【クレジットカードのことならCredictionary】

法人カードを作る上で知っておきたい還元率に関するポイント

法人カードを作る上で知っておきたい還元率に関するポイント

国の政策としてキャッシュレスが推進されるようになってから、あらゆるところでキャッシュレス決済端末が導入され、現在ではクレジットカードの利用もこれまで以上に見直されています。
企業でもこれまでは現金での精算が多かったものの、今後を見据えて法人カードを取り入れることを検討されているところも多いのではないでしょうか。

クレジットカードを使うメリットの1つには、ポイントの付与やそれに伴う「還元」があることがあげられます。
この記事では、法人カードを作る際に知っておきたい還元率や、クレジットカード申し込みの判断基準について紹介していきます。

セゾンコバルトアメックス新規入会キャンペーンセゾンコバルトアメックス新規入会キャンペーン

法人カードを作る際は、還元率を意識しよう

法人カードを作る際は、還元率を意識しよう

クレジットカードを利用した際に、利用金額に応じてポイントが付与され、気づいたらポイントが貯まっていたという経験がある方は少なくないのではないでしょうか。お手元にあるクレジットカードのポイントが、具体的にどのような還元率で付与されているかを把握していない方も多いかもしれません。

実はクレジットカードを作る際に、この「還元率」は重要なポイントとなります。還元率を意識することで、より効率よく、よりお得にクレジットカードを利用できるでしょう。

法人カードの還元率についての基礎知識

法人カードの還元率についての基礎知識

では実際に、クレジットカードの還元率とはどのようなものなのでしょうか。また、法人カードで効率よくポイントを貯めるには、どのような点を意識しておくべきなのでしょうか。
法人カードを利用するうえで、最低限知っておきたい「還元率の基礎知識」について解説をしていきます。

■還元率とは

還元率とは、「利用額に対していくらのポイントを得ることができるか」というもので、クレジットカードを利用して付与されるポイントが具体的にいくらになり、その率がどれくらいか、を示しています。
(利用額に応じて付与されるポイントの率を示すのは、「ポイント付与率」。)

例えば1,000円の利用で1ポイント付与されるクレジットカードが、1ポイントあたり5円相当が換算される場合の還元率は以下のとおりです。
5÷1,000=0.5%
つまり還元率は0.5%ということになります。

■法人カードにより還元率が異なる

法人カードの還元率は、クレジットカードによって異なります。

また付帯するサービスや内容も、クレジットカードによってそれぞれの特徴があります。
新たにクレジットカードを検討する際に、「還元率を比較すること」をおすすめします。法人カードの基本的な還元率としては0.5%~1.0%以上が多く、還元率の高い法人カードであればポイントも貯めやすく、経費の節減もより効率よくお得に行うことができるようになるでしょう。

■国際ブランドによって利用できない店舗がある

法人カードによっては利用できない店舗が存在する場合があります。いくら還元率が高くても、普段利用している店舗で利用できなかったら、意味がありません。使う目的と現在の利用先や利用頻度などをあらかじめ確認しておくとよいでしょう。

セゾンプラチナビジネスアメックス新規入会キャンペーンセゾンプラチナビジネスアメックス新規入会キャンペーン

法人カードの還元率を活かすために覚えておきたい点は?

法人カードの還元率を活かすために覚えておきたい点は?

では実際に、還元をうまく利用するためにはどのような点に注意したらよいのでしょうか。単にカードを使うだけでももちろんポイントが貯まっていきますが、お得な情報や自分がカードを利用する対象などを把握することで、その還元を最大限に活用できるようになります。
ここでは還元を最大限活用するべく把握しておきたい点を解説していきます。

■前年の利用額でポイント還元率が上がる?年間利用額を計算

カードの種類によっては、前年の利用額に応じて翌年度以降のポイント還元率がアップすることがあります。該当する法人カードを利用する場合は、1年間の合計利用額をあらかじめ計算し、ポイント還元率を把握しておくといいでしょう。

また、クレジットカードによっては条件によって還元率が変わるものがあります。新たに法人カードを申し込む場合は、選定基準にするとよいでしょう。

■決済をひとまとめ

経費として利用するカードをひとまとめにすれば、1枚のカードに利用額が集約されるため、よりポイントが貯まりやすくなります。法人カードを利用できる経費の一例としては以下のものが挙げられます。
・備品や消耗品の購入
・交通費
・出張時の旅費・宿泊費
・接待の飲食代、会議費
・光熱費
・通信費
・図書新聞費
・研修費
・教育費
・福利厚生費
・法人税や地方税、消費税
これらの支払いを1本化することができれば、ポイントが貯まるスピードはかなりアップするでしょう。もし、従業員カードを作成していた場合、個々が使っていても、支払いを法人口座に集約することも可能です。

■キャンペーンの利用

クレジットカード会社によって、通常のポイント付与や還元にプラスしてポイントを受けることができる、入会特典のボーナスポイントのキャンペーンや、キャッシュバックキャンペーンなどのタイミングがあります。カード会社のホームページからポイントキャンペーンのページや、連携するキャッシュバックサイトなどもチェックして、どれだけの還元が受けられるのか確認しておくとよいでしょう。

■有効期限

カード会社のポイントには有効期限が設けられているものが多いです。期限はどのカード会社もおおよそ2~5年程度ですが、カード会社によっては有効期限がないものもあります。
せっかく貯めたポイントを期限切れで失ってしまうのは非常にもったいないです。還元率とともに、カードのポイントをいつまで保有できるのか、あらかじめ把握しておく必要があるでしょう。

セゾンプラチナビジネスアメックス新規入会キャンペーンセゾンプラチナビジネスアメックス新規入会キャンペーン

還元率のほかにチェックしたい法人カードの判断材料

還元率は法人カードを選ぶ際の重要な判断材料の1つです。しかし、還元率のほかにも、サービスなど法人カードを選ぶ際の判断材料はたくさんあります。

■法人カードを作る目的

会社の業務内容などによって、法人カードの利用方法は大きく変わります。出張が多く、出張費・交通費の支払いで多く利用する会社もあれば、消耗品や仕入れなどで利用する業務の会社もあるでしょう。まずは、自分の会社はどのような内容でカードを利用することが多いのか把握したうえで、どこのカードが適しているのかを判断しましょう。

■海外に行く頻度

国内・海外出張が多い場合は、飛行機での移動費などを効率よく還元させるために、マイルを貯めることに重点を置くこともよいでしょう。

海外出張では旅費が大きくかかりますが、飛行機に乗れば乗るほどマイルが貯まる制度などもあります。また、クレジットカードのポイントを航空会社のマイルに還元できれば、出張費や交通費の削減ができます。出張などで飛行機に乗る機会が多い場合は、法人カードを選ぶ際に、出張や交通費に適したサービスを持つクレジットカード会社を選択することもおすすめです。

可能であれば、法人カードをすでに使っている方から、リアルなメリットやデメリットを聞くことも重要です。よい点だけでなく懸念点をしっかりと把握することで、より慎重にカードを選ぶことができます。

また、カード会社によっては紹介制度などでボーナスポイントを付与しているところもあります。すでに利用されている方の話を聞いて自分自身もそのカードでの入会を検討する場合、お知り合いの方からの紹介となればお互いにポイントが付与され、うれしい特典となるでしょう。

■従業員カード

法人カードを作る際に、従業員カードを作成できるかどうかも重要なポイントです。従業員の中でそれぞれ同じタイミングでクレジットカードを使いたい時もあるでしょう。

そんな場合は従業員カードを発行しておけば、従業員が同時にカードの利用を希望しても漏れることなく還元を受けることが可能です。ただし法人カードでは従業員カードの発行をしていない会社もあります。そのため、従業員カードの発行ができるのかどうかはあらかじめチェックしておきましょう。

■補償内容

法人カードの補償内容はカード会社やカードの種類によって異なります。検討しているカードに付帯している補償内容を把握するとともに、自社にとってどのような補償制度が必要なのかをあらかじめ確認しておく必要があるでしょう。

補償が受けられるのに受けていなかったり、逆に受けられると思っていて受けられなかったりということは、後々トラブルにもなりやすいものです。必ず入会前に補償内容や規約については必ず目を通しておき、万が一の時にはすぐに手続きができるようにしましょう。

まとめ

還元率についてそれぞれの法人カードの特徴を踏まえつつ、しっかりと把握していけば、クレジットカードの還元を最大に活用し、お得に利用できるでしょう。

どのような内容で利用してどのようなメリットを受けたいのか、カードの特徴を比較して自分の会社にあったカードを利用すると、通常の現金支払いにはないメリットを感じることができます。

還元率とステータス性を兼ね備えた法人カードをお探しなら、セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス(R)・カードがおすすめです。
セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス(R)・カードは特にJALのマイルに関して高い還元率を期待できます。「SAISON MILE CLUB」に無料登録したうえで条件を満たすと、最大1.75%の還元率でマイルを受け取ることができます。

どんな法人カードを作ればよいかお悩みの方は、ぜひともセゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス(R)・カードの申し込みを検討してみてはいかがでしょうか。


監修:株式会社Plus One
監修者:代表取締役社長 平山 和之
※公認会計士・税理士

おすすめのクレジットカード

人気記事