【クレジットカードのことならCredictionary】

基本給の平均は?性別、学歴、雇用形態別の基本給をご紹介

基本給の平均は?性別、学歴、雇用形態別の基本給をご紹介

「基本給の平均ってどのくらいなんだろう?」と疑問に思ったことはありませんか?基本給と似た言葉に「額面」と「手取り」がありますが、ここではまずこの言葉の違いについて簡単に解説します。

その後、性別、学歴、企業規模、業種、雇用形態などのカテゴリーに分けて、基本給の平均を紹介します。表の形で分かりやすくまとめているので、ぜひ参考にしてみてください。

セゾンコバルトアメックス新規入会キャンペーンセゾンコバルトアメックス新規入会キャンペーン

そもそも基本給とは?

そもそも基本給とは?

まず、給与は「基本給」と「手当」の2つの要素で成り立っています。基本給は、個人の技能や勤続年数などに応じて決められるベースとなる給料のことです。手当とは、通勤手当や残業手当などを指します。

そして、基本給には、手当やインセンティブボーナスは含まれていません。つまり、手当などを差し引いた最低限支給される基本賃金が基本給です。

額面給与は基本給に諸手当を加えたもの

基本給と混同されやすい言葉に、「額面」というものがあります。簡単に言えば、額面とは、会社が従業員に支払う総支給額のことです。基本給に、手当やボーナスなどを加えたものが額面となります。

額面に含まれるものとしては、基本給はもちろん、通勤手当、残業手当、住宅手当、役職手当、資格手当、家族手当、インセンティブボーナスなどが該当します。

手取りは額面給与から各種控除したもの

基本給や額面と似た言葉に「手取り」というものがあります。手取りとは、実際に従業員が手にする金額のことです。そもそも総支給額である額面が、そのまま従業員に支給されることは原則としてありません。

額面から健康保険料、介護保険料、厚生年金保険料、雇用保険料、所得税、住民税などの各種の控除額を差し引いたあとに残る金額が、実際に従業員に支給されることになります。この実際に支払われる給料のことを、手取りと言います。

つまり、まとめると、最低限もらえる賃金が「基本給」、基本給に手当などを足した総支給額が「額面」、額面から税金等を差し引いたあと実際に支払われる額が「手取り」ということになります。

基本給の平均は、年齢、性別、学歴、雇用形態ごとに変わる

基本給の平均は、年齢、性別、学歴、雇用形態ごとに変わる

それでは、基本給の平均について、厚生労働省の『令和元年賃金構造基本統計調査』を参考に紹介します。年齢、男女別、学歴別、雇用形態別に分けて、基本給の平均をまとめています。最後には、初任給の平均も記載しています。カテゴリーによって基本給の平均は変化しますので、その違いにも注目してみてください。

雇用形態別の基本給の平均

雇用形態別の基本給の平均については、「正社員・正職員」と「正社員・正職員以外」に分けて紹介します。

【正社員・正職員の基本給の平均】
年齢 男性 女性
~19歳 18.4万円 17.4万円
20~24歳 21.7万円 21.2万円
25~29歳 25.6万円 24万円
30~34歳 29.7万円 26万円
35~39歳 33.6万円 27.2万円
40~44歳 36.8万円 28.8万円
45~49歳 39.9万円 29.6万円
50~54歳 43.6万円 30.6万円
55~59歳 43.4万円 30万円
60~64歳 34.5万円 27.4万円
65~69歳 29.6万円 25.8万円
70歳~ 27.8万円 26.4万円

【正社員・正職員以外の基本給の平均】

年齢 男性 女性
~19歳 17.4万円 16.1万円
20~24歳 18.5万円 17.7万円
25~29歳 20.9万円 19万円
30~34歳 22.2万円 19.1万円
35~39歳 22.6万円 19.5万円
40~44歳 23.1万円 19.5万円
45~49歳 24.1万円 19.3万円
50~54歳 24.1万円 19万円
55~59歳 23.9万円 18.5万円
60~64歳 26.1万円 18.9万円
65~69歳 23.1万円 18万円
70歳~ 20.7万円 17万円
参考元:厚生労働省ホームページ

初任給の平均

最後に、初任給の平均について、厚生労働省の「令和元年賃金構造基本統計調査結果(初任給)の概況」を参考に紹介します。「大学院修士課程修了」、「大学卒」、「高専・短大卒」、「高校卒」など学歴に応じて初任給は変化するため、それぞれに分けて以下の表に記載しています。初任給においては、男女の差はほとんどなく、むしろ学歴による差が顕著であることがよく分かるでしょう。

学歴 男性 女性
大学院修士課程修了 23.9万円 23.8万円
大学卒 21.3万円 20.7万円
高専・短大卒 18.5万円 18.3万円
高校卒 16.9万円 16.5万円
参考元:厚生労働省ホームページ

社会人になると、上記のようにアルバイトのときより、しっかりとした給料をもらうことができます。しかし、その一方で、一人暮らしであれば家賃や光熱費の支払い、同僚や上司、得意先との飲み会の費用など、さまざまな場面で出費が発生します。出費を管理しないと、お金を使い過ぎて一向に貯金が増えないという事態に陥る可能性もあります。

そのため、社会人デビューにあわせて、クレジットカードを持つことをおすすめします。クレジットカードがあれば、毎月どのくらい出費があるのか利用明細で確認できます。カードを使えば、ポイントを貯めることもでき、現金を使うよりお得です。キャッシュレス決済が一般的になっている現在、カードのほうがお店での支払いもスムーズに完了します。基本的にメリットのほうが多いので、最低でも1枚はクレジットカードを作っておくとよいでしょう。

もし現在25歳以下なら、セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス(R)・カードがおすすめです。26歳になるまで年会費無料で利用ができます。さらに、最高3,000万円の海外・国内旅行傷害保険が付帯されていて、カード決済で永久不滅ポイントを貯めることもでき、海外での利用ならポイントは2倍です。ETCカードも無料でお申し込みいただけます。そのほか、ヘルスケア、ショッピング、トラベルなどさまざまなジャンルの特典が付いています。そのため現在25歳以下という方には、早めのお申し込みをおすすめします。

セゾンブルーアメックス新規入会キャンペーンセゾンブルーアメックス新規入会キャンペーン

あるいは、セゾンパール・アメリカン・エキスプレス(R)・カードも、クレジットカードデビューにはぴったりの1枚です。初年度年会費無料で、翌年以降も年1回以上のカード利用で無料になります。カード利用で永久不滅ポイントが貯まり、海外での利用ならポイントは2倍。ETCカードの無料発行にも対応しています。

セゾン・アメリカン・エキスプレス®・カード会員様限定のキャッシュバック専用キャンペーンプログラム「セゾン・アメックス・キャッシュバック」など、優待も豊富です。

さらに、心当たりのないインターネット上の不正利用による被害を補償する「オンライン・プロテクション」が付帯しています。そのほかにも多数の優待特典が付いてきます。

どちらも年会費の安さと保険や特典の豊富さが魅力のカードです。この機会に、ぜひお申し込みください。

セゾンパールアメックス新規入会キャンペーンセゾンパールアメックス新規入会キャンペーン

よくある質問

Q1 基本給とは?

給与は「基本給」と「手当」の2つの要素で成り立っています。基本給は、個人の技能や勤続年数などに応じて決められるベースとなる給料のことです。手当とは、通勤手当や残業手当などを指します。

Q2 額面給与とは?

額面とは、会社が従業員に支払う総支給額のことです。基本給に、手当やボーナスなどを加えたものが額面となります。

まとめ

まとめ

ここでは、基本給の言葉の意味と、基本給の平均を紹介しました。カテゴリーによって基本給の平均は、大きく異なっていました。ただ、性別や学歴による格差については、いずれの場合でも確認できる共通点であり、この点は社会全体の課題として考えなければならないポイントです。

転職の際は、こうした基本給の比較なども行いながら、満足のいく賃金のもらえる会社を探すのも1つの手かもしれません。

監修者

生川 奈美子

生川 奈美子

国内の生命保険会社に12年勤務後、2003年4月ファイナンシャルプランナーとして独立。2007年に法人化。2006年より「マネーじゅく@三重」として子どもから大人までの金銭教育をサポートする活動も開始。現在は、「わくわくの明日と共に」をモットーに、不安から安心へ変わる、ライフプラン作成や家計相談、相続相談などのコンサルタントとして活動中。また、マネーに関する講師、執筆、監修も行う。2015年度金融知識普及功労者として金融庁・日本銀行から表彰を受ける。

【保有資格】
CFP、1級ファイナンシャル・プランニング技能士、相続診断士、終活カウンセラー、住宅ローンアドバイザー

おすすめのクレジットカード

人気記事