初めてのクレジットカードの選び方・使い方はココから!【Credictionary】

MENU

ビジネスカードでも個人与信のカードがある?ビジネスカードと法人カードの違い

ビジネスカードでも個人与信のカードがある?ビジネスカードと法人カードの違い

クレジットカードの種類には、「ビジネスカード」や「法人カード」と呼ばれるカードがあることをご存知でしょうか。 今回は、「ビジネスカード」と「法人カード」の特徴や「個人カード」と何が違うのかをご説明します。最後に、個人・法人カードそれぞれの特徴を「いいとこ取り」した、おすすめのカードを紹介いたします!ぜひご覧ください。

「法人カード」とは?

法人カードとは、企業や個人事業主向けに発行されるクレジットカード。
会社の事業に関する経費を支払うことができます。

法人カードとビジネスカード・コーポレートカードの違いは?

法人カードには、いくつか種類があり、その内のひとつが「ビジネスカード」です。
ビジネスカードの他には、「コーポレートカード」という名称で、より規模が大きい企業向けのカードを、ビジネスカードと区別して呼びわけているカード会社もあります。

ビジネスカード:個人事業主や中小企業様向け
コーポレートカード:大手企業様向け

法人カードには法人与信(代表者の個人与信含む)、個人与信のものがあります。起業してすぐの場合、また個人事業主の場合は個人与信の法人カードがおすすめです。

「法人カード」の特徴

「法人カード」とは、どんなクレジットカードなの?

「法人カード」の特徴は、名義が個人ではなく、法人(個人事業主の屋号含む)名義になるということです。

法人カードは、
・支払口座を会社名義の口座にすることができる
・一般的に、個人カードに比べて利用限度額が高い
・従業員用の追加カードが発行可能
など、ビジネスに便利な特徴が複数あります。

個人カードと法人カードの違い

個人カードと法人カードの違い

個人カード、法人カードの共通項
法人カードは個人カードと同じように、商品の仕入れや会社の備品購入、交通費、出張経費、光熱費や消耗品などの一般的な経費の支払い、税金の支払いなどでも利用することができます。
また、クレジットカードによってはこれらの利用額に応じてポイントが貯まり、個人カード同様に税金の支払いでもポイントを貯めることができます。
※クレジットカード会社によっては、貯められない場合もあります。

個人カードでできて、法人カードでできないこと
一般的に、法人カードの支払いは1回払いのみに限定され、個人カードの機能としてあるような、キャッシングや分割払い、リボ払いができないものが多くあります。
法人ですので、事業で必要な資金が不足している場合は、銀行などの金融機関に融資を受けることになります。

法人カードのメリット

実際に法人カードにはどのようなメリットがあるのか、いくつかみてきましょう。

■経費管理が楽になる
出張経費や備品購入など、業務上さまざまな経費が発生します。現金でのやりとりの場合、経費の仮払いや領収書の管理、経費精算など、煩雑な業務が発生します。また、個人用のクレジットカードを使用していた場合、事業用の支払いと個人利用の支払いとの区別が分かりづらくなってしまいます。事前に事業用のカードと個人用のカードを分けることによって経費管理を楽に行うことが可能です。

■キャッシュフローにゆとりがもてる
経費の各種支払いを法人カードでまとめれば、支払日を毎月のクレジットカードの支払日に集約できるので、時間的な猶予が生まれます。
そのため、キャッシュフローに余裕を持たせることができます。

法人カードの「与信」とは?

これらの違い以外に、法人カードと個人カードで、根本的に異なるものが、「与信調査」です。

法人カードでは、代表者の個人与信の調査も行いますが、法人(会社や個人事業主の事業)ですので、決算書や事業規模などが審査の対象となります。
そのため、会社が設立したばかりで事業の決算書がない場合や業績が芳しくない場合、法人カードが作れないこともあります。

法人カードでも、個人与信だけでOKなカードがある

法人カードでも、個人与信だけでOKなカードがある

「法人カードはメリットが多いけど、決算書は自信がないな」という方もいらっしゃるかもしれませんが、決算書や法人の登記簿が不要なビジネスカードがあるのをご存知でしょうか。

それは、「セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス(R)・カード」です。

セゾンプラチナビジネスアメックス新規入会キャンペーンセゾンプラチナビジネスアメックス新規入会キャンペーン

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス(R)・カードの特徴
カードの利用で貯まる永久不滅ポイントと、優待サービスが充実したうれしいカード。
その特徴をご紹介します

1:税金の支払いでもポイントが貯まる
所得税や年金などの支払いで永久不滅ポイントを貯めることができます。
貯めたポイントで次回の支払いにあてることができたり、Amazonのギフト券などに交換することができます。
必ず支払わなければならない税金の支払いでポイントを貯めて、お得に活用していきましょう。

2:SAISON MILE CLUBの登録が無料
クレジットカードを使うごとに貯まるポイントをマイレージと交換できるサービス、「SAISON MILE CLUB」が無料での登録できます。また、プラチナ会員なら永久不滅ポイントが優遇される特典もあり、より早くポイントが貯めることができます。
海外出張が多いビジネスマンなら、経費節減にも有効です。

3:ポイント還元率
「SAISON MILE CLUB」に登録すると、JALのマイルと永久不滅ポイントを両方貯めることができ、最大1.125%の還元率でカードを利用することが可能です。
例:ショッピング2,000円利用の場合
  JALのマイル10マイル+永久不滅ポイント1ポイント
  ※上限マイルは150,000マイル

4:ビジネスサポートサービス
サービスの1つとして、「24時間365日つながるカード会員専用のコールセンター」があります。接待やビジネスシーンにふさわしい格式高いレストランや、カジュアルなレストランなどを、要望に合わせて電話1本で案内・予約が可能です。

また、ビジネスサポートの1つとして経費処理の時間を圧倒的に短縮できる「全自動クラウド型会計ソフトfreee(フリー)」をお好みの年額プランの最大3ヵ月間無料で使えます。

5:国際空港ラウンジが利用できる「プライオリティ・パス」の登録が無料
国内空港ラウンジが無料で利用できる他、国際空港ラウンジを利用できる「プライオリティ・パス」の登録料年間429米ドルが無料になります。世界中の1,300ヵ所以上の空港ラウンジで飲み物、新聞、インターネットなどが無料で利用できます。あわただしい海外出張時にゆとりが生まれ、グローバルビジネスを後押しします。

6:海外国内旅行損害保険が自動付帯
国内、海外ともに旅行傷害保険が自動付帯するため、忙しい出張前にわざわざ加入する必要がありません。

「プライオリティ・パス」と「旅行傷害保険」はプライベートでも利用できます。出張だけでなく、プライベートでも海外旅行をよくする人には魅力的な特典と言えるでしょう。


そのほか個人事業主の方、中小企業様のビジネスをサポートする優待がたくさん用意されています。
年会費は20,000円(税抜)と、アメリカン・エキスプレスのブランドのプラチナカードとしてはリーズナブルですが、更に年間利用額200万円以上であれば、翌年は半額10,000円(税抜)になります。
利用額が200万円以上なら事業を始めたばかりという方や、個人事業主で法人カードを諦めていた方、ぜひご検討されてはかがでしょうか。

詳しい情報に関しては、こちらの記事を参考にしてください。
セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス(R)・カードのメリットを解説

まとめ

個人用カードと使い分けることによって、経費処理のスピードを各段に上げることができる「法人カード」。
個人用のクレジットカードと比べて、限度額が比較的高いなどメリットが大きい分、審査は、個人与信+法人与信を見られるため、ハードルが高くなります。

しかし、法人カードでありながら、個人与信だけで申し込みができる、セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス(R)・カードなら、あなたのビジネスシーンにマッチする1枚になるかもしれません。

おすすめのクレジットカード

関連記事

人気記事