Credictionary

PL(損益計算書)で何がわかる?BS(貸借対照表)やCFの違い、5つの利益も解説

PL(損益計算書)で何がわかる?BS(貸借対照表)やCFの違い、5つの利益も解説

「PL(損益計算書)」は企業が作成する決算書のひとつです。PLには全部で5つの利益が記載されているのですが、それぞれどのような利益かご存知でしょうか。PLを見ると企業の経営成績を把握することができるため、今後ビジネスをより成長させていくうえで欠かせません。

本記事では、PLに記載されている内容や見方をわかりやすく解説するほか、PLと同様に企業を成長させるうえで欠かせないBS(貸借対照表)とCF(キャッシュフロー計算書)との違いを解説します。

また、経費管理に便利なおすすめのビジネスカードもご紹介しているので、ぜひ参考にしてください。

セゾンプラチナビジネスアメックス新規入会キャンペーンセゾンプラチナビジネスアメックス新規入会キャンペーン

セゾンビジネスカードセゾンビジネスカード

PL(損益計算書)って何?

PL(損益計算書)って何?

PLとは、期末日などある時点において、売上高などの「収益」と売上原価や販売費及び一般管理費などの「費用」を差し引いた結果、その期間にどれだけ利益(損失)が出たかを報告する決算書のことです。

英語で表記すると「Profit(=利益) and Loss(=損失) Statement(=報告書)」となり、こちらを略して「PL」と呼ばれるようになりました。日本語では「損益計算書」と言われます。

PLは、企業の一定期間におけるビジネスの経営成績を示すものであるため、前年データや同業者他社と比較するなどして自社の状況を把握しておくことが必要です。

PLの見方がわかれば会社の状況を適切に把握できる

平たくいうと、PLは一定期間、会社はどの事業でお金を稼いでいるのか、あるいは損失を出しているのか、どれだけのお金を貯めているのかといった、会社の状況を適切に把握できる決算書です。

また、PLからは損益分岐点の把握も可能です。損益分岐点とは、利益と損失のバランスが均衡する水準のことで、この分岐点よりも売上が上なら利益が、この分岐点よりも売上が下なら損失が発生するという指標になります。

損益分岐点の計算式は「固定費÷{1-(変動費÷売上高)}」で、固定費や変動費、売上高などの数字はすべてPLに記載されています。

ほかにも営業利益率が高いかどうかもPLの数値から判断できます。

PLに記される5つの利益とは?

PLに記される5つの利益とは?

利益にもいろいろあり、PLからは合計5つの利益を算出できます。ちなみに、ある部分の収益からある部分の費用を差し引くと、利益となります。以下では、PLに記される5つの利益について、ひとつずつご説明していきます。

①「売上総利益」は会社の稼ぐ力をあらわす

売上総利益は、自社のメインとなる商品やサービス自体がどの程度の利益を出しているかあらわしています。「粗利益(粗利)」と呼ばれることもあり、「売上高-売上原価」から算出できます。

売上高 商品の販売やサービスの提供などの本業における収益。
売上原価 商品の仕入やサービスを作り出すのにかかった費用のこと。なお、売上原価はPL作成の対象となっている期間の売上を上げるためにかかった費用全般のため、売れ残った商品の分は含まれない。

売上高から売上原価を差し引いて算出される売上総利益は、企業の稼ぐ力をあらわしていることになります。売上総利益を改善する場合は、「売上高を上げる」、「売上原価を下げる」の2つの方法があります。

②「営業利益」は会社の本業における稼ぐ力がわかる

商品を販売したり、サービスを提供したりするためには宣伝や管理が必要です。

営業利益は、このような経費を売上総額から引いた利益、つまり、企業の営業力によって得た利益をあらわしています。営業利益は「売上総利益-販売費及び一般管理費」で算出できます。

販売費及び一般管理費 商品の販売やサービスの提供に必要な費用全般を示す。
販売費 商品の販売やサービスの提供に直接かかる費用のことで、販売手数料や広告宣伝費などが含まれる。
一般管理費 販売業務や提供業務の管理活動に必要な費用のことで、人件費や減価償却費などが含まれる。

営業利益からは企業の本業における稼ぐ力を把握できます。営業利益を改善する場合は、「売上総利益を上げる」、もしくは「販売費及び一般管理費を下げる」ことが必要です。

③「経常利益」は営業外の損益を反映させたもの

経常利益は、本業で得た利益に加えて本業以外の損益を反映させたもので、企業の経営全体の良し悪しを判断する指標になります。「営業利益+営業外収益-営業外費用」で算出できます。

営業外収益 主に本業以外の財務活動で得られた収益のことで預金や貸付金の利息や株式の配当などが含まれる。
営業外費用 本業以外でかかった費用のことで借入金の利息や社債発行にかかる費用などが含まれる。

経常利益を改善する場合は、「営業利益や営業外収益を上げる」、または、「営業外費用を下げる」ことが必要です。

④「税引前当期純利益」は資金運用や臨時的な要因の損益を反映する

税引前当期純利益は、経常利益に加えて一時的に得た利益を反映しており、その期に納めるべき税金(法人税等)を支払う前の利益の総額です。「経常利益+特別利益-特別損失」で算出できます。

特別利益 経常利益以外から臨時的な事由により一時的に得た収益のこと。不動産の売却による固定資産売却益や株式の売却益などが含まれる。
特別損失 本業以外で臨時的な事由により一時的にかかった費用。固定資産売却損や長期保有による株式の売却損などのほか、災害や盗難などによる損失も含まれる。

税引前当期純利益を改善する場合は、「経常利益か特別利益を上げる」か「特別損失を下げる」必要があります。

⑤「当期純利益」は税金を支払ったあとの最終的な利益である

当期純利益は、その期の税金を支払ったあとの最終的な企業の利益です。「税引前当期純利益-法人税等」で算出されます。なお、法人税等には法人税のほかに法人住民税、法人事業税が含まれるので、覚えておきましょう。

初心者でもすぐにわかるPLの見方

PLから読み取れる5つの利益を説明しましたが、言葉の意味は理解できても内容を読み取ることが難しいと感じている方がいると思います。

ここでは、なじみのない方でもすぐにわかるPLを見るときのコツをご紹介します。

会社が黒字か赤字かを見る

PLを細かく見ていけば企業の収益、費用、利益を把握できますが、なじみのない方は最初に企業が黒字か赤字かを確認しましょう。

先にご紹介した5つの利益では、企業の最終的な利益が記載された当期純利益が該当します。

当期純利益がプラスであれば、その期間は企業として黒字だったと判断できます。

本業での利益を稼ぐ力を見る

企業全体の利益も大切ですが、企業が効率のよい経営をしているかを見るのも大切です。効率のよい経営をしていれば利益を出しやすくなり、本業で稼ぐ力が高いことになるため、経営の安定が期待できます。

経営効率を見る際は、PLから売上高営業利益率を算出して確認しましょう。計算式は以下のとおりです。

● 売上打高営業利益率=営業利益÷売上高×100

なお、中小企業庁の発表によりますと平成28年度の売上高営業利益率の平均は2.99%となっています。一般的に売上高営業利益率が3%以上あれば優良とされているので、目安として覚えておきましょう。

無駄なコストが発生していないか

PLの営業利益でご紹介した「販売費及び一般管理費」で、勘定科目の雑費や雑損失が多額になっていないかを確認しましょう。

雑費や雑損失の金額が多いと、無駄なコストが発生している可能性があります。あまりにも多額になっている場合は、その内容を確認し、精査しましょう。

BS(貸借対照表)やCF(キャッシュフロー計算書)との違い

PL(損益計算書)とBS(貸借対照表)、CF(キャッシュフロー計算書)の3つをまとめて、財務三表と呼びます。

これらの決算書は下記のようにあらわしている内容が異なり、複数を組み合わせて分析することで企業の状態を把握できます。

● PL(損益計算書):一定期間の企業の経営成績
● BS(貸借対照表):その時点の企業の財政状態
● CF(キャッシュフロー計算書):一定期間の現金の流れ

ここではPLとBS、CFの違いを解説するので、違いを把握しておきましょう。

PLとBSの違いとは?

PLは一定期間の利益と損失をまとめたもので、企業の経営成績をあらわします。

それに対して、BSはその時点での企業の財政状態をあらわしており、資金をどのように調達したのか、調達した資金はどのような資産に使われているのかなどが把握できます。

そのため、BSを見れば、企業の財政状態が健全かどうかの判断ができます。

PLとCFの違いとは?

先ほどからご紹介しているように、PLは企業の経営成績をあらわします。対して、CFは現金などの増減をまとめた計算書で、その時点で企業が使えるお金をあらわしています。

そのため、CFを見れば、実際のお金の流れが把握できるとともに企業の体力を把握するのに役立ちます。

簿記の知識があるとPLやBS、CFがわかりやすい

簿記の知識があるとPLやBS、CFがわかりやすい

PLやBS、CFを読めるようになるには、簿記を学ぶのが近道です。

簿記の知識があると、帳簿の仕組みがわかり、勘定科目など各種の用語もわかるようになるため、決算書からより深い企業の経営状況を把握できるようになります。

また、PLを作成するためには正確な経理の知識が必要になります。そういった意味でも簿記の知識は持っておいたほうがよいでしょう。

PL作成に必要な経費管理はビジネスカードを導入すると簡単にできる

PL作成に必要な経費管理はビジネスカードを導入すると簡単にできる

PLを作成するためには正確な経理業務が求められるため、簿記の知識が必要になります。しかし、簿記を学ぶ時間を取れない方もいると思います。

そのような方には、経費の管理に便利なビジネスカードの導入がおすすめです。

ビジネスカードで経費を支払えば利用明細書で支払い時の詳細を確認できるほか、カード使用者ごとの経費支出が確認できるため、経理業務の効率化につながります。

ここでは、セゾンが発行するおすすめのビジネスカードをご紹介するので、ご検討ください。

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス(R)・カード

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス(R)・カードは、多様なビジネスシーンで活用できるカードです。

このカードの特典として、専任スタッフが対応するコンシェルジュサービスや、一流ホテル・ダイニング・スパなどでプラチナ会員様限定のご優待を受けることができます。

ちなみに「セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード」の年会費は22,000円(税込)です。年間200万円以上のショッピングで次年度年会費が半額の11,000円(税込)になる、うれしいサービスもあります。

ビジネスに役立つ特典にも優れており、例えば「ビジネス・アドバンテージ」では、事務用品やレンタカーといったビジネスに必要な経費の支払いが優待価格になります。

また、ビジネス書要約サイト「flier(フライヤー)」の優待もあり、読み放題プラン(ゴールドプラン)が30日間無料、月額利用料金が永久15%オフ、イベント優先招待など、充実した内容になっています。

そのほか、クラウド型経費精算サービス「Staple(ステイプル)」の6ヵ月無料クーポンプレゼント、エックスサーバーの初期設定費用無料など、お得な優待が盛りだくさんです。

以上のビジネスに役立つサービス以外にも、数多くのメリットが存在します。海外でのショッピング利用では還元率が通常の2倍となり、1,000円ごとに2ポイントの永久不滅ポイントが貯まります。海外出張が多い企業におすすめです。

通常年会費4,400円(税込)の「SAISON MILE CLUB(※)」への無料登録が可能で、ショッピングの利用1,000円ごとにJALのマイルが10マイルたまるので、JALマイラーには欠かせません。さらに、2,000円の利用ごとに永久不滅ポイントも1ポイント貯まります。飛行機を頻繁に利用するのであれば「SAISON MILE CLUB」への登録がおすすめです。

また、「セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード」では、社員向けの追加カードを9枚まで発行できます。各カードの利用分が区分されて利用明細に表示されるので、社員の経費使用状況を的確に把握することが可能です。

(※)SAISON MILE CLUBは、ショッピングで貯まる永久不滅ポイントが、利用金額に応じて自動的にJALのマイルへ移行されるサービスです。

セゾンプラチナビジネスアメックス新規入会キャンペーンセゾンプラチナビジネスアメックス新規入会キャンペーン

セゾンプラチナ・ビジネス プロ・アメリカン・エキスプレス(R)・カード

セゾンプラチナ・ビジネス プロ・アメリカン・エキスプレス(R)・カードは、中小規模法人事業者におすすめのカードです。年会費は27,500円(税込)で、追加カードは3,300円(税込)です。

このカードの特長は、「最高1%キャッシュバック」または「最大84日間の支払い猶予を確保できるスキップ払い」の機能を選択できる点です。

例えば、経費の削減が目的であれば「キャッシュバック」を選択し、キャッシュフローの改善が目的であれば「スキップ払い」の選択が可能です。経営状況に合わせて機能を選択できるため、より効率よくカードを活用できるでしょう。

また、最長15ヵ月分の利用明細をWEB上で確認でき、利用明細をダウンロードしたものを利用中の会計ソフトに入れることが可能です。そのため、ペーパーレス化によるスムーズな経理業務につながります。

そのほか、プラチナ会員専用コールセンターでは出張の手配や会食の設定が依頼でき、国内海外の空港ラウンジサービス特典もついています。

ご紹介のとおり、支払い方法を選択できたり、ビジネスに活用できる特典が充実しているため、法人の代表者の方におすすめのクレジットカードとなっています。

セゾンプラチナビジネスプロアメックス新規入会キャンペーンセゾンプラチナビジネスプロアメックス新規入会キャンペーン

PLについてのまとめ

PLについてのまとめ

PLには5つの利益が記載されており、PLを見ることによって本業で稼ぐ力や経営の良し悪しなどの企業のあらゆる面を把握できます。簿記の知識があれば、PLを含めた決算書の内容をより把握でき、PLの作成時にも役立ちます。

また、簿記の知識を一から知識を身に付けるのが難しい方は、経費の管理に便利なビジネスカードの活用をおすすめします。ビジネスカードを活用すれば、経理業務の効率化にもつながるため、ツールのひとつとして導入を検討してみてはいかがでしょうか。

今回ご紹介したセゾンのビジネスカードは、ビジネスに役立つ機能や特典が豊富に付帯しています。個人事業主または経営者の方には、セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードをおすすめします。

また、中小規模の企業を経営されている代表者の方には、最大84日間の支払い猶予を確保できるスキップ払いができたり、追加カードが100枚まで発行ができて、経理業務の効率化が図れるセゾンプラチナ・ビジネス プロ・アメリカン・エキスプレス・カードがおすすめです。ぜひご検討ください。

監修者

山田 琴江

山田 琴江

お金と時間の専門家。自分の家計について不安を抱き、第2子の育休中にファイナンシャルプランナーの資格を取得。知識をつけることで、お金に関する悩みが解消されたことから、誰でもお金の知識を学べる社会にしたいと思い活動している。その人の価値観やクセにあった家計管理が得意。家計管理や投資の始め方に関する講座の開催、執筆、個別相談を実施。また公認会計士としての知識も踏まえ、起業したい女性向けのセミナーも実施。さらに、ライフオーガナイザーとして時間管理に関するセミナーなどもおこなっている。

【保有資格】
公認会計士、AFP、2級ファイナンシャルプランニング技能士、ライフオーガナイザー®

おすすめのクレジットカード

人気記事