【クレジットカードのことならCredictionary】

法人カードが使えない!考えられる原因と対処方法を詳しく紹介

法人カードが使えない!考えられる原因と対処方法を詳しく紹介

「法人カードで決済をしようとしたけど、エラーがでて使えない!」そんなときには、必ず原因があります。この記事では、法人カードが使えない原因を利用者側・店舗側に分けて解説し、その対策方法もお教えします。
法人カードが使えないときには、この記事を参考にして対応してみてください。

法人カードが使えない原因① 利用者に原因があるケース

法人カードが使えない原因① 利用者に原因があるケース

法人カードが使えないときは、利用者に原因があるケースが多いです。暗証番号間違い・有効期限切れ・支払い忘れなどさまざまなケースが考えられるので、どれが原因なのか考えてみましょう。

入力や署名に問題がある

法人カードを利用するとき、カード番号や暗証番号の入力間違いがあると使えません。インターネットショッピングなどで利用するときには有効期限を逆に入力していることも多いので、入力情報を確認しましょう。

また店舗で利用するときには、署名に問題があるケースも考えられます。法人カードは契約者本人しか利用できないので、本人確認のためサインが求められることがあります。サインがカード裏面の署名欄と異なると、不正利用の可能性を疑われ使えないことがあるので注意しましょう。

有効期限が切れている

法人カードの有効期限が切れている場合、そのカードは使えません。セゾンの場合であれば、原則有効期限を迎える月の前月中旬頃から順次新しい有効期限のカードが発送されます。万が一、使っている法人カードの有効期限が切れても新しいカードが届かない場合は、カード会社に連絡して新しいカードを手に入れましょう。

利用限度額が近いまたは超えている

支払い時に法人カードの利用限度額が近いまたは超えている場合も、カードが使えなくなります。限度額が超える月が頻繁に発生する場合には、限度額自体をあげる検討もしましょう。
※審査の状況によっては希望に添えない場合もあります。

セゾンのビジネスカードであれば、インターネットサービス「Netアンサー」から現在の利用額と利用限度額を確認できます。決済額が多いと感じたら、利用限度額の確認をするようにしましょう。

支払いの遅延などでカードが利用できない

クレジットカードの支払いが遅延すると、カードを利用できなくなる場合があります。引き落とし日前には口座にお金を入れておきましょう。

支払いの遅延が原因で法人カードの引き落としができなかった場合、すぐに料金の支払いをしましょう。セゾンの場合、クレディセゾンのATMから入金するか、インフォメーションセンターに電話して支払い手続きを進めるか、どちらかの方法で支払いが可能です。

国際ブランドが店舗に対応していない

法人カードを使う際には、国際ブランドが店舗に対応しているかどうか確認しましょう。店舗によって決済できる国際ブランドが異なるので、対応していない国際ブランドの場合法人カードは使えません。

事前に電話で取り扱いのある国際ブランドを確認したり、使いたい法人カードの国際ブランドが対応していない店舗では対応している国際ブランドのカードを使い分けたりする必要があります。

法人カード本体に損傷がある

法人カードの磁気ストライプやICチップなどが損傷していると、法人カードが使えなくなることがあります。

法人カード本体が損傷してしまった場合、クレジットカード会社に連絡してカードの再発行を依頼しましょう。新しい法人カードが届けば、法人カードが使えるようになります。

法人カードが使えない原因② 店舗に原因があるケース

法人カードが使えない原因② 店舗に原因があるケース

法人カードが使えない原因が店舗側にある場合もあります。店舗が利用しているクレジットカード読み取り機が故障している場合、法人カードで決済ができません。

故障の場合はほかのクレジットカードも使えない可能性が高いので、現金や電子マネーで支払わなければなりません。

法人カードが使えない原因③ その他のケース

法人カードが使えない原因③ その他のケース

ここまで法人カードが使えない原因を紹介しましたが、ここまで紹介した理由以外でも法人カードが使えないケースがあります。非常に珍しいケースではありますが、これまでの原因に当てはまらない方はその他のケースも確認しておきましょう。

法人カードに紛失や盗難の届出がでている

法人カードに紛失や盗難の届出がだされると、安全のためカードが使えなくなります。しかし法人カードの場合、届出がだせるのは名義人や法人代表者といった限られた人物のみ。自分で届出を出した記憶がなければ、このケースに当てはまることはないでしょう。

また似たようなケースとしては、カードの不正利用が疑われたことも考えられます。例えば普段数千円しか利用しない方がいきなり数十万円の決済をした場合などに、不正利用が疑われてカード会社が決済を認めないことがあります。この場合カード会社に連絡をして、決済を許可してもらうことでカードが使えるようになります。

クレジットカード会社の管理トラブル

クレジットカード会社のシステムや管理トラブルが生じていると、法人カードが使えないことがあります。システムや管理トラブルが起きている場合、クレジットカード会社のホームページなどでの告知を確認しましょう。

機械やサイトのメンテナンス中

クレジットカードを読み取る機械やサイトがメンテナンスをしているときは、法人カードが使えません。メンテナンスの時間も管理トラブルのときと同様、クレジットカード会社のホームページなどで告知されます。

法人カードが使えないが原因がまったくわからない場合、まずはクレジットカード会社のホームページにアクセスしてみましょう。

法人カードが使えない原因のまとめ

法人カードが使えない原因のまとめ

法人カードが使えない原因はさまざまなケースが考えられるので、まずは原因を突き止めて対応することが大切です。法人カードが使えなくても、あせらず落ち着いて対応をしましょう。

トラブルが心配な方は、問い合わせ対応がスムーズなカードを作成しましょう。「セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス(R)・カード」は24時間365日対応のカードデスク・サービスがあるので、カードが使えなくなった際などトラブルがあったときにも相談できます。

万が一法人カードが使えなくなったときに備えて、サポート体制が整ったビジネスカードを作成してみてはいかがでしょうか。

おすすめのクレジットカード

人気記事