【クレジットカードのことならCredictionary】

おすすめのキャッシュレスは?キャッシュレスの基本知識についても解説

おすすめのキャッシュレスは?キャッシュレスの基本知識についても解説

主要各国のキャッシュレス決済比率が40%~60%に対して、日本は約20%と低い比率です(※)。政府は2025年までに40%程度、将来的には世界最高水準の80%を目指しており、キャッシュレス決済が普及する政策を推進しています。

結果、キャッシュレスの種類は大きく増え、利用できる店舗が拡大しています。ですが、キャッシュレスを始めていない方にしてみると、基本的な知識やおすすめのキャッシュレスなどは分かりづらいです。

そこで今回はおすすめのキャッシュレスや、キャッシュレスの基本知識について解説します。

(※)出典元:経済産業省「キャッシュレスの現状及び意義」

キャッシュレスの基本知識

キャッシュレスとは、現金を使わずにモノやサービスの料金を支払いや受取りを電子的に行う決済方法の総称です。

決済を行う方法が接触型決済、非接触型決済、コード決済の3種類に分かれていますが、基本的にキャッシュレス決済のメリットは共通しています。

キャッシュレス決済のメリット

キャッシュレス決済のメリットは次になります。

● 利用者の利便性が向上
● キャッシュレスの支払額に応じてポイント還元
● 店舗の作業が効率化

キャッシュレスは現金を使わない決済方法になります。買物に行くときに現金を持たずに出かけられるようになり、釣銭の受け渡しという手間が減るためスピーディに支払いが完了します。

利用するキャッシュレスによって異なりますが、キャッシュレスは支払額に応じてポイント還元のサービスを実施しています。例えば、セゾンカードなら支払い金額1,000円(税込)につき永久不滅ポイントが1ポイント(約5円相当)貯まります。

同じ1万円を支払うにしても、現金よりもセゾンカードの方が約50円分お得になります。

消費者だけでなく、店舗側にもキャッシュレスのメリットがあります。現金の受渡しが軽減されるということは、現金管理の手間や時間が削減され、店舗に現金を置かずに済むため盗難などのリスクも減るでしょう。

また、現金以外の決済方法を用意しておくことで、キャッシュレス決済が利用しないといった機会損失の防止にもつながります。

このように、キャッシュレスは消費者、店舗双方にメリットのある支払い方法になります。

キャッシュレスの種類

キャッシュレスには次の種類があり、決済方法や支払いのタイミングが異なります。

● クレジットカード
● プリペイドカード
● デビットカード
● 交通系ICカード
● 電子マネー
● QRコード決済
● キャリア決済

クレジットカードは、接触型決済で後払い方式のキャッシュレスです。利用者はカード会社が発行したクレジットカードを使ってモノやサービスの支払いを行い、後日料金が口座から引き落とされます。

プリペイドカードは、接触型決済で前払い方式のキャッシュレスになります。利用者は事前にプリペイドカードにお金をチャージ(入金)する必要があり、チャージした金額以上を支払うことはできません。

デビットカードは、接触型決済で即時払い方式のキャッシュレスです。銀行口座と紐づけられており、モノやサービスの支払いが即時引き落とされます。

交通系ICカードは、非接触型決済で前払い方式のキャッシュレスになります。プリペイドカードのように事前にチャージをして利用するのですが、一部の交通系ICカードではクレジットカードと紐づけて自動チャージを設定することもできます。

電子マネーは、非接触型決済で種類によって支払うタイミングが前払い方式・後払い方式・即時払い方式と異なるキャッシュレスです。利用する電子マネーによってタイミングが異なるため、注意しましょう。

QRコード決済はスマートフォン上にバーコードやQRコードを表示させて読み取ってもらったり、店舗に設置されているQRコードを読み取ったりして決済します。クレジットカードや銀行口座と紐づけて支払うのが特徴です。

キャリア決済は後払い方式のキャッシュレスで、モノやサービスの支払いを、月々の携帯電話料金や通信料金と合算して支払いできるサービスになります。

このようにキャッシュレスは種類が豊富で、決済方式や支払いのタイミングが種類によって異なるため、キャッシュレスをこれから始めようとするは迷ってしまいます。

おすすめのキャッシュレスはクレジットカード

おすすめのキャッシュレスはポイント還元や分割払いなどを兼ね備えたクレジットカードです。

経済産業省の発表によれば、2019年の決済比率におけるキャッシュレスの割合は全体で26.8%(※)です。そのうち、クレジットカードの割合は24.0%と、ほかのキャリア決済に比べて圧倒的に高いです。

クレジットカードが利用頻度の高いキャッシュレスということは、店舗側もほかのキャッシュレスに比べてクレジットカードに対応している可能性が高いということになります。

また、QRコード決済や電子マネーはクレジットカードがあれば紐づけて利用することが可能になります。以上のことからキャッシュレスを始めるなら、まずはクレジットカードを持つことをおすすめします。

おすすめのクレジットカードはセゾンパール・アメリカン・エキスプレス(R)・カードDigitalです。

(※)出典元:経済産業省「キャッシュレス決済の中小店舗への更なる普及促進に向けた環境整備検討会」

スマートフォンに発行されるセゾンパール・アメリカン・エキスプレス(R)・カードDigital

セゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カードDigitalは公式アプリに申し込み後、審査に通れば最短5分でデジタルカードが発行され、オンラインショッピングや電子マネー決済が利用可能になります。

初年度は年会費無料で、前年に1円でも利用があれば、翌年も年会費無料になります。QUICPayで支払いをすると、利用金額(税込)の3%相当(※)の永久不滅ポイントが常に貯められるという特典があります。

さらに、25歳未満の方は「セゾンクラッセ」の会員登録をして、対象のコンビニ(セブンイレブン、ローソン、ファミリーマート)でQUICPayにて支払いをすると、永久不滅ポイントの還元率が2%相当アップし、合計5%相当になります。セゾンクラッセは、セゾンPortalから簡単に登録ができるので、ぜひご活用ください。

優待特典はほかにもあり、アメリカン・エキスプレスのカード会員様だけの優待特典「アメリカン・エキスプレス・コネクト」も受けられます。ショッピング・ダイニング・ホテル等のお得な特典をお楽しみください。

一般的なクレジットカードは申し込みをしてから手元に届くまでには数日かかるのがネックです。

セゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カードDigitalは申込んでから審査完了後最短5分でデジタルカードが発行できるという手軽さが、キャッシュレスをこれから始めようとする方におすすめしたいポイントです。

(※)1ポイント5円相当のアイテムと交換した場合となります。

セゾンパールセゾンパール

特典が充実しているセゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス(R)・カード

セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カードは年会費11,000円(税込・初年度無料)で保有でき、優待特典が充実しているクレジットカードです。

通常1,000円(税込)の支払いごとに1ポイント付与される永久不滅ポイントが、国内利用だと1.5倍、海外利用だと2倍になります。

旅行に関する優待特典もあり、国内主要空港やダニエル・K・イノウエ国際空港(ハワイ)のラウンジは無料で利用でき、148以上の国や地域、600以上の都市で1,300か所以上の空港ラウンジを利用できる「プライオリティ・パス」の年会費429米ドルが優遇年会費11,000円(税込)で登録可能となっています。

ほかにも「国内・海外旅行傷害保険」やアメックス付帯サービスの「アメリカン・エキスプレス・コネクト」など、魅力的な優待特典が付帯しているカードです。

セゾンゴールドアメックス新規入会キャンペーンセゾンゴールドアメックス新規入会キャンペーン

おすすめのキャッシュレスのまとめ

おすすめのキャッシュレスのまとめ

キャッシュレスは現金を使わずに代金の支払いや受け取りを行う決済方法の総称で、クレジットカードやデビットカード、電子マネー、QRコード決済などが代表的です。

政府がキャッシュレス決済を推進していることもあり、近年では多くのキャッシュレスが登場していますが、これからキャッシュレスを始める方におすすめなのはクレジットカードです。

クレジットカードは日本で最も利用されているキャッシュレスで、対応している店舗も多く、ほかのキャッシュレスと紐づけて利用することも可能なため、初めてのキャッシュレスにピッタリです。

おすすめのクレジットカードは、申し込みから発行までスマートフォンだけで完結する手軽さが魅力のセゾンパール・アメリカン・エキスプレス(R)・カードDigitalと、旅行好きにうれしい特典が充実しているセゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス(R)・カードです。

おすすめのクレジットカード

人気記事