Credictionary

リースとは?レンタルとの違いやそれぞれのメリット・デメリットを紹介

リースとは?レンタルとの違いやそれぞれのメリット・デメリットを紹介

「リース」とは、中長期にわたり商品や資材をリース会社から借り入れることです。リースには、「最新バージョン、かつ、新品の設備や資材を利用できる」というメリットがあります。

ただし、「リースの活用を検討しているけれども、仕組みが良く分からない」という悩みを抱えている事業者も多いのではないでしょうか。

そこで本記事では、リースの仕組みや流れ、メリット・デメリット、そして、同時に検討されることが多い「レンタル」との違いについても解説します。

リースの基礎知識

リースとは、資材や設備を「リース会社」から長期間借りて利用する契約を指します。購入するのではなく、借りる契約であるため、導入時の初期コストを削減できるのが特長です。

リース取引は、ユーザー、リース会社、サプライヤーの3者間でおこなわれます。まず、リース会社が、ユーザーが指定する売主からユーザーが指定する物件を購入し、その後、ユーザーに物件を貸し出すという流れです。

なお、リースにはメリットとデメリットが存在するので、理解したうえで契約しましょう。また、レンタルとも比較して、自社にとって最適な方法をお選びください。

リース契約の種類

リース契約には、「ファイナンスリース」および「オペレーティングリース」の2種類が存在します。判定基準は、以下の通りです。

■ファイナンスリース:フルペイアウトかつ中途解約不能なリース
■オペレーティングリース:ファイナンスリース以外のリースが該当

フルペイアウトとは、「ユーザーが、リース期間中に、リース会社が契約に要した費用(設備・資材の取得価額など)のほぼ全額をリース料として支払うこと」を意味します。

なお、ふたつのリース取引は会計処理における取り扱いが異なることにご留意ください。

ただし、2019年度からIFRS(国際財務報告基準)を任意適用している企業に対しては、ファイナンスリースとオペレーティングリースの区別が廃止された「新リース会計基準」の適用が義務付けられています。

経理処理で不明な点がある場合は、公認会計士や税理士、税務署に相談しましょう。

リースとレンタルの違いとは?

リースとレンタルには、どのような違いがあるのでしょうか?それぞれのサービス内容の違い、契約の仕組み・流れの違いを見ていきましょう。

まずは、それぞれのサービス内容を表にまとめました。

リース レンタル
契約期間 中長期 短期
対象商品 ユーザーが指定した商品をリース会社が新規購入 レンタル会社保有の在庫から賃借
中途解約 不可 可能
物件の所有権 リース会社 レンタル会社
保守・修繕義務 ユーザー レンタル会社
料金 物件価格×リース料率(レンタルより割安) 一定の料金設定
契約期間終了後 返却または再リース 返却または契約延長
主な設備・資材 情報通信機器(パソコンや関連機器)など 建設・土木機械、建材など

なお、オフィスの設備をすべて購入すると多額のコストがかかるため、断念する事業者がいらっしゃるかもしれません。

しかし、レンタルやリースを活用すれば、初期コストを低減できるので、設備の導入が可能になるケースがあります。

また、必要な期間だけレンタルすれば管理の手間を減らすこともできるので、さまざまな要素を勘案して、自社に適した方法をお選びください。

リースの仕組み・流れ

続いて、リースの仕組み、契約時の流れを確認していきます。

■リースの仕組み

ユーザーが希望した物件を、リース会社が一括購入して貸し出します。「所有権移転ファイナンスリース」の場合、リース期間終了後またはリース期間中に、貸し出された資材の所有権がユーザーに移動することに留意しましょう。

■リースの流れ
ユーザーがリースを受ける物件を選定したあとに、リース会社に申し込みを行い、下記の流れで契約を締結します。

1.リースを受ける物件の選定
2.リースの申し込み
3.リース契約の締結
4.リース物件の売買契約の締結
5.リースを受ける設備の搬入
6.リース料の支払い・リースの開始
7.物件代金の支払い
8.リース物件の保守契約の締結

レンタルの仕組み・流れ

一般的に、リースは物件の搬入後にリース料を支払うのに対し、レンタルは料金の支払い後に設備が搬入されるという点で差異が見られます。

仕組み、契約時の流れを詳しく見てみましょう。

■レンタルの仕組み

期間に合わせてレンタル会社の在庫品から貸し出され、貸し出された資材は期間満了後にレンタル会社に戻ります。

■レンタルの流れ
レンタルを見込めそうな物件を中心にレンタル会社が事前に物件を購入し、保有物件の中からユーザーが選択してレンタルします。

1.レンタル会社の保有リストからレンタル物件を選定
2.レンタル契約の締結
3.レンタル料の支払い
4.レンタルする設備の搬入

リースのメリット・デメリット

リースのメリット・デメリット

リース、レンタルにはそれぞれにメリット・デメリットがあります。ケースに合わせて使い分けが必要です。それぞれのメリット・デメリットをご紹介します。

リースのメリット

リース料金は経費にできる
少額のリース取引や中小企業の所有権移転外ファイナンスリースの場合は、リース料金を賃貸借処理して、リース料金全額を経費として処理できます。

最新の設備を利用できる
リース契約では希望の新品機種をメーカーのラインナップから選択可能です。リース期間ごとに買い替えれば、最新技術を搭載した機種を使い続けることもできるでしょう。

資金の効率的運用ができる
リースで設備を導入すれば費用は毎月のリース料支払いだけで済みます。一度に多額の購入資金が必要になることがなく、資金を効率的に運用できます。

リースのデメリット

契約期間が終われば返却する必要がある
リース契約終了後は返却が必要となります。延長して借りる場合には、低価格の再リース料を支払って、リース契約を更新することになります。

中途解約ができない
リース会社はメーカーから物件を一括購入し、ユーザーに貸し出ししています。リース会社は購入時の費用の全額の回収を予定しているため、中途解約はできません。

保守・修繕の義務がある
リースはユーザーが物件の保守修繕義務を負い、別途保守会社との間で保守契約を締結することになります。機器のメンテナンスなどのための維持費が必要です。

レンタルのメリット・デメリット

レンタルのメリット・デメリット

つぎにレンタルのメリット・デメリットをご紹介します。

レンタルのメリット

短期で物件を借りられる
リース契約や購入の場合と異なり、短期で必要な期間だけ物件を借りられます。使用後は返却となるため、保管場所も不要です。

事務手続きが必要ない
減価償却などの煩雑な事務手続きが不要になります。ユーザー側はレンタル料金の支払い管理だけで済み、事務処理の手間が削減できます。

保守・修繕の義務がない
リースと異なり、レンタルでは保守・修繕の義務がありません。保守・修繕の義務はレンタル会社が負うことになります。

中途解約が可能
レンタルでは、不要になったら基本的には中途解約ができます。しかしなかには中途解約ができないものや違約金が発生するものがあるので注意が必要です。

レンタルのデメリット

選択肢が少ない
すでにレンタル会社が所有している物件から選択するため、購入やリースと比べると選択肢は多くありません。

割高になる場合がある
レンタルは短期で借りる場合には割安になる一方で、中長期で使用する場合には購入やリースに比べて割高になる場合があります。

リースやレンタルは法人カード(ビジネスカード)での支払いがおすすめ

リースやレンタルは法人カード(ビジネスカード)での支払いがおすすめ

リースやレンタルの支払いには法人カードの利用がおすすめです。レンタルやリースは毎月の支払額が決まっているため、法人カードを設定しておけば自動決済でき、経費管理が効率化できます。

セゾンのビジネスカードなら、リースやレンタルの料金の支払いでも「永久不滅ポイント」が貯まります。おすすめのセゾンのビジネスカードをご紹介します。

個人事業主の方には「セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス(R)・カード」がおすすめ

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス(R)・カードの年会費は22,000円(税込)ですが、年間200万円以上のショッピング利用で次年度11,000円(税込)に優遇されます。

「ビジネス・アドバンテージ」をはじめ、法人向け顧問弁護士サービス「リーガルプロテクト」の優待利用やクラウド型経費精算サービス「Staple(ステイプル)」の優待利用など、ビジネスシーンに便利な特典が利用できます。

さらにショッピング1,000円(税込)利用でJALのマイルが10マイル自動的にたまる「SAISON MILE CLUB」に無料登録が可能です。ショッピング2,000円(税込)利用で永久不滅ポイント1ポイント(約5円相当)も付与されるので、日々の支払いで永久不滅ポイントとマイルを同時にためられます。

セゾンプラチナビジネスアメックス新規入会キャンペーンセゾンプラチナビジネスアメックス新規入会キャンペーン

中小企業の方には「セゾンプラチナ・ビジネス プロ・アメリカン・エキスプレス(R)・カード」がおすすめ

中小規模法人代表者に向けた特長を持つビジネスカードである「セゾンプラチナ・ビジネス プロ・アメリカン・エキスプレス(R)・カード」。

年会費は27,500円(税込)ですが、1枚あたり3,300円(税込)の年会費で追加カードを発行できます(※1)。各カードごとに利用枠を設定できるので、従業員に持たせて事業で使う物品・サービスを購入する際に使用させれば、経費精算の手間がかかりません。

なお、以下の2つから、付帯する機能・サービスをお選びいただけます(※2)。

■最大84日間の支払猶予期間を確保
■1%のキャッシュバック

手元資金の柔軟な運用やキャッシュフロー改善を実現したい場合は、最大84日間の支払猶予期間の確保をお選びください。経費を削減したい場合は、1%のキャッシュバックを選ぶと良いでしょう。

そのほか、最長15ヵ月分の利用明細をWEB上で確認できるので、予算管理にも役立ちます。

なお、入会資格が法人代表者に限定されており、個人事業主および未成年者に対しては発行されないことにご留意ください。

(※1)代表者カードを含めて合計100枚まで
(※2)選択したサービスにかかわらず、セゾンプラチナ・ビジネス プロ・アメリカン・エキスプレス・カードの利用は永久不滅ポイント付与の対象外

セゾンプラチナビジネスプロアメックス新規入会キャンペーンセゾンプラチナビジネスプロアメックス新規入会キャンペーン

まとめ

リースとレンタルの違い、メリット・デメリットなどについて解説しました。

長期間使用する可能性がある場合はリース、イベントなどで短期間使用する場合はレンタルなど、期間と目的に合わせて使い分けることで費用を抑えられます。

リースとレンタルの支払いには、永久不滅ポイントが貯まりビジネスサポートも充実している「セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス(R)・カード」がおすすめです。

また、最大84日間の支払猶予期間を確保、もしくは1%のキャッシュバックの2つのサービスからどちらか選ぶことができる「セゾンプラチナ・ビジネス プロ・アメリカン・エキスプレス(R)・カード」も併せて検討してはいかがでしょうか。

ぜひリースとレンタルの違いを押さえて、費用の削減のために活用していきましょう。

おすすめのクレジットカード

人気記事