初めてのクレジットカードの選び方・使い方はココから!【Credictionary】

MENU

ビジネスカードでも個人与信のカードがある?ビジネスカードと法人カードの違い

ビジネスカードでも個人与信のカードがある?ビジネスカードと法人カードの違い

クレジットカードには、「ビジネスカード」や「法人カード」と呼ばれるカードがあることをご存知でしょうか。
今回は、「ビジネスカード」と「法人カード」の位置づけ、さらに「個人カード」と何が違うのかをご説明します。最後に、個人・法人カードそれぞれの特徴を「いいとこ取り」した、おすすめなカードを紹介いたします!ぜひご覧ください。

「法人カード」の特徴と種類

「法人カード」とは、どんなクレジットカードなの?

「法人カード」の一番の違いは、名義が個人ではなく、法人(個人事業主の屋号含む)名義になるということです。

法人カードのメリットは、
・支払い口座を会社名義の口座に変更可能
・一般的に、個人カードに比べて利用限度額が大きい
・また従業員用の追加カードが発行可能
など、ビジネスに便利な特徴が複数あります。

法人カードの種類とビジネスカードの位置付け

法人カードには、いくつか種類があり、その内のひとつが「ビジネスカード」となります。
ビジネスカードの他には、「コーポレートカード」という名称で、より規模が大きい企業向けのカードを、ビジネスカードと区別して呼びわけているカード会社もあります。

このあたりは、クレジットカードごとに意味しているものが異なる場合もあるので、名前だけで判断せずに、どういう内容のカードなのか、カード会社にしっかり確認するのがいいですよ。

名称こそ「法人カード」ですが、法人を設立していない個人事業主(自営業者)などでも、法人カード(ビジネスカード)を申し込むことができるカード会社が多くなっています。

個人事業主の方もぜひ、法人カード(ビジネスカード)を利用してみてくださいね。

セゾンプラチナビジネスアメックス新規入会キャンペーンセゾンプラチナビジネスアメックス新規入会キャンペーン


法人カードには法人与信(代表者の個人与信含む)、個人与信のものがあります。起業したばかりの場合、また個人事業主の場合は個人与信の法人カードがおすすめです。

個人カードと法人カードの違い

個人カードと法人カードの違い

先ほど紹介した、名義や限度額の違い以外にも、法人カードと個人カードで大きく違うものがあります。
最も、根本的に異なるものが、「与信調査」です。

個人用のクレジットカードでは、あくまで申込者個人の信用情報(個人与信)を調査します。
例えば、クレジットカードやキャッシングなどで、長期の返済遅れがないか、自己破産履歴がないかなどです。
もちろん、過去の履歴以外にも、現在の年収や居住歴、勤務先情報も調査し、総合的な評価でカードの発行可否や限度額が決まります。

一方、法人カードでは、代表者の個人与信の調査も行いますが、見られるのは法人(会社や個人事業主の事業)が対象ですので、決算書や事業規模などが審査の対象となります。

そのため、事業歴が浅い法人・個人事業主では、審査が通りにくいという側面があるのです。

カード枚数を増やす場合の名義の違い

カード枚数を増やす場合、法人カードでは「従業員カード」として追加カードを発行することができます。

法人カードでも、個人与信だけでOKなカードがある

法人カードでも、個人与信だけでOKなカードがある

「法人カードはメリットが多いけど、決算書は自信がないな」という方もいらっしゃるかもしれませんが、決算書や法人の登記簿が不要なビジネスカードがあるのをご存知でしょうか。

それが、セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス(R)・カードです。

セゾンプラチナビジネスアメックス新規入会キャンペーンセゾンプラチナビジネスアメックス新規入会キャンペーン

カードの利用で貯まる永久不滅ポイントと、優待サービスが充実したうれしいカード。

実は、法人カードとして見ても、「いいとこ取り」の特徴があります。

サービスの1つとして、「24時間365日つながるカード会員専用のコールセンター」があります。接待やビジネスシーンにふさわしい格式高いレストランや、カジュアルなレストランなどを、要望に合わせて電話1本で案内・予約をしてくれます。

また、ビジネスサポートの1つとして経費処理の時間を圧倒的に短縮できる「全自動クラウド型会計ソフトfreee(フリー)」をお好みの年額プランの最大3ヵ月間無料で使えます。
そのほか個人事業主の方、中小企業様のビジネスをサポートする優待がたくさん用意されています。事業を始めたばかりという方や、個人事業主で法人カードを諦めていた方。ぜひご検討されてみてはいかがでしょうか。

詳しい情報に関しては、こちらの記事を参考にしてください。
セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス(R)・カードのメリットを解説

まとめ

会社名義として使うことで、帳簿も楽ですし、個人用の口座とも分けて管理できる「法人カード」。

個人用のクレジットカードと比べて、限度額が大きいなどメリットが大きい分、審査は、個人与信+法人与信を見られるため、ハードルが高くなります。

しかし、法人カードでありながら、個人与信だけで申し込みができる、セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス(R)・カードなら、あなたのビジネスシーンによりピッタリの1枚になるかもしれませんよ。

おすすめのクレジットカード

関連記事

人気記事