【クレジットカードのことならCredictionary】

クレジットカードを洗濯したらどうなる?対処方法と破損の原因も解説

クレジットカードを洗濯したらどうなる?対処方法と破損の原因も解説

クレジットカードをポケットに入れたまま洗濯しまったときは焦ってしまいますよね。そんな時に気になるのが、洗濯したクレジットカードが使えなくなるのかということです。不意にクレジットカードが使えなくなると、どうしても不便になってしまいます。

そこでこの記事ではクレジットカードを洗濯したらどうなるのか、洗濯した時にはどう対処すべきなのかについて解説します。洗濯でクレジットカードが破損するケースは実際には多くなく、万が一破損した際も落ち着いて対処すれば利用を再開できます。一つずつ確認をしていきましょう。

クレジットカードを誤って洗濯してしまったらどうなる?

クレジットカードは水濡れ・洗剤に強い素材で作られているため、洗濯しても表面の水分を拭き取ればそのまま使えるケースがほとんどです。

クレジットカードの素材としては、大部分が「ポリ塩化ビニル(PVC)」で作られています。水濡れ・薬品に耐性があるプラスチックです。また、ICチップや磁気ストライプについても、水濡れに強い素材のため、洗濯で使えなくなることは少ないといえます。

乾燥している場合は要注意

ただし洗濯と合わせて乾燥までかけてしまった場合は、熱で破損している可能性があります。

クレジットカードの素材のプラスチックは水濡れや洗剤には強いものの、熱には弱いです。60~80℃ほどの温度になると柔らかくなるため、変形してしまうことがあります。

乾燥機やドラム式洗濯機の乾燥機能なども、ものによってはかなり高温になるため、クレジットカードが変形して破損に至る可能性は十分にあります。

洗濯しているなかで曲がってしまう可能性もある

洗濯の際に服に巻き込まれたり、脱水で強い力が加わったりして、クレジットカード自体が曲がってしまう可能性もあります。

クレジットカードが曲がってしまうと、決済端末を通した際にエラーになったり、ATMに投入したまま出てこなくなったりといったトラブルに繋がります。

明らかに曲がっている場合はもちろん使用を避けるべきですが、「よく見ると少し反っている」ぐらいの変形で気付きにくいケースもあるので、洗濯後に変形がないかはよく確認しておきましょう。

クレジットカードを洗濯してしまったらどうすればよい?

クレジットカードを洗濯してしまったらどうすればよい?

洗濯してしまった後の対処としては、基本的には水分をふき取るだけで問題ありません。柔らかい布で優しく表面の水分を取り除きましょう。乾燥機までかけてしまった場合は、熱がなくなるまで待ってから取り出しましょう。

なお、クレジットカードは熱に弱いのでドライヤーで乾かすことは絶対に避けてください。ドライヤーで乾かしてしまうと熱で変形してしまう可能性があります。

カードが破損していないかを知るためには、お店で実際に使用してみることになります。混雑時は避けて、できればセルフレジなどで使ってみることをおすすめします。ATMで試すとカードが出てこなくなったりATM自体を故障させてしまう恐れがあるので。ATMでクレジットカードが使用できるかを試すのは避けるべきです。

クレジットカードを洗濯して破損してしまったときの対処法

「カードを見ると明らかに破損している」「カードを使おうとしたけど使えなかった」などで、どうすれば良いのか悩んでいる方もいるでしょう。クレジットカードを洗濯して破損してしまったときの対処法を紹介します。

カード会社に連絡をして再発行の手続きをする

まずはクレジットカードを再発行する手続きを行いましょう。

再発行の依頼は、クレジットカード会社の電話窓口から可能です。電話窓口の連絡先はクレジットカード裏面や、公式ページなどで確認できます。

なおクレジットカードによっては、再発行するとカード番号やセキュリティコードが変更になることがあります。カード番号が変更になった場合には、ネットショッピングや公共料金の支払いでの登録情報の修正が必要です。

セゾンカードの場合は、再発行後にカード番号が変更されることはありませんが、セキュリティコードについては一部ケースで変更になる場合があります。

急ぎの場合は即日発行のカードを検討する

クレジットカードの再発行には、1週間程度の期間がかかります。

クレジットカードすぐに使いたいと考えている方は、即日発行ができるクレジットカードを検討しましょう。多くのクレジットカードは新規発行までに1~2週間かかりますが、一部カードは即日発行に対応しています。

セゾンカードの場合は、ネット申し込みをして店頭受け取りをすることで最短即日でクレジットカードを入手できます。また、最短5分で発行できるデジタルカードのサービスも開始しています。こちらについては、このあと詳しく紹介します。

即日発行のカードをお探しなら「セゾンパール・アメリカン・エキスプレス(R)・カード Digital」がおすすめ
「セゾンパール・アメリカン・エキスプレス(R)・カード Digital」なら、最短5分でデジタルカードの発行が可能です。

公式サイトの申し込みボタンから手続きを済ませ、審査完了メールを受け取ったら初回登録をしてすぐにカードを利用開始できます。

カード番号は、公式スマホアプリ「セゾンPortal」から確認が可能です。即日で、ネットショッピングや、実店舗でのスマートフォンの非接触決済に利用することができます。

また、後日プラスチックカードも自宅に届きます。こちらは、カード番号の記載がないナンバーレスカードです。券面からカード番号を盗み見される心配がないので安心して使えます。

注目するべき特典として、QUICPay利用金額の最大3%相当のポイント還元があります。コンビニ、スーパー、ドラッグストア、ガソリンスタンドなどQUICPayを利用したお支払いでお得に永久不滅ポイントが貯まります。

年会費は初年度無料、2年目以降は通常1,100円(税込)で前年に1回でも利用があれば無料になります。

すぐに代わりのクレジットカードを発行しておきたい方は、セゾンパール・アメリカン・エキスプレス(R)・カード Digitalを検討しましょう。

セゾンパールアメックス新規入会キャンペーンセゾンパールアメックス新規入会キャンペーン

クレジットカードが破損するそのほかの原因

洗濯以外でも日常生活の中で、クレジットカードを破損してしまうケースがいくつかあります。洗濯では破損しなかった方も、今後うっかり破損してしまうことも考えられるので、この機会に合わせて確認しておきましょう。

磁気の強いものの近くで保管している

テレビ、電子レンジ、スマホ、パソコン、カードキーなど磁気を発するものの近くにクレジットカードを保管すると破損の原因となる可能性があります。すぐに破損することはほとんどありませんが、習慣的に近くに置くことは避けるべきです。

高温な場所に保管した

クレジットカードは熱に弱いので高温な場所に長時間置いておくのもNGです。とくに夏場の車内はかなり高温の環境になるので、放置しないようにしましょう。

磁気ストライプやICチップにキズが入った

磁気ストライプやICチップはキズが入ると読み取りできなくなることがあります。カード同士が多少擦れる程度では問題ないことが多いですが、長期的に擦れ続けると、キズが原因で使えなくなる可能性があるので注意しましょう。

強い力が加わり変形した

膨らんだ財布に入れたり、ポケットで無理な力が加わったりすると変形してカードが使えなくなることがあります。少しずつ変形することもあるので、普段から無理な力が加わっていないかはあらためて見直しておきましょう。

クレジットカードを洗濯してしまったときのまとめ

クレジットカードは水濡れ・洗剤に強い素材で作られているため、洗濯で破損してしまうことは少ないです。ただし、熱には弱いので乾燥までかけてしまった場合は、破損してしまう可能性が高くなります。

クレジットカードが破損してしまった際には再発行の手続きを進めるとともに、すぐにクレジットカードが必要なら即日発行のクレジットカード発行についても検討しましょう。

おすすめのクレジットカード

人気記事