Credictionary

法人カードにはメリットがいっぱい!

法人カードにはメリットがいっぱい!

「法人カード」や「ビジネスカード」と呼ばれる、ビジネスシーンの利用において有効なクレジットカード。
それらのカードを活用すると、ビジネスの現場でどのようなメリットがあるのでしょうか。また逆に、法人カード・ビジネスカードを使うことによるデメリットは存在するのでしょうか。

法人カード(ビジネスカード)のメリットなどについて詳しく解説します。

企業・法人などに対して発行される「法人カード(ビジネスカード)」について

法人カードとは、個人事業主や会社などの「企業・法人」に対して発行されるクレジットカードのことです。また「法人カード」という名前から、法人専用のカードと誤解されがちですが、実際は個人事業主の方も申し込むことができます。
個人カードとの違いは、引き落とし用に法人口座を設定できることですが、個人口座を支払い口座に設定可能な法人カードもあります。

決済方式で違う、「会社一括決済方式」と、「個別決済方式法人」の法人カード

・会社一括決済方式/法人与信

法人を審査する「会社一括決済方式/法人与信」の法人カードでは、法人として利用審査を受け、支払いは法人口座を設定してカードを発行します。
従業員が利用する場合は社員カードを発行し、従業員は法人の経費としてカードを利用することになります。

・個別決済方式/個人与信

これに対し、「個別決済方式/個人与信」の法人カードもあります。
この場合は、法人に属する個人(従業員)として審査を受け、その個人の口座を支払い口座に設定します。
従業員は年会費が不要、各種付帯サービスを利用することができるため、会社の福利厚生として利用されている場合もあるようです。

次のコーナーでは、法人カードを活用することで、具体的にどんなメリットがあるのかを紹介します。

法人カード(ビジネスカード)5つのメリットを解説

法人カード(ビジネスカード)5つのメリットを解説

法人カード(ビジネスカード)には、使えば使うほど実感できるメリットがいっぱいです。ビジネスにも有利になるそのメリットを、項目別に解説しましょう。

・メリット(1)経費精算がラクになる

出張経費や備品購入など、業務上さまざまな経費が発生します。現金でのやりとりの場合、経費の仮払いや領収書の管理、経費精算など、煩雑な業務が発生します。
しかし経費をすべて法人カードで支払うようにすれば、一連の雑務が省略できるので、経理業務を大幅に効率化できます。
また現金の受け渡しがなくなるので、現金の紛失や盗難といったリスクからも解放されます。もちろん、現金を引き出すために銀行に行く必要もありません。
つまり、法人カードを使うことで、経費管理が効率化され、たいへんラクになります。経費管理にかかるマンパワーを他の業務に振り分けることができるので、事業の成長にも貢献できるのです。

・メリット(2)社員の利用経費も一括管理

法人カードは、社長や代表者といったカードの名義人しか使用することができません。
しかし、社員一人一人に専用の「社員カード」や「追加カード」を作成し、それで経費を支払うようにすれば、社員の利用経費も一括管理することができます。
支払い口座は1つに集約されるので、社員がどのような経費を使ったか、明確に確認することができます。

・メリット(3)経費の計上漏れを防げる

経費精算のトラブルの1つに、「計上漏れ」があります。
単に利用経費の申請を忘れていたり、領収書を紛失して経費として計上できなくなるなど、さまざまな原因が考えられますが、ほとんどはヒューマンエラーによるトラブルです。
経費を法人カードで支払えば、利用した経費の金額が自動的にカードの支払い明細書に記入されるので、計上漏れを防ぐことができます。

・メリット(4)法人利用と個人利用の区別ができる

ビジネス上で発生した経費をクレジットカードで支払うのであれば、個人用のクレジットカードでも支払えます。
しかしその場合、プライベートでの利用と、ビジネスでの利用が混在してしまい、後々の整理がたいへんです。

個人用のクレジットカードと法人カード(ビジネスカード)をそれぞれ所有し、シーンごとに使い分ければ、法人利用と個人利用の区別ができるので便利です。

・メリット(5)キャッシュフローにゆとりが生まれる

事業を行っていると、仕入れの代金や事務所の家賃、水道光熱費、税金など、毎月さまざまな経費の支払いが発生します。
その支払い日(銀行口座からの引き落とし日)は、その項目ごとにバラバラなので、その都度、キャッシュフローを管理していかなければなりません。

経費の各種支払いを法人カードでまとめれば、支払い日を毎月のクレジットカードの支払い日に集約できるので、時間的な猶予が生まれます。
そのため、キャッシュフローに余裕を持たせることができます。

また、現金だと一括払いが基本ですが、クレジットカードでの支払いなら、分割払いやリボ払い、キャッシングといった柔軟な支払い方ができ、資金が少ない場合に大いに役立ちます。

特に、設立したばかりの会社などは、資金繰りの安定化に時間がかかるものです。そんなときに法人カードは強い味方になります。

セゾンコバルトアメックス新規入会キャンペーンセゾンコバルトアメックス新規入会キャンペーン

セゾンプラチナビジネスアメックス新規入会キャンペーンセゾンプラチナビジネスアメックス新規入会キャンペーン

法人カード(ビジネスカード)は付帯サービスや各種ポイントが便利

法人カード(ビジネスカード)をビジネスの現場に導入すると、資金繰りや経理の労力軽減に大きく役立ちます。しかし、それ以外にもメリットが少なくありません。ここでは「付帯サービス」と、「ポイント」を取り上げます。

クレジットカードの付帯サービス

ほとんどのクレジットカードには、付帯サービスが付いています。その内容はカードのブランドや種類などによって異なりますが、心当たりのないインターネット上での不正使用による損害を補償する「オンライン・プロテクション」や、スーパーなどで特定日に割引が受けられたりするサービスなどがあります。

ポイントが貯まる

法人カードも、一般のクレジットカードと同様に、ポイントを貯めることができます。
ビジネスでの経費は、毎月一定の金額が必ず必要です。それをクレジットカードで支払うことで、自動的にポイントが加算されます。貯まったポイントは現金と同じように支払いに使うことができるので、結果的に、経費節減につながります。

「ポイントシミュレーション」でどれくらいポイントが貯まるか確認しよう

セゾン・アメリカン・エキスプレス(R)・カードの場合は、コンビニ料金や水道光熱費などの日常利用から、税金、事業費決済まで、実際にクレジットカードを利用すると、どれくらいのポイントやマイルを貯めることができるのか、WEB上の専用ページでシミュレーションすることができます。

セゾン・アメリカン・エキスプレス(R)・カードのポイント・マイル・シミュレーションはこちら

法人カード(ビジネスカード)にデメリットはあるの?

法人カード(ビジネスカード)にデメリットはあるの?

法人カードのデメリットといえば、以前は「分割払い、リボ払い、キャッシングができない」ことがあげられていました。
しかし、現在はこれらのサービスが可能な法人カードも普通になり、あまり個人カードと比較しても、法人カードならではのデメリットは少なくなっています。あえてあげるなら「年会費がかかる」ということくらいでしょう。

個人でのクレジットカード利用には、娯楽やレジャーなどの用途で場合によっては「使いすぎてしまう」というデメリットがあります。しかし法人カードの利用は、もともと必要な経費を支払っているだけなので、「使いすぎる」という概念が基本的に存在しません。
それ以上に、法人カードは業務の効率化やコスト削減につなげるために活用することが可能です。支払い口座を分けたり、支出を一括管理することで経理処理がスムーズになったりと多くのメリットがあります。
税理士や会計士の中では個人用のカードでなく、法人カードで支払うようにすすめる動きも出てきているようです。法人カードは円滑にビジネスを進められる環境を整えることに役立っています。

また、ほとんどの法人カードには年会費が発生します。この年会費の出費をデメリットと捉える人もいます。しかし、経費の支払いなどビジネスシーンでカードを使えば使うほど、その分のポイントが貯まります。貯めたポイントはギフトカードや各種アイテムと交換が可能なため、年会費を支払ってでも、法人カードを取得するメリットがあると言えます。

法人カードを作るなら?オススメはこの2枚

法人カードといっても、多くのカードが各社から発行されています。どんな法人カードがオススメなのでしょうか。それにはさまざまな見方がありますが、ここでは「セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス(R)・カード」と、「セゾンコバルト・ビジネス・アメリカン・エキスプレス(R)・カード」2つの法人カードをご紹介しましょう。

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス(R)・カード

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス(R)・カードは、「プラチナ」という名前が付いているだけあり、法人カードにふさわしい機能が満載です。

・「個人与信」で作成可能、法人登記簿や決算書も不要

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン(R)・エキスプレス・カードは、代表者の個人与信で審査されます。そのため、法人登記簿や決算書も不要です。スタートアップしたばかりで実績のない企業や、個人事業主にも所有しやすいカードといえます。

・個人カードに比べてビジネス利用に圧倒的に差がつく

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン(R)・エキスプレス・カードは、代表者の個人与信で審査されます。しかし「ビジネス」の呼称が付いているだけに、法人カードとしての機能は、他の法人(ビジネス)カードとまったく遜色ありません。通常の個人カードをビジネスに利用するよりも、利便性の面で圧倒的に差がつくカードです。

・法人口座を引き落とし口座に設定できる

お引き落とし口座を、本会員様の「個人名義口座」、または「法人名義口座」より選ぶことができます。ビジネスとプライベートの仕分けが自動的にできるので、経理の負担が大きく節減できます。

・ポイントは永久不滅ポイント

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス(R)・カードでは、期限のない「永久不滅ポイント」が貯まります。ずっと貯め続けられるので、たくさんのポイントを貯められます。また、海外で利用するとポイントは2倍になります。

・出張や接待をより快適に

一流ホテルやダイニング、スパ、ショッピングなど上質な時間を過ごせる特別な優待サービス「オントレ」が利用可能です。
また、ミシュランお墨付きの世界のホテルを厳選して紹介する「Tablet Plus(タブレット・プラス)」を、通常年会費9,900円のところ永年無料で利用でき、VIPアップグレードや優待特典を楽しめます。
その他、国内・海外旅行傷害保険が付いていたりと、出張や接待を快適に過ごせるサービスが豊富です。

たくさん使えば年会費が半額に
セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス(R)・カードは、22,000円(税込)の年会費がかかります。しかし、年間200万円以上の支払いをすると、次年度年会費が11,000円(税込)と半額になります。これは毎月90,000円程度なので、経費をクレジットカード払いにすれば、あっという間に達成できる、金額です。

・会計ソフト「freee」、「staple」

全自動クラウド型会計ソフト「freee(フリー)」、個人事業主や中小企業の経理担当者向けのクラウド型経費精算サービス「staple」の優待サービスがあり、経理や確定申告の事務的な負荷を大幅に軽減できます。

セゾンコバルト・ビジネス・アメリカン・エキスプレス(R)・カード

2019年12月にデビューしたばかりの新しいカードです。法人カードでありながら、年会費がわずか1,100円(税込)と、非常にリーズナブルなことが大きな特徴です。
機能はセゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン(R)・エキスプレス・カードに比べて限られますが、現在のビジネスシーンに必要な機能を厳選して搭載しています。

・「個人与信」で作成可能、法人登記簿や決算書も不要

セゾンコバルト・ビジネス・アメリカン(R)・エキスプレス・カードは、代表者の個人与信で審査されます。そのため、法人登記簿や決算書も不要です。スタートアップしたばかりで実績のない企業や、個人事業主にも所有しやすいカードといえます。

・法人口座を引き落とし口座に設定できる

お引き落とし口座を、本会員様の「個人名義口座」、または「法人名義口座」より選ぶことができます。ビジネスとプライベートの仕分けが自動的にできるので、経理の負担が大きく節減できます。

・ポイントは永久不滅ポイント

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス(R)・カードでは、期限のない「永久不滅ポイント」が貯まります。ずっと貯め続けられるので、たくさんのポイントを貯められます。また、海外で利用するとポイントは2倍になります。

・特定加盟店での利用でポイントが4倍になる

モノタロウ(事業者向けサイトのみ対象)やマネフォトクラウドなど、近年のビジネスシーンで利用が多い特定加盟店で利用すると、永久不滅ポイントが通常の4倍(1,000円ごとに4ポイント)貯まります。

まとめ

法人カードとビジネスカードのメリットとデメリットの記事はいかがでしたか?
法人カードはビジネスにさまざまなメリットをもたらします。上手に活用して、ビジネスの成長につなげましょう。

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス(R)・カードはこちら
セゾンプラチナビジネスアメックス新規入会キャンペーンセゾンプラチナビジネスアメックス新規入会キャンペーン

セゾンコバルト・ビジネス・アメリカン・エキスプレス(R)・カードはこちら
新規ご入会キャンペーン実施中!
セゾンコバルトアメックス新規入会キャンペーンセゾンコバルトアメックス新規入会キャンペーン

おすすめのクレジットカード

関連記事

人気記事