【クレジットカードのことならCredictionary】

法人プラチナカードとは?メリットや審査基準、選び方やおすすめカードも解説

法人プラチナカードとは?メリットや審査基準、選び方やおすすめカードも解説

法人プラチナカードは、年会費が一般のカードと比べて高いことが特徴ですが、年会費は経費として計上できます。また、ビジネスに役立つ優待特典や付帯サービスが充実し、年会費を上回る価値を有しています。ビジネスを営んでいる経営者は保有を検討してみてはいかがでしょうか。

本記事では、法人プラチナカードのメリットや審査基準、選び方について解説し、おすすめのカードをご紹介します。

セゾンコバルトアメックス新規入会キャンペーンセゾンコバルトアメックス新規入会キャンペーン

法人カードでプラチナカードを持つ4つのメリット

法人カードでプラチナカードを持つ4つのメリット

法人プラチナカードには、以下に挙げるような4つのメリットが存在します。

■メリット
①付帯特典が充実している
②利用限度額が高く設定されている
③社会的信頼性

各項目について、詳しく説明していきます。

1. 付帯特典が充実している

法人プラチナカードは、付帯特典が充実しています。

例えばカード会社によっては、電話で24時間365日相談可能なコンシェルジュサービスが提供されていたり、空港ラウンジを利用できる「プライオリティ・パス」の登録が無料でできたりします。

また、ホテルやレストランの優待特典やビジネスに役立つサービスが数多く付帯しています。通常のカードに比べて内容が充実していることが特徴です。

2. 利用限度額が高く設定されている

カードの利用限度額は、カード発行会社やカードの種類(グレード)によって一定の基準が設定されています。

法人プラチナカードの限度額は一般カードと比べて高めに設定されている事が多く、ビジネスで大きな金額を使用する際にも安心です。

3. 信頼性があがる

法人カードのグレードは、一般的にノーマル・ゴールド・プラチナ順番に高くなっていくため、プラチナは最上ランクに位置付けられています。

ランクが上がるにつれて審査基準は厳しくなるため、プラチナカードを持っている場合は、その厳しい審査を通過していることになり、信頼性が高いといえるでしょう。

法人プラチナカードの審査基準とは

法人プラチナカードの審査基準とは

法人プラチナカードを申し込むと、記載内容をもとに審査が実施され、発行の可否や利用限度枠が決定されます。

法人与信型の法人カードについては、法人を立ち上げたばかりで前年度の事業収入がない場合はカードが発行されないことがあります。ただし、連帯保証人がいる場合は「倒産した場合でも返済可能」と判断されて発行される可能性が高くなるので、事業開始直後でも諦める必要はありません。

「与信」と呼ばれる調査では、業績や信用情報が調べられ、一般的に、「黒字経営が続いているか」、「設立から3年以上経過しているか」といった要素がチェックされるといわれています。

ただし、設立年数が浅い場合は実績を考慮して検討されるケースもあります。カード会社によってはホームページのチェックやヒアリング調査が実施されることがあるので、実績をまとめた資料を作成してから申込みましょう。

なお、クレディセゾンが発行する「セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス(R)・カード」や「セゾンコバルト・ビジネス・アメリカン・エキスプレス(R)・カード」の法人カードは、法人与信型ではなく個人与信型なので、立ち上げからまもない企業でも、条件面で縛りが少なく申し込みしやすいことが特長です。

審査のタイミングは?申し込みから発行までの流れ

申し込みから審査、発行までの流れを紹介します。申込みがネットで完結するセゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス(R)・カードの場合は以下のような流れになります。

まず、パソコンやスマートフォンから必要項目を入力しましょう。入力完了後、受付番号が記載されたメールが届きます。そのあと、カード会社から電話がかかってくるので、必ず出てください。申込内容の確認がされます。

審査が完了すると、メールで審査結果が通知されるのでチェックしてください。審査に通過していた場合、郵送でカードを受け取ります。受け取り時に身分証明書が必要になるので、あらかじめ準備しておきましょう。

カード選びで気をつけるポイント

カード選びで気をつけるポイントを挙げると、以下のようになります。

■気をつけるポイント
・付帯サービスを比較する
・ポイント還元率を比較する
・マイルを貯めることができるか
・追加カードを発行できるか
・ビジネスユースならではの利点があるか

優待特典や付帯サービスの内容を吟味し、自社に最適なカードを保有しましょう。ポイントの還元率も重要です。高い還元率のカードを使えば、経費削減につながります。出張で飛行機を頻繁に利用する場合は、マイルが貯まるカードがおすすめです。

そして、社員用に追加カードを発行できるかどうかという点も忘れてはなりません。社員に追加カードを持たせ、それで備品を購入させれば、経理処理が楽になります。また、明細データのダウンロードや経費精算システムとの連携といったビジネスユースならではの利点が存在するかどうかをチェックしましょう。

法人プラチナカードは「セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス(R)・カード」がおすすめ

法人プラチナカードを保有するなら、比較サイトでもランキングの高い「セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス(R)・カード」がおすすめです。

年会費は22,000円(税込)で、プラチナの法人カードとしては比較的安めです。さらに、年間200万円以上のショッピングの利用で次年度の本会員年会費が11,000円(税込)になります。入会資格は個人事業主または経営者です。

なお、引落口座として、本会員の個人名義口座または法人名義口座を選択できます。法人名義の口座を指定した場合、スムーズな経理管理が実現可能です。ただし、法人口座を引落口座に設定する場合、代表者名義が併記された口座でなければならない点に注意してください。

充実の優待、付帯サービス

「セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス(R)・カード」には、以下に示すようなビジネスに役立つ優待特典・サービスが付帯しています。

■優待特典・サービスの例
・法人向け電気代削減サービス
・セゾン弁護士紹介サービス
・法人向け顧問弁護士サービス「リーガルプロテクト」優待
・クラウド型経費精算サービス「Staple(ステイプル)」優待
・エックスサーバー優待

まず、ENECHANGE株式会社が運営する電気代見直しサイト「エネチェンジBiz」において無料相談が可能です。電気代を削減したい事業者にとってメリットがあります。

また、ビジネスでは法的トラブルが発生することがありますが、ベリーベスト法律事務所提供の法人向け顧問弁護士サービス「リーガルプロテクト」が付帯しているので安心です。

なお、クラウド型経費精算サービス「Staple(ステイプル)」の優待も受けられるので、簿記や会計に不安をお持ちの経営者にもおすすめです。

そして、国内シェアトップクラスのレンタルサーバー「エックスサーバー」の優待が受けられます。法人向けプランの初期設定費用16,500円(税込)が無料になります。

いずれも事業を営む際に役立つものばかりなので、経営者ならば「セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス(R)・カード」を保有して損はありません。

これらのビジネス向けサービス以外にも、数多くのメリットが存在します。海外でのショッピング利用では還元率が通常の2倍となり、1,000円ごとに2ポイントの永久不滅ポイントが貯まるので、海外出張が多い企業におすすめです。

SAISON MILE CLUB (セゾンマイルクラブ)に無料登録すれば、貯まった永久不滅ポイントが自動でマイルへと移行します。ショッピングの利用1,000円ごとにJALマイレージバンクのマイルが10マイル貯まります。さらに、2,000円の利用ごとに永久不滅ポイントが1ポイント貯まります。また、セゾンポイントモール経由によって付与されるプラス分のポイントは永久不滅ポイントになるのでJALポイント移行に使うのもいいでしょう。飛行機を頻繁に利用するのであればSAISON MILE CLUBに登録しましょう。

「セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス(R)・カード」では、社員向けの追加カードを9枚まで発行できます。各カードの利用分が区分されて利用明細に表示されるので、社員の経費使用状況を的確に把握することが可能です。

セゾンコバルトアメックス新規入会キャンペーンセゾンコバルトアメックス新規入会キャンペーン

セゾンプラチナビジネスアメックス新規入会キャンペーンセゾンプラチナビジネスアメックス新規入会キャンペーン

法人プラチナカードのまとめ

法人プラチナカードのまとめ

法人プラチナカードは年会費がかかりますが、ビジネスを円滑にする質の高いサービスが付帯しています。

おすすめの法人プラチナカードは、クレディセゾンの「セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス(R)・カード」です。

永久不滅ポイントやマイルが貯まり、ビジネスに役立つ優待特典や付帯サービスが充実しています。なお、本会員向けカードだけではなく、社員向けに追加カードを9枚まで発行可能です。明細書は1枚なので、各社員の経費使用状況を簡単に把握し、業務を効率化できます。

法人プラチナカードについて調べている方は、ぜひ検討してみてください。

おすすめのクレジットカード

人気記事