【クレジットカードのことならCredictionary】

ファクタリングの仕組みとは?メリット&デメリット、業者を選ぶポイントも解説

ファクタリングの仕組みとは?メリット&デメリット、業者を選ぶポイントも解説

ファクタリングは会社が保有する売掛金をファクタリング会社に売却する金融サービスです。ファクタリングを利用すると、売掛金の入金を早め、倒産などの回収トラブルを心配することもありません。

メリットの多いファクタリングですが、仕組みを理解していないと上手な利用ができません。本記事では、会社の資金繰りを改善させるファクタリングの種類や、取引の仕組みについて解説します。

セゾンコバルトアメックス新規入会キャンペーンセゾンコバルトアメックス新規入会キャンペーン

「ファクタリング」の概要

ファクタリング(Factoring)とは、会社が保有する売掛債権(売掛金、受取手形など)をファクタリング会社に買い取ってもらうサービスです。また売掛債権に保険をかけて、回収リスクを軽減させるサービスも提供しています。

多くの日本企業では「企業間信用取引」において、商品やサービスを先に提供して、支払いを後日受ける取引を行っています。

例えば1,000万円の商品を納品しても、入金は数ヵ月先になることもあり、それまでは現金が入金されません。また入金期日通りの回収ができない場合もあり、結果として会社のキャッシュフローを悪化させる一因になります。

そこで売掛債権をファクタリング会社へ売却したり、回収不能にならないように保険をかけたりすることで回収リスクを軽減させます。

ファクタリングを利用するタイミング

以下は、ファクタリングを利用するタイミングの例です。

● 現金が不足し資金繰りに困った場合
● 銀行融資の審査が通らない場合

通常、企業でモノやサービスを売買する際には、即時現金払いではなく、売掛金(売掛債権)が発生する「掛け取引」が行われます。売掛金の回収には30日から60日程度かかるケースが多いため、「売上はあるのに、手元に現金がない」という状況に陥ることもあるでしょう。

ファクタリングを利用すれば、売掛金(売掛債権)をすぐに現金化できるので、資金繰りを改善して黒字倒産を防止できます。

また、銀行融資の審査は「融資の申込者の信用力」をもとに実施されるため、自社の業績によっては、審査に通過できないことがあるかもしれません。それに対し、ファクタリングの審査は、自社の業績とは関係なく、「売掛先企業の信用力」をもとに実施されます。

「赤字決算」「債務超過」「税金や社会保険料の滞納」など不利な要素があって、銀行融資の審査に通らなかった場合は、ファクタリングの利用を検討してみましょう。

ファクタリングと銀行融資の違い

ファクタリングは資金を得る目的では金融機関からの融資と同じですが、本来得られるお金を早めに受け取る手段という点で融資とは異なります。

ファクタリングでは即日から数日程度で資金調達が可能ですが、銀行融資では審査に数週間から数ヵ月程度かかるケースもあるので、「すぐに資金が必要」という場合はファクタリングをご活用ください。

また審査方法も異なり、ファクタリングでは「売掛債権を発行した取引先の信用力(売掛先企業が期日に支払いを履行できるかどうか)」をもとに実施されるのに対し、銀行融資では「融資を申込む企業の信用力」をもとに実施されます。

なお、ファクタリングでは売掛債権を売却するだけなので、担保や保証人が不要です。それに対し、銀行融資では担保や保証人を求められるケースがあるので、用意できない場合はファクタリングで資金調達を行うことも検討しましょう。

ファクタリングの仕組み

ファクタリングの仕組みは契約に関係する会社の数により、「2社間」と「3社間」に分かれます。それぞれ特長がありますので確認してください。

2社間

シンプルな仕組みの2社間ファクタリングは、債務者である取引先に知られずに売掛債権を売却できます。おおまかな流れを紹介します。

①ファクタリング会社と売掛債権売却契約を結ぶ
②手数料を除いた売掛債権額(売却金額)をファクタリング会社から受け取る
③取引先から売掛債権の入金を受ける
④ファクタリング会社へ受け取った売掛金全額を支払う

売掛債権の受取り(入金)はファクタリング会社でないことから、取引先に債権売却の事実を知られることはありません。

また取引先を除いた2社間で完結するので、現金化までのスピードに優れており、最短即時で完了します。ただし3社間と比較して手数料が高くなる特徴があります。

3社間

2社間と違い取引先との契約が必要なのが、3社間ファクタリングです。3社間ではファクタリング会社へ売掛債権の譲渡を行い、取引先から直接ファクタリング会社へ支払いが実行されます。

①ファクタリング会社と売掛債権売却契約を結ぶ
②ファクタリング会社から取引先へ売掛債権の確認と支払い契約を結ぶ
③手数料を除いた売掛債権額(売却金額)をファクタリング会社から受け取る
④取引先からファクタリング会社へ売掛金を支払う

2社間よりも手続きが多くなりますが、リスクが減ることから手数料が安価に設定されます。

ファクタリングは買取型と保証型の2種類に分けられる

ファクタリングは「買取型」と「保証型」の2種類に大別できます。

それぞれで異なる用途に用いられるため、自社のニーズに適したファクタリングを利用するようにしましょう。

ファクタリングの検討時には「2社間」「3社間」どちらにあたるかと併せ、ファクタリングの種類チェックを行うことをおすすめします。

買取型

買取型は売掛債権をファクタリング会社に現金で買い取ってもらうファクタリング方法です。

保証型と比較すると迅速な資金調達が可能というメリットを持ち、ファクタリングサービスの独自メリットを享受しやすい取引方法となっています。

なお、売却には手数料が必要で、おおよそ2%~20%程度(サービス・会社により異なる)の手数料を差し引いて入金されます。

ファクタリング手数料は銀行融資の金利よりも高く設定されることが多く、「急な資金は買取型ファクタリング」「計画的な資金は融資」と切り分ける利用法がおすすめです。

また買取型には契約により「2社間」と「3社間」の2種類があり、手数料も異なります。よく確認して利用してください。

保証型

売掛債権を売却する買取型とは違い、保証型はあくまで売掛債権の回収に保険をかけるファクタリング方法です。

例えば1,000万円の売掛債権に保証型の契約を行った場合、取引先が回収不能(倒産など)になることでファクタリング会社から1,000万円が支払われます(保証額1,000万円の場合)。

つまり売掛債権を手放さずに、回収不能リスクを減らすのが保証型です。保証型が適用になるタイミングは契約によりさまざまです。

・倒産(破産手続きの開始)
・会社更生手続きの開始
・民事再生手続きの開始
・受取手形の不渡り

保証型は売掛債権が回収不能になった時点で適用されるので、入金の遅れなどは原則的に対象にならないことに注意してください。

また保証型を利用するには保証料が必要で、一般的に保証額の2%~9%程度を支払わなくてはなりません。

買取型ファクタリングの種類

買取型ファクタリングの種類

2種類のファクタリング方法のうち、迅速な資金確保が可能な買取型ファクタリングは需要が高まってきており、その取扱件数も増加傾向にあります。取扱債権の種類も多岐にわたり、近年ではさまざまなファクタリングサービスが展開されています。

ここからは、現在利用されている買取型ファクタリングサービスから、独自のメリットを持つ3つのサービスをご紹介します。

一括ファクタリング

一括ファクタリングは、「支払企業(売掛先企業=債務者)」「納入企業(債権者)」「銀行」の3者で契約を結び、売掛金の一括決済を実現する金融サービスです。「手形取引」に代わるサービスとして、銀行によって開発されました。

手形取引では、手形の発行・管理、印紙税の納入といった事務作業が発生します。しかし、一括ファクタリングでは、銀行が決済事務を一括して引き受けるため、支払企業側は手間やコストをかけずに支払いの先送りが可能です。

納入企業側としては、資金調達、回収業務の効率化、貸し倒れリスク回避のために一括ファクタリングを活用できます。

ただし、納入企業(債権者)ではなく支払企業(債務者)が申込主体となり、支払企業が申込みを行わない限りは利用できないことにご留意ください。

国際ファクタリング

国際ファクタリングは、海外企業との輸出取引で発生した売掛金を回収するために利用されるサービスです。海外企業との取引における懸念点である「信用リスク」の軽減が可能というメリットを持ちます。

しかし、一般的な買取型ファクタリングと比べると、「輸出業者」「海外業者」「国内のファクタリング業者」「海外のファクタリング業者」の4者で行われるため、やり取りに時間がかかる傾向があります。

また、信用調査費(1万円~3万円程度)や保証料(※)、為替手数料などの諸費用を負担しなければならなず、コストが大きくなる点にも注意が必要です。

(※)インボイス(仕入書、商業送り状)の金額に対して1ヵ月あたり数%、または、フラットレート(個別交渉が必要)が適用され、月次単位で支払うのが一般的

診療・介護・調剤報酬ファクタリング

診療・介護・調剤報酬ファクタリングは、社会保険診療報酬支払基金(社保)や国民健康保険団体連合会(国保)に請求した各種報酬の債権をファクタリング業者が買い取り、社保・国保による支払い期日が到来する前に事業者(医療機関など)に支払うサービスです。

医療機関などが診療報酬を受け取るまでには通常50日程度かかりますが、このファクタリングサービスを利用すれば迅速に現金化を行えます。

なお、セゾンの「診療・介護・調剤報酬ファクタリング」では、最短2営業日で資金化が可能です。

「キャッシュフローの改善を図りたい」「銀行の融資枠を温存したい」「想定外の出費により、すぐに資金調達が必要」というケースには、診療・介護・調剤報酬ファクタリングの活用もご検討ください。

ファクタリングのメリット

ファクタリングを利用することで、売掛債権の支払期限を気にせず自由に資金が利用できます。また急な出費でも、融資を利用しなくて済む効果が見込まれます。

スムーズな現金化

ファクタリング最大のメリットは、売掛債権をスムーズに現金化できることです。ファクタリング会社によっては、申し込み当日に現金化できるので、急な出費に対応可能です。

金融機関の融資では一定期間の審査が必要なので、緊急資金に対応できません。現金がすぐに必要な場合には大きなメリットがあるでしょう。

返金リスクがない

ファクタリングは売掛債権を売却する行為なので、将来的に取引先が支払い不能になっても返金する必要はありません。取引先の倒産で回収できなくても、ファクタリング会社に責任を負いません。

貸借対照表に影響を与えない

ファクタリングはあくまで売掛債権を現金化する行為なので、貸借対照表上では借入金にはなりません。つまりファクタリングを利用しても借入金ではないことから、負債項目が増えず会社の財政状態に影響を与えることはありません。

ファクタリングのデメリット

ファクタリングにはメリットだけでなく、デメリットもあることを覚えておきましょう。デメリットを2つ紹介します。

手数料が必要

ファクタリングのデメリットは、契約により手数料が高くつく場合があることです。3社間では、取引先がファクタリング会社への支払いを承諾していることから、未回収リスクは低く、手数料も安価に設定されます。

2社間では、取引先を巻き込まないメリットがありますが、手数料は比較的高く設定されます。手数料はファクタリング会社でさまざまですが、最高で20%程度なので融資よりも高いと覚えておきましょう。

利用範囲が売掛債権の範囲

そもそもファクタリングは、売掛金や受取手形などの売掛債権がないと利用できないサービスです。利用金額も最高で売掛債権額が上限であり、債権額を上回る利用もできません。

また取引先の信用状況から、契約を断られたり、契約額が債権額を下回ったりする可能性もあります。

ファクタリング会社を選ぶポイント

ファクタリングサービスを提供している会社は多く、どの会社を利用したらよいのかを判断するのは難しいかもしれません。普段利用している金融機関が提供していたら確認することも大切ですが、ほかにも条件の良いファクタリング会社がみつかるかもしれません。

そこでファクタリング会社を選ぶポイントをいくつか紹介します。

手数料や費用は妥当か?

ファクタリング手数料は提供する会社ごとに設定されていますが、最高で20%程度(2社間)が妥当だと考えられています。なかには30%を超える手数料を要求する会社もあるので、手数料が高い場合は理由を確認することが大切です。

3社間よりも2社間の方が手数料は高くなりますが、取引先の信用状況が悪い場合は3社間でも高く設定されます。ここは注意ポイントです。

資金調達までのスピード

資金の迅速な確保を目指す場合、買取型ファクタリングを検討されるかと思いますが、買取型ファクタリングの特長はスムーズな資金調達です。つまり一般的な融資のように審査に数日~数週間もかかっていては、高額な手数料を支払う意味はありません。

2社間ファクタリングでは即日、3社間でも数日程度で現金化できる会社を選びましょう。

提出を求められる資料があまりに多い場合は資金調達までのスピードも遅れる可能性が高いので注意しましょう。

利用範囲額(買取金額)の上限

同じ売掛債権であってもファクタリング会社により、利用範囲(買取金額)の上限に違いがあります。例えば500万円の売掛金であっても、400万円までの会社もあれば、450万円利用できる会社もあります。

手数料だけでなく利用範囲額をチェックすることも、ファクタリング会社を選ぶ大切なポイントです。

3者間ファクタリング「セゾンインボイス」で早期資金調達&請求業務のDX化を実現

セゾンインボイスとは

「セゾンインボイス」は、企業間取引における売り手企業の与信審査/請求書発行/請求書送付/入金消込/督促等の請求・回収業務など付随業務をすべて代行するサービスです。

セゾンインボイスとは

メリット① 請求・回収業務の効率化
与信審査/請求書発行/請求書送付/入金消込/督促等の請求・回収業務など付随業務をすべて代行します。貴社の作業はすべてWEB上で完結し、請求業務を15分程度に削減します。(手数料は1.5%~3.5%程度)

メリット② 未回収リスクの解消
登録された請求については全額を保証します。※

メリット③ 資金繰りの改善
早期の資金ニーズがある場合には、取引内容の登録後、最短翌日入金が可能です。※

※所定の条件を満たした、取引先の与信枠内の場合に限ります。

今なら初期費用無料キャンペーン実施中

4月22日(金)~6月30日(木)までの期間中、セゾンインボイスを導入いただき、9月30日(金)までに初回ご利用をいただいた企業様には、初期費用11,000円(税込)の無料キャンペーンを実施しています。

※6月末までにWEBから本申し込みをいただき、9月末までに1件以上の取引登録を行った企業様が対象です。
※キャンペーンお申込用URLは弊社よりご案内させていただきますので、以下URLよりお問い合わせください。

■セゾンインボイスサービス詳細:https://saison-invoice.saisoncard.co.jp/
■お問い合わせはこちら:https://saison-invoice.saisoncard.co.jp/contact

ビジネスを効率的に行うならビジネスカードの活用がおすすめ

急な出費に対してファクタリングを利用するのはよい方法ですが、解説したとおり一定の手数料が必要です。そこで支払いを先送りする方法としておすすめしたいのが、ビジネスカードの利用です。

法人だけでなく個人事業主も加入しやすいセゾンのビジネスカードは、急な出費が発生しても慌てることはありません。

セゾンのビジネスカードはクレジット決済だけでなく、キャッシングにも対応しており、急な出費でも安心です。また複数枚の発行が可能な追加カードで、日々の経費を一元化させるだけでなく、永久不滅ポイントを集約させることで経費削減を実現させます。

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス(R)・カード

「セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス(R)・カード」の年会費は22,000円(税込)、年間200万円以上のショッピング利用で、次年度年会費を半額に優遇、9枚まで発行できる追加カードは年会費3,300円(税込)。

1,000円(税込)の利用ごとに1ポイント付与される永久不滅ポイントは、海外利用では2倍です。また事務用品やレンタカーなど、ビジネス関連のさまざまな割引が受けられる「ビジネスアドバンテージ」や「クラウド型経費精算サービスStaple(ステイプル)優待」などのビジネス特典が豊富。

さらにプラチナにふさわしい「コンシェルジュ・サービス」「ホテル・ゴルフ場の優待」など上質な特典が人気です。最高1億円(海外1億円、国内5,000万円)の「旅行傷害保険」「プライオリティ・パス」の無料登録などの旅行サービスも充実しており、国内外の出張時も安心です。

ちなみに、セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス(R)・カードは、「超優待」特典の対象とされています。超優待とは、以下の3つのサービスで受けられる優待のことです(※1)。

● 総合通販サイト「STOREE SAISON」でのカードご利用額がいつでも10%OFF(※2)
● 「セゾンポイントモール」の約30のショップで10%相当の永久不滅ポイント還元(※3)
● 「セゾンのふるさと納税」利用時に10%相当の永久不滅ポイント還元

パソコンやプリンターなど事業に必要な物品の購入や、ふるさと納税による節税を行う際に超優待の活用をご検討ください。

(※1)各割引はサービスごとに利用額合計50万円までが対象(割引・還元額の上限は50,000円まで)
(※2)合計金額の積算対象期間は毎年7月1日から6月30日まで
(※3)2021年は、利用額を2021年5月17日~2022年6月30日に積算(以降は、毎年7月1日~6月30日に積算)

セゾンプラチナビジネスアメックス新規入会キャンペーンセゾンプラチナビジネスアメックス新規入会キャンペーン

セゾンコバルト・ビジネス・アメリカン・エキスプレス(R)・カード

年会費が無料、9枚まで発行可能な追加カードは年会費無料とリーズナブルな価格で持てるビジネスカードが「セゾンコバルト・ビジネス・アメリカン・エキスプレス(R)・カード」です。

「ヤフービジネスサービス」「アマゾン ウェブ サービス」「マネーフォワード クラウド」など、ビジネスシーンで活用できるサービスの利用で、永久不滅ポイントが4倍(1,000円(税込)ごとに4ポイント)です。ただし他カードでSAISON MILE CLUBへ入会されている方は対象外なので注意しましょう。

さらにエックスサーバーのレンタルサーバーの初期設定費用無料など、ビジネスシーンでの利用がお得になる優待特典も魅力です。

セゾンコバルトアメックス新規入会キャンペーンセゾンコバルトアメックス新規入会キャンペーン

セゾンプラチナ・ビジネス プロ・アメリカン・エキスプレス(R)・カード

年会費は27,500円(税込)です。入会資格が法人代表者に限定されている(※)ビジネスカードで、企業の経営に役立つ優待特典・機能・サービスが数多く付帯しています。

追加カードの年会費は3,300円(税込)。代表者カードを含めて100枚まで発行でき、社員の用途に合わせてカードごとに利用枠を設定可能です。追加カードを社員に持たせることで「立替払い」が不要になり、経費精算の手間が省けます。

最長15ヵ月分の利用明細をWeb上で確認でき、PDFやCSVで明細データをダウンロード可能。カード利用者ごとに経費支出状況のチェックもできるので、予算管理やガバナンス強化に役立てましょう。

なお、代表者および追加カードを発行された社員を対象として、旅行傷害保険(海外旅行中の事故について最高1億円、国内旅行中の事故について最高5,000万円まで補償)が付帯し、国内主要空港のラウンジを無料で利用できるので、安心・快適な出張を実現できます。

また、代表者については、148以上の国や地域、600以上の都市で1,300ヵ所以上の空港ラウンジを利用できる「プライオリティ・パス」のプレステージ会員(通常年会費429米ドル)に無料でご登録も可能です。

ちなみに、専任のスタッフが24時間365日対応するプラチナ会員専用コールセンターが用意されているので、出張の手配や会食の設定などでご活用ください。

さらに、以下の2種類の機能・サービスから、ひとつを選択して付帯させることができるので、自社に適したものを選びましょう

● 1%のキャッシュバック
● カード利用から支払日まで最大84日間の猶予

(※)個人事業主・未成年者を除く

まとめ

ファクタリングは急な資金を調達する方法として便利ですが、条件により負担が多くなります。ファクタリングを含めたさまざまな方法を考えて、一番有利な資金調達を目指してください。

またファクタリングを利用する前のワンクッションとしてビジネスカードを利用すれば、余裕をもって資金調達の計画ができます。ファクタリングを利用する前にぜひ検討してください。

おすすめのビジネスカードは、「セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス(R)・カード」「セゾンコバルト・ビジネス・アメリカン・エキスプレス(R)・カード」「セゾンプラチナ・ビジネス プロ・アメリカン・エキスプレス(R)・カード」の3枚です。

それぞれに特長があるので、年会費や優待特典、付帯サービス、機能を比較して、自社に適したカードを選びましょう。

監修者

安田 亮

安田 亮

京都大学3回生在学中に公認会計士試験に合格。大手監査法人で約4年間、東証一部上場企業で6年間勤務し、その後2018年9月に神戸市中央区で独立開業。税理士業務だけでなく、連結決算などの会計コンサルティング業務も行なう。また、1級FP技能士とCFP(R)の資格も保有しており、個人のお金・家計・税金分野についても強みを持つ。お客様により具体的なアドバイスを行なうために、自らも家計管理・株式投資・節税など日々実践している。

【保有資格】
CFP、1級ファイナンシャル・プランニング技能士、公認会計士、税理士

おすすめのクレジットカード

人気記事