【クレジットカードのことならCredictionary】

個人事業主が借りられるローンの種類は?

個人事業主が借りられるローンの種類は?

「個人事業主はローンが利用できないのではないか」そんな印象がある方もいるかもしれませんが、個人事業主が利用できるローンの種類はたくさんあります。

こちらの記事では、個人事業主が借りられるローンについて徹底解説。審査の際に気をつけることもあわせて、紹介していきます。これからローンを活用したい個人事業主の方は、ぜひこの記事を参考にしてみてください。

セゾンプラチナビジネスアメックス新規入会キャンペーンセゾンプラチナビジネスアメックス新規入会キャンペーン

個人事業主が事業主として借りられる主な4つのローン

個人事業主が事業主として借りられるローンには、以下の4種類があります。

●日本政策金融公庫
●銀行融資
●信用金庫・信用組合
●ビジネスローン・消費者金融・事業者金融

どんな特徴があるのか、それぞれの特徴を解説します。

日本政策金融公庫

日本政策金融公庫は日本に5つある政策金融機関のひとつで、中小企業向けの融資も業務として行っています。融資の種類は事業を営むほとんどの方が使える一般貸付、売上が減少した方向けのセーフティネット貸付、新規事業を始める方向けの新企業育成貸付などさまざまな融資があります。

開業前から申し込みができるローンもあるので、融資に対応している幅は広めです。各都道府県に窓口があるので、事業資金の融資を希望している方は一度相談してみましょう。

銀行融資

メガバンク・地方銀行も個人事業主向けの融資を実施しています。ただし銀行から融資を受けるときは「開業届を出していること」「確定申告をしていること」「基本的に黒字であること」などの要件が求められます。

開業後1年以上経過していないと融資が受けられないことが多いですが、事業内容によっては融資を受けられることもあります。相談先のひとつとして、頭に入れておきましょう。

信用金庫・信用組合

信用金庫・信用組合とは、地域の方々が利用者・会員となって互いに地域の繁栄を図る相互扶助を目的とした協同組織の金融機関です。

そのため地域に密着した事業をする場合、融資が受けやすいというメリットがあります。地域に密着した事業をする方は、一度相談してみてはいかがでしょうか。

ビジネスローン・消費者金融・事業者金融

民間企業が運営するビジネスローン・消費者金融・事業者金融も、個人事業主は融資を受けられます。多くの会社のローンから比較検討でき、融資のスピードが早い点がメリットです。

ただしほかのローンに比べると、金利が高くなる点がデメリットです。緊急性の高い資金が必要な方に向いているローンです。

個人事業主が事業主向けローン審査の際に気をつけること

個人事業主が事業主向けローン審査の際に気をつけること

融資を受けたいと思っても、審査にとおらなければ融資は受けられません。事業主向けローンの審査は個人向けローンの審査と、見られているポイントが異なります。ここからは事業主ローンを申し込む際に気をつけることを解説します。

税金を滞納しない

事業主向けローンでは、税金を滞納していないかどうかが審査ポイントのひとつになります。事業主向けローンを借りるときには、納税証明書の提出を求められることもあります。

そこで税金の滞納が発覚すると、審査に落ちる可能性が高くなります。税金の支払いは口座振替にする・一括で納税するなどの対応をして、支払い忘れ・滞納がないように気をつけましょう。

いきすぎた節税対策をしない

税金の支払いを減らすために、節税対策をしている方は多くいらっしゃると思います。しかし節税対策がいきすぎてしまうと、利益がでていないと判断されて、審査に落ちてしまうことがあります。いきすぎた節税対策には気をつけましょう。

借入件数を多くしない

ローンの借入件数が増えれば増えるほど、審査にとおりにくくなります。そのため事業主向けローンを利用する場合、借入先を絞ることをおすすめします。

事業主向けローンは金額も多くなるので、返済先は少ない方が安心です。

確定申告は正確に行う

事業主向けローンを利用するときには、収益を証明するために確定申告書類の提出が求められることがほとんどです。

税務署は大量の事業者の申告書を受け付けるため、提出時には細かい点まで見ていません。そのため、提出書類・記入事項に漏れや不足がある場合でも受け付けられてしまいます。銀行から特定の書類の提出を求められた段階で作成・提出漏れに気付くことはあります。

確定申告を正確に行っていないと、審査落ちする可能性があります。確定申告についてわからない点があれば税理士に相談するなどして、間違いがない確定申告を行いましょう。

個人事業主が個人で借りられるローン

個人事業主が個人で借りられるローン

個人事業主の方は事業主としてだけでなく、個人としてもローンが利用できます。住宅ローンやカードローン、教育ローン、マイカーローンなど借りたいと思うことがあるでしょうが、個人事業主でも借りることができるので安心してください。

個人としてローンを借りる場合、審査基準は提供元により変わってきます。個人の生計のためにローンを利用したい方は、個人用ローンの利用も検討してみましょう。

個人事業主はビジネスカードを利用しよう

個人事業主として事業性融資を受けるのであれば、さらに生産性を上げるためにビジネスカードの導入してみてはいかがでしょうか。日々の業務におわれて、経理業務に手が回らない場合は、ビジネスカードとあわせてクラウド型経費精算サービスや会計ソフトの導入もおすすめです。クラウド型経費精算サービスを導入すれば経費管理を効率化でき、さらに会計ソフトを導入すれば帳簿の作成や決算書も自動作成できるので、青色申告への対応もスムーズにできます。

ビジネスカードにはいくつかの種類がありますが、そのなかでもセゾンのビジネスカードがおすすめです。セゾンのビジネスカードはキャッシングにも対応しているので、緊急で資金が必要なときにも対応可能。またクラウド型経費精算サービスや会計ソフトへの割引特典もあるので、お得にクラウド型経費精算サービスや会計ソフトを導入できます。

個人事業主の方はローンだけでなく、ビジネスカードも利用して事業の安定化をはかりましょう。

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス(R)・カード

年会費22,000円(税込)のビジネスカードで、年間200万円以上のショッピング利用(キャッシングや年会費などは対象外)があれば、年会費が11,000円(税込)になります。

個人事業主の方に役立つサービスが豊富で、主に以下のようなサービスがあります。

●クラウド経費精算サービス「Staple(ステイプル)」の月額料金が6ヶ月無料になる優待クーポン
●企業情報など1億件を有するデータベースから検索できる「G-Searchデータベースサービス」2年間月会費無料
●法人向けモバイルWi-Fi「No.1モバイル」優待価格

これらのサービス以外にも旅行傷害保険など旅行サービスも充実しています。個人事業主としての活動を充実させたい方は、お申し込みを検討してみてはいかがでしょうか。

セゾンプラチナビジネスアメックス新規入会キャンペーンセゾンプラチナビジネスアメックス新規入会キャンペーン

セゾンコバルト・ビジネス・アメリカン・エキスプレス(R)・カード

年会費が無料のビジネスカードで、9枚まで追加カードの発行が無料です。年会費がリーズナブルながら、ビジネスサービスが充実した一枚です。

ビジネスに役立つサービス利用時に通常の4倍ポイントが貯まります。対象のサービスには以下のようなものがあります。

●マネーフォワード クラウド
●ヤフービジネスサービス
●クラウドワークス
●アマゾン ウェブ サービス
●お名前.com
●エックスサーバー
●cybozu.com
●SAKURAインターネット
●モノタロウ

ただし他カードにてSAISON MILE CLUBへご入会いただいている方はサービスの対象外なので注意しましょう。

コストパフォーマンスに優れたビジネスカードなので、個人事業主や小規模事業者の方にもおすすめです。

セゾンコバルトアメックス新規入会キャンペーンセゾンコバルトアメックス新規入会キャンペーン

個人事業主のローンについてまとめ

ここまで個人事業主のローンについて解説してきました。さまざまなローンの提供元から選択できるので、事業用資金が必要な個人事業主の方は申し込みを検討してみましょう。

また個人事業主はさまざまな業務に追われることになるので、ビジネスカードを所有して経理面の負担を減らしておくことをおすすめします。個人事業主ローンとビジネスカードをうまく組み合わせて、ご自身の事業を成長させていきましょう。

監修者

安田 亮

安田 亮

京都大学3回生在学中に公認会計士試験に合格。大手監査法人で約4年間、東証一部上場企業で6年間勤務し、その後2018年9月に神戸市中央区で独立開業。税理士業務だけでなく、連結決算などの会計コンサルティング業務も行なう。また、1級FP技能士とCFP(R)の資格も保有しており、個人のお金・家計・税金分野についても強みを持つ。お客様により具体的なアドバイスを行なうために、自らも家計管理・株式投資・節税など日々実践している。

【保有資格】
CFP、1級ファイナンシャル・プランニング技能士、公認会計士、税理士

おすすめのクレジットカード

人気記事