選択してください。

おすすめのクレジットカード

人気記事