【クレジットカードのことならCredictionary】

年会費無料の法人カードはある?メリット・デメリットと賢い使い方は?

年会費無料の法人カードはある?メリット・デメリットと賢い使い方は?

法人カードがあれば会社の経費支払いを楽に行えますし、ビジネスに便利な付帯サービスが利用できることもあります。

ただ、クレジットカードを所有する際に気になるのは年会費であり、個人使用のクレジットカードでは年会費無料のものが多い以上、法人カードにも年会費無料を期待してしまうものです。

この記事では、年会費無料の法人カードがあるのかどうか、年会費無料の法人カードのメリットやデメリットなどについて、説明していきます。

セゾンプラチナビジネスアメックス新規入会キャンペーンセゾンプラチナビジネスアメックス新規入会キャンペーン

年会費無料の法人カードは存在する

年会費無料の法人カードは存在する

最初に結論からお伝えしておくと、法人カードにも年会費無料のものは存在します。

ただ「無料」にもいくつかの種類があり、永年無料のものもあれば、1年間でのカードの決済金額が一定以上になることで翌年度の年会費が無料になるようなものもあります。

前者の場合はカードの決済金額を気にする必要はありませんが、後者の場合は年会費無料で使い続けたければ、1年間でのカードの決済金額に注意を払っておかなければなりません。

年会費無料の法人カードを持つメリット

年会費無料の法人カードを持つメリット

年会費無料の法人カードは確かに存在しますが、年会費が無料かどうかだけで法人カードを選ぶのではなく、カードのメリットやデメリットを総合的に踏まえて利用するカードを決めなければなりません。

年会費無料の法人カードを持つメリットとしては、以下のようなことが挙げられます。

・保有コストがかからない
・予備カードとして念のために持っておくことができる
・無料で付帯サービスや特典を利用することができる
・年会費の経費計上をおこなわなくてよい

それぞれのメリットについて、以下で詳しく説明します。

保有コストがかからない

年会費が必要な法人カードの場合、カードを保有し続けるだけで毎年一定のコストが必要ですが、年会費無料であれば保有コストはありません。

年会費が有料であれ無料であれ、クレジットカードとしての基本的な性能に大きな違いはないので、年会費無料のクレジットカードを利用しているとお得感があります。

特にスタートアップなどのような立ち上げ間もない会社の場合は、必要経費を少しでも抑えて事業運営を行うことが重要なので、年会費無料の法人カードは強い味方となるでしょう。

予備カードとして念のために持っておくことができる

年会費が無料で保有コストがかからないということは、予備のカードとして持っておきやすいということでもあります。

年会費有料の法人カードをメインで利用していたとしても、国際ブランドの指定が原因で利用できなかったり、カードが紛失・破損してしまったりということも考えられます。

大きなビジネスチャンスが巡ってきて出費が必要になったときに、法人カードが使えないという理由でチャンスをものにできないのは非常に悔しいことですが、年会費無料の法人カードを予備として持っておくことで、そのような事態に陥らずに済む可能性が高いです。

メインのカードが使えないときに予備のカードも同時に使えないということがないように、予備のカードは国際ブランドやカードの発行会社を、メインのカードとは別のところにしておくのが望ましいでしょう。

無料で付帯サービスや特典を利用することができる

年会費無料のカードであっても、旅行傷害保険やショッピング補償・オフィス用品購入の優待など、お得なサービスがある程度は付帯していることが多いです。

年会費有料のカードのほうが付帯サービスや特典が充実する傾向にありますが、年会費無料のカードでも十分なサービスを享受できることもあります。

年会費無料のカードを予備のカードとして持っておく場合は、付帯サービスの内容がメインのカードとあまり重複しないものを選ぶことで、予備であっても有効活用しやすくなります。

年会費の経費計上をおこなわなくてよい

法人カードの年会費は経費扱いになるので、年会費有料のカードを利用している場合は経費計上が必要になります。

経費計上する場合、法人カードの年会費は勘定科目でいうと諸会費なのか支払手数料なのかと悩むこともありますし、法人カードをプライベートでの支払いにも利用している場合は、年会費の按分計算も必要です。

年会費無料の法人カードであれば、そのような煩わしい思考や手間からも解放されます。

セゾンコバルトアメックス新規入会キャンペーンセゾンコバルトアメックス新規入会キャンペーン

年会費無料の法人カードを持つデメリット

年会費無料の法人カードを持つデメリット

年会費無料の法人カードには多くのメリットがあることが分かりましたが、もちろんメリットだけではなくデメリットも存在します。

年会費無料の法人カードを持つデメリットとしては、以下のようなことが挙げられます。

・ステータスの高さは望めない
・追加カードの発行枚数に制限がかけられていることがある
・付帯サービスや特典は年会費有料の法人カードと比べると少なめ

それぞれについて、以下で詳しく説明します。

ステータスの高さは望めない

法人カードは会社の顔とも言えるものであり、取引先との会食の場などで利用することもあります。

法人カードがゴールドカードやプラチナカードなどであれば、ステータスの高さをアピールすることもできますが、年会費無料のカードだとそのようなステータス性を望むのは難しいでしょう。

オンラインでの事務用品購入が主な用途であれば、ステータス性を気にすることがないので年会費無料の法人カードで十分ですが、人前で利用する機会が多い場合は年会費有料のゴールドカードやプラチナカードのほうが向いているかもしれません。

追加カードの発行枚数に制限がかけられていることがある

法人カードは社員に持たせるための追加カードが発行できることが多く、追加カードの利用分は本カードと同じ口座から引き落とされるため、経費管理が楽になります。

しかし年会費が無料の法人カードでは、追加カードの発行枚数に制限がかけられていることが多く、社員数が多い会社ではその点が不便に感じられるかもしれません。

また、法人カードは原則として申請者以外が利用することはできないので、枚数が足りないからといって他人のカードを使いまわすこともできません。

追加カードはあまり発行できないけれど、社員数もそこまで多くないから大丈夫と思われる方もおられるかもしれませんが、今後会社が成長して社員の数が増えることも考慮に入れる必要があります。

付帯サービスや特典は年会費有料の法人カードと比べると少なめ

年会費無料で利用できる法人カードの付帯サービスや特典は、年会費有料の法人カードのものと比べるとサービスの数自体が少なかったり内容が少し劣っていたりと、物足りないことが多いです。

法人カードを持つからには、経費の支払い以外にビジネスに役立つサービスなども利用したいと考えている人にとっては、この点がネックになる可能性もあります。

年会費がない分だけサービスも抑えられているということを許容できるかどうかが、年会費無料の法人カードを利用するべきかどうかのポイントとなるでしょう。

年会費無料の法人カードで最も大きなデメリット

追加カードの発行枚数が制限されていたり、付帯サービスの内容が劣っていることが多かったりと、年会費無料の法人カードはどうしても年会費有料の法人カードの下位互換のような印象になってしまいます。

「法人カードを所有すればビジネスを有利に進められる」と考えていたのにその思惑が外れてしまうことが、年会費無料の法人カードを持つ一番のデメリットと言えるかもしれません。

年会費有料の法人カードとの違い

年会費有料の法人カードとの違い

ステータス性や付帯サービス・特典についてはすでに少し触れてきたことではありますが、特に付帯サービス・特典は、海外出張が多いような会社は重視すべきポイントです。

年会費有料の法人カードでは空港ラウンジが利用できることが多いですし、付帯している海外旅行傷害保険の補償内容も、年会費無料の法人カードに付帯している保険の補償内容よりも優れています。

また、会社で経費として利用する金額は個人が利用する金額の比ではないので、その分だけカードのポイントも貯まりやすいですが、よりポイント還元率が高い年会費有料の法人カードで決済するほうがお得にポイントを貯めることができます。

貯まったポイントは次回以降の支払いでも利用できるので、ポイントが貯まりやすいカードは経費削減に役立てやすいカードということにもなります。

法人カードを選ぶ際には、自社のビジネスに役立つ付帯サービスが多いものを選ぶことが重要ですが、年会費有料の法人カードはカードの種類も多いので、その分選択肢が増えるという点でも優秀です。

法人カードの年会費は経費として計上でき、所得から経費を差し引いた金額が法人税の課税対象となるので、ある程度利益が上がっている会社であれば法人カードの年会費無料にこだわる必要はありません。

年会費が無料なものの付帯サービスがイマイチな法人カードを利用するよりは、年会費が発生するもののビジネスに役立つサービスをたくさん利用できる法人カードを利用するほうが、効率的に事業運営を行えるでしょう。

年会費無料の法人カードは、年会費有料で付帯サービスや特典が充実している法人カードの予備として持っておくのが、おすすめと言えるかもしれません。

年会費有料のおすすめ法人カード

年会費有料のおすすめ法人カード

年会費無料の法人カードは年会費有料の法人カードの予備として持っておくのがおすすめである以上、メインで利用する年会費有料の法人カードとしてどのようなカードを選ぶかは、非常に重要です。

ここでは年会費有料のおすすめ法人カードとして、「セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス(R)・カード」と「セゾンコバルト・ビジネス・アメリカン・エキスプレス(R)・カード」の2つを紹介します。

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス(R)・カード

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス(R)・カードの年会費は22,000円(税込)です。

年間200万円以上のショッピング利用(キャッシング利用や年会費の支払いは除く)で、翌年度の年会費は11,000円(税込)になります。

年会費1万円台でプラチナカードのステータス性と充実した付帯サービスの恩恵が受けられると考えれば、決して高くはありません。

引き落とし口座が個人名義口座と法人名義口座から選択できるのが特徴で、法人名義口座を選ぶことで経費管理が楽になります(※)。

レンタカー・宅配サービスの利用や事務用品の購入などを優待価格で行える「ビジネス・アドバンテージ」を利用することで、経費削減もスマートに行えます。

個人事業主・中小企業経営者の方向けのクラウド型経費精算サービス「Staple(ステイプル)」の優待も受けられます。簿記や会計に不安をお持ちの方や本業の手間を縫って経費管理を行っていた方は、その手間を10分の1に削減することができます。経理や簿記の知識がない方でも簡単に経費管理できるのは大きなメリットです。

追加カードは1枚に付き年会費3,300円(税込)で9枚まで発行可能で、利用明細には追加カードの利用分は分けて表示されるため、社員が経費をどのように使用しているかを的確に把握することが可能です。

セゾンコバルト・ビジネス・アメリカン・エキスプレス(R)・カードにはない特典・特徴としては、以下が挙げられます。

・「SAISON MILE CLUB」に登録することで、ショッピングでJALマイルが貯められる
・最高1億円までの海外旅行傷害保険と最高5,000万円までの国内旅行傷害保険
・国内の主要空港ラウンジが無料で利用可能で、「プライオリティ・パス」にも無料登録可能

旅行傷害保険やショッピングでのマイル付与など、海外出張が多い会社にとってはセゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス(R)・カードの付帯サービスは特におすすめです。

なかでも「プライオリティ・パス」は、登録することで148以上の国や地域の空港ラウンジが利用できるようになるので、フライト前に少しリラックスしたりプレゼンの資料を読み込んだりしたいビジネスマンにとっては、非常にありがたいサービスです。

※法人名義口座は代表者名(カード申し込み本人)が併記されたものに限る

セゾンプラチナビジネスアメックス新規入会キャンペーンセゾンプラチナビジネスアメックス新規入会キャンペーン

セゾンコバルト・ビジネス・アメリカン・エキスプレス(R)・カード

セゾンコバルト・ビジネス・アメリカン・エキスプレス(R)・カードの年会費は1,100円(税込)で、セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス(R)・カードと比較するとグッとお得になっています。

引き落とし口座を個人名義口座と法人名義口座から選択できたり、「ビジネス・アドバンテージ」を利用できたりといった点は、セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス(R)・カードと同じです。

その一方で、ショッピングでJALマイルを貯めたり、旅行傷害保険や空港ラウンジを利用したりといったことはできなくなっています。

これは、セゾンコバルト・ビジネス・アメリカン・エキスプレス(R)・カードが「付帯サービスを取捨選択し、ビジネスのニーズに特化」したカードとして商品設計されたからです。

旅行傷害保険や空港ラウンジ利用はほかのクレジットカードの付帯サービスで賄ってもらうことにし、ビジネス向けのサービスのみを付帯させることで、年会費を低く抑えられているのです。

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス(R)・カードにはない特典・特徴としては、以下のようなものが挙げられます。

・9枚まで発行可能な追加カードは年会費永年無料
・永久不滅ポイントが通常の4倍(1,000円で1ポイント→4ポイント)貯まる「4倍ポイントサービス」

申し込みの手続きが簡単なことや追加カードの年会費が無料なことは、特に事業をスムーズに進めつつコストを抑えたいスタートアップの方などにとっては、非常に魅力的でしょう。

4倍ポイントサービスが利用できるのは、ビジネスニーズの多い以下の10の特定加盟店です。

・アマゾン ウェブ サービス
・エックスサーバー
・お名前.com
・CroudWorks
・cybozu.com
・さくらインターネット
・マネーフォワード クラウド
・かんたんクラウド
・モノタロウ(事業者向けサイトのみ)
・Yahoo! JAPAN(ビジネスサービスのみ)

事業規模が大きくなく海外出張などもない会社で、保有コストを抑えながら必要なサービスの恩恵だけ享受したいのであれば、非常におすすめの法人カードです。

セゾンコバルトアメックス新規入会キャンペーンセゾンコバルトアメックス新規入会キャンペーン

よくある質問

Q1 年会費無料の法人カードはある?

法人カードにも年会費無料のものは存在しますが、「無料」にもいくつかの種類があり、永年無料のものもあれば、1年間でのカードの決済金額が一定以上になることで翌年度の年会費が無料になるようなものもあります。

Q2 年会費無料の法人カードを持つメリットは?

年会費無料の法人カードを持つメリットは、「保有コストがかからない」、「予備カードとして念のために持っておくことができる」、「無料で付帯サービスや特典を利用することができる」、「年会費の経費計上をおこなわなくてよい」などがあります。

Q3 年会費無料の法人カードを持つデメリットは?

年会費無料の法人カードを持つデメリットは、「ステータスの高さは望めない」、「追加カードの発行枚数に制限がかけられていることがある」、「付帯サービスや特典は年会費有料の法人カードと比べると少なめ」などがあります。

年会費無料の法人カードまとめ

年会費無料の法人カードまとめ

法人カードには年会費が無料なものもあり、保有コストを抑えながら付帯サービスや特典の恩恵を享受することができます。

年会費無料の法人カードには、予備のカードとして持って起きやすい、年会費の経費計上を心配しなくてもいいなどのメリットがありますが、付帯サービスや特典の量・質は年会費有料の法人カードと比べると見劣りしてしまいます。

メインで利用する年会費有料の法人カードを1枚持っておいたうえで、サービス内容を補完する形で年会費無料の法人カードを持っておくのが、賢い使い方と言えるかもしれません。

おすすめのクレジットカード

人気記事