Credictionary

18歳で初のクレジットカードを作る方法・注意点【大学生向け】

18歳で初のクレジットカードを作る方法・注意点【大学生向け】

クレジットカードは多くの場合、18歳を迎えて高校を卒業すると申し込みができるようになります。大学生向けのクレジットカードも多数ありますが、どのように選ぶべきかわからず悩んでいる方もいるのではないでしょうか。

そこでこの記事では、18歳以上の大学生向けクレジットカードについて詳しく解説します。カードを作る方法から学生ならではのメリットまで幅広く理解を深めましょう。後半ではおすすめのカードもピックアップしています。

18歳で初のクレジットカードを作る方法

18歳で初のクレジットカードを作る方法

クレジットカードの発行を申し込む前に、入会条件を満たしているか確認しなければなりません。申込者本人であることを証明するための本人確認書類を用意し、適切な流れで進めていきましょう。

また、むやみに複数枚作らないよう意識することも大切です。審査に影響することも踏まえて、18歳でクレジットカードを作る際のポイントを3つご紹介します。

申込条件を満たすこと
クレジットカードを取得するには、発行したいクレジットカードの申込条件を満たしていないと申し込みができません。18歳の場合は以下のように5つの条件が設けられているケースがほとんどです。

1.高校を卒業している
2.親権者の同意を得ている
3.連絡可能な連絡先がある
4.学生もしくは就業している
5.本人確認書類を用意できる

18歳を迎えていても、高校生の間は申し込むことができません。
また「連絡先」は、申込んだ本人に確認をとるために必要です。申込時点で所有しているスマートフォンや自宅の固定電話など、問題なく連絡可能な電話番号を提示します。これらの条件をすべて満たした状態で申し込みましょう。

本人確認書類は必ず用意しておく
クレジットカードを申し込む際には、本人であることを証明するための書類が必要です。公的に認められたものでなければ利用できないため、「学生証」は対象にならない点に注意しましょう。本人確認書類として有効な書類は以下のとおりです。

・マイナンバーカード
・運転免許証
・パスポート
・健康保険証

カード会社によっては、顔写真付きの書類を求められるケースもあります。この場合は健康保険証が利用できません。名前と住所が確認できる書類を併用すると認められるケースもあるため、提出可能な書類を事前に確認しておきましょう。

日常利用するクレジットカードはできるだけ1枚に絞る
クレジットカードは、発行するカードによってVisa・Mastercardなどさまざまなブランドがあります。カード会社によって付帯するサービスやポイント還元率も異なるため、「複数枚持ちたい!」と考える方もいらっしゃるでしょう。
ただ、メインで利用するクレジットカードは1枚にしておくことをおすすめします。理由としては、「ご自身で使った利用額を把握することができるため」です。
複数枚のクレジットカードを持ち、あちこちで利用していると、家計のやりくりが困難になる場合があります。
1つにまとめていれば、利用明細も1つで済むため、「今月のお買物はこのあたりにしておこう…!」と計画的に利用することができます。

ただし、海外旅行に行く場合は、複数枚もつことをおすすめします。複数枚持つ場合は「異なる国際ブランド」を選ぶようにしてください。
VISAやMastercard、AMERICAN・EXPRESS(R)など異なる国際ブランドのカードを持つことで、利用できるお店の幅が広がります。

18歳で初のクレジットカードを作るときの注意点

18歳で初のクレジットカードを作るときの注意点

初めてクレジットカードを申し込む方は、発行後の注意点も理解しなければなりません。引き落としされる日にお金が用意できなければ、遅延損害金が発生する恐れがあります。通常より負担が増える結果になるため、しっかり備えておきましょう!

また、グレードによっては学生の方には申し込みができないものもあります。カードを発行する前に、以下の2つの注意点を把握しておくと安心です。

滞納や返済不能に陥ったときのリスク
カード会社やカードの種類によって、利用料金の支払遅延・返済不能に陥った際のペナルティが決められています。支払日に十分なお金が用意できなかった場合は、遅延損害金が上乗せされるケースがある点を認識しておきましょう。

こういったリスクを避けるためには、「支払日にいくら引き落とされるか」を把握することが大切です。現金やデビットカードとは違い、クレジットカードでは、期間内に支払った金額をまとめて請求されます。金額が大きいほどリスクも高まるため、定期的に支払額をチェックしたほうが良いでしょう。

ゴールドカード以上のグレードは申込不可のものもある
カード会社が発行するクレジットカードは1種類ではなく、複数のグレードが用意されています。年会費無料で所有できるものから数万円を要するものまで、申込条件もさまざまです。

一般的に、ゴールドカードより上のグレードは厳しい条件が設けられています。学生の場合は、十分な収入がある方でも申込不可となる可能性がある点に注意が必要です。

ただし、中には18歳の学生でも所有できるゴールドカードもあります。申込条件や年会費も確認しながら、負担を感じることなく持ち続けられるカードを選びましょう。

18歳学生(高校生以外)におすすめ「学生カード」

大学生や専門学生であれば、「学生カード」が安心して活用できるでしょう。学生でも申し込みやすい条件が設けられ、年会費が安価なものが多い点も魅力的です。

また、学生が所有するシーンを想定して作られているため、学生にうれしい補償を受けることができるメリットもあります。お金の使い過ぎに不安を感じる方でも、上限設定が学生向きなので気軽に持つことができます。

18歳学生が「学生カード」を持つメリット

18歳学生が「学生カード」を持つメリット

クレジットカードの所有を希望する18歳以上の学生は、学生カードを選ぶのがおすすめです。入会費や年会費といった金銭的負担が軽減できるだけでなく、使い過ぎの防止にも役立てられます。手厚い補償で維持コスト以上の魅力を感じられるでしょう。ここからは、学生カードのメリットを3つご紹介します。

クレジットカードの維持コストが低い
学生カードの特徴は、勉強とアルバイトを両立する方の利用を想定している点です。社会人のように一定の収入を見込めないケースが多いため、入会費や年会費といった料金が低く設定されています。年会費が無料の学生カードを選ぶと、定期的な出費で負担を感じることもなくなるでしょう。

カード会社によっては、年齢を制限して無料期間を設けるケースもあります。例えば、「24歳を迎えるまで年会費が無料になる」といったパターンです。維持コストを考慮することなくショッピングを楽しめる点は、学生カードの大きなメリットといえます。

補償が厚く費用対効果が高い
維持コストの低さに対し、付帯するサービスや補償内容が手厚い点も魅力のひとつです。例えば、旅行に出かける頻度が高い方は、旅行傷害保険が付帯する学生カードを選ぶと便利に活用できます。

具体的なサービス内容はクレジットカードによって異なりますが、用途に合ったものを選ぶと、メリットも最大限に活かせるでしょう。一般的なクレジットカードでは、補償内容が手厚いほど維持コストも高くなります。一方、学生カードであれば年会費を抑えながら必要十分なサービスを受けられるでしょう。

限度額を調整できるため、使い過ぎを防止できる
初めてクレジットカードを所有するときは、「使い過ぎて支払いが苦しくならないか心配」と感じる方もいるのではないでしょうか。学生カードに限らず、多くのクレジットカードでは、このような使い過ぎを防止するために利用限度額の設定が可能です。

設定できる限度額は、100,000円・500,000円・100万円など複数パターンあります。月々に支払える金額に合わせて設定できるため、収入が少ない状況でも安心です。利用料金と用途は、あとから明細で確認できます。何にいくら費やしたかを明確にでき、無駄遣いの防止にも役立つことでしょう。

18歳からのクレジットカードなら

18歳を迎えて初めてクレジットカードを申し込む方には「セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス(R)・カード」をおすすめします。学生向けのキャンペーンとて、25歳以下であれば年会費無料で所有できます。

申込条件は、高校生でない18歳以上の方です。ご本人に連絡ができる電話番号を持っている方であれば申し込みができます。ファミリーカードの発行も可能なため、家族用に追加したい方もぜひご利用ください。

セゾンブルーアメックス新規入会キャンペーンセゾンブルーアメックス新規入会キャンペーン

セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス(R)・カードを持つメリット

セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス(R)・カードを持つメリット

「セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス(R)・カード」は、収入の少ない学生でも気軽に所有できるクレジットカードです。年会費を抑えられるだけでなく、節約に効果的なポイントサービスも備わっています。

家族や友人と旅行に出かける方でも、安心できるサービスが満載です。セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス(R)・カードのメリットを3つご紹介します。

26歳になるまで年会費無料!
セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス(R)・カードの特徴は、U25応援キャンペーンを実施している点です。通常2年目以降は年会費3,300円(税込)が必要ですが、26歳を迎えるまでは無料で利用できます。18歳から持ち続けた場合、年会費が発生するまで約26,400円の節約が可能です。

また、ファミリーカードは年会費1,100円(税込)で発行できます。気軽に利用できるクレジットカードを探している家族にとっても、メリットが感じられるカードといえるでしょう。

年会費無料なのに永久不滅ポイントを獲得できる
セゾンカードが発行するクレジットカードでは、いつものお買物でお得な永久不滅ポイントが貯まります。セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス(R)・カードも対象です。「永久不滅」という言葉のとおり、獲得したポイントには有効期限がありません。定期的に消費したり目標まで貯めたりと、ご自身に合った使い方ができます。

海外に旅する機会が多い方には、セゾンクラッセの登録(無料)がおすすめです。海外でのクレジットカード利用とセゾンクラッセの優待を組み合わせると、24歳以下の方なら、通常の6倍もの永久不滅ポイントが獲得できます!

海外・国内旅行保険は最大3,000万円まで補償
旅行中に事故に遭った場合、最高3,000万円の補償が受けられる点もセゾンブルー・アメリカン・エキスプレス(R)・カードのメリットです。保険加入には特別な手続きも必要ありません。

国内旅行では、旅行代金を当該クレジットカードで支払うなどの条件がありますが、海外旅行の場合は自動付帯です。カードを持っているだけで傷害保険が適用になります。旅行に行く頻度が高い方ほど、魅力的なサービスといえます。

また、旅行に持って行く大型の荷物は、「手荷物無料宅配サービス」を利用して国際空港から自宅まで宅配することができます。セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス(R)・カードなら、配送にかかる片道料金が無料になります!

さらに、西友でのショッピングもお得です。毎日3%割引が適用され、第1・第3土曜日は5%の割引が適用されます(2020年3月末まで実施)。

まとめ

まとめ

クレジットカードは、高校を卒業した方であれば18歳でも申し込みが可能です。クレジットカードの種類によって申込条件が設けられているため、すべて満たしていることを確認してから申し込みましょう。

学生に適したクレジットカードを選びたい方には、学生カードがおすすめです。セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス(R)・カードは、26歳まで年会費が無料になるため、この機会にぜひご活用ください。学生カードのほか、クレジットカードに関する情報はCredictionaryに掲載しています。

おすすめのクレジットカード

人気記事