【クレジットカードのことならCredictionary】

法人カードの年会費はどの勘定科目に分類される?経費で落とせる理由も解説

法人カードの年会費はどの勘定科目に分類される?経費で落とせる理由も解説

会社の経理担当者や個人事業主にとって、法人カードの年会費を経費として計上する場合、どの勘定科目に分類されるのかということは頭を悩ませる問題です。

そもそも法人カードの年会費を経費計上していいのかどうか、ということから分かっていない方もおられるかもしれません。

この記事では法人カードの年会費を経費として落とせる理由や、経費計上する際の勘定科目について説明したいと思います。

セゾンコバルトアメックス新規入会キャンペーンセゾンコバルトアメックス新規入会キャンペーン

法人カードの年会費。勘定科目は「諸会費」or「支払手数料」

法人カードの年会費。勘定科目は「諸会費」or「支払手数料」

最初に、「法人カードの年会費を経費計上していいのかどうか」という疑問に答えておくと、法人カードの年会費は経費計上してかまいません。

経費とは「事業を継続するために必要な出費」であり、法人カードは事務用品の購入や出張の際の交通費・宿泊費の支払いなど、仕事をするために必要な支払いを行うために用いられます。

経費の考え方からすれば、業務の遂行に必要な法人カードを維持するための年会費は、経費ととらえて何の問題もないことがお分かりいただけると思います。

次に問題なのは、法人カードを年会費計上する際の勘定科目は何かということです。

これも先に結論からお伝えしておくと、法人カードの年会費は「諸会費もしくは支払手数料」として経費計上されます。

諸会費と支払手数料は、それぞれ以下のような内容の勘定科目です。

・諸会費…企業の業務に関連する団体に支払う会費を管理する勘定科目
・支払手数料…企業の経営や取引によって生じる手数料や手間賃の支払いを管理する勘定科目

年会費は法人カードの会員資格を維持するためにカード会社に支払うので、諸会費としてとらえることができますし、企業の経営上必要な経費の支払いに必要するものなので、支払手数料としてとらえることもできます。

諸会費と支払手数料のどちらで経費計上してもOKですが、一度決めた勘定科目で翌年以降も処理しなければならないことには注意が必要です。

なお、法人カードの年会費には消費税が含まれているため課税取引となり、仕入税額控除の対象となることも把握しておかなければなりません。

法人カードの年会費は経費で落とせるため年会費無料にこだわる必要はない

個人でカードを利用する場合は、年会費無料にこだわる人も多いと思います。

ただ、ここまで説明してきたように法人カードの年会費は経費として計上でき、所得から経費を差し引いた金額が法人税の課税対象となるので、ある程度利益が上がっている会社であれば法人カードの年会費無料にこだわる必要はありません。

年会費が無料なものの付帯サービスがイマイチな法人カードを利用するよりは、年会費が発生するもののビジネスに役立つサービスをたくさん利用できる法人カードを利用するほうが、効率的に事業運営を行えるでしょう。

なお、法人カードをプライベートでの支払いにも利用している場合は、ビジネスとプライベートの利用割合に応じて、経費として計上できる年会費を按分計算しなければならないことには注意が必要です。

セゾンプラチナビジネスアメックス新規入会キャンペーンセゾンプラチナビジネスアメックス新規入会キャンペーン

セゾンが発行する2種類のビジネスカード

セゾンが発行する2種類のビジネスカード

法人カードの年会費を経費計上できる以上は、年会費を支払ってでも、ビジネスを円滑に進められる特典やサービスが付帯している法人カードを選びたいところです。

ここではおすすめの法人カードとして、「セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス(R)・カード」と「セゾンコバルト・ビジネス・アメリカン・エキスプレス(R)・カード」の、セゾンが発行する2種類のカードを紹介します。

海外出張などが多い方には「セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス(R)・カード」

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス(R)・カードの年会費は22,000円(税込)で、ラウンジや海外旅行保険などのサービス内容が充実しています。

引き落とし口座が個人名義口座と法人名義口座から選択できるのが特徴で、法人名義の口座を選ぶことで経費管理が楽になります。(※)。
また、事務用品の購入などを優待価格で行える「ビジネス・アドバンテージ」が利用できるのは、経費削減という観点では非常に助かるポイントです。

追加カードは9枚まで発行可能で、1枚に付き年会費3,300円(税込)が発生します。
利用明細では本カードの利用分と追加カードの利用分は分けて表示されるため、社員それぞれの経費使用状況を的確に把握できます。

セゾンコバルト・ビジネス・アメリカン・エキスプレス(R)・カードにはない特典・特徴としては、以下のようなものが挙げられます。
・「SAISON MILE CLUB」に登録することで、ショッピングでJALマイルが貯められる
・最高1億円までの海外旅行傷害保険と最高5,000万円までの国内旅行傷害保険
・国内の主要空港ラウンジが無料で利用可能で、「プライオリティ・パス」にも無料登録可能

旅行傷害保険やショッピングでのマイル付与など、プラチナカードの名に恥じないサービス・特典が多数利用可能です。
登録することで148以上の国や地域の空港ラウンジが利用できるようになる「プライオリティ・パス」は、海外出張などが多い会社では特に重宝します。

入会後に一定の条件を満たすことでプレゼントされる最大10,000円相当のポイントは、経費削減に充てることもできます。
旅行傷害保険や空港ラウンジ利用といった特典・サービスが充実していることを考えると、出張などで飛行機を利用する機会が多い企業向けのカードと言えるでしょう。
※法人名義口座は代表者名(カード申し込み本人)が併記されたものに限る。

セゾンプラチナビジネスアメックス新規入会キャンペーンセゾンプラチナビジネスアメックス新規入会キャンペーン

個人事業主やスタートアップには「セゾンコバルト・ビジネス・アメリカン・エキスプレス(R)・カード」

セゾンコバルト・ビジネス・アメリカン・エキスプレス(R)・カードの年会費は無料です。

これは、ビジネスに特化したサービスのみを付帯させる代わりに年会費を抑えたカードとして商品設計されたからで、本カードでは空港ラウンジや旅行傷害保険などの付帯はありません。

引き落とし口座を個人名義と法人名義の両方から選択できたり、「ビジネス・アドバンテージ」を利用できたりといった点は、セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス(R)・カードと同じです。

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス(R)・カードにはない特典・特徴としては、以下のようなものが挙げられます。
・9枚まで発行可能な追加カードは年会費永年無料
・永久不滅ポイントが通常の4倍(1,000円で1ポイント→4ポイント)貯まる「4倍ポイントサービス」

申し込みの手続きが簡単で追加カードの年会費も無料なので、事業をスムーズに進めつつもコストを抑えたいと考えているスタートアップの方などにとっては、非常に使いやすいカードです。

4倍ポイントサービスが利用できるのは以下の10の特定加盟店のみですが、いずれもビジネスニーズが多いため、ポイント4倍ということで、とても貯めやすくなっています。

・アマゾン ウェブ サービス
・エックスサーバー
・お名前.com ドメインサービス
・クラウドワークス
・cybozu.com
・さくらインターネット
・マネーフォワード
・かんたんクラウド(MJS)
・モノタロウ
・Yahoo!ビジネスセンター

年会費が無料で、アマゾン ウェブ サービス・マネーフォワードなどでのポイント還元率が4倍になっている点などを踏まえると、個人事業主やスタートアップの方を力強く後押しするカードと言えます。
※法人名義口座は代表者名(カード申し込み本人)が併記されたものに限る。

セゾンコバルトアメックス新規入会キャンペーンセゾンコバルトアメックス新規入会キャンペーン

法人カードの年会費勘定科目まとめ

法人カードの年会費勘定科目まとめ

法人カードの年会費は経費として計上することが可能で、勘定科目は諸会費と支払手数料のどちらかです。

年会費の経費計上が可能である以上、法人カードでは年会費が無料であることにこだわる必要はなく、ビジネスに役立つ特典やサービスが多数付帯しているカードを選ぶべきです。

法人カードは非常に種類が多いので、どのカードを選ぶべきかで悩むことも多いですが、ぜひ今回ご紹介させていただいたセゾンの2種類の法人カードも選択肢に加えたうえでご検討ください。

おすすめのクレジットカード

人気記事