初めてのクレジットカードの選び方・使い方はココから!【Credictionary】

MENU

確定申告の時期と期限はコレで安⼼︕

確定申告の時期と期限はコレで安⼼︕

副業が推進されている現在、ご自身で確定申告を行う方も今後増えてくることが考えられます。 しかし、確定申告の方法がよく分からないという方もいらっしゃるのではないでしょうか。 今回は、確定申告を行う時期や、確定申告の手間を減らす方法などをご紹介いたします。

確定申告はいつから︖

確定申告はいつから︖

確定申告は、毎年2月16日から申告できます。

ただし2月16日が土日祝に当てはまる時は、次の平日に後ろ倒しとなります。
例えば、2月16日が土曜日の場合、2月18日の月曜日から、確定申告の受付が始まります。

確定申告はいつまでに︖

確定申告は3月15日までに行う必要があります。

受付開始と同様、締切日も土日祝日だった場合は後ろにずれ込みます。
例えば、3月15日が日曜日の場合は、翌日の3月16日月曜日が締切日となります。

確定申告の方法

確定申告の方法は3通りあります。

1.e-taxを利用してオンライン上にて、確定申告を行う(事前登録が必要)
2.最寄りの税務署で確定申告を行う
3.確定申告に関係する書類を最寄りの税務署に郵送する

おすすめは、自宅で確定申告ができる、e-taxを利用してオンライン上で確定申告をする方法です。
確定申告の受付を24時間行っているため、好きな時間帯で申告ができます。

■確定申告で「確定」した税金はいつまでに支払う?

納税の支払い期日は、申告期限と同じ3月15日です。もし期限日間近に申告する方は、申告と合わせて一緒に納付することになるということも忘れないようにしましょう。
※各種税金の納付期限に関する詳細は国税庁ホームページをご覧ください。

なお、税金の支払い方法は、ポイントが貯まるクレジットカード払いがおすすめです。

確定申告Q&A

確定申告Q&A

ここでは、確定申告に関するQ&Aを見てみましょう。
※参考:国税庁ホームページ

Q:税務署が開庁している時間は?
A:月曜日~金曜日(祝日除く)の午前8時30分~午後5時までです。

Q:確定申告の仕方が分からない場合は、どこに相談すればいい?
A:国税庁のホームページに載っている「確定申告特集」を閲覧すると情報が載っています。税務署での電話相談も可能です。


Q:確定申告後に、間違いが発覚した場合はどうすればよい?
A: 納付すべき税額が過大であるとき、純損失等や還付される金額が過少であるときなどは、「更正の請求書」に、必要事項を記入して最寄りの税務署長に提出します。
更正の請求ができる期間は、原則として、法定申告期限から5年以内です。

税額を少なく申告していたことに気付いたときは、修正申告をして正しい税額に修正します。
修正申告をする場合は、「申告書B第一表」と「第五表(修正申告書・別表)」(以下「修正申告書」といいます。)の用紙に、必要事項を記入して最寄りの税務署長に提出します。
そして修正申告によって新たに納付することになった税額は、修正申告書を提出する日(納期限)までに納めます。

詳しくはこちらをご覧ください。

確定申告の⼿間を格段に減らす⽅法

確定申告の⼿間を格段に減らす⽅法

初めて行う確定申告は分からないことばかりかと思われます。
また、何度か経験がある方でも、面倒くさいと思う方は多いのではないでしょうか。

実は、確定申告の手間を格段に減らす方法が、2つあります。
ここでは、その2つの方法についてご紹介いたします。

■クレジットカードの活⽤

確定申告で最も手間と時間がかかるのが、たくさんの領収書を集める経費の精算です。
1日に何件も移動した際の交通費や、打合せで利用したカフェなど、日々の仕事で発生する領収書。ご自身で確定申告を行うほとんどの方がこの処理に追われているのではないでしょうか。

そこでおすすめなのが、できる限りクレジットカードで経費を支払う方法です。

利用日時や支払先などを一覧で管理できるので、非常に便利です。

その上、税金自体もクレジットカードで支払うことができます。クレジットカード払いにすることで、各クレジットカード会社のポイントも付くため大変お得です。
国税クレジットカードお支払いサイト」上で必要事項を入力すると、国税を納付できます。


■会計ソフトの活⽤
仕訳の入力や帳簿の管理を行える会計ソフトを活用すれば、手書きで確定申告書類に記入する必要がありません。

必要事項を入力すれば、入力内容が反映された確定申告書類を出力できる上、税額の計算なども自動で行ってくれます。

さらに、会計ソフトにクレジットカードを連携させると、より強力な支援ツールになります。

まとめ

副業やパラレルキャリア、起業等が増えていくことで、ご自身で確定申告を行う方が増えていく見込みです。

確定申告には申告期限、そして納付期限がありますが、経費をクレジットカード払いにし、かつ会計ソフトと連携することで、確定申告の手間を格段に減らすことができます。

新たにクレジットカードを作る場合は、セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス®・カードがおすすめです。なんと、価格.comにて2018年下半期に行ったプラチナカード部門人気ランキングで第1位を獲得しております。

こちらのカードにはポイントに有効期限がない「永久不滅ポイント」がつき、また従業員へ貸与するための追加カード発行が可能です。(最大4枚)。
追加カードで使用された金額は、本会員に請求内容が届き支払うため、追加カードの利用額を知りたい方や立替払いの手間を省きたい方に最適です。

さらに、コンシェルジュ・サービスや空港ラウンジサービスの利用はもちろん、今回ご紹介した会計ソフトの優待サービスなども利用可能です。
その他にも、特典満載の詳細はこちらから。

セゾンプラチナビジネスアメックス新規入会キャンペーンセゾンプラチナビジネスアメックス新規入会キャンペーン

おすすめのクレジットカード

関連記事

人気記事