【クレジットカードのことならCredictionary】

法人カードでマイルを貯める方法を解説!おすすめのカードや注意点も紹介

法人カードでマイルを貯める方法を解説!おすすめのカードや注意点も紹介

「法人カードの利用でマイルを貯めることはできるのか」と、疑問にお考えの方もいるのではないでしょうか。結論からいうと、法人カードでマイルを貯めることは「可能」です。

法人カードは、個人と違い多額の支払いに利用できるためポイントが貯まりやすくなっています。その貯まったポイントをマイルに移行すると、出張時の特典航空券への交換や座席のアップグレードに使えます。

なお、法人カードでマイルを貯める場合は、基本的にポイントを貯め、そのあとにマイルへ移行する手続きが必要です。ただし、カードのなかには自動でポイントがマイルへと移行するカードもあります。

また、旅行傷害保険やラウンジの利用などが付帯された法人カードを選ぶことで、より快適な出張ができます。この記事では、法人カードでマイルを貯める方法やポイントが貯まるカードの選び方などをご紹介します。キャッシュレスでお買物できる利便性だけではない、法人カードの活用法をチェックしてみましょう。

セゾンプラチナビジネスアメックス新規入会キャンペーンセゾンプラチナビジネスアメックス新規入会キャンペーン

法人カードでもマイルは貯められる

法人カードでもマイルは貯められる

企業向けの法人カードのなかでも、マイルを貯められるカードは存在します。マイレージカードとは別なので、マイルを直接貯めるわけではありません。クレジットカードで買物をした時のポイントをマイルに移行する形です。ただし、登録すれば貯まったポイントを自動的にマイルへ移行できるカードもあります。

法人カードで貯められるマイルは、日本の航空会社のマイルである「ANAマイレージクラブ」と「JALマイレージバンク」の二種類が主流です。アメリカのデルタ航空のスカイマイルなど、海外の航空会社のマイルが貯められる法人カードもありますが限られています。

海外出張が多く国際便のマイルも貯めたいという方は、JALとANAが提携している航空会社を確認して選ぶとよいでしょう。ANAは「スターアライアンス」に加盟しているマイレージクラブです。JALは「ワンワールド」に加盟しています。どちらも世界中の航空会社と連携をとっているため、国際便のマイルも貯めることができます。

例えば、セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス(R)・カード
では、SAISON MILE CLUBへの登録で、JALのマイルを貯めることができます。ただし、年間150,000マイルまでと上限があります。

法人カードでマイルを貯める方法

法人カードでマイルを貯める方法

法人カードを利用してマイルを貯める方法としては「飛行機の搭乗」「買物や各種支払い」「貯まったポイントをマイルに交換する」という手段があります。経費を法人カードでまとめて支払えば、プライベートで貯めるよりもマイルは貯まりやすくなるでしょう。ここでは、法人カードでマイルを貯める方法について解説します。

■飛行機を利用して貯める

飛行機を利用する際に、法人カードを利用することで貯まったポイントをマイルに交換できるものがあります。法人カードを利用して飛行機に乗る場合は、航空券を支払った分のポイントと搭乗マイルの両方を貯めることができます。仕事で利用する機会が頻繁にある場合は、非常にお得です。

国内や海外への出張はもちろん、社員研修や社員旅行などで飛行機に乗る場合などに法人カードを利用することで、マイルを貯められます。従業員数が多かったり、業務で飛行機に乗る回数が多かったりするほど、貯まるマイルも増えます。

ただし、法人カードがどのマイレージプログラムにも加盟していない場合、航空券の支払いによるポイント還元しかありません。飛行機の搭乗でマイルを貯めたい場合は、加入する法人カードがマイレージプログラムに加盟している会社かどうか確認することが必要です。

■ショッピングで貯める

買物をした時の支払いを法人カードで行うことで、マイルを貯めることが可能です。会社の場合、仕入れる商品のほか、社内で使用する備品の購入に法人カードを利用することでマイルが貯まります。

仕事で飛行機を使う際は、そのマイルを活用して航空券を購入することもできます。取引先への贈答品の購入など、法人カードの利用で買物ができる機会は多くあります。還元率を考慮しながら法人カードを活用することで、経費削減にもつながります。

その他にも、オフィスの光熱費などの公共料金の支払い、従業員が使用する携帯電話やパソコンの通信費、広告費や法人税、会食費、交通費なども、カード払いができるものであれば法人カードで支払うことが可能です。業務に必要な商品やサービスの支払いは経費であるため、法人カードで支払いをまとめた方が現金よりも効率的です。

■ポイントを移行する

法人カードで貯めたポイントを、提携しているマイレージプログラムに移行してマイルを得る手段もあります。その場合はポイント移行の手続きが必要になるため、自動的にポイントをマイルへ移行するよりも手間はかかります。

還元されたポイントを移行すればマイルとして利用できるため、ポイントの還元率が高いカードを選べばマイルも貯めやすくなります。

貯まったポイントはマイルのほかに支払い時に利用できたり、ギフトカードや商品などと交換できたりもします。マイル以外にも用途がある場合でも、ポイントとして貯めてから移行することで、使い道を自由に決められます。

ポイントをマイルに移行する際の注意点

法人カードで貯めたポイントをマイルに移行する場合、利用している法人カードの種類によっては、移行時に交換手数料が発生することがあります。

また、ポイントからマイルへの交換上限数が設定されていることもあるため、貯めたポイントをすべてマイルへ移行できない可能性もあります。マイルへの移行にコストをかけたくない場合や、貯めたポイントはできるだけマイルとして使いたいと考えている場合には、事前に手数料や上限数の有無を確認しましょう。

貯めたマイルの利用方法

法人カードの利用で貯めたポイントの使い道には、支払いへの利用、商品やギフトカードなどとの交換、航空券との交換があります。

航空券との交換は、ポイントの使い道のなかで最も還元率の高い方法です。マイルで航空券を購入すれば交通費がかからないため、経費削減にもなります。仕事で飛行機に乗る機会がある場合、貯まったポイントはマイルへ移行し、航空券の購入に充てることをおすすめします。

航空券を購入できるほどマイルが貯まらないという場合でも、座席のアップグレード、荷物が超過した際の手数料、空港での買物、系列施設の支払いなどほかの用途にも使えます。マイルは、空港や航空会社のさまざまなことに活用できるのです。

セゾンプラチナビジネスアメックス新規入会キャンペーンセゾンプラチナビジネスアメックス新規入会キャンペーン

マイルを貯める法人カードの選び方

マイルを貯める法人カードの選び方

会社の法人カードでマイルを貯めたい場合、還元率の高さのほか、利用できるサービスの内容やかかる費用についても考えておくことをおすすめします。年会費などのコストがかかっても、それ以上にメリットがありマイルを貯めやすいカードを選ぶとよいでしょう。ここでは「マイルを貯める目的」で法人カードを選ぶ時のポイントを解説します。

■マイル還元率で選ぶ

マイル還元率が高ければ、マイルを効率よく貯めることができます。買物した金額がそのままマイルになる場合と、一度ポイントに還元してからマイルに移行する場合で還元率が異なることもあります。

ポイント還元率が高いカードは魅力的ですが、マイルを貯めたい場合はポイント還元率よりも「マイル還元率」が高いことを優先して選ぶことをおすすめします。

■付帯サービスで選ぶ

仕事で宿泊を伴う遠距離出張が多い場合、ラウンジサービスや旅行傷害保険などの利用が付帯されている法人カードを選ぶのもよいでしょう。法人カードによっては、空港ラウンジが無料で利用できるサービスがついているものがあります。日本や世界各国へ行く仕事の場合、搭乗までの間にラウンジで仕事をしたり休憩したりできます。

旅行傷害保険が自動付帯されている場合、万が一事故に遭った際の補償を受けられます。個別に加入する必要がないため、手間が省けてもしもの時も安心です。

■移行時の手数料や上限で選ぶ

ポイントをマイルに移行する場合、交換上限数や手数料、年会費も視野に入れることが大切です。マイルの交換上限数が定められている場合、どんなに多くのポイントを貯めても年間で移行できるマイルの数に制限があるため、飛行機をよく利用する場合は不便になってしまう可能性があります。

年会費や移行手数料はカード会社によっても異なりますが、数千円程度かかることもあります。場合によっては割高になってしまうこともあるため、事前に確認しておきましょう。

法人カードのマイルは個人利用できるのか

航空会社の利用規約によるとマイルは個人のものとして扱われ、所有権が法人にあるわけではありません。そのため、従業員がプライベートで法人カードのマイルを利用したとしても、法的には問題はありません。

ただし、会社の規則でマイルの個人利用が禁止されていた場合には、従業員は何らかの罰則を受ける可能性があります。

また、法人カードで貯めたマイルを個人が好きなように使ってしまうと、従業員の平等性がなくなる恐れがあります。仕事で貯めたマイルを私的に使う従業員がいることをほかの従業員が疑問視したり、異議を唱えたりすることもあるかもしれません。トラブルを避けるためには、規則でマイルの個人利用を禁止するなどの対策が必要です。

マイルを効率的よく貯められる!セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス(R)・カード

年会費22,000円(税込)、年間200万円以上のショッピング利用(※1)で次年度本会員年会費が11,000円(税込)に優遇されるビジネスカードです。

SAISON MILE CLUB(セゾンマイルクラブ)に登録すると、ショッピング1,000円につき10マイル(JAL)という高い換算率で自動的にマイルがたまります。

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス(R)・カードならSAISON MILE CLUB(セゾンマイルクラブ)の年会費(4,400円/税込)のところ無料で登録できるため、とてもお得です。

また、SAISON MILE CLUB(セゾンマイルクラブ)にはマイルへの移行手数料がありません。移行上限マイルは登録期間(1年間)につき150,000マイルです。さらに、優遇ポイントとして2,000円につき1ポイントの永久不滅ポイントが貯まります。

その他、ビジネスで利用できる豊富な特典が付帯する点も魅力です。

●海外最高1億円、国内最高5,000万円の旅行傷害保険(※2)
●専任のスタッフがさまざまな問い合わせに対応する「コンシェルジュ・サービス」
●148ヵ国以上の空港ラウンジを無料で利用できる「プライオリティ・パス」
●国内主要空港の空港ラウンジの無料利用
●一流ホテルやダイニングで特別な優待がある「オントレ」
●ビジネス用品・サービスを優待価格で利用できる「ビジネス・アドバンテージ」
●WEB集客コンサルティングサービス「デジタルはじめてパック」優待
●補助金・助成金コンサルティングサービス「Jコンサルティング」優待

上記以外にも、ビジネスサポートをはじめ、トラベル・グルメ・ショッピングなどさまざまな特典が付帯します。

なお、セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス(R)・カードは法人登記簿や決算書の提出が不要で、会社経営者だけでなく個人事業主の方でも利用できます。充実した特典が魅力の1枚です。

(※1)キャッシング、年会費などは対象外となります。
(※2)旅行代金をこのカードで支払うなどの利用条件があります。

よくある質問

最後に、マイルと法人カードに関するよくある質問を紹介します。ご利用の際の参考にお役立てください。

Q1 マイルとマイレージの違いは?

マイルとは、航空会社のマイレージプログラムで貯まるポイントのことです。マイレージは航空会社が提供するポイントプログラムのことを指し、マイレージプログラムやマイレージサービスとも呼ばれます。

Q2 法人カードと個人カードの違いは?

法人カードは、個人カードと異なり法人口座を引き落とし口座に設定可能です。公共料金や税金、資材購入費や広告費などさまざまな事業性決済に利用することで、効率的にマイルをためられます。

また、事業利用は法人カード、個人利用は個人カードと使い分けることにより、仕訳や会計処理などの経理事務がスマートになります。

Q3 法人カードはどうやって申し込めばよい?

法人カードはオンライン申し込みフォームで申し込み可能です。氏名や年齢などを入力し、必要書類を提出したのちに審査を通過すると、法人カードが発行されます。

必要書類には、代表者の本人確認書類や引き落とし口座のほか、登記簿謄本または印鑑証明書、決算書が求められる場合があります。セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス(R)・カードは登記簿謄本や決算書は不要で申し込みが可能です。

まとめ

仕事で利用する法人カードは、効率的にマイルを貯めることが可能です。還元率や付帯サービス、費用や上限数などを確認したうえでカードを選ぶことをおすすめします。

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス(R)・カードでは、買物で永久不滅ポイントが貯まるだけでなく、JALのマイルも同時に貯めることができます。また、海外最高1億円、国内5,000万円の旅行傷害保険が自動付帯しています。さらに、無料のプライオリティパスが利用できるため、国内外の空港ラウンジを利用できます。

セゾンプラチナビジネスアメックス新規入会キャンペーンセゾンプラチナビジネスアメックス新規入会キャンペーン

経費をマイルにもしたいとお考えの方は「セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス(R)・カード」の入会をご検討ください。

おすすめのクレジットカード

人気記事