|クレジットカードのことならCredictionary

法人カードを複数枚持つのがおすすめな理由は?選ぶポイントと注意点も紹介

法人カードを複数枚持つのがおすすめな理由は?選ぶポイントと注意点も紹介

「法人カード」は、支払口座を会社名義の口座にすることができ、経費や税金の支払いなどで利用することができます。

しかし、頻繁に発生する支払いを1枚の法人カードのみで対応していると、会計処理の際に勘定科目の振り分けなど手間がかかると感じることも多いのではないでしょうか。

法人カードは複数枚持ち使い分けることで会計処理が楽になり、業務の効率化が狙えます。

そこで今回は、異なるカード会社の法人カードを複数枚持つメリットや注意点を紹介します。

法人カードを複数枚持つのがおすすめな5つの理由

法人カードを複数枚持つのがおすすめな5つの理由

クレジットカード会社にはそれぞれの魅力があるため、さまざまな会社の法人カードを賢く使い分けることにより、さらに使いやすくなります。

ここでは、法人カードを複数枚持つことがおすすめな理由をご紹介します。

■法人カードを複数枚持つことがおすすめな理由
・複数枚持つことで急な支払いに対応できる
・複数枚持つことでさまざまなサービスや特典が受けられる
・旅行傷害保険の足りない部分を補うことができる
・ETCカードを増やすことができる

複数枚持つことで急な支払いに対応できる

万が一、1枚目の法人カードが限度額を超えてしまっても、1枚目の限度額にもよりますが、異なるカード会社の法人カードを複数枚持つことで限度額の幅を補うことができる場合もあり、急に必要になった際にもスムーズに対応できます。

複数枚持つことでさまざまなサービスや特典が受けられる

充実したサービスや特典は、法人カードを選ぶ際に重視するポイントのひとつではないでしょうか。ランクやステータス、クレジットカード会社ごとに異なるサービスや特典を受けることができる点も大きな魅力です。

法人カードは、法人の代表に対して経営コンサルティングを紹介してくれたり、業務改善のための経営相談ができたりする「ビジネスコンサルティングサービス」といった独特の付帯サービスがあります。

また、法人カードによってはレジャー施設やレストラン、スポーツクラブなどの優待を受けられるサービスもあるので、社員の福利厚生を充実させることもできます。

旅行傷害保険の足りない部分を補うことができる

法人カードに付帯されている旅行傷害保険には、カードで交通費やツアー料金などを支払った場合のみに適用される「利用付帯」と、カードを保有しているだけで補償される「自動付帯」のカードがあり、法人カードによって補償内容が異なります。

とくに海外の医療費は高額です。この旅行傷害保険が付帯されている法人カードを複数枚持っていると、出張時などに万が一のトラブルがあった際に補償の総額を合算して、1枚の法人カードでは足りない部分を補うことができます。
合算できるのは治療費用、賠償責任、携行品損害などで、付帯されている保険金額を合算した金額を限度として、その範囲内で実際の損害額が支払われます。傷害死亡・後遺障害については、複数の法人カードのなかで最も高い金額を合算して保険金が支払われることになるので、注意が必要です。

ETCカードを増やせる

有料道路をお得に利用できるETCカードは、法人カードによって発行可能枚数が限られている場合があります。

そこでETCカードを付帯できる法人カードを複数枚持っていると、業務で車を利用する従業員1人1人が現金で立替える必要がなくなり、経費精算の業務を簡略化できるというメリットもあります。

法人カードを複数枚発行する際の3つの注意点

法人カードを複数枚発行する際の3つの注意点

メリットが多数ある法人カードですが、異なる会社で複数枚発行する際には、注意するべき点もいくつかあります。

2枚目の法人カードを発行する際に確認しておきたいことを3つ紹介します。

複数枚発行する際の注意点
・年会費もそれぞれ発生
・利用した金額はしっかり把握する
・盗難や紛失には一層注意が必要

年会費もそれぞれ発生

年会費無料のカードを除くと、カード1枚につき年会費はそれぞれに発生します。カード会社によって年会費も異なるので、コストが気になる方は使用頻度や特典の内容から、年会費の支払いが増えてでも法人カードを複数枚持つ必要があるかどうかを見極めた方が良いかもしれません。

利用した金額はしっかりと把握する

所持する枚数が増えるほど、それぞれの法人カードで利用した金額の管理が必要になってきます。

利用請求額の引き落とし月もカード会社によって異なります。それぞれのカード会社から請求がくるので、しっかりと把握することが重要です。

また、法人カードの利用額は1回払いが原則なので、計画的な利用を心掛けましょう。

盗難や紛失には一層注意が必要

法人カードを複数枚持つ際に絶対避けたいのは、盗難や紛失によるトラブルです。知らないうちに誰かに不正利用されていたとしても、所持数が増えると気づかないこともあります。そのためセキュリティ管理をしっかり行う必要があります。

セゾンプラチナビジネスアメックス新規入会キャンペーンセゾンプラチナビジネスアメックス新規入会キャンペーン

法人カードを複数枚持つ際のポイント

法人カードを複数枚持つ際のポイント

上記の点をふまえて、法人カードを複数枚持つ際のポイントを紹介します。

1枚目と変化を出すのがおすすめ

カード会社ごとに異なるサービスや特典を受けることができるのは、法人カードを複数枚持つことの大きなメリットの1つです。2枚目以降はサービスや特典が充実しているものを選んで使い分けると利便性も上がります。

また、ゴールドカード以上のものを選ぶと出張時に空港ラウンジが利用できたり、会食の際のレストラン手配をおこなってくれたりなど、ビジネスシーンに役立つサービスもあります。

国際ブランドを分散させる

国内で問題なく使えているカードも、海外だと使えない可能性もあります。

それぞれの国際ブランドの利点を把握して、1枚目と2枚目で国際ブランドを分散させることがおすすめです。

まとめ

まとめ

所持するだけで業務の効率化を狙える法人カードは、ポイントを押さえつつ複数枚を使い分けることで、さまざまなメリットが増えることが分かりました。
また、法人向けカードは一般的に下記の3種類に分類されます。

・コーポレートカード(大企業向け)
・法人カード(中小企業向け)
・ビジネスカード(個人事業主・小規模事業者向け)

ビジネスカードを検討している方は「セゾンコバルト・ビジネス・アメリカン・エキスプレス(R)・カード」もおすすめです。年会費は1,100円(税込)、カード1枚につきETCカードが5枚まで発行可能です(発行手数料・年会費無料)。一般的にビジネスカードを作る際には申込み書とは別に必要書類が多いですが、セゾンコバルトの場合は決算書や貸借対照表などが不要。WEBで申し込みも可能なので、忙しい経営者にもおすすめです。

また、アマゾン ウェブ サービス(AWS)やYahoo!ビジネスセンターなどビジネスシーンで利用する機会の多い10の加盟店で利用すると、永久不滅ポイントが通常の4倍貯まるほか、国内シェアトップクラスのレンタルサーバー「エックスサーバー」の法人向けプラン初期設定費用16,500円(税込)が無料になるという優待も受けられます。
さらにワンランク上のサービスを受けたい方は「セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス(R)・カード」もおすすめです。年会費は22,000円(税込)ですが、年間200万円以上の支払いをすると翌年は11,000円(税込)と半額になります。

24時間365日対応*の「コンシェルジュサービス」や、国内外の旅行中の事故を補償する「旅行傷害保険」など、ビジネスにも役立つ付帯サービスが満載です。

ぜひご自身にあった法人カードを賢く使い分けて、さらなる業務の効率化を目指しましょう。

*一部対応時間を限定しているサービスがございます

おすすめのクレジットカード

人気記事