【クレジットカードのことならCredictionary】

法人カードは個人利用しても大丈夫?利用時に発生する問題と注意点を解説

法人カードは個人利用しても大丈夫?利用時に発生する問題と注意点を解説

企業の代表者や個人事業主に発行される法人カードは、事業におけるビジネス決済や経理負担を軽減させる目的で活用されています。ビジネスシーンで利用する法人カードですが、個人利用しても問題はないのでしょうか?法人カードを個人利用する場合に発生する問題と注意点について解説します。

セゾンコバルトアメックス新規入会キャンペーンセゾンコバルトアメックス新規入会キャンペーン

法人カードと個人向けカードの違いとは?

クレジットカードは契約形態により個人向けクレジットカードと法人カードの2つに分類されます。それぞれの特徴をご紹介します。

個人向けクレジットカード

個人向けクレジットカードとは、個人名義で発行されたもので、以下の例のような日常的な個人の支払いに利用します。

・公共料金の支払い
・食料品などの日用品
・趣味や娯楽費用

契約は個人で、個人名義の銀行口座から引き落とされます。

法人カード

法人カードには、会社(法人)が契約する「法人契約」と法人代表者や個人事業主が契約する「個人契約」の2つのタイプがあります。利用限度額(与信)に違いがあるため、用途に合わせた選択が必要です。

また一般的に、大手企業向けの「コーポレートカード」中小企業向けの「法人カード」個人事業主や小規模事業者向けの「ビジネスカード」の3種類に分かれています。

法人カードは個人利用しても問題ないのか?

法人カードは個人利用しても問題ないのか?

法人カードを個人利用しても問題ないのでしょうか?法人カードであってもクレジットカードとしての機能に差はないことから、個人利用は可能です。しかし安易に個人利用することで、あとから会社や業務に負担を生じさせる可能性があります。

法人カードは一部のカード(ビジネスカードなど)を除き、引き落とし口座は法人名義です。法人カードを個人利用することで、個人の支出を法人が立て替えることになり、経理が複雑になります。

せっかく経理処理の負担を軽減させるために導入した法人カードでも、個人利用したことでかえって負担が増える恐れがあります。法人カードは個人利用も可能ですが、会社の負担を考えると個人利用しないほうがよいでしょう。

法人カードを個人利用する際の注意点

法人カードの個人利用は基本的におすすめできませんが、一定の注意点をクリアすることで、トラブルを防いだ利用が可能です。個人利用する際の注意点をご紹介します。

個人利用は個人口座を設定できる法人カードを利用

法人カードには引き落とし口座に法人口座だけでなく個人口座を登録できるものもあります。

個人口座を登録できる法人カードを個人利用しても、個人口座から引落とされることから経理的(返済)な問題は多くはありません。しかし会社決済型の法人カードを個人利用すると、返済の経理処理などの問題が発生するので利用は控えましょう。

「ポイント」や「マイル」の取り扱いに注意

法人カードの利用でも個人向けクレジットカードと同じく、ポイントやマイルがたまります。しかし会社の業務で獲得したポイントやマイルの所有権はあくまで会社です。

法人カードを活用するメリットとして、ポイントによる経費削減があることから、勝手に使うとトラブルになるでしょう。ポイントやマイルの取り扱いは、事前に規定を設けて一元管理するのが望ましい対応です。

利用控えや領収書を保管する

法人カードを個人利用する場面で注意したいのが、利用控えや領収書の保管です。法人カードを使用したときには、レシートや領収書とともにクレジット利用控えが発行されます。

これらの書類は単に経理処理の精算だけでなく、決算時の添付書類としても使用する可能性があるので、必ず保管して経理担当者へ渡してください。これらを提出できないと、経費処理が遅れてしまうので注意しましょう。

使い分けにおすすめの法人カード2選

使い分けにおすすめの法人カード2選

法人カードを個人利用することでさまざまな問題がおこる場合がありますが、個人口座登録が可能なビジネスカードなら、個人利用できる場合があります。そこでおすすめしたいのが、個人口座の登録も可能なセゾンのビジネスカード「セゾンコバルト・ビジネス・アメリカン・エキスプレス(R)・カード」と「セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス(R)・カード」です。

セゾンコバルト・ビジネス・アメリカン・エキスプレス(R)・カード

経費を抑えて高機能な法人カード(ビジネスカード)を使いたい方は、「セゾンコバルト・ビジネス・アメリカン・エキスプレス(R)・カード」がおすすめ。セゾンコバルトは国際ブランドとしてアメリカン・エキスプレスが搭載されているにもかかわらず、年会費が無料です。

ビジネスで活用できる限定サービスが多数用意されており、「アマゾン ウェブ サービス」「エックスサーバー」「お名前.com」などの利用で通常ショッピング1,000円(税込)ごとに1ポイント(約5円相当)付与される永久不滅ポイントが4倍(1,000円ごとに4ポイント)に。さらに「エックスサーバー」や「かんたんクラウド(MJS)」の優待サービスも利用できます。

追加カードは9枚まで永年無料で発行可能です。サーバーやインターネット関連のサービス用の決済カードを探している方は、ぜひ検討してみてください。

セゾンコバルトアメックス新規入会キャンペーンセゾンコバルトアメックス新規入会キャンペーン

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス(R)・カード

「セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス(R)・カード」は、充実した機能が魅力のビジネスカード。年会費と機能のコストパフォーマンスが優れており、通常22,000円(税込)の年会費が、前年利用額(200万円以上)により11,000円(税込)に優遇されます。追加カードは社員、家族に対して1枚につき9枚まで年会費3,300円(税込)で発行可能です。

プラチナならではの充実したサービスが付帯しています。海外旅行傷害保険が最高1億円、国内旅行傷害保険は最高5,000万円が付帯するほか、世界中の空港ラウンジが利用できる「プライオリティ・パス(通常429米ドルのプレステージ会員)」への無料登録や、手荷物無料宅配サービスなどが利用できます。また「セゾン弁護士紹介サービス」や「リーガルプロテクト」、クラウド型経費精算サービス「Staple(ステイプル)」の優待など、ビジネスサポートも充実しています。

飛行機を利用する機会が多く充実したサービスが付帯する法人カードをお探しなら、セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス(R)・カードがおすすめです。

セゾンプラチナビジネスアメックス新規入会キャンペーンセゾンプラチナビジネスアメックス新規入会キャンペーン

まとめ

法人カードを個人利用するのは基本的にはNGです。ただし個人決済型で会社の確認がとれる場合は、問題のないケースもあります。法人カードを個人利用するには、保有する法人カードの詳細を確認して、会社の了解を得ることが大切です。

またセゾンの法人カードなら個人名義口座も選べるので、個人利用の機会が多い方にはおすすめです。

おすすめのクレジットカード

人気記事