【クレジットカードのことならCredictionary】

ハワイ旅行へ行ける?海外旅行で事前に準備するべきことや割引優待サービスを紹介

ハワイ旅行へ行ける?海外旅行で事前に準備するべきことや割引優待サービスを紹介

「ハワイへ海外旅行に行きたいと思っている方」や「旅行計画を検討している方」のなかには、ハワイ渡航の現状が気になっている方も多いのではないでしょうか。

現在、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、ハワイへの渡航には事前のワクチン接種証明書や陰性証明書の取得などが必要です。また、日本へ帰国後は、指定宿泊施設での待機も求められています(※)。

この記事では、ハワイへの渡航に必要な手続きや行動制限、事前に準備しておきたいことなどを解説します。

(※)記載している情報は2022年1月時点のものです。

国内・海外旅行ならセゾン・アメリカン・エキスプレス・カード国内・海外旅行ならセゾン・アメリカン・エキスプレス・カード

制限はあるもののハワイ旅行に行くことは可能

新型コロナウイルス感染症の影響があるなか、各国では状況を考慮し、入国後の行動制限や入国制限措置を実施しています。

2022年1月現在、日本からハワイへの渡航は、アメリカ政府が定める入国条件に準じる項目をクリアすれば可能な状況です。

ただし、ハワイ到着後の行動制限の免除を受けるためには、いくつかの検査や書類の提出が求められます。

さらに日本へ帰国する場合にも、指定宿泊施設での待機や自宅での自己隔離など、行動制限に従うことが必要です。

入国後の行動制限や必要な手続きは、状況に応じて流動的に変化しています。ハワイへ渡航する場合は、外務省やハワイ州観光局などが提供する最新情報をご確認ください。

ハワイ旅行に伴う行動制限

ハワイへ渡航する場合の具体的な行動制限や手続きは下記のとおりです。出発前・滞在中・帰国後の各時点に分けて記載しています(2022年1月時点)。

出発前(※) ・新型コロナウイルスワクチン接種証明書(ワクチンパスポート、18歳以上)
・出発1日以内に実施した新型コロナウイルス検査の陰性証明書
・宣誓書の提出
・ESTAの申請
滞在中 ・「セーフアクセスオアフ」プログラムの遵守
・帰国前72時間以内に検査した陰性証明書
帰国後 ・陰性証明書の提出
・宣誓書の提出
・指定宿泊施設での待機(6日間)
・自宅などでの自己隔離(入国後10日間)
・接触確認アプリの導入や健康状況の報告など

(※)日本からの直行便の場合です。アメリカ本土・準州を経由する場合には、事前検査セーフ・トラベルズ・プログラムへの登録が必要となります。

ハワイ旅行で事前に準備するべきこと

ハワイへ渡航する場合には、パスポートはもちろんのこと、新型コロナウイルスワクチン接種証明書(ワクチンパスポート)や陰性証明書などの書類も必要です。

ここでは、ハワイへの渡航で事前に準備するべきことを解説します。

ワクチンパスポートの取得など感染症対策に関する書類の発行

接種証明書(ワクチンパスポート)は、市町村の窓口で申請できるほか、デジタル庁のスマートフォンアプリで電子版の発行が可能です。

スマートフォンアプリで取得する場合には、マイナンバーカードが読み取れる端末(NFC Type B 対応端末)を用意し、アプリをインストールしてください。マイナンバーカードと暗証番号4桁、そしてパスポートが必要です。

陰性証明書はハワイ渡航1日以内に医療機関でPCR NAAT検査あるいは抗原検査を実施し、英語で記載されたものを取得してください。

パスポートやマイナンバーカードの発行

ハワイへ渡航するためには、パスポートが必要です。

また、接種証明書(電子版)の発行にはパスポートに加え、マイナンバーカードも必要となります。

ハワイ旅行が一般的となってからでは混雑も予想されるため、事前の取得も選択肢の1つです。

また、コロナ禍では接触を避けるため、キャッシュレスでの決済が以前よりも重視される傾向にあります。クレジットカードの国際ブランドは世界で利用できる決済方法のため、ハワイ旅行でも重宝されます。

ESTAの申請

ハワイへの旅行では、ESTA(エスタ)の申請が必要です。ESTAとは、短期のアメリカ渡航に必要な電子渡航認証システムで、ESTAを申請するとビザの取得が免除されます。

ESTAの有効期限は、認証を受けてから原則2年間です。

ただし、パスポートの有効期限が切れると、同時にESTAの有効期限も切れてしまうため注意が必要です。

ハワイ旅行へ行くなら割引優待がある「tabiデスク」の利用を検討する

ハワイ旅行へ行くなら、お得な割引優待がある「tabiデスク」がおすすめです。

「tabiデスク」はセゾンカード会員専用の予約・問い合わせデスクで、大手旅行会社のパッケージツアーを最大8%OFF(ハワイ旅行を含むプランは最大5%)で申し込めます。

優待価格は同行者にも適用されるため、ご家族やご友人との旅行にも最適です。「tabiデスク」の公式サイトでお好みのパッケージツアーを選んだら、あとは電話かインターネットから申し込むとすぐに旅行の手続きができます。

なお、「tabiデスク」の旅行代金は永久不滅ポイントで支払える点もうれしいところです。永久不滅ポイントは有効期限がないため、今後の状況にかかわらずじっくりと貯められ、ハワイ旅行の代金に上手に活用できます。

ハワイ旅行におすすめのクレジットカード

ハワイ旅行におすすめのクレジットカード

最後に、お得な「tabiデスク」が利用できるハワイ旅行におすすめのクレジットカードをご紹介します。魅力的なトラベルサポートも付帯しているため、この機会にぜひご検討ください。

セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス(R)・カード

年会費初年度無料、2年目以降3,300円(税込)のカードです。26歳になるまで年会費無料で利用できるため、とくに学生や新社会人の方の最初の1枚におすすめとなっています。

お得な「tabiデスク」が利用できるほか、最高3,000万円の海外旅行傷害保険が付帯するため、万が一の事故にも備えられます(※)。

また、トラベルサポートが充実している点も魅力です。

●海外用Wi-Fiレンタルサービス優待
●ハワイでの旅行をサポートする「海外アシスタンスデスク」
●現地通貨を引き出せる「海外キャッシング」
●空港でのコートお預かりサービス優待
●空港での手荷物宅配サービス優待

そのほか、毎月、月末の金土日は全国のロフトで買物が5%OFFとなるなど、旅行以外の特典も充実しています。

セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス(R)・カードは、ハワイでの旅をさまざまな面でサポートする1枚です。

(※)旅行代金をこのカードで支払うなどの利用条件があります。

セゾンブルーアメックス新規入会キャンペーンセゾンブルーアメックス新規入会キャンペーン

セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス(R)・カード

年会費初年度無料、2年目以降11,000円(税込)で利用できるゴールドカードです。「tabiデスク」にはゴールド会員専用の電話番号が設定されており、快適な旅をサポートします。

セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス(R)・カードでご紹介したトラベルサポートはすべて利用可能です。

さらに、最高5,000万円の海外旅行傷害保険(※)が付帯し、国内主要空港やハワイのダニエル・K・イノウエ国際空港のラウンジを無料利用できるなど、充実した特典が特長となっています。

また、ポイント優遇(国内ショッピング利用で通常の1.5倍、海外ショッピング利用で通常の2倍)が付帯する点も魅力です。国内での利用で貯めた永久不滅ポイントは「tabiデスク」の料金支払いに利用でき、ハワイでの買物でもお得な還元が受けられます。

そのほか、グルメ・ショッピング・レジャーなど日々の暮らしに利用できる特典も豊富なセゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス(R)・カード。ハワイ旅行にも普段使いにもおすすめの1枚です。

(※)旅行代金をこのカードで支払うなどの利用条件があります。

セゾンゴールドアメックス新規入会キャンペーンセゾンゴールドアメックス新規入会キャンペーン

まとめ

ハワイへの海外旅行は、渡航そのものは可能なものの、事前に必要な手続きやいくつかの行動制限がある状況です。

手続きや行動制限は状況に応じて流動的に変化するため、渡航する場合には事前に公的機関の最新情報を確認しましょう。

セゾンでは、ハワイでの海外旅行をお得にする「tabiデスク」をご用意しています。大手旅行会社のパッケージツアーが最大8%OFF(ハワイ旅行を含むプランは最大5%)となるサービスです。

今回ご紹介した2枚のセゾンカードとともにぜひご利用ください。

おすすめのクレジットカード

人気記事