【クレジットカードのことならCredictionary】

「ステークホルダー」についてわかりやすく解説!ビジネスにおける活用法も紹介

「ステークホルダー」についてわかりやすく解説!ビジネスにおける活用法も紹介

近年、ビジネスに関するニュースで「ステークホルダー」という単語を見聞きする機会が増えている方は多いのではないでしょうか。中央官庁や地方自治体の公式サイトにおいても頻繁に使用されており、ビジネスを進めていく際に重要な概念なので、意味を正確に理解しておかなければなりません。

しかし、「講演会などでステークホルダーという単語を聞いたことはあるけれども、良く分からないまま放置している」というような方も多いのではないでしょうか。そこで本記事では、ステークホルダーという用語の意味や、ビジネスにおける使われ方について解説します。

セゾンコバルトアメックス新規入会キャンペーンセゾンコバルトアメックス新規入会キャンペーン

ステークホルダーとは?

ステークホルダーとは?

ステークホルダーとは、「企業の活動に対して、直接的・間接的な利害関係を有するグループまたは個人」を指すビジネス用語です。株主・経営者・従業員・顧客・取引先(金融機関を含む)・競合企業だけではなく、行政機関やNGO、NPO、地域社会なども該当します。さまざまな立場の人物や組織・団体を包括する単語であり、幅広い範囲を指し示す際に使われることが特徴です。

ステークホルダー(stakeholder)という単語は、「stake(出資金)」と「holder(保有者)」の合成語であり、哲学者かつ企業倫理の研究者であるRobert Edward Freemanが1984年に著書『Strategic Management : A Stakeholder Approach』において使用してからビジネス用語として普及していきました。

多種多様な立場の人物や団体がステークホルダーに含まれるので、利害は必ずしも一致しません。経営者は、ステークホルダー間の利害のバランスを取りながらビジネスを営み、企業を成長させる必要があります。

ステークホルダーの具体例

「ある企業が利益を上げた際に、どのような人物や組織がステークホルダーに当てはまるのか」を、利害の内容の具体例とともに示します。

■株主:配当金が発生したり金額が増加したりする
■経営者:役員報酬の増加
■従業員:給与・賞与の増加や福利厚生の充実
■顧客(消費者):例えば、「スーパーが新規出店することにより、買物の利便性が向上する」など
■取引先企業:受注の増加、良好な労働環境の実現
■競合企業:「顧客を奪われる」などの不利益が発生
■行政機関:税収の増加
■地域社会:雇用の創出、公害・環境負荷の発生など

これらの人物・組織は、直接的・間接的にさまざまな影響が発生するのでステークホルダーに該当するといえるでしょう。公害や環境負荷のように「すぐに判明しない影響」を受ける人物・組織も含まれるので、「本人は気が付いていないけれども、実はステークホルダーに該当する」というケースがある点にご留意ください。

ステークホルダーと混同しやすい単語

「ステークホルダー」という用語は初めて見聞きする人にとって分かりにくい面もあるため、「利害関係者」という単語に置き換えられるケースもあります。

ただし、会計学において「利害関係者」というと、株主や銀行、証券会社など金銭的な関係を有する集団を指す傾向があるため、企業が活動する際に関係する人物や集団をより広範に指し示すために「ステークホルダー」という単語が使用されるようになりました。

なお、ステークホルダーに似た用語に「ストックホルダー(stockholder)」があります。英語で「株主」を意味するストックホルダーは、ステークホルダーの一部だけを指す単語なので、両者を混同しないよう注意しましょう。また、株主(ストックホルダー)のなかでも、特に「議決権を行使できる大株主」は「シェアホルダー(shareholder)」と呼ばれることがあるという点にもご留意ください。

ステークホルダーを意識した取り組みの例

近年、ストックホルダーやシェアホルダーだけではなく、さまざまなステークホルダーの存在を意識しながら成長していくことが企業の経営課題として浮上しています。

ステークホルダーを意識した思考プロセスや施策として、以下の2つが挙げられます。

①ステークホルダーマネジメント
②ステークホルダーエンゲージメント

それぞれについて詳しく説明していきます。

ステークホルダーマネジメント

ステークホルダーマネジメントとは、「プロジェクト進行に関わる人間や集団を明確にし、それぞれの真意やニーズを把握することによって、プロジェクトを円滑に進める取り組み」のことです。

プロジェクトを円滑に進めるためには、まず自社のプロジェクトの決定・活動・成果に影響を与える(または、受ける)個人や集団を明確にしなければなりません。そのうえで、自社が取り組むべき課題を特定し、優先順位を決めながら利害を管理・調整していく必要があります。

あるプロジェクトを実行する際には、多数のステークホルダーが存在するので、それぞれの利害が異なる点に留意しましょう。特定のステークホルダー(例えば、株主)だけを向いて経営してはいけません。各ステークホルダーと良好な関係を構築することが、企業の成長にとって大切です。

ステークホルダーエンゲージメント

ステークホルダーエンゲージメントとは、「ステークホルダーが関心を寄せる事項について、情報提供や対話の機会を設けて理解を深め合い、意思決定に反映させて企業の価値や業績を高める取り組み」のことです。なお、「エンゲージメント(engagement)」とは、「組織構成員の所属組織に対する愛着心や仕事への情熱、構成員と組織の双方向の関係性や結びつきの度合い」を意味します。

「パンフレット、Webサイト、講演会、説明会などによる情報開示・対話」「アンケートの実施」「問い合わせ窓口の設置」「地域貢献活動の実施」などが、ステークホルダーエンゲージメントの具体例です。

ステークホルダーへの取り組みにはコストが発生する

ステークホルダーを意識した取り組みを実施する際には、さまざまなコスト(説明会を開催する場所の確保、パンフレットの印刷費用など)の発生が見込まれます。また、多数の人物・組織とのやり取りが生じるため、効率的に業務を遂行する体制を構築することも必要です。

コストを削減・抑制する方法は多岐にわたりますが、そのひとつとして「事業者向けクレジットカードの活用」が挙げられます。

事業者向けのクレジットカードにはコスト削減や業務効率化に役立つ優待特典が付帯しているので、「ステークホルダーを意識しながら、ビジネスを展開したい」とお考えの方は、保有を検討してみてはいかがでしょうか。

セゾンカードでは事業者向けのカードとして、「セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス(R)・カード」をおすすめしています。年会費は22,000円(税込)ですが、ショッピングで年間200万円以上利用すれば次年度は11,000円(税込)に優遇されます。また、以下のようなビジネスに役立つ優待特典・付帯サービスを複数提供しております。

■法人向けモバイルWi-Fi「No.1モバイル」を特別価格で利用可能
■エックスサーバーの初期設定費用が無料
■グローバル人材紹介サービス「ユナイテッドワールド」の利用料金を割引
■クラウド型経費精算サービス「Staple(ステイプル)」の6か月分無料クーポン
■法人向け顧問弁護士サービス「リーガルプロテクト」の利用料金を割引

ステークホルダーマネジメントやステークホルダーエンゲージメントの実践に伴って、Wi-Fi環境の構築やサーバーの利用、人材確保、経費精算、法律相談などをする際に役立ちます。また、税金の納付にクレジットカードを使うことも可能です。

なお、国内で利用すると1,000円につき1ポイント(約5円相当)、海外では1,000円につき2ポイントの永久不滅ポイントが付与され、貯まったポイントを使ってさまざまな物品を交換できます。ステークホルダーを意識した取り組みをする際は、ぜひセゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス(R)・カードをご活用ください。

セゾンプラチナビジネスアメックス新規入会キャンペーンセゾンプラチナビジネスアメックス新規入会キャンペーン

ステークホルダーのまとめ

「企業の社会的責任(CSR、Corporate Social Responsibility)」が問われる時代になり、事業を営む際にさまざまなステークホルダーを意識することが求められるようになりました。これからの企業経営者は、ステークホルダーマネジメントやステークホルダーエンゲージメントを通じて、株主だけではなく、従業員や顧客、取引先、行政機関、地域社会などとの信頼関係を醸成し、責任を果たしていく必要があります。

各省庁(経済産業省、環境省など)がステークホルダー間のコミュニケーションを促進するためのプラットフォームを作ったりガイドラインを整備したりしているので、取り組みを進める際の参考にすると良いでしょう。

社内・社外のステークホルダーを意識した取り組みは環境整備やイベントの実施なども含まれ、その過程ではさまざまなコストが発生します。こうしたコストを抑制する方法のひとつとして、事業者向けクレジットカードの優待特典・付帯サービスの活用が挙げられます。ステークホルダーを意識した取り組みをスタートさせる際には、セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス(R)・カードをはじめとした事業者向けクレジットカードのご利用もぜひご検討ください。

おすすめのクレジットカード

人気記事