Credictionary

確定申告の時期と期限はコレで安⼼︕

確定申告の時期と期限はコレで安⼼︕

副業が推進されている昨今、ご自身で確定申告を行う方も今後増えてくることが考えられます。しかし、確定申告の方法がよく分からず、作業や手間がたいへんだという方もいらっしゃるのではないでしょうか。今回は、確定申告を行う時期や、確定申告の手間を格段に減らす方法などをご紹介いたします。

確定申告の時期はいつからいつまで︖

確定申告の時期はいつからいつまで︖

確定申告の時期は、毎年決まっています。
開始日は、毎年2月16日から申告できます。ただし2月16日が土日祝に当てはまる時は、次の平日に後ろ倒しとなります。
例えば、2月16日が土曜日の場合、2月18日の月曜日から、確定申告の受付が始まります。

そして確定申告は、3月15日までに行う必要があります。ただし受付開始と同様、締切日も土日祝日だった場合は後ろにずれ込みます。
例えば、3月15日が日曜日の場合は、翌日の3月16日月曜日が締切日となります。

(国税庁情報記載項目「20年4月1日現在」)

令和2年の申告・納付期限が延長されました!

普段の確定申告では3月15日が原則ですが、令和2年は例年と異なります。

 
政府の方針を踏まえ、新型コロナウイルス感染症の拡大防止の観点から、
申告所得税(及び復興特別所得税)、贈与税及び個人事業者の消費税(及び地方消費税)の申告期限・納付期限が
令和2年4月16日(木)まで延長されることとになりました。(令和2年2月27日、国税庁発表)
また、これに伴い、申告所得税及び個人事業者の消費税の振替納税をご利用されている方の振替日についても、延長されております。
 
●申告所得税
令和2年3月16日(月) → 令和2年4月16日(木)
 
●個人事業者の消費税
令和2年3月31日(火) → 令和2年4月16日(木)
 
●贈与税
令和2年3月16日(月) → 令和2年4月16日(木)

確定申告の⼿間を格段に減らしたいならクレジットカードを活用しよう

確定申告の⼿間を格段に減らしたいならクレジットカードを活用しよう

初めて行う確定申告は分からないことばかりかと思われます。
また、何度か経験がある方でも、面倒くさいと思う方は多いのではないでしょうか。

ずばり、確定申告の手間を格段に減らす方法は、クレジットカードにあります。
クレジットカードを日頃のビジネスに利用することで、領収書の整理はもちろん、個人利用・ビジネス利用の区別など、経理上でさまざまなメリットがあります。
その結果、確定申告にかける作業時間を、大幅に短縮することができるのです。マンパワーの少ない個人事業主や中小企業にとって、非常に大きなことです。

ここでは、クレジットカードの確定申告におけるメリットを具体的に紹介します。

■メリット(1)支払い項目の整理がしやすい

確定申告で最も手間と時間がかかるのが、たくさんの領収書を集める経費の精算です。
1日に何件も移動した際の交通費や、打合せで利用したカフェなど、日々の仕事で発生する領収書。ご自身で確定申告を行うほとんどの方がこの処理に追われているのではないでしょうか。

クレジットカードを使えば、利用日時や支払先などを一覧で管理できます。領収書をいちいち集めて、整理する必要がないので非常に便利です。

■メリット(2)税金をクレジットカードで支払える

税金もクレジットカードで支払うことができます。いちいち窓口に支払いに行く必要がありません。
国税クレジットカードお支払いサイト」上で必要事項を入力すると、国税を納付できます。

■メリット(3)個人の利用と経費の利用を立て分けられる

クレジットカードを「個人用」「法人用」と複数持ちにして、それぞれを使い分ければ、「どれが経費で、どれが経費意外なのか分からない」という事態を回避できます。

■メリット(4)ポイントが貯まる

確定申告には直接関係ありませんが、経費をクレジットカードで支払うほどポイントが貯まります。経費は毎月、一定額が必ず出ていくものなので、知らず知らずのうちに、たくさんポイントが貯まり、結果的に経費の節減に貢献します。

ビジネスにオススメのクレジットカード

確定申告も踏まえ、クレジットカードの活用がビジネスに有効であることを説明してきました。ここでは、ビジネスシーンに活躍する、法人や個人事業主向けのクレジットカードを2つ紹介します。

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス(R)・カード

新たにクレジットカードを作る場合は、セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス(R)・カードがおすすめです。価格.comにて2020年4月現在、プラチナカード部門人気ランキングで第2位を獲得しております。

詳しくはこちら

こちらのカードにはポイントに「永久不滅ポイント」がつき期限を気にする必要がありません(1,000円=1ポイントで、1ポイントは5円相当)。そして海外での利用は2倍になります。

また従業員へ貸与するための追加カード発行が可能です。(最大4枚)。
追加カードで使用された金額は、本会員に請求内容が届き支払うため、追加カードの利用額を知りたい方や立替払いの手間を省きたい方に最適です。

さらに、コンシェルジュ・サービスや空港ラウンジサービスも利用可能です。

その他にも、特典満載の詳細はこちらから。

セゾンプラチナビジネスアメックス新規入会キャンペーンセゾンプラチナビジネスアメックス新規入会キャンペーン

セゾンコバルト・ビジネス・アメリカン・エキスプレス(R)・カード

セゾン・アメリカン・エキスプレス(R)・カードから誕生した、新しいビジネスカードです。その特徴は、ビジネスカードとしては非常に手軽なこと。個人事業主またはフリーランス、経営者の方などに向いています。

本会員年会費は1,100円(税込)、追加カードは4人まで永年無料と、ランニングコストが非常にリーズナブルです。
ポイントは、セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス(R)・カードと同様の永久不滅ポイントなので、期限を気にする必要はありません。
また、モノタロウ(事業者向けサイトのみ対象)やクラウドワークスなど、ビジネスシーンでご利用の多い特定加盟店のサイトでのカード支払いで、永久不滅ポイントが通常の4倍(1,000円ごとに4ポイント)貯まるのも見逃せません。

セゾンコバルトアメックス新規入会キャンペーンセゾンコバルトアメックス新規入会キャンペーン

法人カードのメリットとデメリット法人カードのメリットとデメリット、こちらの記事をご参照ください。

関連記事:法人カードのメリットとデメリット

まとめ

副業やパラレルキャリア、起業などが増えていくことで、ご自身で確定申告を行う方が増えていく見込みです。

ビジネスカードは、年会費を導入のネックにする人も少なくありません。しかし、これもデメリットよりもメリットが上回ります。
例えば、セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス(R)・カードの年会費は22,000円(税込)ですが、年間200万円以上の支払いをすると、次年度年会費が11,000円(税込)と半額になります。これは毎月90,000円程度なので、経費をクレジットカード払いにすれば、あっという間に達成できる金額です。また、利用するほど永久不滅ポイントが同時に貯まるので、実質上、年会費は相殺されるといえます。

確定申告には申告期限、そして納付期限がありますが、経費をクレジットカード払いにすることで、確定申告の手間を格段に減らすことができます。確定申告で困る前に、クレジットカードの導入を検討してみてはいかがでしょうか。

おすすめのクレジットカード

関連記事

人気記事