【クレジットカードのことならCredictionary】

キャッシュフローとは?事業の資金の流れを把握するために必要な項目も解説

キャッシュフローとは?事業の資金の流れを把握するために必要な項目も解説

会社の経理をするためには、キャッシュフローを把握しておく必要があります。キャッシュフローを正しく理解しておかないと、黒字倒産につながる可能性があります。

この記事では、キャッシュフローとは一体何なのか、キャッシュフローを通じて資金の流れを把握する方法を解説していきます。キャッシュフローを詳しく知りたい方は、ぜひ参考にしてください。

また、記事の最後には、キャッシュフローの流れを改善するためにおすすめのビジネスカードも紹介しています。

キャッシュフローとは

キャッシュフローとは、お金の流れを意味します。会社に入ってくるキャッシュ(キャッシュ・イン)から、出ていくキャッシュ(キャッシュ・アウト)を差し引いたものを、キャッシュフローの数字として扱います。

このときキャッシュとは、現金・預金・3ヵ月以内に満期となる定期預金・一定の投資信託のことを指します。

キャッシュフロー計算書とは

キャッシュの流れを把握するためには、キャッシュフロー計算書の作成が一般的で上場企業にはキャッシュフロー計算書の作成が義務づけられています。

キャッシュフローは、収益とはイコールではありません。例えば、商品やサービスを販売したと同時に、その商品代金を顧客から受け取れば、売上と入金にタイムラグは発生しません。

しかし、商品やサービスを販売し、支払い代金は後日受け取るという場合、入金のタイムラグが発生します。このようなケースが、実際の企業間取引の現場ではよくあります。この状況を把握するためには、キャッシュフロー計算書を用いてキャッシュの流れを確認しておく必要があります。

キャッシュフロー計算書の重要性

掛け売りをして実際の入金は後日になる場合、そのキャッシュフローを把握しておかないと、売上は計上されているのに、手元に資金がない状態に陥る可能性があります。

手元のキャッシュがないと、会社は倒産の危険性が高まります。非上場企業の場合、キャッシュフロー計算書の作成義務はありませんが、会社を経営するうえでキャッシュフローの把握は重要です。

資金の流れを把握するためにキャッシュフロー計算書で確認すべき内容

資金の流れを把握するためにキャッシュフロー計算書で確認すべき内容

キャッシュフロー計算書には、営業キャッシュフロー、投資キャッシュフロー、財務キャッシュフローの3つの項目があります。資金の流れを把握するためには、3つの違いを理解しておかなければなりません。

ここからは、キャッシュフロー計算書で確認すべき内容を説明していきます。

営業キャッシュフロー

営業キャッシュフローとは、本業で稼いだお金のことを指します。

例えば、パンの販売店であれば、パンを販売してお金が入ったらキャッシュ・インに計上し、パンの材料を仕入れて、その材料費を支払ったらキャッシュ・アウトに計上します。

営業キャッシュフローは、以下のような項目が対象になります。

● 税引前当期純利益
● 減価償却費
● 投資有価証券売却損益
● 固定資産売却損益
● 売上債権の増加額
● 棚卸資産の減少額
● 仕入債務の増加額
● そのほかの試算、負債の増加額
● 法人税等の支払額

後ほど紹介する投資キャッシュフロー・財務キャッシュフローに該当しないものは、営業キャッシュフローとして計上されます。法人税等の支払いなどは、本業で稼いだお金と認識しにくいかもしれませんが、営業キャッシュフローに分類されるので注意しましょう。

営業キャッシュフローがプラスであれば、手元の現金は増えていることを表しています。

投資キャッシュフロー

投資キャッシュフローは、工場の機械や設備、あるいは有価証券の売買など、会社を成長させるための投資に関するお金の流れを指します。

新たに設備を購入するなどするとマイナス、設備を売却すればプラスと計上されます。例えば新商品を開発するために新しい機械を購入した場合は、投資キャッシュフローがマイナスになります。

投資キャッシュフローは、以下のような項目が対象です。

● 定期預金の純増減額
● 固定資産売却による収入
● 固定資産取得による支出
● 投資・有価証券取得による支出
● 投資・有価証券売却による支出

投資に対しての効果を測定するためにも、投資キャッシュフローは把握しておきましょう。

財務キャッシュフロー

財務キャッシュフローは、資金調達に関するお金の流れを指します。例えば、銀行から借り入れをすればプラス、借りたお金を返済すればマイナスで計上されます。

つまり、返済額の方が上回っていれば、財務キャッシュフローはマイナスになります。

財務キャッシュフローは、以下のような項目が対象です。

● 短期借入金の純減少額
● 長期借入による収入
● 長期借入金の返済による支出
● 配当金の支払額

財務キャッシュフローを把握すると、借入金の返済状況を把握できます。借入金の返済ができないと、会社の倒産につながる可能性があります。そうならないためにも財務キャッシュフローを確認して、資金の流れを確認しておきましょう。

キャッシュフロー計算書とともに重要な損益計算書と貸借対照表

会社の経理を把握するうえでは、キャッシュフロー計算書以外に損益計算書と貸借対照表への理解も求められます。キャッシュフロー計算書、損益計算書、貸借対照表の3つはともに連動しており、財務三表とも呼ばれます。

それぞれの役割を果たすのか、キャッシュフロー計算書との違いを解説していきます。

損益計算書

損益計算書は、収益と費用を把握して、1年間の利益を把握するためのものです。

まず1年間の売上を計算して、そこから売上原価、販管費及び一般管理費、営業外損益、特別損益、法人税などを差し引き、最終的には当期純利益を計算します。当期純利益がプラスであれば黒字、当期純利益がマイナスであれば赤字になります。

損益計算書で営業利益は出ているが、営業キャッシュフローが赤字の場合、売掛金の回収が遅れている可能性も考えられます。

損益計算書は、会社の決算や個人事業主の青色申告時に提出が必要で、申告された金額に対して税金がいくらなのか計算されます。会社の経理をする上では必要な書類なので、仕組みを理解しておきましょう。

損益計算書とキャッシュフロー計算書の違い
損益計算書は、キャッシュフロー計算書と比較して以下のような違いがあります。

● 返済義務のあるビジネスローンや開業資金がある場合、損益計算書には反映されない
● 設備を大量に購入した場合、費用は損益計算書に反映されない
● 純利益は損益計算書では課税されない
● 発生主義会計の場合、売り上げのお金を受け取っていなくても収益を記録する

会社全体の資金の流れを把握するためには、損益計算書とあわせて、キャッシュフロー計算書の内容も確認しておきましょう。

貸借対照表

貸借対照表は、会社の財産と調達方法を把握でき、資産・負債・純資産の3つの項目に分かれます。

具体的には、会社が持っている「資産」(現金や土地など)、返済義務がある「負債」買掛金、長期借入金、返済義務のない「純資産」(資本金)剰余金を確認できます。さらに、貸借対照表を見ることで、期末時点で会社にいくらお金があるのかがわかります。

なお、貸借対照表は、損益計算書と同じく、会社の決算や個人事業主の青色申告時に提出が義務づけられています。

貸借対照表とキャッシュフロー計算書の違い
貸借対照表は、期末時点で会社にいくらお金があるのか、キャッシュフロー計算書は、前期と比較してお金がどのような原因でどのくらい変動したのかを表しています。

キャッシュフロー計算書の営業キャッシュフローは、貸借対照表の流動資産・流動負債と対応しています。

キャッシュフローは現金の流れを把握するもので、貸借対照表は財産を把握するためのものです。会社の経理を把握するためには必要なので、損益計算書とあわせて3つセットで覚えておきましょう。

キャッシュフローを把握するためには法人カードがおすすめ

キャッシュフローは、会社の経理を把握するために重要です。しかし、キャッシュフローを把握するにはと、キャッシュ・インとキャッシュ・アウトをすべて把握しなければなりません。

そんなときに役立つのが、法人カードです。法人カードがあれば、どの費用にいくら使ったのかが明確になり、経理担当者の手間が軽減され、業務の効率化につながります。

利用明細は、基本的にWebで確認でき、CSVやPDF形式でダウンロードが可能です。経費の処理に便利で、会計システムとの連携に利用できます。

一般的には、法人カードにはいくつかの種類がありますが、そのなかでセゾンの法人カードがおすすめです。ここからは、企業のキャッシュフローを把握するために役立つクレジットカードを紹介しますので、ご覧ください。

セゾンプラチナ・ビジネスプロ・アメリカン・エキスプレス(R)・カード

年会費は27,500円(税込)、追加カードは1枚あたり年会費3,300円(税込)で、最大99枚まで発行でき、会社の経費処理を効率化したい、従業員数1~300名程度の法人(法人登記企業)様におすすめの法人与信型カードです。

利用額の1%分のポイントキャッシュバックを受けられるため、経費削減につながります。

また、スキップ払いに対応しており、最大84日間の支払い猶予を確保できるため、商品やサービスを販売し、売上金は後日受け取ることが多い企業にとっては、手元資金を柔軟に運用できます(スキップ払いの場合はキャッシュバックなし)。キャッシュフローの悪化を防ぐことにもつながるおすすめの法人カードです。

ほかにも、コンシェルジュ・サービス、148以上の国や地域、600以上の都市で1,300ヵ所以上の空港ラウンジが使えるプライオリティパスのプレステージ会員の資格や、最高1億円補償の海外旅行保険と、最高5,000万円補償の国内旅行保険が付帯しています。

法人代表者が20歳以上であれば申し込めます(個人事業主は申込不可)。通常カード同様、運転免許証やパスポートなどの本人確認書類(会社の場合、代表者のもの)で申し込め、決算書や登記簿謄本の提出は必須ではありません。

ただし、申し込みフォームでは、売上高や経常利益、資本金や現預金などの決算情報の入力が必要です。

セゾンプラチナビジネスプロアメックス新規入会キャンペーンセゾンプラチナビジネスプロアメックス新規入会キャンペーン

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス(R)・カード

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードは、個人事業主の方や、従業員数が少ない企業の経営者におすすめな個人与信型のビジネスカードです。

年会費は22,000円(税込)。年間200万円以上のショッピング利用で、次年度年会費11,000円(税込)にて利用できます。追加カードは年会費3,3000円(税込)で9枚まで発行可能です。
です。

ポイント還元率は0.5%相当で、海外利用時にはポイント還元率が2倍になります。貯まったポイントはギフト券やマイルに交換できるので、経費の節約につながります。

クラウド型経費精算サービス「Staple(ステイプル)」の6ヵ月無料クーポン、事務用品やレンタカーが優待価格で利用できる「ビジネス・アドバンテージ」など、ビジネス特典が満載。さらに、国内レストランの予約の代行を依頼できるコンシェルジュ・サービスも利用できます。

なお、セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードは、学生や未成年を除く個人事業主、または経営者の方が申し込めます。決算書や登記簿謄本の提出は不要です。

セゾンプラチナビジネスアメックス新規入会キャンペーンセゾンプラチナビジネスアメックス新規入会キャンペーン

キャッシュフローのまとめ

キャッシュフローは、会社におけるお金の流れであることを説明しました。そして、キャッシュフローの3つの項目である、営業、投資、財務についても解説しました。

キャッシュフローを正確に把握するためには、すべての収支を管理する必要があり、膨大な経理業務が発生します。そんなときに役立つカードとして、セゾンプラチナ・ビジネスプロ・アメリカン・エキスプレス・カードと、セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードを紹介しました。

これらのカードを利用すれば、キャッシュフローの流れを把握したうえで、支払いを先送りでき、キャッシュフローの改善にも役立ちますので、ぜひカードの利用を検討されてみてはいかがでしょうか。

おすすめのクレジットカード

人気記事