【クレジットカードのことならCredictionary】

個人事業主が発行できるETCカードの種類は?おすすめのETCカードとその理由も紹介

個人事業主が発行できるETCカードの種類は?おすすめのETCカードとその理由も紹介

事業を円滑にしていくために、ETCカードの発行を考えている個人事業主の方もいらっしゃることでしょう。

この記事では法人や個人事業主が発行できるETCカードの種類、そのなかでもおすすめのETCカードとその理由、ETCカード発行のためにおすすめのビジネスカードをご紹介していきます。ETCカードの発行を考えている個人事業主の方はぜひ参考になさってください。

【ETCカードのメリット】セゾンパール・アメリカン・エキスプレスR・カード Digitalのご紹介

セゾンプラチナビジネスアメックス新規入会キャンペーンセゾンプラチナビジネスアメックス新規入会キャンペーン

個人事業主が発行できるETCカードは3種類

法人・個人事業主が発行できるETCカードは以下の3種類です。それぞれのETCカードの特徴をご説明していきます。

法人カード付帯のETCカード

法人向けのクレジットカードの追加カードとして、ETCカードを発行する方法です。法人や個人事業主であれば、法人カード(ビジネスカード)の追加カードとしてETCカードを発行することで移動の経費を管理しやすくなります。

セゾンのビジネスカードで追加発行できるETCカードの場合は、手続きもインターネットで完結するため、申し込みやすいのが特徴。最短即時発行が可能な場合もあるため、発行を急いでいる方におすすめです。

ETCマイレージサービスに登録するとマイレージサービスの割引も受けられます。また、ビジネスカード付帯のETCカードであれば、年会費無料・発行手数料無料のものもあるため、ランニングコストも抑えられる点もメリットといえます。

法人ETCカード

法人ETCカードは、各協同組合などが発行しているカードです。申し込みは、法人または個人事業主に限られます。

法人ETCカードは、複数枚のETCカードを持つことが可能なため、複数の従業員を抱えている企業向けです。利用車両が限定されないので、名義に関係なくレンタカーなどでも使用可能。登録車両1台につき、最高4枚まで発行できます。複数枚発行する場合も、契約は1本で、すべてのカードを同一口座からの引き落としとなるため、管理がしやすいです。

また、自動でETCマイレージサービスに登録されるので、登録する手間なくマイレージサービスを利用できます。

利用するうえで必要な費用は以下のようになっています。

・カード発行手数料1枚につき550円(税込)
・取扱手数料1枚につき毎年550円(税込)
・出資金1社につき10,000円(脱退時返金)
・利用手数料として毎月の走行金額の8%

ただし、割引制度や利用手数料は組合により異なるので、確認が必要です。ETCコーポレートカードのように保証金の支払いや機関保証の獲得の必要はありません。

ETCコーポレートカード

ETCコーポレートカードとは、東日本・中日本・西日本高速道路株式会社が発行しているカードです。カード発行手数料629円(税込)/1枚、取扱手数料629円(税込)/1枚(年1回)と、組合加入時の1社につき出資金1万円(脱退時に返金)が必要となります。

法人や個人事業主向けのカードなので、申込時に法人登記簿(個人事業主は不要)や印鑑証明、保証人の印鑑証明、自動車車検証、事業免許証の写しなどの書類が必要です。

確実に料金を徴収できることを保証するため、カード発行時に保証金を預けるか、銀行や信用金庫などに連帯保証人になってもらう機関保証を獲得しなければなりません。

ETCカードは、申し込み時に登録した車両1台につき1枚のカードが発行され、申し込み時に登録した車両でしか利用できません。つまり、レンタカーなどでは利用できないETCカードです。複数の車両を所有している場合は、車両ごとに1枚ずつ発行してもらう必要があります。

ETCコーポレートカードは、ETCマイレージサービスには対応していませんが、「大口・多頻度割引」というものがあり、月ごとの利用額が3万円を超えた場合は、最大30%の割引が適用されます。したがって、1つの法人や事業者全体で利用額が大きくなればなるほど、割引率がアップすることになります。そのため、このETCカードは高速道路の利用頻度の高い事業者向けのカードといえます。

個人事業主には法人カード付帯のETCカードがおすすめの理由

個人事業主には法人カード付帯のETCカードがおすすめの理由

法人・個人事業主が法人カード付帯のETCカードを利用にする3つのメリットをご紹介します。

マイルやポイントがたまり経費削減できる

個人事業主向けの法人カードであるビジネスカード付帯のETCカードであれば、利用金額に応じてビジネスカードのポイントやマイルがたまります。そして、たまったポイントはビジネスカードの支払いに充てられたり、各種ポイントや商品券と交換できたりするため、経費削減につながります。

社員数に合わせて追加カードを発行できる

法人カード(ビジネスカード)だと、本カード以外に追加カードを発行可能です。社員数に合わせて追加カードを発行すると、備品の購入費や出張費などを社員に立て替えてもらう必要がなくなります。そして、経費処理業務の効率化へとつながり、各社員の経費使用状況も的確に把握できます。

カード付帯のビジネスサポートを受けられる

クレジットカードであれば、それぞれのカードに付帯の特典やサービスがあります。法人カード(ビジネスカード)の場合、ビジネスシーンで役立つサービスが付帯しています。

例えば、セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス(R)・カードだと、
・24時間365日対応*のコンシェルジュサービス
・弁護士紹介サービス
・経費精算サービスの優待
・エックスサーバーの優待
などのビジネスサポートを受けられます。

*一部対応時間を限定しているサービスがございます

創業まもない法人や個人事業主は法人カードを発行しづらいの?

創業間もない法人や個人事業主では法人カードが発行しづらいのではないかと、心配している方はいるのではないでしょうか。しかし、選ぶカードによっては、カード発行が可能です。

審査は各社独自で行っているため審査基準は各社で異なりますが、設立年数や決算状況などが審査の対象になることがあります。そのため、会社設立したばかりではカード会社によっては審査の通過が難しくなることもあります。

しかし最近では、設立直後の法人でも発行できる法人カードが増えています。

例えば、セゾンが発行しているセゾンコバルト・ビジネス・アメリカン・エキスプレス(R)・カードは個人事業主や小規模事業者でもで申込める法人カード、いわゆるビジネスカードで、登記簿謄本や決算書の提出も不要で申込みしやすくなっております。

個人事業主におすすめのETCカードが発行できる法人カード

売上実績や収入の実績がないと法人カードを発行しづらいものですが、セゾンのビジネスカードであれば、必要書類も少なく、法人や個人事業主におすすめです。

ここでは、個人事業主がETCカードを発行するにあたり、おすすめのビジネスカードを2券種ご紹介します。

セゾンコバルト・ビジネス・アメリカン・エキスプレス(R)・カード

年会費は無料とビジネスカードとしてはリーズナブルなため、何かと物入りな創業したばかりの企業におすすめのカードです。

ETCカードは年会費・発行手数料無料。海外ショッピングで通常の2倍のポイント(1,000円(税込)につき2ポイント(1ポイント約5円相当))が貯まります。また、ポイントを貯めながら増やせる「ポイント運用」といったお得なサービスも提供されています。

さらに、特定10加盟店で永久不滅ポイント4倍になる「4倍ポイントサービス」も付帯。ヤフービジネスサービスやクラウドワークス、アマゾン ウェブ サービスなど、ビジネスシーンで利用することが多いサイトでカードを利用すると、永久不滅ポイントが通常の4倍(1,000円ごとに4ポイント)たまります。

※4倍ポイントサービスは一部対象外となる場合がございます、また変更となる場合がございます。
※他カードにてセゾンマイルクラブへご入会いただいている方は4倍ポイントサービスの対象外となります。

セゾンコバルトアメックス新規入会キャンペーンセゾンコバルトアメックス新規入会キャンペーン

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス(R)・カード

年会費は22,000円(税込)で、年間200万円以上のショッピング利用で、次年度の本会員年会費が11,000円(税込)に優遇されます。そのため、この優遇が受けられればゴールドカード並みの年会費でプラチナランクのサービスが受けられるビジネスカードです。

対象は法人と個人事業主。インビテーションなしで申し込みできます。追加カードは9枚まで、1枚につき年会費3,300円(税込)で発行可能です。

ETCカードは年会費・発行手数料無料。クレジットカード1枚につき5枚まで発行可能です。

1,000円につき1ポイント(約5円相当)の永久不滅ポイントが貯まり、海外利用はポイント2倍になります。マイルをためている方におすすめなのは、「SAISON MILE CLUB」。通常4,400円(税込)の登録料が無料になるため、インターネットから事前登録しておくと、1,000円利用ごとに自動的にJALのマイルが10マイル、2,000円利用ごとに永久不滅ポイントが1ポイントたまります。

たまったマイルは特典航空券と交換することで、出張などの経費を抑えることが可能。また、最高1億円の海外旅行保険、最高5,000万円の国内旅行保険も付帯しているので、出張の度に旅行保険をかける経費も削減できます。

さらに、「プライオリティ・パス」のプレステージ会員年会費(通常429米ドル)が無料、24時間365日対応*でチケットの手配や宿泊・レストランの予約などを行ってくれるコンシェルジュサービスも付帯しています。

セゾン弁護士照会サービスやビジネス書要約サイト「flier(フライヤー)」優待、クラウド型経費精算サービス「Staple(ステイプル)」優待などビジネスサービスも充実しているので、ぜひ活用しましょう。

*一部対応時間を限定しているサービスがございます

セゾンプラチナビジネスアメックス新規入会キャンペーンセゾンプラチナビジネスアメックス新規入会キャンペーン

法人や個人事業主が持てるETCカードまとめ

法人や個人事業主が持てるETCカードは法人カード付帯のETCカード、法人ETCカード、ETCコーポレートカードの3種類です。おすすめは、法人カード付帯のETCカード。

なかでも、セゾンのビジネスカードがおすすめです。法人の審査ではなく個人の審査になるため、創業まもない法人や個人事業主でも申し込みやすいのが魅力です。ポイントやマイルをためて経費削減したり、追加カードを発行して社員に持たせることで経費精算が楽になったりします。また、創業まもない会社だからこそ、ビジネスカードに付帯しているビジネスサポートは心強い味方になってくれます。ビジネスサポートをフル活用して、事業を軌道に乗せましょう。

おすすめのクレジットカード

人気記事