【クレジットカードのことならCredictionary】

Apple Pay対応の法人カードを使用するメリットとポイント

Apple Pay対応の法人カードを使用するメリットとポイント

2019年10月の消費税率引き上げのタイミングに合わせ、国のキャッシュレス推進政策の一環として期間限定の「キャッシュレス・ポイント還元事業」が施行されました。

現在、数多くあるキャッシュレス決済方法の中でも注目されているキャッシュレス決済方法の1つが「Apple Pay」です。しかし、「法人カードではApple Payは使えない」と思っている方もいるのではないでしょうか。

実は、法人カードでもApple Payでの支払いができます。むしろ、Apple Payの支払いに法人カードを登録することで、経費管理が非常に楽になります。
この記事では、Apple Payの概要と利用できる法人カードについてご紹介します。

セゾンプラチナビジネスアメックス新規入会キャンペーンセゾンプラチナビジネスアメックス新規入会キャンペーン

法人カードでも利用できる「Apple Pay」の機能と特徴

法人カードでも利用できる「Apple Pay」の機能と特徴

■Apple Payとは

すでに多くの方がApple Payを利用しているかと思いますが、Apple Payの特徴についておさらいしておきましょう。

・Apple Payとは?
Apple社のiPhoneやApple Watchのアプリケーションを利用した、非接触決済システムのこと

・利用するには?
Apple Payに対応したクレジットカード・電子マネーを決済アプリ「Wallet」に登録し、店舗などに設置された端末にかざすことで、決済ができる

・Walletに登録できるカード・電子マネーとは?
iDやQUICPay対応のクレジットカードや、デビットカード
交通系ICカードSuica・PASMO・ICOCAなどの電子マネーほか

Apple Pay対応の法人カードを使用するメリット

Apple Pay対応の法人カードを使用するメリット

では、Apple Payに法人カードを登録して利用すると、どのようなメリットが得られるのでしょうか。

■支払いの手間が省ける

お店で支払いする場合、現金だと「財布を取り出して、お金を出す」という手間がかかります。クレジットカードでの支払いも「暗証番号かサイン」が必要です。
うっかりすると、現金の持ち合わせが不足していたり、クレジットカードを忘れてしまうこともあり得るでしょう。

しかし、支払いをApple Payにすれば、スマートフォンを使う時にTouch IDまたはFace IDで認証するだけなので、財布を出すより早く、スムーズに支払いができます。

参考:『キャッシュレス・消費者還元事業って何?最新情報をわかりやすく解説』

■セキュリティに優れている

法人カードで決済利用するお金は、法人口座を紐づけていた場合、会社のお金です。万が一法人カードを紛失・盗難してしまった場合、会社の損失に直結してしまう恐れがあります。いくら注意して持ち歩いていても、実物をなくしてしまう可能性はぬぐえません。
しかし、「Apple Pay」においてはiPhoneやApple Watchが盗まれてしまっても、Touch IDやFace IDで認証できなければ、決済することができません。
またGPS機能が付いていますので、盗まれたり落としたりしても、iPhoneやApple Watchの現在地を特定したり、デバイスをロックすることが可能です。

■経費の管理が楽になる

経費管理上、少額利用の場合でも領収証やレシートが必要で、経理担当者はそれらをきちんと処理する必要があります。
しかし、法人カードでApple Payを利用すれば、カードの利用が履歴に残るため、経費管理をしやすくなります。

セゾンプラチナビジネスアメックス新規入会キャンペーンセゾンプラチナビジネスアメックス新規入会キャンペーン

Apple Payを使用する際のポイント

便利なApple Payですが、利用する際に気をつけるポイントがあります。

■法人カードが登録できるクレジットカード、できないクレジットカード

一番気をつけるべき点は、「Apple Payに登録できない法人カードがある」ということです。
個人カードなら、さまざまなサービスが連携したクレジットカードでなければ、ほとんどのクレジットカードがApple Payに対応していますが、法人カードの場合はApple Payに対応していないことも少なくありません。

今現在利用している法人カードがApple Payに対応しているか否かは、各クレジットカード会社のコールセンターなどで確認する必要があります。もしこれから法人カードを選ぶのであれば、あらかじめApple Payに対応しているかどうかを確認しておくとよいでしょう。

■Apple Payが使用できる場所を選ぶ必要がある

Apple Payでクレジットカード決済を行う場合、iDかQUICPayでの決済になります。
そのため、店舗や飲食店その他サービスで利用する前に、Apple Payに対応した決済手段が使用できるかどうかを確認しておきましょう。

Apple Pay

■Apple Payが使用できる店舗

Apple Payが使用できる主な店舗をいくつか紹介します。
・大手コンビニエンスストアチェーン(セブン‐イレブン、ファミリーマート、ローソン、ミニストップ、ほか)
・大手ドラッグストア(マツモトキヨシ、ココカラファイン、ほか)
・大手家電量販店(ビッグカメラ、ヨドバシカメラ、ジョーシン電機、ソフマップ、コジマ、エディオンほか)
・大手チェーンストア(イオン、ドン・キホーテ、TSUTAYA、UNIQLOほか)
・大手タクシー会社(日本交通株式会社他)
・大手レストランチェーン(すかいらーくグループ、すき屋、マクドナルドほか)

上記以外にも、インターネットショッピングサイトでも利用できることも多くあります。詳しくは以下をご参照ください。

参考:『Apple Pay ここまで便利な払い方を、ここまで多くの場所で。』

■還元率

還元率については、クレジットカード会社によって対応が変わってきますので各カード会社のホームページを確認しましょう。

Apple Payの設定方法

では実際にApple Payを設定してみましょう。
・Walletを開き、[+]をタップします。
・[続ける]をタップします。
・[クレジット/プリペイドカード]をタップします。
・使用したいクレジットカードをスキャンするか、手動で入力します。
・カード情報を画面の指示に従い入力します。
・セキュリティコードを入力します。
※注1:セキュリティコードは通常クレジットカードの裏面に表示されている3桁の数字です。アメリカン・エキスプレスのみ4桁の数字です。
・Apple Pay特約が表示されますので[同意する]をタップします。
・カードが追加されるとiDまたはQUICPayが表示されますので[次へ]をタップします。
・[SMS]か[メール]で認証する方法を選択する画面になります。どちらかを選択し、
・[次へ]をタップします。
※注2:今回は[SMS]を選択し進めます。
・SMSで8桁の認証コードを受け取り、入力後、[次へ]をタップします。
※注3:登録するクレジットカードの種類によって、SMS認証が使用できない場合やクレジットカード会社で設定したIDとパスワードで認証する場合もあります。
・アクティベート完了

これでApple Payを利用することができます。
最大8枚まで登録可能です。(iPhone 8、iPhone X、Apple Watch Series 3 以降の機種は最大12枚まで)

セゾンプラチナアメックス新規入会キャンペーンセゾンプラチナアメックス新規入会キャンペーン

Apple Pay対応の法人カードを選ぶ時のポイント

Apple Pay対応の法人カードを選ぶ時のポイント

Apple Payに対応した法人カードを作成するといっても何を基準にして作ってよいか分からないという方もいるでしょう。
ここではApple Payに対応した法人カードを作る際の3つのコツをご紹介いたします!

■自分のビジネススタイルにマッチしているかどうか

現在の会社の状況を踏まえたクレジットカードを選択するのがベターです。
例えば、従業員にも持たせて使用したい方は「従業員カードを複数枚発行できるクレジットカード」が望ましいでしょう。
また出張や接待が多い会社であれば、
「空港ラウンジを利用できるクレジットカード」
「よく利用する店舗の優待があるクレジットカード」
「店舗の案内・手配をしてくれるクレジットカード」を基準に選ぶとベストです。

例えば、
・出張などで飛行機を利用することが多い場合
 ∟国内外の旅行傷害保険が自動付帯
 ∟国内ラウンジを無料で利用可能
 ∟海外の空港ラウンジが利用できる「プライオリティ・パス」の年間登録料が無料

・出張、接待が多い場合
 ∟旅先でレストランやホテルの案内や、フラワーギフトの手配などを依頼できるコンシェルジュサービスがついている
 ∟レンタカーの優待がある

・経費処理に時間がかかっている
 ∟オンライン会計ソフトの優待がついている
  などのサービスがある法人カードなら、むしろ年会費分よりもお得であると考えられるでしょう。

現在の会社の状況とご自身の利用シーンを照らし合わせてクレジットカードを作成することで、ストレスなく、スムーズな取引ができるようになります。

■必要書類と余裕を持って揃えておくこと

Apple Pay対応の法人カードを作成する場合、申込書類を確認する必要があります。
各カード会社により若干の違いがありますが、おおむね以下の書類が必要です。

・登記簿謄本または印鑑証明書
・本人確認書類(運転免許証、パスポートなど)
・引き落としするための銀行口座(個人事業主は個人口座、法人の場合は法人口座)
法人の場合、銀行に法人口座を先に開設しておく必要があります。法人口座開設には審査があるため、個人口座の開設に比べて時間がかかる場合もあります。

法人カード作成時も審査がありますので、できる限り早急に作成したい場合は、事前に法人口座を開設しておいた方がよいでしょう。

Apple Payでの決済にも対応!セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス(R)・カードの法人カード

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス(R)・カードは、Apple Payによる決済にも対応しています。
Apple Payでスムーズな決済ができることにより、会計時のクレジットカード決済のわずらわしさも解消されます。経費精算業務の改善にもプラスになり、業務に有効なサービスも豊富に揃えていますので、セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス(R)・カードをぜひともご検討ください。

セゾンプラチナビジネスアメックス新規入会キャンペーンセゾンプラチナビジネスアメックス新規入会キャンペーン

まとめ

Apple Pay対応の法人カードを使用する利点と使用する際のポイントについてご紹介いたしました。

Apple Pay対応の法人カードを使用する利点と使用する際のポイントについてご紹介いたしました。
法人カードを作成することで、決済も経理処理もスムーズかつスピーディになり、業務や経費管理が容易になるという実用性も兼ね備えています。

経営者であれば、時代のニーズをとらえ、最新の決済方法を利用できることは業務上有効です。ぜひ、Apple Pay対応の法人カード作成を検討しましょう。
Apple Pay対応の法人カードを作りたいという方は、個人事業主向け、中小企業向け、大企業向けが用意されており、サービスも充実しているセゾンカードをぜひご利用ください。


( TM and © 2019 Apple Inc. All rights reserved.
Apple、Appleのロゴ、Apple Pay、iPhoneはApple Inc.の商標です。
iPhoneの商標は、アイホン株式会社のライセンスにもとづき使用されています。)

おすすめのクレジットカード

人気記事