|クレジットカードのことならCredictionary

法人カードの選び方を徹底解説!比較すべき6つのポイントとは

法人カードの選び方を徹底解説!比較すべき6つのポイントとは

「法人カードを作りたいけど、どうやって選べばいいかわからない」そんな方のために法人カードの選び方を解説していきます。

法人カードを選ぶときに比較すべき6つのポイントをご紹介。ぜひこの記事を参考にしてご自身に合った法人カードを見つけてみてください。

法人カードを選ぶ前に知っておくべきこと

法人カードを選ぶ前に知っておくべきこと

法人カードには発行会社によって定義や名称が異なりますが、大企業向け「コーポレートカード」や「法人カード」個人事業主・中小企業向け「ビジネスカード」があります。つまり法人でない個人事業主でも、ビジネスカードなどの法人カードは作成できます。

法人が法人カードを作成するときには主に法人名義口座を引き落とし口座に設定しますが、個人名義口座を設定できる法人カードもあります。個人が法人カードを作成するときには、個人名義口座または屋号付き口座から利用額が引き落とされます。

法人カードのメリット

法人カードのメリット

法人カードを作成すると、以下のようなメリットがあります。

・経費が一本化でき管理しやすい
・マイル・ポイントがたまり経費削減につながる
・社員用の追加カードが発行できる
・キャッシュフローの改善
・ビジネスに役立つカードの優待サービス
・特典が使える
・カード付帯サービスで従業員の待遇改善

会社で使う経費をクレジットカードで決済することで、経理処理が一本化できる点が大きなメリットです。またマイルやポイントもたまるので、出張費用や事務用品の購入に充てられ、経費削減につながります。

法人カードの選び方!比較すべき6つのポイント

法人カードの選び方!比較すべき6つのポイント

続いては法人カードを選ぶときときに比較すべきポイントを解説します。比較すべきポイントは以下の6点です。

・年会費
・申込基準
・ビジネスに有利な特典
・追加カードの発行上限枚数・追加料金の有無
・付帯サービス
・マイル・ポイントの貯まりやすさ

具体的にどのような点を比較するべきなのか詳しくご紹介します。

年会費

法人カードには年会費無料のカード から年会費が必要なカードまでさまざまなカードがあります。年会費が必要なカードはその分サービスが手厚くなる傾向があるので、保有コストと付帯サービスのバランスを考えることが大切です。

申込基準

法人カードはカードによって、申込基準が異なります。例えばセゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス(R)・カードの場合、学生・未成年を除く個人事業主または経営者の方に限り入会資格があります。

このように法人カードには申込基準が設けられていますので、条件を満たしているカードに申し込みをしましょう。

ビジネスに有利な特典

法人カードのなかには、優待価格で利用できるビジネスサービスや接待の利用に便利な優待サービスなど、ビジネスに有利な特典を付帯しているカードがあります。経費の支払い以外にも、ビジネスシーンで役立つサービスを利用したいと考えている方は確認しましょう。

追加カードの発行上限枚数・追加料金の有無

企業が法人カードを作成する場合、追加カードの発行ができます。追加カードの発行上限枚数と追加料金は、カードによって異なります。例えばセゾンコバルト・ビジネス・アメリカン・エキスプレス(R)・カードの場合、社員・家族が作成できる追加カードは9名まで無料で発行できます。

追加カードの請求分は本会員と合わせて一括支払いになるので、経費の一本化も可能です。今後追加カードの発行を考えている場合、追加カードの発行上限枚数と追加料金の有無を確認しておきましょう。

付帯サービス

法人カードのなかには、空港ラウンジ利用や海外旅行傷害保険など、さまざまなサービスが付帯しているものがあります。特に出張をする機会が多い方は、飛行機の利用時や現地で受けられる付帯サービスの内容を確認しておきましょう。

ポイント・マイルのたまりやすさ

法人カードで決済をすると、決済額に応じてポイントやマイルがたまります。ポイントやマイルは出張や事務用品購入に使えるので、経費の削減につながります。

ポイント・マイルがたまりやすく高還元率かどうか、法人カード作成前に確認しておきましょう。

おすすめの法人カード

おすすめの法人カード

これから法人カードの作成を考えているなら、永久不滅ポイントが貯 まるセゾンのビジネスカードがおすすめです。個人契約のビジネスカードなので「決済書 」「法人の登記簿謄本」「連帯保証人」などの書類が必要なく、本人確認書類のみで申し込みできるため申し込みやすいのも特長です。

リーズナブルな年会費でありながらビジネスシーンで活躍する特典が充実している、2種類のセゾンのビジネスカードを詳しくご紹介します。

セゾンコバルト・ビジネス・アメリカン・エキスプレス(R)・カード

年会費をおさえてビジネスサービスを受けたい方におすすめのビジネスカードが、セゾンコバルト・ビジネス・アメリカン・エキスプレス(R)・カードです。年会費は1,100円(税込)で、追加カードは9枚まで無料発行できます。セゾン提携の金融機関に決済口座をお持ちの方ならどなたでもお申し込みが可能です。

海外利用時はポイントが2倍(還元率約1%)になり、ビジネス利用で効率的にポイントが貯められるほか、事務用品・レンタカー・宅配サービスなどを優待価格で利用できる「ビジネス・アドバンテージ」などのビジネスサービスが利用できます。

また「モノタロウ」や「クラウドワークス」、「アマゾン ウェブ サービス」など、ビジネスシーンで利用の多いサービスではポイント還元率が通常の4倍(還元率約2%)となり、優待料金で利用できます。

年会費をおさえてビジネスカードを作りたい方は、セゾンコバルト・ビジネス・アメリカン・エキスプレス(R)・カードに申し込みをしてみてはいかがでしょうか。

セゾンコバルトアメックス新規入会キャンペーンセゾンコバルトアメックス新規入会キャンペーン

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス(R)・カード

手厚いサービスを受けられるビジネスカードを作りたい方には、セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス(R)・カードがおすすめ。学生・未成年を除くご連絡が可能な方で、セゾン提携の金融機関に決済口座をお持ちの方であればどなたでもお申し込み可能です。年会費は通常22,000円(税込)ですが、年間200万円以上ショッピング利用すると、次年度の年会費は11,000円(税込)に優遇されます。

専任のコンシェルジュがお客様サポートをする「カードデスク・サービス」や、148以上の国や地域、600以上の都市で1,300ヵ所以上の空港ラウンジを利用できる「プライオリティ・パス(通常年会429米ドルのプレステージ会員)」への無料登録などさまざまなサービスが受けられます。

さらに「ビジネス・アドバンテージ」や法人向け顧問弁護士サービス「リーガルプロテクト」の優待価格利用など、ビジネスで役立つサービスも充実しています。

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス(R)・カードがあれば、より快適なビジネスライフを送ることができるでしょう。

セゾンプラチナビジネスアメックス新規入会キャンペーンセゾンプラチナビジネスアメックス新規入会キャンペーン

法人カードの選び方のまとめ

法人カードの選び方のまとめ

法人カードを選ぶときには、「年会費」「申込基準」「ビジネスに有利な特典」「追加カードの発行上限枚数・追加料金の有無」「付帯サービス」「マイル・ポイントのたまりやすさ」などの比較すべきポイントに着目しましょう。

これから申し込みを検討している方には、セゾンのビジネスカードがおすすめです。年会費を抑えつつ効率よく永久不滅ポイントが貯まるため経費削減につながるだけでなく、ビジネスシーンで活用できる特典が充実しています。

ご自身に合った法人カードを上手に使いこなすことで、ビジネスライフがより快適になります。

おすすめのクレジットカード

人気記事