Credictionary

キャッシングの複数同時申し込みは可能?複数借入の注意点についても解説!

キャッシングの複数同時申し込みは可能?複数借入の注意点についても解説!

手持ちのお金に困っている場合、キャッシングは非常に心強いサービスです。
しかし必要となる金額が大きい場合などには、借入先が1つでは足りないこともあるのではないでしょうか。少しでも早く現金を調達するために複数のキャッシングサービスの同時申込みを検討される方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、キャッシングの複数同時申し込みは可能かどうかや複数借入をする場合の注意点などについて、解説します。

キャッシングの複数同時申し込み自体は可能

キャッシングの複数同時申し込み自体は可能

結論からお伝えしておくと、キャッシングの複数同時申し込みは可能です。

そのため、キャッシングサービスを取り扱っている複数の業者に申し込んで、返事の早いところと契約手続きを進めるということも可能です。

ただし貸金業者から借り入れられる金額は年収の3分の1まで

キャッシングサービスを行っているような貸金業者は貸金業法という法律を守らなければならず、貸金業法の中には「総量規制」という規制があります。

総量規制は貸金業者が融資希望者に対して融資できる金額の上限を、「年収の3分の1まで」と決めた規制です。

貸金業者は厳格な情報管理のもと、指定信用情報機関という機関を利用して借り手の借入残高を把握しているため、すでに借り入れている金額によってはどれだけたくさんの貸金業者に申し込みを行っても、融資を受けられない可能性もあります。

ここで重要なことは、「年収の3分の1」はそれぞれの貸金業者からの借入ではなく、利用している貸金業者すべてからの借入金額の合計だということです。

例えば年収が450万円の場合、貸金業者から借り入れられる上限の金額は450万円×1/3=150万円ということになります。

ただしこの場合、貸金業者A・B・Cからそれぞれ150万円を借りられるわけではなく、A・B・Cからの借入金額の合計が150万円以内に収まらなければなりません。

もし年収450万円の場合、すでに貸金業者A・Bから合計で120万円を借り入れていると、貸金業者Cから借り入れられる金額は150万円-120万円=30万円です。

キャッシングの複数借入の注意点

キャッシングの複数借入の注意点

キャッシングは複数同時申し込みが可能なので、申し込みをした業者から返事が来て、結果的に複数のところから借入を行うことになる場合もあります。

1社からお金を借りるのも複数社からお金を借りるのも同じだと思われるかもしれませんが、複数借入ならではの注意点を以下でいくつか挙げていきます。

複数借入はその分返済も負担になる

複数のところから借入を行う場合、当然1社から借入を行うよりも借入金額は多くなる傾向にあるので、毎月の返済負担も重くなりがちです。

また、借りた金額をそのまま返せばいいのではなく利息を上乗せして返済しなければならないため、必然的に借りた金額よりも返済金額のほうが多くなります。

すぐにお金が必要な場合にキャッシングサービスが便利であることは間違いないので、ご自身の無理のない範囲で計画的に利用することを心がけましょう。

金利や毎月の返済額が異なるため返済の見通しが立てづらい

お金を借りる場合はあらかじめ返済の見通しを立てておくことが望ましいですが、複数のところからお金を借りるとそれぞれ金利や毎月の返済額が異なるので、返済の見通しが立てづらくなってしまいます。

金利年16.0%のA社から50万円、金利年18.0%のB社から30万円で合わせて80万円を借りた場合、毎月合計でどれだけ返済しなければならないか、完済までにどれぐらいの期間が必要かをパッと計算するのは難しいでしょう。

返済の見通しを誤ると毎月のお金の使い方に無理が生じて、それが原因で返済期間が長引いしてしまうということも考えられます。

お金を借りる場合は、返済シミュレーションができるところを選ぶようにすると、複数借入でも比較的安心して借入を行えるでしょう。

カード会社によって返済日が異なるため勘違いを発生してしまう可能性がある

複数借入を行う場合、それぞれの業者で異なるのは毎月の返済金額だけではなく、毎月の返済日も異なります。

そのため、毎月の返済日が10日のA社と毎月の返済日が20日のB社から借入を行っていると、両社の返済日を混同してしまう可能性もあります。

その結果、10日にA社に返済を行って一安心と思っていたら、しばらくしてB社の返済日になり、入金を忘れていた、ということにもなりかねません。

返済の延滞には遅延損害金が発生するなどのデメリットがあります。

各社の返済日の前には混同しないような形でリマインドを行うなどして、返済日を勘違いしないように工夫することが望ましいでしょう。

キャッシングの複数申し込みを検討する場合は十分な注意が必要

キャッシングの複数申し込みを検討する場合は十分な注意が必要

キャッシングの複数申し込み自体は可能ですが、貸金業者からの借入総額は貸金業法の中で規制されている総量規制によって、「自身の年収の3分の1まで」と制限されています。

そのため自身の年収および既存の借入金額によって、借り入れられる金額に上限があることには気を付けておかなければなりません。

複数借入を行う場合、返済負担が大きくなることや返済の見通しが立てづらくなることなどの点に十分注意して、無理のない範囲で利用することが重要です。

セゾンでは返済シミュレーションが行えて返済の見通しを立てやすいので、キャッシングをする場合にはおすすめです。

セゾンのクレジットカードを利用してキャッシングを利用する場合におすすめなのは、セゾンカードインターナショナルです。

セゾンカードインターナショナルは入会金・年会費無料のクレジットカードです。最短即日で発行することができます。

キャッシングを利用できるクレジットカードは、今ご紹介したセゾンカードインターナショナルも含めてたくさんあるので、使いやすさや返済のしやすさなどを比較検討したうえで、ご自身にとって最適だと思われるものをお選びください。

おすすめのクレジットカード

人気記事