更新日:
公開日:
ビジネスカード

freeeの利用におすすめのクレジットカードは?ビジネスカードのメリットや選び方も紹介

  • Facebook
  • X
  • Line
freeeの利用におすすめのクレジットカードは?ビジネスカードのメリットや選び方も紹介
法人カードには、中小企業や個人事業主の方を対象に発行されるビジネスカードがあります。ビジネスカードは一般の個人カードと異なり、ビジネスに特化した機能が魅力です。

事業の成長に役立つさまざまな機能や特典を利用することがそのため、事業でクレジットカードを利用するのなら、ビジネスカードがおすすめです。

また、会計ソフトと連携できるカードも多く、なかには会計ソフトの優待が付帯している場合もあります。

セゾンカードでも、会計freeeの優待が付帯した「セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス(R)・カード」があります。

本記事では、会計freeeがお得に利用できるfreeeセゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードの特長や魅力を解説します。ビジネスカードのメリットや選び方も紹介するので、参考にしてください。

事業用でクレジットカード活用するならビジネスカードがおすすめ

ビジネスカードとは、企業や個人事業主に対して発行されるクレジットカードです。一般的にビジネスカードは、企業規模に応じて以下のように呼ばれることもあるので、覚えておきましょう。

・大企業向け:コーポレートカード
・中小企業・個人事業主向け:ビジネスカード

また、クレジットカードには個人カードもありますが、事業で利用するのならビジネスカードがおすすめです。以下では個人カードとビジネスカードの違いをご紹介します。

ビジネスカードには、個人カードにはない魅力があるので、違いをしっかりと把握しておきましょう。

個人カードとの違い

ビジネスカードと個人カードには、登録できる引き落とし口座の名義と付帯する優待・特典の内容に大きな違いがあります。

カードの種類 個人カード ビジネスカード
登録口座 個人名義口座のみ 個人名義口座または法人名義口座
優待・特典 個人向けの優待・特典が充実 事業向けの優待・特典が充実

個人カードは、カード利用料の引き落とし口座として「個人名義口座」しか登録できませんが、ビジネスカードでは個人名義口座のほかに「法人名義口座」も登録可能です。

また、クレジットカードには、さまざまな優待・特典が付帯していますが、個人カードの場合は、主にお買物や旅行関係などの個人向けの内容が充実しています。

一方、ビジネスカードは、経費の削減につながったり、業務の効率化につながったりするような事業向けの内容が充実している特長があります。

ビジネスカードのメリット

ビジネスカードは、事業向けの優待・特典が充実している特長がありますが、実際にどのようなメリットがあるのか気になる方も多いと思います。

ここでは、事業でビジネスカードを利用する主なメリットを3つご紹介します。

経理業務の効率化につながる

ビジネスカードは、個人カードに比べて利用枠が高く設定されているのが一般的です。カード利用枠にゆとりがあるため、さまざまな経費を支払うことが可能です。

ビジネスカードで支払った経費は、カード利用料の支払日にまとめて引き落としとなるため、異なる支払日の経費を一本化でき、支払いの手間が軽減されるでしょう。

また、ビジネスカードは、追加カードを発行して従業員に持たせることもできるため、仮払いや従業員による経費の立替えも不要となり、従業員の負担も軽減されます。

経費削減につながる

個人カードと同様に、ビジネスカードも利用額に応じてポイントやマイルによる還元を受けられます。そのため、事務用品や公共料金、税金など、事業に必要な経費の支払いをビジネスカードにすることで、日々の経費の支払いでポイントやマイルが貯まります。

カード会社によっては貯まったポイントをカード利用分に充てることもできるため、経費の削減に役立てることができるでしょう。

キャッシュフローの改善につながる

ビジネスカードで経費を支払えば、カード利用日から支払日までの支払い猶予が生まれます。例えば、セゾンカードの場合は、締め日が毎月10日、支払日が翌月4日となるため、最長で56日間の支払い猶予が生まれます。

カード利用日から実際の支払いまでにゆとりができるため、社用資金の効率的な運用が可能となり、キャッシュフローの改善につながるでしょう。

ビジネスカードの上手な選び方

ビジネスカードといっても種類は豊富にあるため、カード選びに迷ってしまう方もいるかもしれません。ビジネスカードを選ぶ際は、以下の点を確認するのがおすすめです。

・年会費
・利用枠
・追加カードの発行上限枚数と追加料金
・カードに付帯する特典やサービス

ビジネスカードの利用枠や追加カードの発行上限などは、カードによって異なります。そのため、用途や事業規模に合ったビジネスカードを選ぶと良いでしょう。

また、ビジネスカードに付帯する特典やサービスもさまざまあり、基本的に年会費が必要なカードほど、特典やサービスも手厚くなる傾向があります。年会費は経費の負担になってしまうため、ビジネスカードを選ぶ際は、年会費と付帯する特典やサービスのバランスを考えて選ぶのも大切です。

なお、ビジネスカードはクラウド会計ソフトと連携できるカードが多いため、会計ソフトの優待が付帯するカードを選ぶのもおすすめです。

例えば、セゾンカードではクラウド会計ソフト「会計freee」の優待が付帯した「freeeセゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス(R)・カード」があります。人気の会計ソフトをお得な価格で利用でき、経理業務の効率化に役立つおすすめのカードになっています。

ここからは、「freeeセゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス(R)・カード」についてご紹介していくので、ぜひ参考にしてください。

セゾンが発行するクレジットカード「freeeセゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス(R)・カード」とは?

freeeセゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス(R)・カードの本会員の年会費は22,000円(税込)です。
国際ブランドは、カードの名称どおり、American Expressです。American ExpressはJCBとのパートナーシップにより、JCB加盟店舗でも利用できます。

コストの削減や経費の効率化に利用できる特典が多数付帯するほか、ビジネスに役立つfreee限定優待特典を利用できるため、個人事業主や中小企業の経営者の方におすすめのカードになっています。

クレジットカードの利用で永久不滅ポイントが貯まる

セゾン発行のクレジットカードは、通常カードの利用金額1,000円(税込)につき1ポイント(最大5円相当)の永久不滅ポイントが付与されます。

しかし、freeeセゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードであれば、永久不滅ポイントの優遇特典がありますので、海外でのショッピング利用で永久不滅ポイントが通常の2倍(1,000円につき2ポイント)貯まります。

永久不滅ポイントは有効期限がないため、無駄なくポイントを活用できますし、貯まったポイントは、カードの支払いにも利用することができるので、コストの削除に役立てることも可能です。

申込条件

freeeセゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス(R)・カードの入会資格は、「個人事業主または経営者の方」です。

一般的にビジネスカードは、申し込みの際に決算書や登記簿謄本の提出を必要とする場合がありますが、freeeセゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス(R)・カードは、決算書や登記簿謄本は必要なく、本人確認書類のみで申し込みが可能です。

そのため、スタートアップ企業や創業間もない企業でも保有できる可能性があるビジネスカードとなっているので、条件に当てはまる方は、申し込みを検討してみてはいかがでしょうか。

追加カード、ETCカードの発行について

freeeセゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス(R)・カードは、追加カードを最大9枚まで発行することが可能で、年会費は追加カード一枚につき3,300円(税込)です。本会員の年会費と同様に経費として計上が可能です。

追加カードは、利用明細や引き落とし口座が本会員と一本化されているため、追加カードを発行することで経費の透明化にもつながります。

申し込みの対象は「18歳以上の社員、または本会員様と生計をともにする18歳以上の同姓のご家族様」となっていますので、覚えておきましょう。

また、本会員、追加カードともにETCカードを発行することもできます。ETCカードは、年会費や発行手数料が無料となっているので、状況に合わせて発行を検討してみてください。

引き落とし口座は選択可能

クレジットカードの利用金額の引き落とし口座は、本会員の「個人名義口座」、または「法人名義口座」(代表者様併記のもの)より選択ができます。引き落とし口座として法人名義口座を指定すれば、経費管理もスムーズになるのでおすすめです。

ただし、法人口座の設定はオンライン申し込みでは利用できないので、カード到着後に同封されている口座登録用紙に法人口座を記入し、返送となることを覚えておきましょう。

freeeセゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス(R)・カードの魅力

freeeセゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス(R)・カードの魅力

freeeセゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス(R)・カードは、コストの削減や経費の透明化などに役立つだけでなく、会計freeeで優待割引を利用できたり、プラチナカードならではの充実した特典が利用できたりと、多くの魅力があります。

ここでは、freeeセゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス(R)・カードの魅力的な特典について紹介します。

freee限定優待特典が付帯

freeeセゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス(R)・カードでは、下記のようなfreee限定優待特典に申し込みが可能です。

優待特典 内容
freee 会計freee新規申込者へは、会計freeeの利用料金から2,000円ディスカウントされるクーポンをご提供
アドビ 「Adobe Creative Cloudコンプリートプラン(個人版)」を初回 15%OFF(税別で年間10,224円相当の値引き)でご提供
officee 仲介手数料無料+成約のお客さまにはもれなくオリジナル家具プレゼント(送料は自己負担)
Kagg.jp 国内主要メーカーの新品オフィス家具セットを割引価格でご提供
キャスタービズ キャスタービズ利用料が初月10%OFF(利用期間が3ヵ月以上の場合)
コネクシオ ビジネス向けインターネット接続サービス「TRIBE-biz」を特別価格でご提供
サーブコープ サーブコープが提供する会議室が20%OFF、バーチャルオフィスが3ヵ月間半額で利用可能
モノタロウ 事業者向け通販サイト「モノタロウ」の10%割引クーポンをご提供
税理士 所定の税理士への相談が1回無料(公式ページで確認可能)

freee限定優待特典の申し込みは、会員専用サイト「Netアンサー」へログイン後にカード限定ページから確認ができるので、覚えておきましょう。

プラチナカードならではのサービスや特典が利用可能

freeeセゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス(R)・カードは、コンシェルジュ・サービスや空港ラウンジを無料で利用できるなど、プラチナカードならでは充実した特典が付帯しています。

以下、魅力的な特典を紹介していますので、参考にしてください。

専用のコンシェルジュを利用可能
freeeセゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス(R)・カードを持っていれば、24時間、365日(※)専任のスタッフがさまざまな要望に対応してくれるカード会員専用のコールセンターを利用できます。

キャンペーン情報などのカードに関するさまざまなお問い合わせから、国内外のホテルの手配、国内レストランの案内・予約など、プライベートなことまで対応してくれるので、自分専用の秘書を雇ったような、プレミアムな特典になっています。

(※)一部対応時間を限定しているサービスがございます

国内外の空港ラウンジを無料で利用可能
freeeセゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス(R)・カードは、国内主要空港のラウンジを無料で利用できる特典が付帯しているので、搭乗までの待ち時間を有意義に過ごすことができます。

また、別途登録が必要になりますが、世界600都市以上で1,500ヵ所以上の空港ラウンジを利用できるプライオリティ・パスに無料で登録することも可能です。

プライオリティ・パスの登録は、通常年会費として469米ドル必要なので、こちらの特典だけでも年会費以上の価値があります。

プライオリティ・パスは、会員サイト「Netアンサー」またはカード会員専用のコールセンター(コンシェルジュ)へ連絡すれば登録ができるので、カードを保有した際は、ぜひ検討してください。

充実した旅行傷害保険
旅行傷害保険については海外旅行傷害保険と、国内旅行傷害保険が付帯しており、補償内容もプラチナカードならではの充実した内容になっています(※)。

また、海外での病気や事故の際には、緊急アシスタンスサービスも受けられるので、覚えておきましょう(現地の事情などにより利用できないこともあります)。

緊急アシスタンスサービスでは、日本語を話せる現地の医療スタッフの紹介や救急車の手配、キャッシュレス医療サービスなどの要望に対応してくれるので、万が一のときも安心できます。

(※)海外旅行傷害保険は、航空券代や宿泊費などの支払いに本カードを利用した場合に適用されます。

アメリカン・エキスプレス・コネクトの利用が可能

freeeセゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス(R)・カードを持っている方は、アメリカン・エキスプレス・カード会員限定の優待特典や情報をまとめて紹介するWebサイト「アメリカン・エキスプレス・コネクト」の利用ができます。

アメリカン・エキスプレス・コネクトには、季節の特集や期間限定特典などのお得な情報が多数掲載されており、なかにはプラチナカード限定の特典もあるので、用途に合わせて特典を利用してみてください。

ビジネスシーンで役立つさまざまな特典が利用できる

事業を行っていると、何かと法律に関する問題が浮上することもあると思います。

freeeセゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス(R)・カードは、弁護士を無料で紹介してもらえる「セゾン弁護士紹介サービス」が付帯しているので、法律に関するトラブルにも対応できます。

また、世界145カ国、10,200以上の拠点を持つハーツレンタカーが5~20%OFFで利用できる特典も付帯しているので、海外出張の際にお得な価格でレンタカーを利用することも可能です。

そのほか、ビジネスシーンで役立つ下記のような特典が付帯しているので、ぜひ活用してください。

・レンタカー、宅配サービスなどを優待価格で利用できる「ビジネス・アドバンテージ」
・法人向け顧問弁護士サービス「リーガルプロテクト*」の月額費用の優待
・ビジネス書要約サイト「flier(フライヤー)」の読み放題プランの優待やイベントへの優先招待

*顧問契約に関するご相談ではない場合、弁護士との面談時に、相談料金が発生する可能性がございます。
相談料金につきましては、ベリーベスト法律事務所のスタッフにお問合せください。

JALのマイルをためることも可能

freeeセゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス(R)・カードは、SAISON MILE CLUBへ登録すれば、ショッピングの利用でJALのマイルをためることも可能です。マイルは、1,000円(税込)につき10マイルが付与されます。

SAISON MILE CLUBに登録中も永久不滅ポイントが2,000円(税込)につき1ポイント(5円相当)たまりますので、マイルとポイントの2重取りが可能です。

freeeセゾンプラチナビジネスカード入会情報freeeセゾンプラチナビジネスカード入会情報

freeeセゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス(R)・カードの注意点

ビジネスシーンで利用できるさまざまな特典が付帯したfreeeセゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス(R)・カードですが、申し込みはオンラインのみとなることを覚えておきましょう。

また、追加カードに関しては、下記のように一部利用できないサービスがあるので、追加カードを発行する際は、注意してください。

・旅行傷害保険
・キャッシングサービス
・プライオリティ・パスの優待
・セゾンプレミアムゴルフサービス

なお、セゾンカードでは、さまざまなビジネスパーソンのニーズに対応したビジネスカードもご用意しています。以下、おすすめのビジネスカードをご紹介するので、こちらもぜひご検討ください。

年会費無料のビジネスカードならセゾンコバルト・ビジネス・アメリカン・エキスプレス(R)・カード

セゾンコバルト・ビジネス・アメリカン・エキスプレス(R)・カードは、年会費無料で保有できるビジネスカードです。

代表者の本人確認書類のみで申し込みが可能なため、スタートアップ企業の代表や個人事業主の方におすすめです。

以下のようなビジネスシーンで利用されることが多いサービスでのカード利用で、永久不滅ポイントが4倍貯まるポイントの優遇サービスが付帯しています(※)。

アマゾン ウェブ サービス(AWS)
エックスサーバー
お名前.com ドメインサービス
クラウドワークス
cybozu.com
さくらインターネット
マネーフォワード
かんたんクラウド(MJS)
モノタロウ
Yahoo!ビジネスセンター

永久不滅ポイントは、ポイントの有効期限がありませんし、カード利用料金の支払いに充てることも可能なので、経費の削減につながるでしょう。

そのほか、会員制シェアオフィス「ビジネスエアポート」の優待や、「補助金・助成金申請サポートサービス」の優待など、ビジネスに役立つ特典も付帯しています。

(※)他カードにてセゾンマイルクラブへご入会いただいている方は本サービスの対象外となります。

充実したビジネス特典を活用したい方にはセゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス(R)・カード

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス(R)・カードは、初年度年会費が無料、2年目以降は22,000円(税込)で保有できるビジネスカードです。

カードには、海外旅行傷害保険や、国内旅行傷害保険も付帯しているので、出張の度に旅行保険をかける経費を削減できます。

旅行に関連する特典として、羽田空港、成田国際空港、関西国際空港をはじめとする国内の主要空港ラウンジも無料で利用可能です。さらには、145以上の国や地域、600以上の都市で1,500ヵ所以上の空港ラウンジが利用できる「プライオリティ・パス」のプレステージ会員(年会費通常469米ドル)に無料で登録できます。

また、24時間365日対応でレストランやホテルの予約、航空券やJR特急券の手配などを行ってくれる「コンシェルジュ・サービス」も利用できます。

そのほか、ビジネスシーンで活用できる充実した特典が付帯しており、会員制シェアオフィス「ビジネスエアポート」の優待や、「補助金・助成金申請サポートサービス」の優待はもちろん、以下のようなサービスを利用できます。

・中小企業の経理担当者向けのクラウド型経費精算サービス「Staple(ステイプル)」の優待
・法人向けモバイルWi-Fi 「No.1モバイル」の優待
・国内最大級のビジネス情報サービス「G-Search」の優待
・グローバル人材紹介サービス「ユナイテッドワールド」の優待
・セゾン弁護士紹介サービス

また、コンシェルジュ・サービスやプライオリティ・パスの年会費無料といった、プラチナカードならではの特典も付帯しているので、ぜひご活用ください。

セゾン発行のfreeeクレジットカードのまとめ

ビジネスカードは、経理業務の効率化や経費の削減、キャッシュフローの改善などにつながるさまざまなメリットがあるため、事業でクレジットカードを活用するのであれば、ビジネスカードがおすすめです。

また、ビジネスカードは会計ソフトをお得に利用できる優待が付帯しているケースが多く、セゾンカードでも会計freeeの優待が付帯した「freeeセゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス(R)・カード」があります。

決算書や登記簿謄本なしで申し込みが可能なので、個人事業主や設立間もない企業の経営者の方は、freeeセゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス(R)・カードを検討してみてはいかがでしょうか。