初めてのクレジットカードの選び方・使い方はココから!【Credictionary】

MENU

法人カードのメリットとは?

法人カードのメリットとは?

キャッシュレスでのお買物や公共料金の支払いなど、私たちのライフスタイルを便利にしてくれるクレジットカード。実は、ビジネスでも便利な一枚になります。
ここでは、ビジネスシーンにも利用可能なクレジットカード「法人カード」のメリットや活用法について解説します。

法人カードとは?そのメリットとは?

なぜ、法人や企業、個人事業主などが、ビジネスカードを導入するのでしょうか。それは、経理面やコスト節減、キャッシュフローの安定化など、さまざまな面で得られるメリットが大きいからです。
それぞれのメリットについて、一つひとつ説明していきましょう。

法人カードのメリット(1)経費精算が大きく効率化できる。

法人カードのメリット(1)経費精算が大きく効率化できる。

経費の計上漏れを防ぐ、会計ソフトとの連携が可能。

法人カードで支払いを行うと、そのまま支払いの項目や金額が自動的にデータ化されます。
そして、会計ソフトに連携することでカードの利用から経理的な作業までの一連の流れが自動化され、領収書の紛失などによる経費の計上漏れや、経費の申請を忘れてしまうなどのトラブルを、未然に防ぐことができます。

出張旅費や事務用品の購入、事務所の水道光熱費など、ビジネスで発生するさまざまな経費の精算の雑務は、すべての領収書を保管し、整理して計上するだけでも意外と煩雑で面倒なものです。
しかし、法人カードを利用すれば、これらの手間を省いて、経理的な作業が効率化することができます。

経費精算業務などの効率化

ビジネスで発生する経費を現金出納で処理する場合は、すべての領収書を保管し、整理して計上しなければいけません。
こういった雑務は煩雑で、手間がかかるものです。また経理担当者にも、提出書類のチェックや現金の出し入れで金融機関に足を運んだりする負担が生じます。

このようなビジネス上の経費を、法人カード払いに集約することで、経費精算の業務などが大きく効率化され、社員それぞれの負担が軽減されるというメリットがあります。

経費のコストカットにつながる

経費の立て替えなどで金融機関の振込を利用すると、振込手数料がかかります。1回あたりわずか数百円でも、それが毎日のことになると相当なコストになりかねません。
法人カードを利用することにより、振込手数料などのコストをカットできる、というメリットがあります。

ビジネス上のさまざまな支払いに利用できる

法人カードは、仕入れの代金を始め、事務所の水道光熱費や家賃、ガソリン代、サーバーの利用料金、広告費用など、さまざまな支払いにも利用できます。
毎月の支払い業務を行う手間が省ける、というメリットがあります。

業務上の急な高額出費にも対応できる

ビジネスの現場では、時として、予定していなかった高額の出費が発生する場合もあります。
もちろん必要な経費であれば仕方ありませんが、問題は現金を工面する方法です。
そんな時、法人カードがあれば安心です。個人カードよりもカード利用の上限額やキャッシングの枠が大きく設定されているので、ビジネスチャンスを逃さないというメリットがあります。

クレジットカードを使い分けることで、個人の支払いとビジネスの支払いを立て分けられる

現金支払いでは、個人の支払いとビジネス上の支払いを同じ財布で管理することになるので、公私の支払いが混在しがちになるという弊害がありました。
クレジットカードを「個人カード」と「法人カード」にわけることで、支払いがスマートになり、かつ公私の支払いを別々に切り分けられるというメリットがあります。

また、社員用の追加カードを発行することで、全社的な経費処理を一本化することも可能です。

法人カードのメリット(2)キャッシュフローにゆとりを持たせられる

キャッシュフローとは、法人や企業、個人事業主の「現金の流れ」のことです。
法人や企業、個人事業主に、一定期間に入ってくる現金は「キャッシュ・イン・フロー」、同様に出ていく現金は「キャッシュ・アウト・フロー」と言われ、その総称が「キャッシュフロー」です。

このインとアウトの差が手元に残る現金というわけですが、入金のタイミングよりも支払いのタイミングが先にきてしまう場合もあります。

そんなとき、支払いを法人カード払いにすれば、カードを利用した日から、カード利用金額が金融機関の口座から引き落とされるまでの「支払い猶予期間」が生まれます。実質的に支払日が遅くなるので、キャッシュフローにゆとりを持たせられるというメリットがあります。

口座の一元管理で経理の「見える化」を推進

ビジネス上のさまざまな支払いを、法人カード払いにすれば、取り扱う口座が一元化されます。複数の口座を管理する手間が大幅に省力化できます。
また、支払日はあらかじめ設定された1日に集約されます。

支払い方法がシンプルになることで、経理的な作業もわかりやすくなり「見える化」につながるというメリットがあります。

法人カードのメリット(3)法人カードはビジネスシーンに役立つサービスが受けられる。

法人カードには、ビジネスシーンに役立つさまざまなサービスが付いています。
主なところでは、コンシェルジュサービスや会議室、ホテル優待がついているところもあります。
また、旅行傷害保険や手荷物宅配サービス、国内・海外空港ラウンジなど、出張に役立つサービスがついているものもあります。

使えば使うほどビジネスシーンでの利用もポイントが貯まる

法人カードの中には、各カード会社によって違いますが、ポイントも付くものと、つかないものがあります。
法人税や自動車税、所得税等の税金の支払いや、会社の光熱費、出張・旅費や備品の購入などのお支払いをポイントのつく法人カードで支払えば、利用頻度が高い分、かなりのポイントを貯めることが可能です。

貯まったポイントは、カード会社によっては支払いに充当したり、ANAやJALのマイルに交換することも可能なので、経費節減に大きく貢献できるメリットがあります。

まとめ

法人カードはビジネスをする上で、業務や経費の効率化、キャッシュフローの改善を図る上でも重要なものです。
もし、まだ個人カードで経費を支払っていらっしゃる場合は、この機会に法人カードを持つことを検討してみてはいかがでしょうか?


登記簿謄本・決算書不要!スタートアップ企業にも!
セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス(R)・カードはこちら
新規ご入会で永久不滅ポイント1200ポイント(6000円相当)プレゼント 2018年12月20日(木)まで

おすすめのクレジットカード

関連記事

人気記事