【クレジットカードのことならCredictionary】

地方法人税とは何か?法人税との違いを解説し納付の方法も紹介します

地方法人税とは何か?法人税との違いを解説し納付の方法も紹介します

皆さんは地方法人税と法人税との違いをご存知でしょうか?同じ法人税という名前もついていて、少し分かりにくくなっている部分もあります。地方法人税は法人が支払う義務を担っています。

しかし、地方法人税の計算方法や、具体的な納付方法は少し複雑です。本記事では、地方法人税と法人税の違いについて詳しく説明し、地方法人税の計算方法や納付方法も解説しています。地方法人税を支払う経営者の方や、事務処理を行う経理担当の方はぜひ参考にしてください。

セゾンプラチナビジネスアメックス新規入会キャンペーンセゾンプラチナビジネスアメックス新規入会キャンペーン

地方法人税とは

地方法人税とは

地方法人税とは税制改正よって平成26年3月31日に公布された法人に対する税金です。地方法人税の目的は、地域間での税収の偏りを無くすことによって、地域による格差を縮小しようというものです。

名称に地方とついていますが国税ですので法人が国に税金を納めて、国から各自治体に財源として交付することになります。国が財源を調整することによって、地域間の経済格差を無くすようにしています。

地方法人税の税率と計算方法

地方法人税の税率と計算方法

地方法人税の税率は10.3%。地方法人税額は課税所得に所定の税率をかけることで求められます。

例えば、課税所得が800万円であれば800万円×15%=120万円。この法人の「法人税額」は120万円だという事がわかりました。そのため、「地方法人税額」は120万円×10.3%=123,600円。この法人の例でいうと、地方法人税額は123,600円です。

※1ヵ月の利用金額をご入力いただくと、貯まるポイントやマイルのシミュレーションができます。
ポイントシミュレーションを確認する

そもそも法人税とは何か?

そもそも法人税とは何か?

そもそも法人税とは法人の所得に対して発生する税金の事です。株式会社や、有限会社などのような一般的な法人には、所得や規模に応じて税率は2段階に分けられます。一般の法人の場合、年間所得が800万円以下の法人には法人税率15%が課せられます。

また、年間所得が年間所得が800万円超または資本金1億円超の規模の法人には23.2%が課せられます。

法人税には4つの種類がある

法人税は主に法人が稼いだ所得に対して課税される仕組みです。他にも会社の形態によって課税対象となるお金が存在します。「事業年度の所得」、少し特殊な他の3種類「各連結所得」、「特定信託の各計算期間の所得」、一般的な「事業年度の所得」、「退職年金等積立金」になります。これらの所得について詳しく解説しておきましょう。

事業年度の所得
事業年度の所得は一般的な法人税の事を指します。事業年度に法人が稼いだ所得に対してかかる法人税であり、既に説明した年間の所得×法人税率で求められます。

各連結事業年度の連結所得
各連結事業年度の連結所得にも法人税は課せられます。複数の会社を一つの法人と考えて申告・納税する仕組みです、例えば親会社が子会社分もまとめて申告・納税します。

特定信託の各計算期間の所得
特定信託の各計算期間の所得にも法人税は課せられます。他の会社に投資をして利益を得たり、他人から財産を預かって運用・管理をして利益を得る法人、例えば信託会社に課せられます。

退職年金等積立金
退職年金等積立金にも法人税は課せられます。退職年金業務などを行っている法人、例えば生命保険会社や信託銀行に課せられます。

地方法人税の納付方法

地方法人税の納付方法

当然の事ですが、自身が運営している法人の地方法人税が計算出来たら納付をしなければいけません。地方法人税の納付方法は大きく分けて3つあります。基本的には法人税と同時に行い納付方法も同様です。

・「現金納付」
・「オンライン納付」
・「クレジットカード納付」

地方法人税の納付方法を1つずつ説明していきましょう。

現金で地方法人税を納付する方法

地方法人税の申請をした後で、決算期の前後に税務署から金額欄が空欄の法人税と地方法人税の納付書が送付されてきます。決算申告時にそれぞれ金額を記入し納付します。「金融機関」、「管轄の税務署」で現金で支払う事ができます。

あまり使われていませんが、あらかじめ税務署にバーコード付の納付書を依頼しておけば、コンビニでも支払いが可能です。ただし、この方法は300,000円以下に限られるため、支払いができないことがあるのがデメリットです。また、金融機関や税務署は開いている時間が限られているので、自身の都合によって支払いができないことがあります。

オンラインで地方法人税を納付する方法

地方法人税はオンラインで納付する方法があります。国税庁が運営しているホームページにアクセスし、「e-tax」のフォームで利用登録し納付手続きに進みます。

手順は全て案内してくれるので、入力をするだけで簡単に地方法人税を納付できます。「e-tax」の公式サイトや財務会計用のソフトからも、地方税納付ができるフォームまで行くことが可能です。ただし、「e-tax」は24時間使用できないというデメリットがあります。

クレジットカードで地方法人税を納付する方法

地方法人税はクレジットカードでも納付する方法もあります。国税庁が指定している「国税クレジットお支払いサイト」を利用すると簡単にクレジットカード決済で納付が可能です。クレジットカードでの支払いなので、24時間いつでも大丈夫なので利便性の高い方法です。デメリットは1万円毎に76円の手数料がかかることです。

地方法人税の納付はセゾンのクレジットカードがおすすめ

地方法人税の納付はセゾンのクレジットカードがおすすめ

地方法人税の納付はクレジットカードであれば24時間納付できるので便利です。さらに、セゾンのビジネス用クレジットカードなら、事務手続きの負担を軽減するサービスもついています。それ以外にもビジネスに特化した特典がついているため、事業を展開しやすくなります。納付することで、ポイントも貯まるため実質、経費の削減にもつながります。

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス(R)・カード

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードはビジネスに特化しているクレジットカードです。年会費は22,000円(税込)で、年間200万円以上のショッピングのご利用で、次年度本会員年会費が11,000円(税込)になります。

経費管理の手間を10分の1に削減できるクラウド型経費精算サービス「Staple」の月額料金が6ヶ月無料になるクーポンが、優待で付いてきます。交通系ICカードの履歴読込や乗換案内アプリとの連携、お使いの会計ソフトへのインポートも可能であるほか、スマートフォンのStapleアプリから領収書やレシートを撮影すると、タイムスタンプが付与され証憑(しょうひょう)化される機能もあるので、業務の効率化に繋がります。

カードを利用すれば、永久不滅ポイントも貯まります。そして、自動でJALのマイルをためることができる「SAISON MILE CLUB」への加入も無料でできます。

もちろん法人税をセゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードで支払うことも可能です。法人税などの支払いはポイント半減や除外とするカード会社が多いところ、セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードは、通常どおり永久不滅ポイントもしくはJALのマイルがたまります。

セゾンプラチナビジネスアメックス新規入会キャンペーンセゾンプラチナビジネスアメックス新規入会キャンペーン

セゾンコバルト・ビジネス・アメリカン・エキスプレス(R)・カード

セゾンコバルト・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードはビジネスシーンに便利な年会費無料のカードです。

株式会社ミロク情報サービスが提供するインストール不要型のソフトで、初心者の方でも給与計算や賞与計算、年末調整はもちろん、源泉徴収票の作成を行うことが可能な会計ソフト「かんたんクラウド給与(MJS)」を3ヶ月無料で利用することができます。

追加カードも9枚まで発行できるため、会社内の経費をすべて一緒に計算できます。また、自社のホームぺージを運営するために必要な、エックスサーバーやドメインの取得を限定のサービスとして利用できます。

ヤフービジネスサービスやクラウドワークス、アマゾン ウェブ サービスなど、ビジネスシーンでご利用の多い上記のサイトでカードをご利用されると、永久不滅ポイントが通常の4倍(1,000円ごとに4ポイント)貯まります。

セゾンコバルトアメックス新規入会キャンペーンセゾンコバルトアメックス新規入会キャンペーン

よくある質問

Q1 地方法人税とは?

地方法人税とは税制改正よって平成26年3月31日に公布された法人に対する税金です。地方法人税の目的は、地域間での税収の偏りを無くすことによって、地域による格差を縮小しようというものです。

Q2 地方法人税の税率と計算方法は?

地方法人税の税率は10.3%。地方法人税額は課税所得に所定の税率をかけることで求められます。

まとめ

まとめ

地方法人税は法人税の一種であり、地方財源の偏りをなるべく無くすことを目的に作られた税制度です。地方法人税額は法人税額に10.3%をかけることで求められます。

地方法人税の納付方法には3つの方法があります。「現金で納付する」、「オンラインで納付する」、「クレジットカードで納付する」という方法です。

クレジットカードでの支払いなら24時間いつでも納付ができるので便利です。セゾンのビジネスカードであれば、永久不滅ポイントも貯まり、ビジネスに特化した特典も受けられます。地方法人税の支払いにはセゾンのビジネスカードを検討してみてはいかがでしょうか。

監修者

竹下 昌成

竹下 昌成

竹下FP事務所代表、㈱メディエス代表取締役、TAC専任講師。兵庫県西宮市在住、昭和46年生まれ。立教大学卒業後、池田泉州銀行、日本GE、タマホームなどを経て現職。タマホームFPとして600件超のFP相談実績あり。サラリーマン投資家として不動産賃貸業をスタート、それだけで生活できるようになったので卒サラ。現在は大家業をメインに講師や執筆活動、相談業務でのんびりと過ごしています。得意分野は不動産投資や住宅購入など。お気軽にご相談ください。

【保有資格】
CFP、宅地建物取引士、貸金業務取扱主任者、住宅ローンアドバイザー

おすすめのクレジットカード

人気記事