【クレジットカードのことならCredictionary】

コワーキングスペースとは?設備・サービスや他サービスとの違い、メリットを紹介

コワーキングスペースとは?設備・サービスや他サービスとの違い、メリットを紹介

近年、働き方改革の一環として、テレワークを導入する企業が増えたこともあり、オフィス以外の場所で仕事をする方も珍しくなくなってきました。

とはいえ、在宅勤務となると、「仕事に必要な設備がそろっていない」、あるいは、「一人だと、ついつい怠けてしまう」など、懸念点があるのも事実です。

そんなときに、ぜひ使っていただきたいのが「コワーキングスペース」です!

ここでは、仕事場として活用できるコワーキングスペースの特長や料金システム、メリット、注意点について解説します。

セゾンプラチナビジネスアメックス新規入会キャンペーンセゾンプラチナビジネスアメックス新規入会キャンペーン

コワーキングスペースとは?

コワーキングスペースとは?

コワーキングスペースとは、簡単に言えば、共有オフィスのことです。

利用料金を払えば、誰でも施設内のデスクやイス、無料Wi-Fiなどを自由に使いながら、仕事場として利用できます。

コワーキングスペースが登場したのは、2006年。孤独な在宅ワーカーが生産性を上げながら、仕事環境の共有と人的交流を図る目的のもと、アメリカのサンフランシスコにCitizen Space(シチズン・スペース)が誕生したのが、その原点と考えられています。

そもそもコワーキングとは?

コワーキングは、「Co(共に)」と「Working(働く)」という2つの言葉でできており、直訳すると「共に働く」という意味になります。これは、2005年頃からアメリカ・サンフランシスコで広まった働き方で、主にフリーランスや小規模事業者が自分の仕事をしながら、同時に人的交流を図るなかで、スキルや経験を共有しあい、助け合うようなワークスタイルのことを指します。

単にオフィスを共有するだけでなく、コミュニケーションを図りながら、情報や知見を共有しあい、あるいは刺激しあうことにより、互いに貢献しあうような働き方を「コワーキング」と呼びます。

コワーカーとは?

コワーカー(co-worker)とは、広義では「同僚」、狭義では「コワーキングスペースの利用者」のことを指します。では、狭義でとらえた場合のコワーカーには、どんな方がいるのでしょうか?

まず、場所に縛られずに仕事ができるフリーランスやスタートアップの起業家に、コワーキングスペースは多く利用されています。テレワークをおこなう会社員や、勉強場所として利用する学生も最近では増えています。

職種としては、エンジニアやデザイナー、ライターなどを中心に、幅広い方がコワーカーとしてコワーキングスペースを活用しています。ちなみに、最近では、子供と一緒に利用できるコワーキングスペースや、女性専用のコワーキングスペースも開設されはじめ、女性の利用者も増加傾向にあります。

コワーキングスペースの営業時間

コワーキングスペースは、朝9時~10時頃に営業を開始し、19時~22時頃に営業を終了するのが一般的です。

最近は土日祝日も利用できる施設も見られ、より自由な働き方の実現をサポートする場所として親しまれています。

ちなみに、主要都市の中心部では24時間営業のコワーキングスペースも存在します。

なかには複数のプランから「専用プラン」を選択することで24時間利用が可能になる施設もあるので、コワーキングスペースを探す際は各プランごとに料金・営業時間をチェックしましょう。

コワーキングスペースで利用できる設備

以下は、コワーキングスペースで利用できる設備・機能の例です。

■ワークスペース(デスクやチェア、モニター、個室ブース)
■会議室
■インターネットに接続できる環境(利用者専用のWi-Fiや有線LANポートなど)
■OA機器(プリンターやコピー機など)
■専用ロッカー
■自販機

施設によって設備・機能に差があることにご留意ください。フリードリンクが提供されている施設もあれば、一部の設備(個室ブース、会議室など)を有料で貸し出している施設もあります。

コワーキングスペースを利用する際は、ご自身が利用したい設備・機能が用意されているか、有料の場合はいくらかかるのかを、事前に各施設の公式サイトで調べておきましょう。

コワーキングスペースで利用できるサービス

以下は、コワーキングスペースで利用できるサービスの例です。

■法人登記用の住所使用許諾
■住所の利用(郵便物受取、転送など)
■電話取次
■ビジネスマッチング
■専門家(弁護士、会計士など)の紹介

これらのサービスを利用する際には、追加料金の支払いが必要なケースがあるのでご注意ください。

あらかじめ施設の公式サイトで調べたり電話で問い合わせたりして、追加料金の発生の有無や金額について把握しておくことをおすすめします。

コワーキングスペースとシェアオフィス・レンタルオフィスなどの違い

コワーキングスペースに似た施設として「シェアオフィス」「レンタルオフィス」が存在します。

コワーキングスペースもシェアオフィスも、作業場所を自由に選べるフリーアドレス形式のワークスペースです。これら施設の明確な違いとしては、「オープンスペース」であるかという点が挙げられます。

シェアオフィスは、ひとつのオフィスを複数の企業や個人が共有するオフィスです。

「作業場所としての機能」に重点が置かれており、多くのシェアオフィスでは座席の間にパーティションが設置されていたり個室だったりします。図書館やカフェのようなオープンスペースをイメージされるとわかりやすいかもしれません。

それに対してコワーキングスペースは、「コワーキング(協働)」という名称のとおり、ともに働くことが重視されているのが特長です。

基本的に図書館の閲覧室のようなオープンスペースとなっており、自由に座席を移動できるフリーアドレス制が採用されています。

また、レンタルオフィスやシェアオフィスが作業場としての機能を優先させているのに対し、コワーキングスペースは利用者間の交流を重視しているという特長を持っています。

コワーキングスぺースは、「人の参加」が軸となる場所です。

イベントやセミナーが開催されるなど、利用者同士のコミュニケーションが活発な傾向が見受けられるので、開業したばかりで「人脈を広げたい」「情報を交換したい」とお考えの方は、コワーキングスペースを利用してはいかがでしょうか。

なお、シェアオフィスのほかにも、「サテライトオフィス」「レンタルオフィス」「バーチャルオフィス」と呼称されている施設が存在します。

「これらの施設の違いが良く分からない」という方へ、各施設の概要・特長を下表にまとめました。

施設の種類 概要・特長
コワーキングスペース ■初期費用・月額料金を抑えながら、作業場所の確保が可能
■「人の参加」「コワーキング(協同=共に働くこと)を重視している施設
■利用者同士でコミュニケーションがされやすい環境(作業場所を自由に選択できる「フリーアドレス形式」が一般的)
シェアオフィス ■1つのオフィスを複数の企業や個人が共有する形式で、通常のオフィスを借りるよりも初期費用・月額料金を抑えることが可能
■会議室やコピー室など、業務に必要なものが用意されている
■一般的にコワーキングスペースと同様のフリーアドレス形式
サテライトオフィス ■企業の本社や本拠から離れた場所に設置するオフィス
■低費用で拠点を構えることが可能
■社員の「多様な働き方」の実現を目的として設置されることもある
レンタルオフィス ■業務に必要なデスクやパソコン、ネット環境が整備された貸事務所の総称
■「専用の個室」が用意されているケースが多いが、一般的に会議室やコピー室は共有
■通常の貸事務所よりも低費用
バーチャルオフィス ■事業上の住所を低費用で提供することが目的
■基本的に、物理的な作業スペースは提供されない
■一般的な機能は、郵便物の受付・転送、電話やFAX番号の利用、法人登記のための住所利用など

法的な定義が存在しないため、上記の特長があてはまらない施設も一部ありますが、一般的には上表のような意味で使用されています。

コワーキングスペースとシェアオフィス、サテライトオフィス、レンタルオフィス、バーチャルオフィスの違いについて詳しく知りたい方は、以下の記事もご覧ください。

「シェアオフィスとコワーキングスペースの違いは?5つのオフィスの特徴を解説します」

利用前に押さえておくべき!コワーキングスペースの2つの料金システム

利用前に押さえておくべき!コワーキングスペースの2つの料金システム

コワーキングスペースには「定額制」と「ドロップイン制」の2種類の料金システムがあります。

自身の利用シーンを想定しながら、これから紹介する定額制とドロップイン制のどちらが適しているか考えてみましょう。

なお、コワーキングスペースのなかには完全キャッシュレス制を導入しているケースも存在するので、あらかじめ施設の公式サイトを閲覧し、決済手段を確認しておくことをおすすめします。

1.定額制

定額制では、所定の月額費用を支払うことで、ワークスペースを利用することが可能になります。

頻繁にコワーキングスペースを利用する方や、オフィス代わりに使いたいと考えている方には、この定額制がおすすめです。利用回数が多い方の場合はとくに、その都度料金を支払うよりも、定額制を選んだほうがコストを抑えられます。

定額制には、利用時間や曜日、あるいはワークスペースのタイプに応じて、複数のプランが設けられています。

例えば、平日の昼間だけ利用できる「平日デイタイムプラン」、週末だけ使える「週末プラン」など、店舗ごとに、利用者のニーズに沿った、さまざまなプランが用意されています。

プランによっては、自分専用の固定席を確保できることもあります。フリーアドレスの席が混雑しているときでも、固定席を持っておけば、いつでも快適に作業できるでしょう。

また、定額制なら、法人登記や郵便受取など、法人向けのサービスを利用することも可能です。そのため、スタートアップの起業家や、オフィス代わりとしてコワーキングスペースを使いたい方には、定額制が適しています。

2.ドロップイン制

ドロップイン制は、1日単位や時間単位で料金が発生するシステムです。カラオケの料金システムをイメージしていただくとわかりやすいかもしれません。

使える席はフリーアドレスの席のみですが、施設内のWi-Fiやフリードリンクなどは、定額制の利用者と同じように使えます。

また、定額制は利用するにあたって、審査に通過する必要があるなど、手続きにある程度時間がかかりますが、ドロップイン制ならふらっと立ち寄ってすぐに使い始めることが可能です。

移動の多い方や、使う頻度が少ない方、あるいは試しに利用してみたい方に、ドロップイン制はおすすめです。

知れば使いたくなる!コワーキングスペースの5つのメリット

知れば使いたくなる!コワーキングスペースの5つのメリット

コワーキングスペースは、フリーランスや起業家はもちろん、それ以外の方にとっても、利用するメリットが複数あります。

1.用意されている設備を使って、さまざまな業務を遂行できる
2.作業に集中できる
3.初期費用・ランニングコストが抑えられる
4.人脈が広がり、情報交換・スキルアップの機会が得られる
5.会議室を使うことができる

ここでは、上記5つのメリットについて、1つずつ解説します。これを知れば、きっと一度はコワーキングスペースを使ってみたくなるはずです。

1.用意されている設備を使って、さまざまな業務を遂行できる

仕事に必要な設備を一から準備するとなると、かなりの手間とコストがかかってしまいます。

しかし、コワーキングスペースであれば、すでに仕事に必要な設備がそろっています。低コストで快適な仕事場が利用できるのです。

コワーキングスペースでは、例えば、デスクやイスはもちろん、無料Wi-Fiや電源(コンセント)、プリンター、フリードリンクなどが自由に利用でき、場所によってはキッチンが使えたり、3Dプリンターなどの専用機器が使用できたりする場合もあります。

そのため、施設によっては、Webサイトの制作や画像加工、動画編集、記事のライティングといった業務に加えて、キッチンで料理を作る様子の撮影や3Dプリンターを使った商品の製造も可能です。

2.作業に集中できる

自宅で作業する場合、プライベートと仕事のメリハリをつけることが難しくなります。

また、一人で作業していると、周りの目がないこともあり、ついつい怠けてしまい、作業に集中できないこともあるでしょう。

コワーキングスペースであれば、基本的にはオープンスペースで、周りに人がいる状態ですから、集中力が途切れた際にも、周囲の様子が良い刺激となるでしょう。

また、カフェやファミリーレストランで作業する方も多いですが、カフェやファミリーレストランの場合、滞在時間が長いと注意を受けたり、何か注文しないと店員さんの目が気になったりしますよね。

コワーキングスペースの場合は、原則として、利用料金を払えば使い放題ですから、滞在時間や店員さんの目を気にする必要もありません。

適度な緊張感を持って仕事をおこなうのに、コワーキングスペースは適した空間です。

プライベートとはっきり区別することができ、家にいるときよりもメリハリを持って作業にあたれるため、作業効率のアップにもつながるでしょう。

3.初期費用・ランニングコストが抑えられる

スタートアップの起業家にとって、事業を始めるための初期費用や、事業を継続するためのランニングコストは悩みの種でしょう。

家賃や保証金、光熱費、通信費などの固定費はもちろん、デスクやイス、プリンターなどを用意する費用を含めると、初期費用だけでも多くの資金が必要になります。

コワーキングスペースであれば、すでに必要な設備がそろっており、それらを低コストで利用できます。環境を整えるコストも時間も節約できるのです。これなら、すぐにでも事業をスタートさせることができるでしょう。

とくにスタートアップの場合、収益が発生するまで時間がかかることもありますので、初期費用やランニングコストが抑えられるコワーキングスペースを利用するメリットは大きいはずです。

さらに、数万円の月額料金を支払えば、法人登記、郵便・荷物受取サービス、ゲスト対応などの法人サービスをあわせて利用できるお店もあります。

コワーキングスペースであれば、会社として必要な機能を低コストで持つことが可能です。

4.人脈が広がり、情報交換・スキルアップの機会が得られる

コワーキングスペースはもともと、新たなコミュニティ形成を図る目的で作られた空間です。そのため、スペース内で作業をしつつ、利用者はほかの利用者と自由に交流できます。

店舗ごとに、交流イベントや各種の勉強会を開催していることも多く、こうしたイベントを通して新たなつながりを得ることも可能です。

コワーキングスペースには、他業者・他職種の方が集まり、情報交換や人脈構築を図っています。

孤独を避けるという意味合いでもコワーキングスペースは有用ですが、協業できるパートナーを見つけ、新たなビジネスチャンスを獲得する場としても大いにメリットがある場所です。

5.会議室を使うことができる

会社員に限らず、フリーランスや起業家の方でも、クライアントやビジネスパートナーとの会議が必要になることはあるでしょう。コワーキングスペースには、会議室が設けられているため、打ち合わせをしたいときにも対応できます。

社内に会議室がない場合や、出先で打ち合わせをする必要がある場合などに便利です。ホワイトボードやプロジェクターが使える店舗もあり、本格的な打ち合わせをおこなうこともできます。最近では、オシャレな内観のコワーキングスペースも増えているため、会議のときに、相手によい印象を与えることができるかもしれません。

コワーキングスペースの多様な使い方

コワーキングスペースは、仕事場・作業場として利用する以外に、「打ち合わせ場所」「ワークショップなどイベントの会場」「キッチン設備がある場合は試食会」といった使い方も可能です。以下、多様な使い方の例を3つご紹介します。

打ち合わせ場所

普段は自宅で仕事をしているフリーランスの方は、誰かと打ち合わせをする際の場所選びに悩んだ経験があるかもしれません。

喫茶店などを使えば低コストで打ち合わせを実施できますが、通りすがりの客に書類を見られたり、会話内容が周囲に聞こえてしまったりするリスクがあります。

プライバシーを守ったり情報漏洩を防いだりするためには、コワーキングスペース内にある会議室を利用する方が望ましいです。

なお、打ち合わせの際だけ利用するのであれば、時間単位で料金が発生するドロップイン制を選択すると良いでしょう。

ワークショップなどイベントの会場

コワーキングスペースは、少人数でのクローズドな勉強会や、大型プロジェクターを使った大規模なトークイベントなどの会場としても使えます。ワークショップやセミナーを主催する方は、コワーキングスペースで実施することもご検討ください。

なお、イベント会場として利用できる時間帯や、レンタル可能な器具、お酒や料理の提供の有無などについては施設ごとに異なります。事前に利用規約を確認しておきましょう。

キッチン設備がある場合は試食会

水道やガス、シンク、コンロといったキッチン設備のあるコワーキングスペースなら、料理の実演をしたり試食会を開催したりすることも可能です。

食品関連の仕事をされている方は、マーケティング調査の会場としてコワーキングスペースを利用してはいかがでしょうか。

また、営利目的だけではなく、町内会などの地域コミュニティやNPO法人がメンバーに料理をふるまう場としても活用できます。収穫した農作物や釣った魚を調理して一緒に食べれば、仲間同士の絆が深まるかもしれません。

設備によってキッチンの利用可否やルールは異なるので、コワーキングスペースでキッチン設備の利用を考えている方は、施設に問い合わせしましょう。

コワーキングスペースを利用する際の注意点

コワーキングスペースを利用する際の注意点

コワーキングスペースは、オープンスペースで互いにデスクやその他の設備を共有して利用することになります。コストを抑えられる点はメリットですが、ワークスペースを共有する際に注意しておくべきポイントもあります。ここからは、コワーキングスペースの注意点を解説します。

セキュリティ

コワーキングスペースは、様々な方が出入りしている場所です。そのため、席を外すときは、セキュリティに注意を払う必要があります。

雑音

コワーキングスペースは自分以外にも多くの方が利用している場所ですから、ときには、雑音が気になることがあるかもしれません。例えば、キーボードを叩く音、イヤフォンの音漏れ、雑談の声などにより、集中できなくなる可能性はあります。

もともとコミュニケーションをとることを大切にしている場所ですから、ある程度の話し声はあるものと考えておいた方がよいでしょう。音に敏感という場合は、定額制の個室プランを契約するなどして、自分専用の席を確保しておくことをおすすめします。

作業スペースの広さ

コワーキングスペースは原則として、フリーアドレスの席のため、混雑している場合、座る場所がほとんどないということもあります。仮に、座れた場合でも、混みあっている可能性もあります。

広い作業スペースを確保したいという方は、定額制の固定席を契約するか、そもそも広いフロアを用意しているコワーキングスペースを探すようにしましょう。

例えば、フレキシブルオフィスWeWorkは、広い共用エリアに加え、プライベートオフィスも契約ができるので、十分な作業場所を確保するのに最適です。

コワーキングスペースの利用を検討している方は、クレジットカードの導入も検討しよう

コワーキングスペースの利用を検討している方は、クレジットカードの導入も検討しよう

通常のオフィスを借りると、家賃に加えて水道光熱費や通信費など多額の費用が発生します。開業したばかりの個人事業主やフリーランスの方は、コワーキングスペースを活用すれば、初期費用やランニングコストを抑えられるかもしれません。

コワーキングスペースでは多種多様な業種の方が、同じ空間で仕事をしています。異なる業種の人と出会う機会が生まれやすく、情報を交換したり人脈を広げたりしやすいので、事業を立ち上げたばかりの方に適した施設です。

なお、コワーキングスペースを使う際には、利用料金をカードで支払うとポイントが貯まってお得です。

ちなみに、個人向けのクレジットカードよりもビジネスカードの方が、会計などビジネスに役立つ付帯サービス・優待特典が充実しています。個人事業主やスタートアップ企業の経営者はビジネスカードの保有を検討してはいかがでしょうか。

以下、おすすめのカードとして、「セゾンコバルト・ビジネス・アメリカン・エキスプレス(R)・カード」および「セゾンパール・アメリカン・エキスプレス(R)・カード Digital」の2枚をご紹介します。

セゾンコバルト・ビジネス・アメリカン・エキスプレス(R)・カード

セゾンカードでは、開業したての方や個人事業主の方に向けてビジネスカードを提供しています。

なかでもおすすめな「セゾンコバルト・ビジネス・アメリカン・エキスプレス(R)・カード」は年会費無料なのが特長です。

申し込みの際も「登記簿謄本・決算書」などの提出は不要で、インターネットのみで完結できます。

さらに、ヤフービジネスサービスやクラウドワークス、アマゾン ウェブ サービス(AWS)など、ビジネスシーンでご利用の多い上記のサイトでカードをご利用すると永久不滅ポイントが通常の4倍貯まるため、経費削減にもつながります。

また、セゾンコバルト・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードなら従業員の方々への追加カードを無料で9枚まで発行可能です。

追加カードのご利用分は、本会員様のご利用分と合わせて一括払いとなるため、従業員の方々による立替払いや清算業務が不要になります。

ご利用明細にも追加カードご利用分は区分して表示されるため、経費使用状況の的確な把握につながるでしょう。

セゾンコバルトアメックス新規入会キャンペーンセゾンコバルトアメックス新規入会キャンペーン

セゾンパール・アメリカン・エキスプレス(R)・カード Digital

コワーキングスぺースは、学生などがビジネス以外の目的で利用することも可能です。

しかし、「キャッシュレス決済専用」のコワーキングスペースがも見られるため、「現金で支払えないので利用を諦めた」という経験をお持ちの方がいらっしゃるかもしれません。

キャッシュレス決済の利用を検討されている方は、審査完了後最短5分でセゾンカードの公式スマホアプリ「セゾンPortal」上にデジタルカードが発行される「セゾンパール・アメリカン・エキスプレス(R)・カード Digital」を検討してみてください。

デジタルカードが発行されるため、審査完了後カードの郵送を待たずにショッピングやキャッシングを利用できるのが特長です。

また、後日郵送されるICチップ付きのプラスチックカードで買い物をすることも可能です。

券面にカード番号や有効期限、セキュリティコードといった情報が記載されていない完全ナンバーレスカードとなっているため、店頭で利用する際に盗み見をされる心配がありません。

初年度の年会費は無料である点もおすすめしたいポイントのひとつ。2年目以降は通常1,100円(税込)の年会費がかかりますが、年に1回でも利用があれば翌年の年会費が無料になります。

なお、お支払いの際はカードと紐付けたQUICPay™で支払うとお得です。
加えて25歳未満の方なら、セゾンカード公式アプリ「セゾンPortal」で利用できる「セゾンクラッセ」の特典で買物がさらにお得になります。

セゾンPortal内の「セゾンクラッセ」ボタンを押すだけで、セブンイレブン・ローソン・ファミリーマートでの利用時に還元率が2%上乗せされます。

合計で5%の還元率(通常の10倍の永久不滅ポイントが付与)となるお得なサービスですので、25歳未満の方はぜひご活用ください。

通常の6倍の永久不滅ポイント(税込1,000円につき6ポイント)が付与されるため、1ポイント=5円相当のアイテムと交換すれば利用金額の3%相当(1,000円につき30円相当)が還元されることになります。

また、アメリカン・エクスプレス会員向けサービスである「アメリカン・エキスプレス・コネクト」も利用可能です。ショッピング・ダイニング・ホテルなどの優待特典をお楽しみください。

セゾンパールセゾンパール

まとめ

いかがでしたでしょうか?今回は、コワーキングスペースについて解説しました。

仕事場としての機能はもちろん、コミュニティ形成の機能も兼ね備えているのが、コワーキングスペースの特長になります。

仕事に必要な設備がそろっているので、初期費用やランニングコストを抑えながら、低コストで快適な作業環境が確保できる点は大きなメリットです。

さらには、イベントや交流会を通して、人脈をひろげていく人間関係構築の場としてもご活用いただけます。

もし、初期費用を抑えてビジネスカードを用意しておきたいなら「セゾンコバルト・ビジネス・アメリカン・エキスプレス(R)・カード」をおすすめいたします。

また、キャッシュレス決済限定のコワーキングスペースが増えているため、学生などがビジネス以外の目的で施設を利用する際には「セゾンパール・アメリカン・エキスプレス(R)・カード Digital」を持っておくと便利です。ぜひご検討ください。

おすすめのクレジットカード

人気記事