【クレジットカードのことならCredictionary】

個人事業主がファクタリングを利用するメリットやデメリット、利用までの流れを紹介

個人事業主がファクタリングを利用するメリットやデメリット、利用までの流れを紹介

請求書を発行した売掛債権を、スピーディに現金化できる「ファクタリング」。日本ではまだ発展途上にある資金調達方法ですが、海外ではインボイスファイナンスの一部としてすでに成長しています。

本記事ではファクタリングの仕組みや種類、個人事業主が利用するメリットやデメリットを解説します。利用までの流れや注意点も紹介しているので、ぜひ参考にしてください。

ファクタリングとは

ファクタリングとは企業や個人事業主などが保有する売掛債権を、一定の手数料のもと期日前に買い取るサービスです。法的には、債権譲渡にあたります。

ファクタリングでは、請求書(売掛金などの債権)をファクタリング事業者へ引渡し、ファクタリング事業者は手数料を差し引いた現金を振り込みます。請求書の支払期日よりも前に現金を受け取れるため、手元の資金に余裕がないときに有用です。

近年、中小事業者の資金調達オプションは減少傾向にあります。ファクタリングは売掛債権を現金化する取引として国内でも事業者の参入が増加しており、健全な市場が形成されつつある状況です。

ファクタリングの種類

ファクタリングには大きく「買取型」と「保証型」の2つの種類があります。それぞれの違いは以下のとおりです。

種類 内容
買取型ファクタリング ・売掛債権を買い取るファクタリング
・一般的に「ファクタリング」と呼ぶとき、買取型を指すケースが多い
保証型ファクタリング ・売掛債権の保証を行うファクタリング
・債権の貸し倒れリスクを回避する目的とし、債権の譲渡は行わない

また、ファクタリングは契約形態により、「2者間ファクタリング」と「3者間ファクタリング」に分けられます。

種類 内容
2者間ファクタリング ・利用者とファクタリング事業者の2者間で行われるファクタリング
・売掛金は取引先から利用者へ支払われ、そのあと、利用者からファクタリング事業者へ支払う
3者間ファクタリング ・利用者とファクタリング事業者、取引先の3者間で行われるファクタリング
・売掛金は取引先から直接ファクタリング事業者へ支払われる

ファクタリング事業者により、採用している契約形態は異なります。ファクタリングを利用する際は、どちらの契約形態であるかも事前にチェックしておきましょう。

ファクタリングは即日で現金化できる

ファクタリングは融資や出資などの資金調達と異なり、現金を受け取れるまで早い点がメリットです。ファクタリング事業者のなかには、即日での現金化に対応しているところもあります。

ただし、すべてのファクタリング事業者が即日での現金化に対応しているわけではありません。必要書類の提出や手続きに時間がかかる場合もある点は、覚えておきましょう。

ファクタリングでは審査が行われる

ファクタリングでは、債権の買取時に審査が行われます。売掛先の企業が債務不履行に陥った場合、売掛債権の買取代金を回収できなくなるからです。

審査の基準は公表されていません。一般的に、売掛先の信用力や支払期日の長さ、これまでの取引実績などが重視されると言われています。

請求書のみでファクタリングできない

ファクタリングでは請求書の引渡しで債権の売買が行われますが、基本的に請求書だけでは手続きできない点に注意しましょう。ファクタリング事業者で違いはありますが、請求書のほか、身分証明書や口座情報、登記簿謄本や決算書などの提出が求められる場合があります。

個人事業主がファクタリングを利用するメリット

個人事業主がファクタリングを利用する主なメリットは以下のとおりです。

● 早ければ即日で資金調達できる
● 保証人や担保は不要
● 負債が増えない
● 個人事業主向けのサービスがある

ファクタリングは、お金の貸し付けではなく売掛債権の譲渡を行います。そのため、融資などと比較すると資金調達までの期間が早い点が特長です。保証人や担保も、多くの場合求められません。

さらに、ファクタリングは融資ではないため、借入金などの負債は増えません。個人事業主やフリーランス向けのサービスが提供されており、利用しやすい点もメリットです。

個人事業主がファクタリングを利用するデメリット

ファクタリングを利用する際は、デメリットも把握しておきましょう。主なデメリットは以下のとおりです。

● 手数料が発生する
● 3者間ファクタリングの場合、取引先に知られる
● 違法なファクタリングに注意する必要がある

ファクタリングのデメリットは、手数料が発生する点です。手数料率は2者間ファクタリングで1〜10%、3者間ファクタリングで10〜20%程度が目安となります。利用の際は手数料率を必ず確認しておきましょう。

また、3者間ファクタリングでは契約に取引先が含まれるため、取引先に知られたくない場合は注意が必要です。

そのほか、近年はファクタリングを装った違法なファクタリングを行う業者が確認されています。特に、売掛債権の売却時に買い戻しを求める条項がある場合、偽装ファクタリングの可能性も検討しておきましょう。

個人事業主がファクタリングを利用する流れ

個人事業主がファクタリングを利用する流れ

ファクタリングを利用する際の一般的な流れは以下のとおりです。

1. ファクタリングを申し込む
2. 債権買取の審査
3. 売却代金の振り込み

各項目の詳細を解説します。

1.ファクタリングを申し込む

はじめに、希望するファクタリング事業者を探し、サービスの利用を申し込みましょう。

ファクタリング事業者で違いはありますが、本人確認書類(運転免許証やマイナンバーカードなど)を提出し、会員登録をするサービスが一般的です。

会員登録を行ったら、ファクタリングに必要な手続きを行います。こちらも事業者で違いがありますが、ファクタリングで売却する請求書、直近の決算書、金融機関口座の明細書などが求められる場合があります。

近年では、ファクタリングの会員登録や申し込み、必要書類のアップロードなどすべてオンラインで完結するサービスも提供されています。

2.債権買取の審査

申し込みの手続きが終わると、ファクタリング事業者で審査が行われます。早ければ数時間から1日以内、事業者によっては数日以上の時間がかかります。審査にAIを採用している事業者は、比較的審査時間が短い傾向です。

3.売却代金の振り込み

審査完了後、事前に登録した口座へ、手数料が差し引かれた代金が振り込まれます。

個人事業主がファクタリングを利用する際の注意点

ファクタリングを利用する際は、「2者間ファクタリング」か「3者間ファクタリング」かに注意しましょう。

2者間ファクタリングは資金調達のスピードが早く、売掛先への通知や承諾がないメリットがあります。ただし、3者間ファクタリングと比較すると手数料率が高めです。

一方、3者間ファクタリングは手数料率が低めのメリットがありますが、資金調達まで一定の期間がかかり、売掛先に承諾を求める手続きも行われます。

また、ファクタリングは資金調達のスピードが高い反面、手数料率が高めに設定される場合があります。近年では資金繰りに役立つそのほかのサービスも提供されているので、ファクタリングと比較検討し、ご自身にとってより有利な条件のサービスを選択する方法もおすすめです。

資金繰りをサポートするクレディセゾンのサービス

クレディセゾンでは、個人事業主の資金繰りをサポートするサービスを提供しています。これまでに解説してきました、ファクタリングとは異なるサービスですが、資金繰りに関する選択肢として検討されるのもよいでしょう。

具体的には以下のサービスです。

● 支払い.com
● セゾンビジネスサポートローン

各サービスの詳細を紹介します。

支払い.com

支払い.comは、請求書での口座振込の支払いをカード決済できるサービスです。

請求書の支払期日が迫ったけれども、支払うためのキャッシュが手元になく、困ってしまった経験はないでしょうか。

支払い.comを利用すると、振込先への支払いは支払い.comが行います。利用者はカード利用分の引き落とし日にお金を支払えば良いため、最長60日の猶予を確保できるメリットがあります。

手数料は一律4%、振込名義は自由に指定できるので、支払先に利用を知られることはありません。書類提出や審査、面談は不要で、最短60秒で手続きが完了します。当面の資金繰りを改善したいときに役立つサービスです。

>>詳細はこちら

セゾンビジネスサポートローン

セゾンビジネスサポートローンは、セゾンのビジネスカードに最大950万円の融資可能枠(※1)と借入額に応じた優遇金利を提供するサービスです。個人事業主の事業で資金繰りに困った際に、ビジネスカードのキャッシングで対応できます。

金利は2.8%~9.6%(※2)と、通常のセゾンビジネスカードのキャッシング金利と比較すると低い金利である点も特長です。

対象のカードは、セゾンコバルト・ビジネス・アメリカン・エキスプレス(R)・カードとセゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス(R)・カードです。

>>詳細はこちら

(※1)初回融資実行となります。ご融資枠の上限は、年収の1/3以内となります。
(※2)ご利用可能枠が110万円以上の方が対象。本サービスご利用前の金利はセゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス(R)・カードの場合14.5%、セゾンコバルト・ビジネス・アメリカン・エキスプレス(R)・カードの場合18.0%です。

まとめ

ファクタリングは支払期日前に現金を受け取れるため、資金繰りに困ったときの資金調達の選択肢となるサービスです。

ただし、売却には一定の手数料がともないます。また、ファクタリングを装った違法なサービスを提供する業者には注意が必要です。

ファクタリングをはじめ、近年では資金繰り改善に役立つサービスがさまざまな事業者から提供されています。クレディセゾンの支払い.comやセゾンビジネスサポートローンはその一例です。資金繰り改善を検討する際は、ぜひクレディセゾンのサービスをご利用ください。

人気記事