【クレジットカードのことならCredictionary】

個人事業主向けのビジネスカードとは?特徴やカード選びのポイント

個人事業主向けのビジネスカードとは?特徴やカード選びのポイント

個人事業主の方の中にはビジネスカードに興味はあるものの、どのようなカードを選ぶべきか迷っているという方もいるのではないでしょうか。

ビジネスカードの特徴と選び方のポイントを押さえることで、個人事業主として有効活用できるカードを選択できます。コストパフォーマンスの高いカードを選ぶためには、年会費や付帯サービスの違いに着目することも重要です。

そこでこの記事では、個人事業主向けのビジネスカードの特徴や選び方のポイントについてご紹介します。

セゾンコバルトアメックス新規入会キャンペーンセゾンコバルトアメックス新規入会キャンペーン

個人事業主が作れるビジネスカードとは?

個人事業主が作れるビジネスカードとは?

ビジネスカードとは、支払口座を屋号付きの口座に設定できるクレジットカードです。

プライベートな出費とビジネスでの出費を分けることで、経費計上の手間を省けることが大きなメリットです。ビジネスカードならではのさまざまな特典もあり、保険や福利厚生の面でも便利に使えます。

事務用品や公共料金、法人税、所得税、自動車税といったビジネスでの支払いを一本化し、個人事業主のビジネスをサポートしてくれる強い味方といえるでしょう。

個人事業主がビジネスカードを持つメリット

個人事業主がビジネスカードを持つメリット

個人事業を営むうえではさまざまな名目の経費がかかります。一人でお金の管理を行うのは煩雑な作業です。個人事業主にとって、経費の管理は悩みの種といえるでしょう。

これをサポートしてくれるのがビジネスカードです。個人事業主がビジネスカードを持ち、支払いを一本化することで生まれるさまざまなメリットをご紹介します。

■プライベートとビジネスの決済を分けられる

事業を行う中でかかる費用を現金で支払うと、レシートの管理や経費計上が面倒になりがちです。また、プライベートとビジネスでの出費の区別が難しいという問題もあります。

ビジネスでの支払いをビジネスカードに一本化すると、経費の金額が自動的に明らかになり経費計上の手間を簡略化できます。

カードの明細は支払いが経費にあたることを証明する手段にもなるため、確定申告の際に情報が足りないという理由で困ることもなくなります。

■キャッシュフローの把握ができる

個人事業主であれば、1年に1度の確定申告だけでなく毎月の支払情報もすべて自分で管理している人も少なくないでしょう。現金支払いやプライベートなカードでの支払いでは、情報の洗い出しが必要になるため、作業が煩雑になりがちです。

この点、ビジネスカードでは利用日から支払日まで1ヵ月~2ヵ月の猶予があり、公共料金なども含めて一括で支払うことができます。明細を見るだけでキャッシュフローの把握がしやすくなり、支払いに余裕をもって対応できることも大きなメリットです。

■急な出費に対応できる

利用限度額の上限によっては、ビジネスでの大きな出費に対応できない場合があります。不足分を現金やほかの個人カードで支払おうとすると、領収書や明細の管理が複雑になりがちです。

ビジネス利用を前提としたビジネスカードであれば、個人カードより利用限度額が比較的高いことが多いため支払いの一本化がしやすくなります。

さまざまなメリットを総合して、ビジネスでの支払いはビジネスカードで行うことで最適化できるといえるでしょう。

セゾンプラチナビジネスアメックス新規入会キャンペーンセゾンプラチナビジネスアメックス新規入会キャンペーン

個人事業主向けのビジネスカード選びのポイント

個人事業主向けのビジネスカード選びのポイント

ビジネスカードにはさまざまな種類があり、個人カードと同じようにポイント還元率や利用限度額の違いがあります。

サービスの内容やコストパフォーマンスを加味して、ビジネスの強い味方となる最適なビジネスカードを選択しましょう。個人事業主向けのビジネスカード選びの視点として、3つのポイントをご紹介します。

■ポイント還元率が高いカードにする

ビジネスカードと現金支払いの大きな違いとして、ポイント還元が挙げられます。ポイント還元率の高いビジネスカードは経費節減に効果が望める、という視点を持ちましょう。

ビジネスカードのポイント還元率は、0.3%~1.0%程度が一般的です。大多数のビジネスカードはポイントの保持期間が定められているため、失効するタイミングを把握しておくことも重要になります。

この点、「セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス(R)・カード」ではセゾンカードの「永久不滅ポイント」を貯めることができます。そのため、好きなだけポイントを貯めてから交換することが可能です。

また、「SAISON MILE CLUB」に登録すると、永久不滅ポイントに加え、ショッピングの利用ごとにJALのマイルも貯まります。永久不滅ポイントはJALのマイルに交換できるため、マイル還元率でいえば最大1.125%になります。

■トラベルサービスが充実したカードにする

ビジネスカードの中には、出張の手配や手荷物の手配などのトラベルサービスが充実しているものがあります。事業で出張することが多いなら、トラベルサービスの設定にも気を配りましょう。

「セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス(R)・カード」では、無料で利用できる2種類のトラベルサービスがあります。

1つ目は、500以上の都市・140以上の国や地域で1,200カ所以上の空港ラウンジを利用できる「プライオリティ・パス」に無料で登録できます。「プライオリティ・バス」の通常年会費は429米ドルです。日本円だと約46,000円※の価値があります。(※2019年10月11日現在)

空港ラウンジにおいて、軽食・ドリンクサービスやインターネットサービスなどを利用できます。

もうひとつは「コンシェルジュ・サービス」です。24時間365日、電話1本するだけで出張時のホテル・レストランの紹介や手配をサポートしてくれます。

■コストパフォーマンスの高いカードにする

ビジネスカードは年会費が数千円から数万円のものまでさまざまあり、付帯サービスも異なります。

利用目的に合った付帯サービスがあるかを考慮して、コストパフォーマンスの高いビジネスカードを選ぶことが重要です。

「海外旅行傷害保険」は最高1億円まで、「国内旅行傷害保険」は最高5,000万円まで、「ショッピング安心保険」は300万円までと最高水準の補償と安心が得られることも特徴です。

これだけサービスがついて年会費は2万円(税抜)、さらに年間100万円以上利用すると年会費が1万円(税抜)と、高いコストパフォーマンスを発揮しています。

まとめ

いかがでしたでしょうか?ビジネスカードを選ぶ上で重要なポイントは以下の3つです。
1.ポイント還元率が高いカードにする
2.トラベルサービスが充実したカードにする
3.コストパフォーマンスの高いカードにする
ビジネスカードを持つなら、個人事業主として有効活用できるカードを選びましょう。

手厚いサービスや高いコストパフォーマンスを求めるのなら、「セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン(R)・エキスプレス・カード」もご検討ください。カードは代表者の個人与信で審査されるため、法人登記簿や決算書も不要です。事業を始める前の1枚としていかがでしょうか。

監修:株式会社Plus One
監修者:代表取締役社長 平山 和之
※公認会計士・税理士

おすすめのクレジットカード

人気記事