【クレジットカードのことならCredictionary】

「仕入れ」はどのように仕訳するの?流れや方法を分かりやすく解説

「仕入れ」はどのように仕訳するの?流れや方法を分かりやすく解説

誰もが知っている「仕入れ」という単語ですが、いざそれを勘定項目に仕訳して経理処理をするとなると、一気に小難しくなってしまいます。そこで、この記事ではそもそも仕入れとは何か、仕入れを仕訳する方法と具体例を分かりやすく解説していきます。

また、記事の後半では経理処理を簡略化して、本来のビジネスに専念したいという方におすすめの経理処理の方法もお伝えします。日々の経理処理に頭を悩ませている方はぜひ参考になさってください。

商品の「仕入れ」とは?

「仕入れ」とは、販売・製品化のために商品や材料などをメーカーや卸売業者から購入することです。

そのようにして物品を購入した場合、会計帳簿に「仕入高」という勘定科目を使って費用計上を行います。つまり、「仕入高」は簿記・会計処理としては勘定科目のひとつです。そして、勘定科目とは、お金やものの出入りを性質ごとに分けて記録する際に使う分類項目のことです。

勘定科目については下記記事で詳しく説明しています。
勘定科目とは?コピー代やガソリン代は何に分類されるの?勘定科目の一覧リストで確認しよう

「仕入れ」を仕訳する流れ

「仕入れ」を仕訳する流れ

「仕訳」とは、取引を借方・貸方に分解する作業のことをいいます。販売・製品化のために商品や材料を購入したら、それらの仕入れを仕訳しなければならなりません。

仕訳する際の注意点は、送料や手数料などの付随する費用の計上も忘れずに行うことです。

では、仕入れを仕訳する流れを分かりやすく説明していきます。

①勘定科目を選ぶ

まず、取引内容をお金やものの出入りを性質ごとに分けます。そして、その性質に合った勘定項目を選びます。勘定項目は「資産」「負債」「資本」「費用」「収益」の5つのなかから該当するものを選びましょう。

②借方・貸方を記録

勘定科目を2つ以上用いて、左側に「借方」(費用の増加)、右側に「貸方」(資産の減少)として、両方の合計金額に相違ないように記録していきます。具体例は次の項で詳しく解説いたします。

仕入れを仕訳するなら記帳しやすい「三分法」がおすすめ

三分法とは、「仕入高」(費用)「売上」(収益)「繰越商品」(資産)という3つの勘定科目を使って仕訳する方法です。

商品売買益などを算出する必要がなくシンプルで分かりやすいため、商品数が多かったり、取引数が多かったりする会社は、三分法で記帳することをおすすめします。

次に、仕入れた商品を売った時の仕訳の例です。支払った場合、以下のように記帳します。
借方科目 金額 貸方 金額
仕入高 1,000円 現金 1,200円
送料 200円

次に、仕入れた商品を売った時の仕訳の例です。
1,500円で商品を売り、現金で商品代金を支払われた場合、以下のように記帳します。
借方科目 金額 貸方 金額
現金 1,500円 売上 1,500円

このように三分法は、いくらで仕入れていくらで売ったのかを記入するだけなので、複雑ではなく分かりやすいのがメリットです。

仕訳には会計ソフト×ビジネスカードが便利

個人事業主の場合、事業活動をやりながら、会計処理の知識を学び、経費を仕訳するのは体力的にも時間的にも負担となることでしょう。

そこでおすすめなのが、会計ソフトの利用。会計ソフトを使えば、一から勘定科目を考える必要はなく、会計や簿記の知識がなくても、直感的に該当するものを選んで仕訳するだけなので、面倒な費用計上の手間が省けます。

そして、さらに便利なのがビジネスカードを会計ソフトと紐づけて利用することです。おすすめのビジネスカードを2券種紹介します。

freeeセゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス(R)・カード

仕訳作業を楽にしたい方におすすめなのが、経理や簿記の知識がなくても簡単に会計帳簿を作成できる全自動クラウド型会計ソフト「freee」の利用料金から2,000円ディスカウントされるクーポンが利用できる「freeeセゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード」です。

年会費は22,000円(税込)。年間200万円以上のショッピング利用で、次年度の本会員年会費が11,000円(税込)に優遇されます。そのため、この優遇が受けられればゴールドカード並みの年会費でプラチナランクのサービスが受けられるビジネスカードなのです。

1,000円(税込)の利用につき1ポイント(約5円相当)の永久不滅ポイントが貯まり、海外利用ではポイントが2倍になります。

freee優待以外にも、セゾン弁護士照会サービス、ビジネス書要約サイト「flier」優待などビジネスサービスも充実しています。

freeeセゾンプラチナビジネスカード入会情報freeeセゾンプラチナビジネスカード入会情報

セゾンプラチナビジネスアメックス新規入会キャンペーンセゾンプラチナビジネスアメックス新規入会キャンペーン

セゾンコバルト・ビジネス・アメリカン・エキスプレス(R)・カード

経費負担の少ないビジネスカードをお探しの方におすすめなのは、「セゾンコバルト・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード」。年会費が無料とリーズナブルなのが魅力です。

無料で追加カードが9枚まで発行可能なため、社員用に発行しておけば、立て替えてもらう必要がなくなり、経費精算の手間も省けます。

年会費無料でありながら、ビジネスサポートはしっかりしていて、会計ソフトの「かんたんクラウド(MJS)」が優待利用できます。

その他、「マネーフォワード クラウド」や「アマゾン ウェブ サービス」、「エックスサーバー」などの利用で永久不滅ポイントが4倍になる(※)ため、ビジネスシーンを充実させながら、ポイントがたまりやすいお得なカードです。

(※)他カードにてSAISON MILE CLUBへご入会いただいている方はサービスの対象外です。

セゾンコバルトアメックス新規入会キャンペーンセゾンコバルトアメックス新規入会キャンペーン

まとめ

事業活動をしながら日々経理処理をしていくというのは、時間と体力の面で厳しいと感じる方も少なくないことでしょう。

そのような方は、ビジネスカードを会計ソフトと同期させておくことで、経理処理を簡略化させられます。商品を仕入れるなどビジネスシーンでの支払いをビジネスカードでするだけで、カードの利用明細が自動的に会計ソフトに反映され、必要な資料を作成できるのです。

日々の経理処理に頭を悩ませている方は、ぜひビジネスカード×会計ソフトの利用を検討してみてはいかがでしょうか。

監修者

安田 亮

安田 亮

京都大学3回生在学中に公認会計士試験に合格。大手監査法人で約4年間、東証一部上場企業で6年間勤務し、その後2018年9月に神戸市中央区で独立開業。税理士業務だけでなく、連結決算などの会計コンサルティング業務も行なう。また、1級FP技能士とCFP(R)の資格も保有しており、個人のお金・家計・税金分野についても強みを持つ。お客様により具体的なアドバイスを行なうために、自らも家計管理・株式投資・節税など日々実践している。

【保有資格】
CFP、1級ファイナンシャル・プランニング技能士、公認会計士、税理士

おすすめのクレジットカード

人気記事