JALのマイルを法人カードで貯める方法とは?おすすめのカードも紹介

JALのマイルを法人カードで貯める方法とは?おすすめのカードも紹介

法人カードは個人カードと比べて利用金額が高額になるため、上手にカードを選ぶことで効率よくJALのマイルを貯められます。

そのため、経費を支払う際はJALのマイルが貯まりやすい法人カードを選ぶのがオススメです。この記事では、法人カードでJALのマイルを貯める方法やおすすめのカードをご紹介していきます。

法人カードでJALのマイルを貯める方法

クレジットカードでの支払いで貯まるマイルには、飛行機を利用して貯まる「フライトマイル」と、ショッピングで貯まる「ショッピングマイル」の2種類があります。

ショッピングマイルは、ショッピング利用で支払った金額に応じて、マイルが貯まるというものです。事務用品などの購入に加えて、家賃や光熱費といった経費の支払いでもショッピングマイルを貯められます。

また、ホームページの作成などの広告宣伝費や、クラウドサービスの利用料などの通信費といった、どうしてもかさんでしまいがちな出費を法人カードで支払うことでも、効率的にショッピングマイルを貯められます。

法人カードによっては、ショッピング利用で「ショッピングマイル」のほかに、カード会社独自のポイントプログラムのポイントも付与されるものがあります。そのようなカードを利用すると、一度の支払いでマイルとポイントの両方が貯めることができます。

カード会社によっては、ポイントをマイルに交換することも可能なため、ショッピング利用で貯まったポイントをJALのマイルに移行することで、効率的にマイルが貯められます。

注意点としては、「フライトマイル」は貯まるものの、ショッピング利用では「ショッピングマイル」が貯まらない法人カードもあるという点です。

法人カードを選ぶ際には、お申し込み前に「ショッピングマイル」が貯まるカードなのかを忘れずにチェックしましょう。

税金の支払いでもマイルが貯まる

税金は一部支払いできないものもありますが、ほとんどがクレジットカードの支払いに対応しています。そのため、法人税や所得税、事業税などの税金の支払いでもマイルを貯めることが可能です。

ただし、クレジットカードによっては、税金の支払いにはポイントやマイルが付与されなかったり、ポイントやマイルの還元率が低くなったりするものがあります。

法人カードを選ぶ際には、税金の支払いでもしっかりマイルが貯まるカードなのか確認し、お得にマイルを貯めるようにしましょう。

セゾンコバルトアメックス新規入会キャンペーンセゾンコバルトアメックス新規入会キャンペーン

JALのマイルをお得に貯める法人カードの選び方

JALのマイルをお得に貯める法人カードの選び方

同じ金額を支払うなら、より多くのJALのマイルが貯まるカードを選びたいものです。そこでマイルが貯まりやすいカードの選び方を3つご紹介します。

1. マイル還元率

法人カードは個人カードと比較すると利用金額が大きくなるため、マイル還元率の違いが大きな差になってきます。

例えば、エコノミークラスでハワイ往復するのに必要なマイルは40,000マイルです。マイル還元率1.125%(1,000円(税込)で11.25マイル)のカードだと約350万円の利用で、40,000マイルを貯められますが、マイル還元率が0.5%(1,000円(税込)で5マイル)のカードだと800万円利用しなければ、40,000マイルを貯めることができません。

つまり、法人カードでの支払いが月々30万円だとすると、マイル還元率1.125%のカードだと1年でハワイ往復分のマイルを貯められるのに対して、マイル還元率0.5%のカードだとハワイ往復分のマイルを貯めるには2年以上かかってしまいます。

マイルを効率的に貯めて、無料の往復航空券を手に入れるためには、マイル還元率の良さに注目してカードを選ぶことが大切です。

2. ポイントからマイルへ移行する際の手数料や上限

前述のように、カード会社独自のポイントからJALのマイルに移行してマイルを貯められます。しかし、いくらポイント還元率の良いカードでもマイルへ移行する際に手数料がかかってしまうと、マイルに交換するお得感は薄れてしまいます。

なかには、年会費を別で支払うことでマイル還元率がアップするという法人カードもありますが、各種ポイントをマイルに移行して貯めたいのであれば、交換手数料が無料のカードを選ぶ方がお得です。

また、ポイントからマイルに交換する際に1日あたり、もしくは1か月あたりの交換可能ポイントに上限があるカードもあります。

例えば、1か月のマイル交換上限が20,000マイルまでというカードで、ビジネスクラスのハワイ往復分に必要な80,000マイルを交換しようと思うと、4か月もかけてマイル交換の作業を続けなければなりません。

せっかく貯めたマイルは使いたい時に使いたいタイミングで利用したいもの。そのため、貯めたポイントを必要なマイル数に一度で交換できるカードを選ぶようにしましょう。セゾンの永久不滅ポイントは、マイルへの交換上限数がなく、手数料も無料で交換できます。

3. 付帯サービス

それぞれの法人カードによって、付帯しているサービスは異なります。付帯している旅行傷害保険の手厚さも異なり、補償金額にも差があります。

法人カードの中には、24時間365日航空券やホテルの予約をしてくれる「コンシェルジュサービス」や世界140か国1,200か所以上の空港ラウンジが利用できる「プライオリティ・パス」が付帯しているカードもあります。

法人カードを持つからにはマイルが貯まるだけでなく、これらの付帯サービスを活用して、ビジネスライフをより便利で、より充実したものにしましょう。法人カードを選ぶ際には、ビジネスに役立つ付帯サービスが豊富で質の高いものかをチェックすることも大切です。

セゾンコバルトアメックス新規入会キャンペーンセゾンコバルトアメックス新規入会キャンペーン

JALのマイルが貯まるおすすめの法人カードはこの1枚!

ここでは、JALのマイルが効率的に貯まる個人事業主や小規模事業者向けの法人カードであるビジネスカードのおすすめを紹介します。おすすめのカードは「セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス(R)・カード」です。どのような特徴のあるカードなのか、詳しくご紹介していきます。

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス(R)・カード

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス(R)・カード」はプラチナカードでありながら、年会費22,000円(税込)。年間200万円以上利用すれば、翌年度は半額の11,000円(税込)になります。

さらに通常は年会費4,400円(税込)が必要な「SAISON MILE CLUB」の年会費が無料。「SAISON MILE CLUB」に登録すると、1,000円(税込)で10マイル、さらに2,000円(税込)で1永久不滅ポイント(約5円相当)も貯まります。

貯まった永久不滅ポイントは200ポイントで500マイルへ交換できるため、「SAISON MILE CLUB」に登録しておくことで、ショッピング利用1,000円あたり11.25マイル貯まることになります。

さらに、「セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス(R)・カード」はプラチナカードならではの付帯サービスも充実しています。最高1億円の旅行傷害保険や、年会費429米ドルの「プライオリティ・パス」プレステージ会員への登録が無料、専用コンシェルジュが誠心誠意対応する「コンシェルジュサービス」も利用できます。

「セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス(R)・カード」はJALのマイルが効率的に貯まり、付帯サービスも充実しているおすすめの1枚です。

セゾンプラチナビジネスアメックス新規入会キャンペーンセゾンプラチナビジネスアメックス新規入会キャンペーン

よくある質問

Q1 法人カードでJALのマイルを貯める方法は?

クレジットカードでの支払いで貯まるマイルには、飛行機を利用して貯まる「フライトマイル」と、ショッピングで貯まる「ショッピングマイル」の2種類があります。

Q2 JALのマイルをお得に貯める法人カードの選び方は?

マイルが貯まりやすいカードの選び方は、「マイル還元率」、「ポイントからマイルへ移行する際の手数料や上限」、「付帯サービス」などをチェックしましょう。

Q3 税金の支払いでもマイルは貯まる?

税金は一部支払いできないものもありますが、ほとんどがクレジットカードの支払いに対応おり、法人税や所得税、事業税などの税金の支払いでもマイルを貯めることは可能です。ただし、クレジットカードによっては、税金の支払いにはポイントやマイルが付与されなかったり、ポイントやマイルの還元率が低くなったりするものもあります。

法人カードでJALのマイルを貯める方法のまとめ

法人カードでJALのマイルを貯める主な方法は、ショッピングマイルを貯めることとポイントをマイルに交換することです。そのため、JALのマイルを効率的に貯められるよう、マイル還元率が良く、ポイントをマイルへ交換する際の上限や手数料のかからないカードを選ぶようにしましょう。

また、ビジネスライフをより便利で充実したものとするために、付帯サービスが充実しているカードを選ぶことも重要です。「セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス(R)・カード」はマイル還元率が高く、プラチナカードらしい充実した付帯サービスが魅力的。JALのマイルを貯めたい方はぜひチェックしておきたい1枚です。

おすすめのクレジットカード

マイル関連記事

国民年金や税金の支払いにおすすめのクレジットカード

人気記事