Credictionary

ゴールドカードのラウンジサービスでは何ができるの?海外で使えるプライオリティ・パスについても解説!

ゴールドカードのラウンジサービスでは何ができるの?海外で使えるプライオリティ・パスについても解説!

「ゴールドカードで入れる空港ラウンジでは何ができるの?」、「そもそも空港ラウンジって何?」という疑問をお持ちの方向けに、ここではゴールドカードに付帯する空港ラウンジサービスについて詳しく解説します。

出発前のロビーで、騒がしい空気にさらされたり、イスが硬くてリラックスできなかったりした経験はありませんか?空港ラウンジを利用することで、こうしたお悩みを解決し、出発前の時間を快適に過ごせるようになります。

そもそも「空港ラウンジ」って何?

空港ラウンジを利用したことがない方からすると、「そもそも空港ラウンジってどんなものなの?」とイメージが湧かないことがあるかもしれません。

空港ラウンジとは、空港に設けられている出発前・到着後の時間をゆったりとくつろげるフロアのことです。柔らかなソファーで休んだり、新聞や雑誌を読んだり、ソフトドリンクを飲んだりできる場所で、空港内の喧騒や混雑から解放され、リラックスして過ごすことができます。

空港ラウンジは、大きく3種類に分けられます。ゴールドカードやプラチナカードの会員が利用できる「カードラウンジ」、プライオリティ・パス会員が利用できる「プライオリティ・パスラウンジ」、各航空会社の上級会員が利用できる「航空会社ラウンジ」です。

利用者の状況によって、上記の3種類のなかで利用可能な空港ラウンジは変わってきます。それでは、上記の3種類のラウンジがどのように違うのか、以下で詳しく見ていきましょう。

ゴールドカード・プラチナカード会員が使える「カードラウンジ」

カードラウンジは、ゴールドカードやプラチナカードの付帯サービスとして利用できるラウンジです。ラウンジサービス付きのカードを持つだけで利用可能になるため、3種類ある空港ラウンジのなかでもっとも使う際のハードルが低いラウンジといえます。

ゴールドカードを取得した際は、主にこのカードラウンジが利用できます。羽田・成田をはじめとする国内各地の主要空港や、ダニエル・K・イノウエ国際空港(ハワイ)などのカードラウンジを無料でご利用いただけます。

ソフトドリンク、雑誌、新聞、Wi-Fiなどのサービスを無料で使える反面、特筆するほどの高級なサービスが受けられるわけではないのもカードラウンジの特徴です。 

プライオリティ・パス会員が使える「プライオリティ・パスラウンジ」

プライオリティ・パスとは、世界148ヵ国、1,300ヵ所以上の空港ラウンジが使えるサービスのことです。このプライオリティ・パスで利用できるラウンジのことを、「プライオリティ・パスラウンジ」と呼びます。世界中の空港ラウンジが使えるため、海外出張や海外旅行を頻繁にする場合、プライオリティ・パスは非常に便利です。

プライオリティ・パスには、会員のグレードが3段階用意されており、グレードごとに年会費やラウンジの利用料金が異なるというシステムを採用しています。

また、カードラウンジより充実したサービスが受けられる点も特長の1つです。軽食やアルコール、Wi-Fi、空港のレストラン・ショップで利用可能な割引オファーなど、会員向けのサービスが豊富に用意されています。

利用するには、個別にプライオリティ・パスの入会を済ませる方法もありますが、おすすめはプライオリティ・パス付のプラチナカードや、プライオリティ・パスの年会費割引付きのゴールドカードを取得する方法です。

特にプラチナカード以上のランクのクレジットカードには、カードラウンジのサービスと、プライオリティ・パスのサービスが自動付帯されているケースも多いです。これなら「カードラウンジ」+「プライオリティ・パスラウンジ」となるため、国内主要空港だけでなく海外の空港まで、世界中の空港に設置されたラウンジが無料で使えるようになります。

プライオリティ・パスの年会費が無料になるので、海外への渡航を予定している方は、個別に申込むより、プライオリティ・パス付きのプラチナカードを取得しておくべきです。 

上級クラスの乗客が使える「航空会社ラウンジ」

航空会社ラウンジとは、JALやANA、デルタ航空などの各航空会社が設けている空港ラウンジのことです。ビジネスクラス・ファーストクラスの乗客や、各航空会社の会員ステイタスが上級クラスに該当する方でないと、航空会社ラウンジを利用することはできません。

ゴールドカードを取得すれば使えるカードラウンジと比べると、敷居が高いことがわかります。もちろん、敷居が高い分、ラウンジのサービス内容は上質です。

ラウンジのデザインが高級感を感じさせるものであったり、アルコール飲料が無料だったり、和食・洋食など多彩な料理を頼んだりすることも可能です。特別な顧客に対して提供されるラグジュアリーなサービスが、航空会社ラウンジの特長といえます。

セゾンゴールドアメックス新規入会キャンペーンセゾンゴールドアメックス新規入会キャンペーン

カードラウンジで利用できるサービス一覧

カードラウンジで利用できるサービス一覧

上記で取り上げた空港ラウンジのうち、ゴールドカード所有者が利用できるのは、基本的にカードラウンジのみです。そこで、ここでは「カードラウンジで実際に何ができるの?」という疑問に答えるために、カードラウンジで利用できるサービスを「無料」と「有料」に分けて紹介します。

【無料のサービス】
・無線LAN(Wi-Fi)の利用
・ソフトドリンクの提供
・新聞、雑誌の閲覧

【有料のサービス】
・軽食の提供
・アルコールの提供
・コピー、FAXの利用
・シャワーの利用
・パソコンの貸し出し
・コイン式パソコンの利用
・マッサージ機の利用

カードラウンジでは、主に上記のようなサービスが利用可能です。ただし、ラウンジによって「無料」なのか「有料」なのかは変わってきます。

例えば、アルコール飲料は有料の場合がほとんどですが、なかには、アルコールが1杯のみ無料というラウンジもあります。マッサージ機についても同様で、無料と有料の両方のパターンが存在します。利用する予定の空港ラウンジのサービスが無料か有料かは、訪れる前にあらかじめ確認しておきましょう。

一般的なゴールドカードで入れる主要空港の一覧

ゴールドカード所有者は、以下の空港に用意されたラウンジを無料で利用することができます。

【ゴールドカードで入れるラウンジのある空港】(2020年3月現在)
北海道 旭川空港、新千歳空港、函館空港
東北 青森空港、仙台国際空港、秋田空港
関東 成田国際空港第1ターミナル、成田国際空港第2ターミナル、成田国際空港第3ターミナル、羽田空港第1ターミナル、羽田空港第2ターミナル、羽田空港第3ターミナル
中部・北陸 新潟空港、富山空港、小松空港、富士山静岡空港、中部国際空港
近畿 伊丹空港(大阪国際空港)、神戸空港、関西国際空港
中国・四国 米子鬼太郎空港、岡山空港、広島空港、出雲空港(出雲縁結び空港)山口宇部空港、徳島阿波おどり空港、高松空港、松山空港
九州・沖縄 福岡空港、北九州空港、長崎空港、熊本(阿蘇くまもと空港)空港、大分空港、鹿児島空港、那覇空港
ハワイ ダニエル・K・イノウエ国際空港

このように、ゴールドカードが1枚あれば、国内主要空港及びハワイのダニエル・K・イノウエ国際空港のラウンジを利用することが可能です。ただし、空港ごと、ラウンジごとに利用できるサービスは異なります。実際にどのようなサービスが存在するのか、成田国際空港と羽田空港を例に見ていきましょう。

成田国際空港のカードラウンジのサービス

それでは、成田国際空港のカードラウンジである「IASS Executive Lounge 1」と「IASS EXECUTIVE LOUNGE2」の場所や営業時間、サービス、同伴者料金などの項目について確認していきましょう。(2020年3月現在)

【IASS Executive Lounge 1】
場所 第1ターミナル 中央ビル 5F
営業時間 7:00~21:00
主なサービス 新聞・雑誌の閲覧(無料)、ソフトドリンク(無料)、アルコール(有料)、FAXサービス(無料)、無線LAN(Wi-Fi)の利用(無料)
同伴者料金 1名あたり1,100円(税込)、4歳以上13歳未満550円(税込)、4歳未満無料
【IASS EXECUTIVE LOUNGE2】
場所 第2ターミナル 本館 4F
営業時間 7:00~21:00
主なサービス 新聞・雑誌の閲覧(無料)、ソフトドリンク(無料)、アルコール(有料)、FAXサービス(無料)、無線LAN(Wi-Fi)の利用(無料)
同伴者料金 1名あたり1,100円(税込)、4歳以上13歳未満550円(税込)、4歳未満無料

どちらのラウンジでも、アルコールについては有料となります。

羽田空港のカードラウンジのサービス

次に、羽田空港のカードラウンジについて紹介します。羽田空港には、第1ターミナル、第2ターミナル、第3ターミナルのそれぞれにラウンジが設けられています。利用できるラウンジの数が多いのが、羽田空港の特徴です。ここでは、9ヶ所のラウンジの場所、営業時間、サービス、同伴者料金について紹介します。 

【POWER LOUNGE NORTH(第1ターミナル)】
場所 第1旅客ターミナル2階
営業時間 6:00~20:30
主なサービス ソフトドリンク(無料)、クラフトビール(有料)、無線LAN(Wi-Fi)の利用(無料)
同伴者料金 1名あたり1,100円(税込)、4歳以上13歳未満550円(税込)、4歳未満無料
【POWER LOUNGE SOUTH(第1ターミナル)】
場所 第1旅客ターミナル1階 中央付近
営業時間 6:00~20:00
主なサービス ソフトドリンク(無料)、アルコール(有料)、無線LAN(Wi-Fi)の利用(無料)、コイン式パソコン(有料)
同伴者料金 1名あたり1,100円(税込)、4歳以上13歳未満550円(税込)、4歳未満無料
【POWER LOUNGE CENTRAL(第1ターミナル)】
場所 第1旅客ターミナル1階 中央付近
営業時間 6:00~20:00
主なサービス ソフトドリンク(無料)、アルコール(有料)、無線LAN(Wi-Fi)の利用(無料)、コイン式パソコン(有料)
同伴者料金 1名あたり1,100円(税込)、4歳以上13歳未満550円(税込)、4歳未満無料
【POWER LOUNGE NORTH(第2ターミナル)】
場所 第2旅客ターミナル3階
営業時間 6:00~21:30
主なサービス ソフトドリンク(無料)、クラフトビール(有料)、無線LAN(Wi-Fi)の利用(無料)
同伴者料金 1名あたり1,100円(税込)、4歳以上13歳未満550円(税込)、4歳未満無料
【エアポートラウンジ(南)(第2ターミナル)】
場所 第2旅客ターミナル2階
営業時間 6:00~20:00
主なサービス ソフトドリンク(無料)、アルコール(有料)、コピー・FAX(有料)、無線LAN(Wi-Fi)の利用(無料)、コイン式パソコン(有料)
同伴者料金 1名あたり1,100円(税込)、4歳以上13歳未満550円(税込)、4歳未満無料
【POWER LOUNGE CENTRAL(第2ターミナル)】
場所 第2旅客ターミナル3階
営業時間 6:00~20:00
主なサービス ソフトドリンク(無料)、アルコール(有料)、シャワー (有料)、無線LAN(Wi-Fi)の利用(無料)、コイン式パソコン(有料)
同伴者料金 1名あたり1,100円(税込)、4歳以上13歳未満550円(税込)、4歳未満無料
【SKY LOUNGE(第3ターミナル)】
場所 国際線旅客ターミナル4階
営業時間 24時間
主なサービス 新聞・雑誌の閲覧(無料)、ソフトドリンク(無料)、アルコール(有料)、無線LAN(Wi-Fi)の利用(無料)、コイン式パソコン(有料)
同伴者料金 1名あたり1,050円(税込)、4歳以上13歳未満530円(税込)、4歳未満無料
【SKY LOUNGE SOUTH(第3ターミナル)】
場所 国際線旅客ターミナル3階
営業時間 7:00~25:00
主なサービス ソフトドリンク(無料)、アルコール(有料)、シャワー(有料)、無線LAN(Wi-Fi)の利用(無料)、コイン式パソコン(有料)
同伴者料金 1名あたり1,050円(税込)、4歳以上13歳未満530円(税込)、4歳未満無料

セゾンゴールドアメックス新規入会キャンペーンセゾンゴールドアメックス新規入会キャンペーン

実際に使ってみよう!カードラウンジの利用方法

ゴールドカードと航空券があれば、カードラウンジは簡単に利用できます。

1.ゴールドカードと航空券をラウンジ受付で提示する
2.ラウンジでゆったり過ごす
3.退出する

カードラウンジを利用する手順は、上記のとおりです。カードラウンジは広々しており、基本的にはWi-Fi完備ですから、出発前の段階で早めにラウンジに入り、パソコンを開いて仕事をするビジネスマンも少なくありません。時間の有効活用の場として、カードラウンジは非常に便利です。

ただし、満席・貸切の際は、利用時間に制限が設けられたり、利用不可になったりすることもあるため、その点はあらかじめ認識しておいてください。

カードラウンジを使いたい人が持つべきトラベルサポート豊富なゴールドカード

カードラウンジを使いたい人が持つべきトラベルサポート豊富なゴールドカード

ゴールドカードを選ぶ際は、ラウンジサービスの有無だけでなく、ほかのトラベルサポートにも目を向けてみてください。ゴールドカードにはラウンジサービス以外にも、カードごとにさまざまなサービスが付帯しています。

例えば、セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス(R)・カードは、国内主要空港のラウンジが無料で利用可能なのはもちろん、「手荷物無料宅配サービス」や「コートお預かりサービス」など、複数のトラベルサポートが付帯しています。

くわえて、通常なら429米ドル(約47,000円)もかかるプライオリティ・パスのプレステージ会員に、優遇年会費・11,000円(税込)で登録することができます。これなら、お得な価格で国内主要空港だけでなく世界中の空港ラウンジが利用可能です。

さらに、最高5,000万円の旅行傷害保険(国内・海外)が付帯しており、カード購入した商品の破損・盗難などの被害に対して年間200万円まで補償してくれるショッピング安心保険も付帯しています。

このように、ラウンジ以外にもトラベルサポートが豊富に用意されているのが、セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス(R)・カードの魅力です。これだけ充実した内容で年会費は11,000円(税込)ですから、旅行好きのみなさんや、出張の多い方には、ぜひ持っていただきたい1枚です。

海外の空港ラウンジを使いたい人は登録すべき!プライオリティ・パスの魅力とは?

上述のとおり、プライオリティ・パスとは、国内だけでなく世界中の1,300ヵ所以上の空港ラウンジを利用できるサービスです。海外旅行・海外出張の多い方なら、時間の有効活用や仕事の合間の休憩のために、登録しておくべきサービスといえます。そんなプライオリティ・パスの特徴と魅力について、詳しく見ていきましょう。

プライオリティ・パスの3つのグレード

はじめに、プライオリティ・パスには3つのグレードが存在します。「スタンダード」、「スタンダード・プラス」、「プレステージ」の順にグレードがあがります。グレードがあがると、その分年会費も高くなります。グレードごとの内容について、以下の表を見てみましょう。

【プライオリティ・パスの3つのグレード】
グレード スタンダード スタンダード・プラス プレステージ
年会費 99米ドル 299米ドル 429米ドル
利用料金 32米ドル(利用都度) 11回目より32米ドル(利用都度) 無料
同伴者料金 32米ドル(利用都度) 32米ドル(利用都度) 32米ドル(利用都度)
(2020年3月現在)

このように、グレードがあがれば、本会員の利用料金が無料になります。スタンダード・プラスでは10回目まで無料で使えますし、プレステージになればずっと無料のままです。

プライオリティ・パスの4つのメリット

プライオリティ・パスには、主に4つのメリットがあります。1つめが、「世界中の空港ラウンジが利用できる」という点です。アフリカ、アジア、ヨーロッパ、中南米、中近東、北米、英国・アイルランドなど、利用できる範囲が広いのが魅力の1つといえます。

2つめが「軽食やドリンクが楽しめる」ところです。忙しいビジネスマンも、ほっと一息つけるはずです。

3つめが「無料Wi-Fiや電源が利用できる」点で、これがあれば、パソコンで作業するなどして時間を有効活用できるでしょう。

4つめが「同伴者が利用できる」点です。同伴者料金は発生するものの、家族や友人にくつろいでほしいとき、プライオリティ・パスのラウンジへ案内すれば、きっと喜んでもらえるでしょう。

プライオリティ・パスの発行方法と使い方

プライオリティ・パスを発行する方法は主に2つあります。1つがプライオリティ・パスのホームページから個別に申込む方法です。ホームページにて、3つのグレードからお好みのものを選択し、必要情報を入力のうえ、会員アカウントの作成をおこないます。その後、支払いが終わったら、手続き完了です。

もう1つが、プラチナカードの付帯サービスを利用して発行する方法です。プラチナカードにはカードラウンジだけでなく、プライオリティ・パスが無料で付いていることがあります。この場合は、まず対象のプラチナカードを取得し、そのあとに、プライオリティ・パスへの会員登録をおこなう流れになります。会員登録してしばらくすると、会員カードが届きます。

会員カードを使うときは、プライオリティ・パスラウンジに訪れて、会員カードと搭乗券を提示しましょう。そのあと、サインを済ませれば、ラウンジを使うことができます。プラチナカードがあれば、プライオリティ・パスの高額な年会費が削減できるため、個別に申込むよりもプライオリティ・パス付きのプラチナカードを取得するほうがおすすめです。

無料でプライオリティ・パスに登録できるクレジットカード

プライオリティ・パスに無料で登録できるカードとしておすすめなのが、セゾンプラチナ・アメリカン・エキスプレス(R)・カードです。プライオリティ・パスの最高峰のグレード・プレステージに無料で登録できるため、世界1,300ヵ所のラウンジを無料で使えるようになります。もちろん、国内主要空港のラウンジも無料で利用可能です。

さらに「手荷物無料宅配サービス」、「コートお預かりサービス」、「ハイヤー送迎サービス」など、その他のトラベルサポートも充実しています。海外でのカード利用で、通常の2倍(1,000円ごとに2ポイント)の永久不滅ポイントを貯めることもできます。

さらに、最高1億円という高額な旅行傷害保険(国内・海外)が付帯しており、年間300万円までのショッピング安心保険も付いています。

年会費22,000円(税込)で、国内でも海外でも安心安全なカードライフが実現可能です。特に、頻繁に海外渡航をする方は、セゾンプラチナ・アメリカン・エキスプレス(R)・カードの申込をぜひご検討ください。

おすすめのクレジットカード

ゴールドカード・プラチナカードを手に入れて空港ラウンジを使ってみよう

ここでは、空港ラウンジについて網羅的に解説しました。ゴールドカードを持つとカードラウンジを無料で利用することができます。カードラウンジでは、無線LAN(Wi-Fi)、ソフトドリンク、新聞・雑誌、軽食、アルコール、コピー・FAX、シャワー、パソコンの貸し出し、マッサージ機など、さまざまなサービスが利用可能です。

ただし、ほとんどのゴールドカードは、国内主要空港のラウンジしか利用できず、プライオリティ・パスラウンジなどの海外のラウンジを使うことはできません。そこで便利なのが、セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス(R)・カード。ゴールドカードでありながら優遇年会費でプライオリティ・パスに登録可能です。

さらに、セゾンプラチナ・アメリカン・エキスプレス(R)・カードなら、プライオリティ・パスのプレステージに無料で登録できます。

「ラウンジって本当に無料で使えるの?」とまだ不安を持っている方もいるでしょう。しかし、心配はいりません。ゴールドカード以上のランクのカードなら問題なく使えるはずなので、まずはゴールドカード・プラチナカードを手に入れて、試しに使ってみましょう。旅行や出張が、これまでよりも一層快適なものになるはずです。

おすすめのクレジットカード

人気記事